2013年11月26日

始める事と続ける事とやめる事

 私自身、多くのブログ、サイト、その他いろいろなものを「始めたり、続けたり、やめたり」してきました。そして、私たちはクライアントに何かを始めるように提案する事もあります。少しその事について書いてみたいと思います。


始めるという事


 おそらく、最も瞬間的なパワーが必要なのがこの「始める事」だと思います。例えば、「○○についてのブログを書こうかな?」と思う事はあると思うのですが、実際に「始める」方はその思う数に比べればかなり少ないと思います。


 一重に開始までの準備段階で諦めてしまったり、中身が固まらなかったり、あるいは目的がそもそも稀薄だったりするなどの理由によると思います。


 アフィリエイトなどがうまくいかない方などはこの辺の準備段階で悩む時間が長すぎて、結局は機会を逸している方も多いのではないかと思います。

開始までのハードルはいろいろあります



 何かを始めるには様々な要素のタイミングが綺麗に組み合わさらなければできないからです。そういう私も最近は新しいものを作るのが止まっています。以前は多くのものを同時に始めたりしていましたが、今は次に書く「続ける」に割く時間が多いため、新しいものを作る時間が作れません。いや、おそらくその始めるための「気力」がまだ満タンではないのかなと思っています。それ以上に、作るに至るまでの目的がまだ定まってないのだと自分では考えています。


 この始める段階を超えれば、開始当初を無難に過ごすのはそれほど難しい事ではありません。但し、開始当初を超えた後の継続は予想以上に大変なものです。


続けるという事


 「続ける」というのはとても持続力が必要なものです。テーマを考える持続力、続けるためのやる気の持続力、その他様々です。


 目的によってこの持続するための動機づけというのは大きく変わってくると思います。とにかくアクセスを増やしてAdSense広告で利益を得たいという方であれば、SEOがうまくいかずにアクセスが増えなかったり、あるいは、全くソーシャルにものらないという事で、一気にやる気を失う場合もあると思います。


 その逆に、当初から「伝えたい事」がある方は続ける事にそれほどの苦労はしないと思います。アクセス云々よりも、自分が発信した事があるという状態ですので、そういう場合には外部の要因というのはそれほど影響はないかもしれません。


 とはいえ、年レベルで継続してきますと、伝えたい事が煮詰まってきたり、あるいは予想外の外部要因などによりやる気を継続するのが難しくなる事もあります。こうなると、続けている理由が分からなくなるケースもあるでしょう。

長く続けているとネタに困る時は来る



やめる事


 簡単そうで簡単ではないのがこのやめる事です。


 おそらく皆さんも見た事があると思うのですが、例えば企業のTwitterアカウントなどで中途半端な状態で放置されているものなどです(なお、私のTwitterアカウントは今は休止中であって、放置ではありません^^)。


 あれらは当初は目的があって(口コミされたい、宣伝したい、コミュニケーションをとりたい等)始めたわけですが、思ったよりもそれらが簡単ではない事に気づき、いつの間にか離れてしまったものが多いと思います。


 気軽に始めてしまったが、周りで聞くような効果が出ない場合このような状態になってしまいます。しかし、一度始めた手前、やめるにやめられず、そのまま放置となっているアカウントが山のようにあるわけです。


何かを始めましょうと言う前に


 今回の話したい事はここからです。


 おそらくWeb関係の仕事をやっていれば、クライアントに「○○を始めましょう」という提案をする事は普通にあると思います。


 しかし、流行っているからやりましょうというのは、それこそ無責任な提案でしかありません。


 前述の「やめる事」にもありますが、一度始めたものをやめるというのは、企業からすれば実は難しい事なわけです。場合によっては稟議書を出して、上司に許可を取ってTwitterなどを開始したものの長続きしなかった・・・などのケースもあるわけです。


 そうなると、「やめたい」とも簡単に言えない方もいるであろう事は想定できます。


 私が問題だと思うのは、その中途半端な状態で残っている残骸です。それらは「やめてない」わけですから、申し訳程度にホームページ内(たいていはトップページ)でフォロワーなりを無意味に集め続けています。場合によってはタイムラインをページ上で表示している事も多いでしょう。


 しかし、そのタイムラインは既にいつのもの?というものも珍しくないありさまです。となると、その残骸は企業イメージを悪くするものにしかならないのです。


 私はよくこう伝えます。


 「自社のTwitterでさえも手抜きする所が顧客のサポートをきちんと出来るとは思えない」


 やめる事も出来ず、また続ける事も出来ずに放置するというのは、開始当初の目的の全く逆の効果を生むものにしてしまっているという事なわけです。少なくとも私にはそう感じます。


新たな世界に手を出す前に


 あえて「世界」と書かせて頂きましたが、今は時間の進み方が早いため(特にWeb関連)、人気のあるものすべてに手を出してしまうと、それこそ広報担当の部署は大変な事態になると思います。


 また、人気のツールだからと言って必ずも、どの企業にも使えるというわけではありません。企業の風土しかり、目的しかり、担当者しかりで、いろいろなものが関係してきます。


 そのため、クライアントに勧める側としても、単に「やりましょう」でやってもらうのではなく、きちんと続けられなくなった後のリスクなども伝える必要があると思っています。


 ソーシャル系はすぐに始められる(始めるまでのパワーが少ない)とは言っても、継続する事、そして、やめる決心をするにはかなりのパワーを必要とします。


 自らやるにしても、クライアントに勧めるにしても、目的と継続するために必要なもの、そして将来的な展望などすべてを吟味してから始めるのが良いでしょう。


 と、考えなしでいろいろと始めてしまった私が言うのもなんですが、Twitter、ブログその他で、これは勿体ないと思うものが数多く見受けられますので・・・。


 「え?揺さBrain!ってまだやってたの?」はなしでお願いしますw


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!



posted by SEMアドバイザー at 08:00 | マーケティング

2013年06月17日

IE6に学ぶ処世術

 いつかは書きたいと思っていたのですが、なんだかんだ言ってIE6って凄いと思いませんか?


IE6に学ぶ点は沢山ある


 私もよく「IE6は何とかしたい」とか言っていますが、正直言ってジェラシーを感じるくらい素晴らしい処世術だなと思っております。


 IE6はこれだけ動きのはやいIT業界にいるわけですが、2001年8月(日本語版は9月)に公開されてから今もなお健在なわけです。しかし、今も一部では現役として活躍しているわけですから、侮れないと本気で思っています。


 2008年4月にバージョン6.0のSP3が出ているのですが(私は使ってませんけど)、そのサポートが2014年4月8日まであるって事だけでも凄いですよね。


 いつまでサポートさせる気なんだい?ってくらい長いわけです。


今の時代は図太くないと残れない


 さて、このIE6ですがなんと言っても図太い。例えば「IE6」で検索すると、こんな感じなのです。

IE6



 上位にある悲しい検索結果(赤枠)!でも、これにも負けずいまだに一部ユーザーに使われ続けているっていうのはやっぱり凄いなと思います。


 3位にある「Internet Explorer 6 Countdown | Death to IE 6 | IE6 Countdown」なんてカウントダウンまでしてIE6のシェアを1%未満にしようとしているわけです(しかも、これを作ったのはIE6の生みの親のマイクロソフトという悲しい現実!)。

IE6 countdown



 ちなみにこの揺さBrain!での今年のIEのバージョン別の割合はこんな感じです。

揺さBrain!での今年のIEのバージョン別の割合


 
 数は少ないながらも2.8%。昨年同期間比較では5.74%だったので、ここにきてようやく減ってきた感があります(さらにその前年は9.80%)。


 ここで参考までにIE6の使用率が多いといわれている学校関係者からのアクセスが圧倒的に多い私の「学生募集広報戦略」はこんな感じです。

学生募集広報戦略での今年のIEのバージョン別の割合



 やはり3.44%と少し多いですね。ちなみに過去2年の同期間比較ですと昨年が7.02%、その前が14.74%と流石の教育業界だと実感します。


 こう見ると毎年半分くらいになっている感がありますね。XPのサポートも間もなく終わりますし、間もなく目標の1%未満になる事でしょう。


なぜIE6さんはここまでしぶといのか?


 筆者注:ここからは敬意を表して”さん”をつけたいと思います。


 この関係の記事は沢山出ているので私が書くまでもありません。


 ★参考「日本でIE6がいつまでたってもなくならない理由


 実際、私がいた学校でもIE6さんでしか動かない特殊ソフト(ハードとセット)がありまして、それを導入したら最後、高額なハードの使用をやめる(他のものに変える)までは永遠にIE6さんの環境を続けなくてはいけないという状況でした。


 そのため、どんなに変えたくても使い続けなくてはいけないという事がよくありました。


 この生き様は見習うべき点が多いなと思うばかりです。



 
 さて、この記事では何が言いたいかという事でまとめますと、


「なくてはならない存在になる」



 という事でお茶を濁したいと思います。


 うーん、揺さBrain!を不定期にして書いたのがネタ記事かw(ネタなのでマジレス遠慮して下さいm(__)m)



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!

posted by SEMアドバイザー at 13:01 | マーケティング

2013年05月28日

検索時の自分の行動パターンから良いコンテンツを考える

 私は今のGoogleが何を好むかと言うことには実際問題、それほど興味がなくなっています。興味があるのはユーザーがどう動くか、どうすればユーザーが納得してくれるか?という事です。


コンテンツが重要という言葉だけでは動けない


 SEOではコンテンツ重視するという考えが一般的になってきましたが、ある意味これほど曖昧で昔の言葉で言うなればファジー(書いていてちょっと恥ずかしかったですw)な言葉もないなと感じます。

曖昧すぎて行動に移せない



 クライアントに「コンテンツが大事です」というのは簡単ですが、それを具体的にクライアントにあわせて説明できるかとなるとまた別の話でしょう。


 さて、今回はそこの視点をちょっと変えてみます。


 自分自身の検索行動を客観的に見て、どういう行動を起こしているかを考えてみたいと思ったのです。もちろん、こんな事は書かずとも、無意識で分かっていると思いますが、書くことで「明確に」認識できる事もあるわけです。


 今や順位をあげるだけがSEOではない事は周知の事実です。順位上げだけを語ってしまうと、検索エンジンの裏をついたテクニックが注目されてしまったりするわけです。しかし、大事なのは設定するゴールまで導けるかどうかのはずです。


検索時の自分の行動を顧みてみる


 さて、今回のテーマである検索時の行動パターンをいくつか書いてみたいと思います。あくまで自分調べですが、私と共通の動きをされる方も多いと思います。


 なお、ここでの検索行動は検索結果をクリックした後の行動から紹介したいと思います。


★アクセス先が気に入らなかった場合の検索行動

・それほど時間をかけずにブラウザの戻るボタンで検索結果に戻る
⇒Googleの検索結果クリックから戻るまでの時間が短い

・数ページクリックしたとしても、どのページも滞在時間が短い
⇒探している情報がない(探せない)

・ブラウザをそのまま閉じる

・ブラウザのURL部分に検索文字列を入れなおして再検索(私はこれが何気に多いです)




★アクセス先が気に入った場合の検索行動

・該当サイト内の複数ページを時間をかけて読む

・時間をかけて読んだ後に検索結果に戻る

⇒Googleの検索結果クリックから戻るまでの時間が長い

・探していた情報が見つかり、検索結果には戻らない
⇒Googleなどの検索エンジンに戻らない

・情報に納得してブラウザを閉じる

・印刷などのアクションを取る



 思いついたものをいくつか適当に並べてみましたが、今後のSEOも含めたユーザー対策はここに答えがあると考えています。


 これらのユーザー行動(自分だけですが)から考えると、どういうコンテンツを目指せばより息の長いコンテンツになるか何となく分かるのではないでしょうか?

すぐに戻るか長居するか



検索エンジンは進化していく


 Googleなどの検索エンジンは今後も進化していくわけですが、その進化を先読みするにあたり、このようなユーザーの行動を意識してコンテンツを作るのと作らないのとでは、大きく結果が変わると私自身は考えています。


 もちろん、ユーザーが探す目的によっては満足していても見てすぐに検索結果に戻る事もあるでしょうし、上記に掲げたのは私調べの一般的なケースに過ぎません。


 しかし、このようなユーザーの行動パターンを頭に入れた上で作るコンテンツというのは強いと考えていますし、実際に私の実験結果でも安定した順位を取っているものも多くあります。

ユーザーの行動パターンを 意識したコンテンツ作り



 とはいえ、文章を長く書けばユーザーが長く滞在してくれるわけではありません。そこには視覚的要素、読んでもらうための工夫、その他様々なものが必要になってくると思います。もちろん、内容によってそれらの要素は可変的なものとして組み合わさるでしょう。


 今後のWebマーケティングでは、それらの行動パターンを理解できるかが鍵になるような気がします。


 という個人的な見解^^



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!


posted by SEMアドバイザー at 11:22 | マーケティング

2013年02月12日

Amazonレビューで文章練習をする

 今回のテーマは「Amazonレビューで文章練習をする」です。


コンバージョンはアクセス後が勝負


 SEOでどんなに上位を目指せたとしても、中身が考えられていなければせっかく勝ち取った順位を生かすことは出来ません。例えば、ページを開いた途端に怪しい情報商材的な作りだったとか、いきなりアフィリエイトみえみえのバナーばかりとかでは離脱したくなる人が多くいても不思議ではありません。


 以前はそういうデザインへの「慣れ」がまだなかったためにそれほどのマイナス要素になる事はなかった時代もありますが、そういうデザインがどういうものであるかという経験をユーザーが積むに従って、極端な話、読む前からデザインのぱっと見で離脱を誘ってしまうケースもあるのです。


 また、コンテンツの充実が大事だとは言っていますが、何でもかんでも詰め込んでいればよいわけでもありません。


コンテンツで行うクロージング


 最近私がやっている実験の一つに「リアルタイム修正」実験というものがあります。それは何かと申しますと、Google Analyticsのリアルタイム検索まさに見られているページを見つつ、そのページを自分で再確認をして導線などの再チェック、修正をリアルタイムで入れるというものです。もちろん、今見ている方は修正前のを見ているわけですので、それ以降に見る方が対象とはなりますが、修正時に新たな導線などを作った場合に、うまくそちらに誘導できるかどうかをチェックしつつ文章などに手を加えるようにしています。

リアルタイム検索



 本来はこういう細かさでのチェックはやらないと思いますが、やってみると結構面白いものでしたので時間のある時にはそういう事を当分は続けたいと考えています。


 そしてこれを細かく意識してやっていますと、音声のないクロージングをWeb上でやっているのだなと実感できます。自分の語り方を変えると人の動きが代わるわけですし、実際にコンバージョンも大きく変わってきます。


Amazonレビューは練習に最適


 さて、ようやく本題です。私は文章力をあげる練習の一つとして、Amazonレビューへの積極的な書き込みを行っています。


 Amazonレビューの場合、結構手厳しいユーザーも多くいるため、参考にならない場合には参考にならなかったと正直に伝えてくれます(もちろん一部なのであくまで任意ユーザーの評価ですが)。

Amazon評価



 そしてこの評価で参考にならなかった数が多い場合には、自分が書いたのでは納得できなかった(つまり、クロージング失敗)というように大雑把には判断できるわけですので、次に書く時に何がいけなかったかを考える参考になります。

参考になった数



 こういうもので練習するのもなんですが、実際には評価人数が多くなってくると、全て「参考になった」を獲得するのはかなり難しくなってきます。サイト運営でもそうですが、全員が納得するレベルのものはそもそも細かい目的(知りたかった事)が同じとは限らないわけですので仕方ない事です。


 しかし、なるべく多くの方に参考になったと言われるような文章の練習をしていけばそれはどんなサイトでも応用できるようになります。


 ある意味、無料で文章の添削(良い、悪いだけですが^^;)をしてもらえる場だと考えています。


 納得してもらうためにはどこにでもあるような文章では参考にはならず、また具体性がないのもNG・・・等いろいろと出てきます。


 Amazonレビューを書くのを面倒と思うと書けませんが、このような目的をもってやると何気に意味がある(しかも喜んでもらえる)ものだと思います。


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!

posted by SEMアドバイザー at 09:00 | マーケティング

2012年12月04日

SEOでもSMOでもすぐに結果を求めない

 今回のテーマは「SEOでもSMOでもすぐに結果を求めない」です。


Web上の他人の成功を見て何を思いますか?


 Web上では多くの方が成功をしています。成功をしているように見えるものもあります。そして、なぜかそれらがあたかも簡単に成し遂げられたかのように誤解している人もまだまだ多くいるように感じます。


 情報収集をいつもしている方であればそんな事はないと思いますが、例えば競合会社がソーシャルメディアを上手に活用しているのを見て自分たちも同じようにできるはずと考え、たいした検討もなしに安易に開始している会社も多く見受けられます。

 
 結果として中途半端に実施・継続をしてしまい、何の結果にも結びつかないという事態になるわけです。そういうものはやらない場合よりもはるかにマイナスな状況を生んでしまう事があることも忘れてはいけません。


 また、何よりも、すぐに結果を求めずに継続して続けていくという姿勢が大事です。言い換えれば、「結果が出るまで継続をする」という事です。とはいえ、企業によっては、そもそも向いている、向いていない戦略もありますので、その見極めをするために、開始前の検討が必要なのです。


 成功事例を多く読んだ場合に、その気になるのは簡単です。しかし、成功した企業は物凄く緻密な計画をし、実行をしているのです。読んだだけでその気になってしまわないように気をつけましょう。


読むだけになっていませんか?



SEOはそんなに簡単ではありません


 毎日SEOの情報を集めている人は多くいると思います。私もそうですが、毎日入る情報だけでも消化しきれないくらい、最新情報を追い続ければきりがありません。


 それくらい全部学んだ事を実践に移そうと思えば努力が必要なのです(そもそも全部を学べませんが)。情報を読むだけで大変なのですから、それをきちんと解釈して実行に移すのは簡単ではないという事です。


 例えばですが、「タイトルタグは具体的なキーワードを入れて分かりやすく」とあるとしましょう。これだけでもそんなに簡単な話ではありません。主要なページを考えるだけでも時間はかかりますし、そもそも最初に考えたものが本当に適切で順位アップに貢献するかは、それこそサーバにアップしてみなくては分からないのです。言うまでもなく、タイトルタグだけで上位に来るほど検索エンジンのアルゴリズムは優しくありません。そのタイトルタグをつけたコンテンツの中身がどんな内容を含んでいるも含め、様々な要素で決まるからです。


 コンテンツを充実と言われても、それこそ分かりませんよね?どこをどういう風に充実させるのか悩むでしょうし、そもそも狙っているキーワードで上位のサイトを見れば、物凄く充実していて、見ただけで「負け」を認めそうなサイトもあるはずです。


 今やSEOを仕掛けているサイトは数年前の比ではなく、上位サイトではそれこそ分析して実行に移しています。そういう中でなかなか上位に上がらないからと言ってすぐに諦める方が多いのも事実です。


 たまに1ヶ月程度で「上がらないのはなぜ?」などと聞いてくる方がいます。たいていの場合、その中身を見ると、1年でも上位に来ないだろうと思われる内容だったりするわけです。


 あえて言うなら、どんなものにも種まきの時期があり、そして成長していくと考えています。自分が狙うキーワードで1位のサイトよりも、自分のサイトの方が絶対に良いとは思っても、早々上がらせてくれないのは、多くの要因が絡んでいるからなのです。

種まき



ソーシャルメディアを甘く見ない


 ソーシャルメディアも同様です。SEO以上にすぐに始めたがる方が多いのもこちらです。特に無料で始められるという手軽さが人気なのだと思います。Twitterしかり、Facebookページしかりです。


 しかし、無料だからなのか、適当にカタログのようなものを用意して、そして一ヵ月後に見るともう終わったかのような動きのものが多すぎます。


 Twitterを始める時に「何か伝えたい事があるから始めるのではないか?」と私は思うのですが、実際にはそうではないところも多いようです。まさに周りがやっているからとりあえずやっておこうという義務感的なものを強く感じるものも多いです。

伝えたい事は何ですか?



 個人であれば別に気まぐれにツイートすれば良いと思いますが、消費者とのコミュニケーションから何かを得よう、あるいは、ソーシャルメディアであわよくば口コミにのって利益を上げようと言うのであれば、そんなに簡単に信頼関係が築けるものではない事は言うまでもありません。


 そもそも、実際の店舗でもリピーターになってもらうのに苦労するのですから、ソーシャルメディアで適当に告知をしただけで宣伝をかわりにしてくれるユーザーなどいるわけないのです。当然ながらファンにもなりえないでしょう。


 
 さて、いろいろと書いてきましたが、現在、いろいろなITを活用したツールが簡単に利用できるようになっています。まさに入口部分のハードルが物凄く低い状態なわけです。


 しかし、それを本当の意味で使いこなし、結果を出すにはきちんとした意識の元での運用が必要になります。


 適当に考えていてはやっぱり結果はついてきません。言い古されていますが、Webサイトのコンテンツなど、ユーザーのニーズを常に意識しそのニーズを元にしたコンテンツを柔軟に追加していくなど(出来れば他よりもはやく)、まさにペットをかわいがるかのように、丁寧に育てていって欲しいと思います。


 スピードが求められる時代ではありますが、継続という意味では時間をかけて努力をして下さい。それが成功するために必要なものなのです。


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!


posted by SEMアドバイザー at 09:00 | マーケティング






最近の記事