2011年03月15日

揺さBrain!1周年に代えて

 昨年の本日、このSEMアドバイザーの揺さBrain!(揺さぶれ)は産声を上げました。本来は何かの面白い企画をと考えておりましたが、状況を鑑みて、昨日に引き続き、思う事を書かせて頂きます事、ご了承下さい。


今、日本が試されていると感じています


 日本は今、いろいろな意味で試されているのだと感じています。今回の天災の前までは、経済的危機、政治不安(不信)など、諸問題で日本はバラバラになっていたように感じます。


 そして、今、未曾有の大地震により、日本人全員が一致団結して戦わなくてはいけない「大きな敵」と対峙する事になったわけです。


 皆で節電をするヤシマ作戦(Twitterのハッシュタグは #84MA)をはじめとして、日本人が一つの方向を向いて立ち向かおうとしているのを見て、日本人も捨てたものではないと強く感じています。

ヤシマ作戦



 昨日の記事で書きましたように、私自身に出来る事は限られていますが、それぞれの方が出来ることを見つけ、そして、前を向いて進むしかないのだけは間違いありません。


人は常に何かに属しているのです


 人は常日頃、自分がどこに属しているかと言う事をあまり意識しません。おそらく、通常はほとんどの方が自分の所属する会社のメンバーとしての意識を持って、経済活動を行なっている事と思います。


 しかし、今は、それを超えて日本人としての意識を強くもたれていると思います。それゆえ、前述のヤシマ作戦がすんなり受け入れられたのだと思っています。


 おそらく、こういう作戦を平常時に政治家が主導しても、反発を食らうだけで受け入れる方はそれほどいなかったでしょう。


煽るのと疑問は違う


 さて、現在、福島県にある原子力発電所が問題となっています。これは誰しも心配になる事は分かります。生命の危険があるわけです。しかし、最も危険なのは、今現在、その場で作業をしている方であり、また、その近辺で救助作業をしている方々、及び被災者なのです。


 記者会見を見て、疑問に思い、それをつぶやくのは構いません。しかし、煽るのと疑問は明らかに違うと思っています。


 
煽る=失敗確率をあげるだけ



 と私は思っています。


 レベルが違いすぎますが、分かりやすく身近な話に例えましょう。一生懸命に仕事を覚えようとしている方に、煽るような口調で教える上司がいたら、実際問題、あせってしまうと思いませんか?人はせかされると失敗をしてしまう可能性が高くなります。精神的にも余裕がなくなるからです。煽られて、冷静に仕事をこなせる人などは数がしれています。逆に、「お前を信じて任せる!」と言われれば、やる気が出てきませんか?


 残念ながら、現在、無数の煽りが繰り広げられています。東電の方を煽る事で何が生まれるのでしょうか?


 そんな話と一緒にするなと思うかもしれませんが、この例以上に煽るべき状況ではないと私は思っています。


 煽ろうが、何をしようが、実際に作業をする方に、私達は任せるしかない立場なのです。もちろん、政府には情報は適切に流していただく必要はありますが、少なくとも煽るメリットはほとんどないと思っています。それこそ、現場にいる方々が、最も危険性を分かっており、そんな中で命をかけて「何とかしたい!日本を救おう!」と思って活動をしているわけです。


 こんな時だからこそ、冷静に見守りたいと私自身は思っています。騒いで成功するのであれば、いくらでも騒ぎますが、そうは思わないからです。現地に行っても何も出来ない私達に出来る事は、その道のプロの方々を信じる事だと思っています。


 誤解がないように、もう一度書きますが、意見や疑問、質問をするのと煽るのとは全く別のものだと言う事です。私が否定するのは、「煽りだけ」です。




 私達は自分たちにできる事を、被災地の方のためにも、そして日本の未来のためにも頑張るだけだと思っています。


 そして、こんな時だからこそ誰にでも出来る参考になる記事を見つけましたので、ご紹介いたします。有益な情報を記事にして頂き感謝しております。


 停電のコツ(空の青、海の碧、そして藍)



 そして、東電は本当に頑張っているんだという事をこの記事で感じてください。


 計画停電が出来るのは最高級の配電技術があるということ(高円寺/阿佐ヶ谷ようじょう通信 骨盤矯正・自律神経調整の鍼灸院・整骨院)




計画停電初日の様子


 最後に、話はややそれますが、私の近所ではありますが、計画停電初日の様子を見て回りました。コンビニはさながら、オイルショックを思わせる状態でした。昨日はこんなに品切れはなかったのですが、3月14日はコンビニの商品棚の特定商品(トイレットペーパー、ティッシュ、乾電池、懐中電灯など)は全く残っていない状況でした。


 そして、計画停電という事もあり、休業している店舗が多くありました。


 そして、見かけた看板から二つほど、ご紹介させて頂きます。

リサイクル委員会の看板



 こちらは、普段は障害者の方のための、支援ショップ(国分寺障害者団体連絡協議会リサイクル委員会)の看板です。お店の方にお聞きしたところ、当分の間は売上を被災者への募金にあてる事にされたようです。


だんごの輪島の看板



 こちらは「だんごの輪島」さんの看板です。元WBA・WBC世界スーパーウェルター級王者の輪島さんのお店です。これは義援金の協力を求めている看板で、協力いただいた方には「応援みたらしだんご」をプレゼントと書いています(昨日は停電の関係で私が通った時には閉まっておりました)。



 私達が出来ることって、いろいろあると思った次第です。



 焦る気持ちは分かりますが、こんな時こそ、気持ちにゆとりを持って頑張りましょう!ヤシマ作戦は私も当分実施する予定です。皆さんも、出来ることから、はじめの一歩です!



 なお、昨日の節電作戦はこんなにうまくいったようです。一人ひとりの小さな力がこんなに大きな結果を生んだのです。鉄道の電力需要は2%との事です。つまり、皆さんの協力があっての結果なのです。心から嬉しいと感じます。


 ★2011年3月14日の需要状況(PDF)



 これをもちまして、SEMアドバイザーの揺さBrain!の1周年記念の記事とさせて頂きます。これからも、「永遠のマイナーブログ」を宜しくお願いいたします m(__)m






◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。
◆公式facebookページ「SEMアドバイザーの揺さBrain!マニアック」でも様々なヒントを提供中!
マーケティングを鍛える疑問意識力で現実的なお題に挑戦!
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | 全般

2011年03月14日

今、自分に出来ること

 2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。


 地震発生以来、いろいろなニュースや意見を見て感じることがありました。


 そして、今、思う事は自分に何ができるだろうか?という事です。


 おそらく、被災地にいない人の多くが、自分に何が出来るだろう?と自問自答しているのではないでしょうか?


私達に出来る事(やるべき事)は何か?




・出来る限り、正しい情報を流すように心がける(大事な情報は公式RTで流す)。

・イライラしない。関わる全ての人はみんな、一生懸命努力しているのです。

・小さい事でもやれる事は協力する(例えば、自分一人の節電なんて効果はないと思わないで下さい。一人ひとりの節電は大きな意味を持ちます)。

・好意の意見に対し、深読み・揚げ足取りをしない。

・ガセネタを意図的に流さない。

・経済活動を止めない(これは大事です)。



 多くのイベントが休止されていますが、実際には被災地ではない場所のイベントを中止しても仕方ないと思っています(節電時間帯の開催については、一箇所に人が集まる事で節電になるのであれば、それもありなのではと思っています)。そして、イベントを「チャリティイベント」に変えて開催し、募金を募ってはいかがでしょうか(既にT.M.Revolutionの西川さんがそのような声かけをされているようです)?


人それぞれに出来る事がある



 人にはそれぞれ可能な支援の形というのがあると思っています。今、日本にいる誰もが元気をなくしてはかえって問題だと思っています。物質的なもの以外でもサポートは出来ると思っています。


・歌を届ける事が出来る人は歌を。

・募金の余裕がある人は募金を。

・節電できる方は可能な限り節電を(★節電ポスター)。

・イラストを描く事が出来る方はイラストを。

・情報を適切に届ける事が出来る方は情報を。

・言葉で人を奮い立たせる事が出来る人は言葉を。




 そして、私からの個人的な願い。こういう時に、「偽善だ」「売名好意だ」という言葉を使うのはやめませんか?本人(あるいは会社)にその気はなくても、偽善と言われたら、それこそ、そう思っていない方々もそれを聞いて、積極的なサポートに対し萎縮してしまうかもしれないという事を忘れないで欲しいのです。特に影響力のある方は、ネガティブな意見を言うのは自由ではありますが(言論統制をするつもりはありません)、「少なくとも今は」少し控えて欲しいと思っています。


 それに、結果的に売名行為になったとしても構わないと思いませんか?多くの方への支援がされるのであれば、何の問題があるのでしょうか?その後の企業への判断は各個人がすれば良いだけの話です。



 誰もが同じ性格ではないのです。


 個人には出来なくても、名前が売れている企業だからこそ出来る支援というのがあるわけです。


 一人ひとりが自分に出来る支援を、自分の意思に従ってやれば良いと思います。


沢山の方に感謝

 そして、世界の多くの方の祈りにも感謝したいと思います。日本は世界中から応援してもらっているのです。中にいる当事者の私達は、少しでもその声にこたえるべく、頑張りましょう!世界の方々の支援・メッセージに本当に涙が止まりません。


 ★【prayforjapan】世界から届いた日本への祈り




 私自身、出来る事は限られていますが、出来る限り、継続的なサポートをしていきたいと思っています。


 そして、以下のページに大きな勇気を私も頂きました。感謝いたします。


 ★がんがれ日本!

 ★日本人のモラルに世界が驚く

 ★日本を称える世界の声(東日本大震災を受けて)



 まだ、余震も続き、安心できる状況ではありません。皆さん、くれぐれもお気をつけ下さい。







◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。
◆公式facebookページ「SEMアドバイザーの揺さBrain!マニアック」でも様々なヒントを提供中!
マーケティングを鍛える疑問意識力で現実的なお題に挑戦!
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | 全般

2010年12月31日

広報に余計な壁は必要ない

 本日で2010年は最後となりますが、皆さんにとってどのような年でありましたか?


2010年は転換期


 私は長らく続けていた「SEMアドバイザーのSEO対策ブログ」からこの「SEMアドバイザーの揺さBrain!」に変えたという、個人的には大きな転換期でした。

2010年は転換期



 ブログを長く続けている方だと分かると思いますが、長ければ長いほど、愛着が沸くのがブログです。そこにはアクセスを集めようという気持ち以前に、育ててきた母親のような気持ちが強くあるからです。


 そんな中、思い切って3月15日にSEO対策ブログを終了し、3月16日からこちらに移行したわけです。当時の記事にも書いていますが、SEO対策ブログを続けているうちに、自分が書きたい事はこのタイトルに集約されるのであろうか?というのが、ずっと気持ちの中にありました。そして、制限されていると感じるに至ったわけです。


 タイトルは最も大事なポイントです。それを考えると、どうしても、別のタイトルで運営したいと思ったわけですが、そこで生まれたこの揺さBrain!(揺さぶれ)は何とかこの日まで平日更新を続ける事ができました。


 当初考えていた内容を書く事が出来ているかは自分では良く分からないのですが、以前のブログに比べると、自分自身、自由なテーマで書く事ができているように感じます。


 ネタ記事も適度に入れつつ(山下君シリーズなど)、自由に出来たかなと思っています。


2011年もバカになれる自分でいたい


 さて、2011年の揺さBrain!はどうなっているか?というのは私にも分かりません。山下君シリーズなども書く予定はそもそもなかったわけですが、いつのまにか、生まれたネタシリーズでした。


 2011年も変わらずに一つだけ言えること、それは常にバカになれる人間でいたいという事です。学生相手の仕事をずっとやっていた事もあり、自分が自分の年齢に見合った(現在42です^^;)会話をしようとすると、学生はまともに相手をしてくれないものです。


 どうしても、そこには壁が出来てしまうわけです。そして、その壁は双方が作っている壁なので、一度作ってしまうとなかなか崩せない壁となるわけです。

壁



 私がこの揺さBrain!で、年甲斐もない記事やネタ画像を出しているのは、こういう事を最初から書いていると後が楽だからです。


 ずっとストイックで真面目な記事を書いていると、路線変更というものは、大変なものです。バカになれる自分を作っていれば、何でも思い切ってできるわけです。


余計なプライドは広報の邪魔になる事もある


 広報をやる上で、自分個人のプライドなどは邪魔になる事がよくあります。「大人とはこうあるべきだ」のような無意識レベルでの意識は時として、アイデアが広がって行く事の邪魔をします。


 これは「いつまでも子どもの心を持とう」などと言っているのではなく、あくまでもプライドが様々な阻害要因になる事があると伝えたいだけです。


プライドが邪魔をする



 2011年も何か面白いシリーズをやりたいと考えていますが、まだ、何をやると決めているわけではありません。


 きっと、2011年の揺さBrain!が勝手に私に記事を書かせてくれると思っています。


 このブログの目的は、あくまで、読まれた方が答えではなく、何らかの将来に繋がるヒントを感じてもらう事です。SEOでも何でも、今の正解は一週間後には間違えとなっている可能性のある世界です。


 そういう意味でも、状況に応じたアイデアが皆さんに生まれるようなオリジナル記事を今後も書いていきたいと思います。


 いつまでもマイナーで、そしてブログを初めて書いた時の気持ちを持ったまま、2011年も続けられるだけ続けていきたいと思います。


 この1年、ネタに走り気味なブログでしたが、応援ありがとうございました。そして明日からはじまる新しい年が皆さんにとって良い年でありますように!



2010年12月31日 SEMアドバイザー 亀田泰史
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | Comment(0) | 全般

2010年12月14日

祝!キラキラレコード20周年!

 今回の記事は極めて個人的な話ですので、そんな話でも読むぞ!という方は感謝いたします。私にとってはとても大切な記事です。揺さBrain!番外編です。


アルバムジャケットに掲載されました


 いきなりな話なのですが、私、このたび、あるアルバムのジャケットに掲載されています。インディーズレーベルとして多くの優れたアーティストを世に送り出してきたKIRAKIRA RECORDの20周年記念ベストのジャケットにこっそり出ています!今回はネタ画像ではありません^^(今までで一番ネタ画像に見えるかもしれませんが^^;)。

キラキラレコード20周年ベスト



 さて、どこにいるか分かりますか?左上の方にこっそりいます。


 なぜ、私がここにいるかと申しますと、実は私は高校時代からずっと、音楽プロデューサー(新人アーティストの発掘志望)を目指しておりまして、その関係で大学時代にあるサークルに所属していました。その時の先輩が作ったインディーズレーベルがこのキラキラレコードなのです。


 私は惜しくもレコード会社の最終面接で採用されず、教育関係を経て、現在は、皆さんがご存知のセルフSEOのコンサルタントという仕事をしております。


インターネットが繋いだ奇跡


 大学卒業後、先輩にお会いする事もなく、まさかインディーズレーベルを自ら運営しているとは全く知りませんでした。偶然、当時の先輩の出したインディーズのCDを聴きつつ、今どうしているだろう?と思って検索したところ、なんと、レーベル運営をしている!という事を発見し、大学卒業後約20年ぶりの再会をする事となりました。


 インターネットで見つけて興奮した私は、すぐにメールを送りました。私の事を覚えていてくれ、そして通っていた大学の近くに事務所があるという事ですぐに会いに行きました。


 その後、この20周年ベストを予約しようと思い、せっかくなので、予約受付開始後に再度、直接申し込みに行きました。その時に冗談で「ジャケットに載りたかったです」と言った所、あっさり「いいよ」という流れになり、その場でiPhoneで撮影しました。


 本当にジャケットに入るのだろうか?と思いつつ(その時には既にジャケット画像はネットに公開されていましたので)、ベスト盤が届くのを待ちました。


そして、手元に20周年ベストが届く


 つい先日、届いたこのベスト。私が本当にジャケットにのっていました^^;。公式サイトの通販ページで買うと、オリジナル特典(PVの入ったDVDその他)が付くという事でしたが、正直、驚きました。特典のレベルではないのです。


 PV集と惜しくもメインのベスト盤には入らなかった曲が多数(それでもメインのCDだけで3枚組56曲:4時間)収録、その他、(それぞれ、初回だけなので、いつまでこの特典がつくかは不明)と、良くこんなにと思うほどの特典でした。


 いくらインディーズでもこれで2,520円って安すぎですよね。


ここからが本題の感想です


 さて、安くて曲が多ければ良いというものではありません。私は既に4週目ですが、良いと思える曲が多い事を本音で実感しています。もちろん、全部が全部、気に入ったというお世辞は言うつもりはありませんが、間違いなくメジャーを目指すインディーズバンドの底力を感じるアルバムでした。将来にわたり聴き続けたいと思える名曲も多数収録されています。


 売れている曲だけが良い曲というわけではありません。キラキラレコードの歴史が詰まったこの20周年ベストには、その歴史に見合う名曲が多数残されていると素直に感じました。そして、本気でこのインディーズレーベルを通して、良いアーティストを世の中に送りだしたいという強い気迫を感じました。


 アルバム購入前に期待していたのは、実際にはカノープスというバンドの曲でした。カノープスのお目当ての曲が収録されているので(これは物凄く良い曲です!)、買おうと思ったわけですが、実際にこのアルバムの収録曲を何度も聴いてみると、カノープス以外のアーティストにも、良い曲が本当に多くありました(特典DVDに収録の曲でも物凄くはまる曲があります。選曲は本当に大変だったろうと感じました)。


 1回目はたいして良いと思わなかった曲も(正直な意見ですいません)、2回、3回と聴いていくうちに、いつのまにか物凄くお気に入りの曲になっていたものもありました。いろいろなアーティストの自信作をまとめて聴く事が出来るのは素敵な事だと思っています。20周年ですので、既に解散しているアーティストも多くありますが、それでも、残してきた曲は永遠です。


本日が20周年記念日!


 実は本日、この記事を書いたのは、まさしく12月14日(本日)がその記念日だからです。キラキラレコードの皆さん、そしてアーティストの皆さん、本当におめでとうございます!そして、ここまで続けてきた大島さん、本当におめでとうございます。


 いつまでも良い音楽を世に送り出してください!


 当ブログにて僭越ながらキラキラレコードのカノープスの新曲「でんわ」(CDには別の名曲が収録されています)をご紹介します。もし、お時間のある方は是非お聴き下さい。深みのあるしっとりとした曲です。





 そして、この揺さBrain!でこういう記事を書く事はそうはありませんので、このキラキラベストに収録されているアーティストで2011年4月24日にメジャーデビュー予定(キラキラレコード在籍はかなり前です)のMinxZoneの曲「すなお」(別の曲がCDに収録されています)もご紹介いたします。詩も曲もとても素敵なアーティストです。






 なお、このベスト盤を是非聴いてみたいという方は、アマゾンでも販売していますが、アマゾンで買うと特典DVDがつきませんので、公式サイトでの購入を強くお勧めいたします。特典DVDのPV集を見ると、ロックファンなら誰もが知っているであろう方(多分)がキラキラレコードにいたことが分かりますよ(最初見たとき私はかなり驚きました)!


 ちなみに、本記事は純粋に音楽好きの亀田として書かせて頂きました。


 特典DVDにはキラキラレコードが出来たいきさつや、20周年のメッセージが映像として収録されています。それを見ると、相当魂が熱く揺さぶられると思います(個人的には泣きそうになりました)。それだけでも、見る意味があると思います。とても感動しました。ありがとうございます!





 売れている売れていないに関係なく、良い音楽が好きならお勧めできます。そして、何度もしつこく聴いてみてください。聴くたびに、それぞれの曲の思いが伝わってきます。

 
 ジャケットはネタ画像っぽいですが、収録されている曲はネタという事はありません。


 宣伝記事のように思えるかもしれませんが、私の人生の大事な時期に、音楽と言う絆で大変お世話になった方の20周年を心から祝いたいと思い記事にしております。


 キラキラレコードの皆様、今後も良いアーティストを育てていってください!


 私からこの記事をお読みの皆さんにCDを買ってくださいとは言えません。もちろん、買っていただければ、とても嬉しく思います。


 ただ、もしよろしければ、一つだけお願いがあります。できれば20周年の記念日である本日、少しでも皆さんの力(つぶやき)を頂けるとありがたく思います。出来ればいつもは目立つ事がないインディーズレーベルを、20周年の節目だけでも、お祝いしていただけませんでしょうか?


 SEO関連の記事ではありませんので、このブログの本来の読者層の方にはつぶやく理由はないと思っています。


 ですが、もし、よろしければ、少しでも多くの方にインディーズレーベルを知っていただき、そして、ヒット曲のかげで多くのアーティストが地道に頑張っている事実を知っていただければと思っています。


 ご協力頂ける方は、つぶやきなど、よろしくお願いいたします。


 ベスト盤を買っていただける方の中で、どうしてもアマゾンが良いという方は以下にてお申し込み下さい(特典がつきませんので、ボリュームが全く違いますのでお勧めしません)。





◆コンサルタントのご相談、その他の依頼はSEOのコンサルティングはSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。
マーケティングを鍛える疑問意識力で現実的なお題に挑戦!
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | Comment(0) | 全般

2010年09月02日

超推薦図書!「バカでも年収1000万円」

 久しぶりに本を一気読みしてしまいました。


 他の運営ブログで紹介する事も考えましたが、今回ご紹介する書籍「バカでも年収1000万円
」は、私のブログのタイトルである、「揺さBrain!(揺さぶれ!)」にぴったりの書籍だと考えましたので、こちらにて紹介させていただきます。


 著者はバカリーマン日本代表「伊藤喜之」さん。


 実を申しますと、私はあまりビジネス書は読みません。そして、タイトルに「○千万」とか「○億」とか書いていると、気分的に読まない派なのですが、この書籍だけは別格でした。


 結論から書くとすると、このタイトルで良いのかな?と思うくらい、良質で素晴らしい書籍です。というか、揺さぶれ度合いが半端ないです。


 私は本を一気に読む根性がないくらい、読むのが遅いのですが、この本は、一気に最後まで読まないと気がすまなくなる本と言えるでしょう(実際にすぐに読み終わりました)。


 自身がバカと認める伊藤さんの思考は、正直、どれも予想外、想定外であり、ビジネス書というくくりを遥かに超えていると感じました。とにかく、個性的かつ物凄いパワーなのです。


 いわゆるバカでも出来る指南書として、「バカ6大奥義」「バカ15法則」「バカ16スキル」を紹介していますが、どれも、これは!と思うような内容で、古い言葉を使えば、カルチャーショックとしかいいようがない戦略です。


 そして、本書のキャッチには嘘はなく、バカでも出来る内容です・・・と、言いたい所ですが、伊藤さんのセンスを完璧に真似するのは、なかなか難しいと思います。何故かというと、奥底に潜む発想と実行力のスピードは半端ない方だからです。今現在の思考を一気に変えられる方であれば、神の書ともいえるでしょう。


 6大奥義の最初は「成功の糸」は毎週木曜日に降りてくる、というものなのですが、私は偶然、この本を木曜日に手にし、木曜日に読み終わりました。これも何かの運命かもと思わずにはいられませんでした(と、言いましても宗教本とかではないですよ^^)。


 笑いあり、笑いあり、笑いあり(全て笑いなんですけど)の「笑い三拍子」が揃った本書は、是非皆さんに読んで欲しいと思えたため、こちらで紹介させて頂く事に致しました。


 既に4万部を突破しているそうですので、読まれている方もいると思います。


 全ての既成概念を覆してくれた本書に感謝です。


 タイトルこそ「バカでも年収1000万円」とありますが、この考え方、発想は恐るべしと言わざるを得ません。すぐに本書の通りに実際に出来るかと言えば、人によるとしか言いようがありませんが、もっと別の角度からみて、この発想力は学ぶべき点が多くあります。


 あまりに面白すぎて、何故か感動までしてしまう不思議な本です。当ブログ「揺さBrain!」を好きな方であれば、確実に楽しんでいただける良書です。


 興味を持たれた方は書店でも、アマゾンでも(しかし以下はアフィリエイトですので、私にお小遣いがほんの少しだけ入ります。正直なので書いておきます^^)構いませんので、読まれることをお勧めします。


 今の私は、ハードパンチを食らった状態です^^;。


 なお、釣りっぽい記事ですが、本当にお勧めです!怪しいと思った方は、書店で試しに数ページ読んでみて下さい。おそらく、その後にレジに並んでいると思います(と、勝手に想像しています)。


 アマゾンの書評を見ると、文体に好き嫌いはあるようですが、私は全く気にならず、かえって心地よいくらいでした。久しぶりに笑顔で読みおえた本です。 





◆コンサルタントのご相談、その他ご質問はセルフSEO支援のSEMアドバイザーまで。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。
マーケティング力を鍛える疑問意識力
posted by SEMアドバイザー at 19:11 | Comment(0) | 全般






最近の記事