2014年06月02日

私的:役に立つコンテンツの書き方

今回は私がここ最近の実験サイトでは必ずと言って良いほどやっている手法をご紹介致します。


ユーザーが知りたいのはメリット?デメリット?


 皆さんも経験があると思いますが、例えば商品など興味を持ったものがある場合に様々な口コミを調べると思います。


 人間とは面白いもので、良い感想が10人いたとしても、その中に1人の悪い感想を読むと、その内容が気になったりするものです。そういう意味では悪い感想(悪口ではなく)は数の大小に関わらず影響があると私は考えています。


 そして、ユーザーが求める情報はどこで読んでも同じような「良い評判」だけでなく、「悪い評判」である事もしかりなのです。メリットについてはそれこそメーカーページで読めば、分かりやすく説明してくれているわけですが、さすがに自社商品についてデメリットを書いているサイトはなかなか見た事がありませんし、普通は書かないでしょう。


 ある意味この辺が面白い点で、ニーズはあるのに企業側としては「書けない」「書かない」情報であると言えます。


私はデメリットは分かりやすく先に書くようにしています


 さて、ここからが私の書き方なのですが、私は商品について説明する時に必ず悪い部分を書くようにしています。


 正直に書く事で、その先にある内容も「信頼できる」とユーザーに感じてもらえるからでもあります。


 しかし、本当にお勧めしたい商品の場合には書く順番に注意しなくてはいけませんし、悪いだけで終わってしまうとユーザーには悪い印象しか与えません。


 また、良い点を書いた後に悪い点を書いてしまうと人というのは最後に読んだものを記憶に残してしまう傾向にあります。


 例として以下は同じことを言っていますが、おそらく皆さんの感じ方は結構変わるのではないでしょうか?


★パターンA

 この商品はとても有益なのですが、とにかく覚えるまでが一苦労します。


★パターンB

 この商品はとにかく覚えるまでは一苦労しますが、とても有益なのです。


 もうお分かりでしょうが、通常は(人によっては感じ方は変わると思いますが)、後者の方が商品に魅力を感じてもらえます。


 理由は簡単で、覚えるのは大変だけど、それを超えれば自分にとってとても有益だと感じさせるからです。しかし前者は自分にとって有益だけど、そこにたどり着くまでに挫折するかもしれないという負の感情を起こさせるからです。


 というわけで私の実験サイトでは上記の理由から悪い点を書いた後で、それを覆す(解決できる、デメリットを薄める)メリットを伝えるようにしています。


 また、このようにいずれの情報も入れておくと、SEOでも結果として強くなりますし、実際に人為的なリンクなどつけなくても上位に来ています(もちろん結果も出しています)。

良い点、悪い点を順番を考えて伝える



企業サイトもチャレンジの意味はあるかも


 実は私自身この話のような方法を企業自身が自社商品で書くのも面白いと感じています。今はそれこそ見かけないわけですが、そこを逆手にとって悪い点も自社で認めてしまうという事です。


 しかし、この場合もその商品の悪い点が気になる場合には別のBという商品があるという事を明確に分かるようにすると良いでしょう。


 現在はこれとは違い、例えば、PCソフトなどはバージョンによる違いという形で書いていると思いますが、そこをさらに踏み込んで、思い切った事を書いても面白いかなとは思っています。


 また口コミサイトなどで問題となっている部分(ユーザー指摘している悪い点)を把握し、それについての回答や解決法があるならば、公式サイトで積極的に説明するのも効果的だと思います(なるべく早い段階で)。


 得てしてユーザーの口コミで書かれているデメリットには知らないふりをする企業が多いわけですが、そこにあえて自らが踏み込んでいく姿勢はきっとユーザーに好印象を与えるのではないかと考えます。


 役に立つコンテンツとは上辺だけの良い点だけを伝えるものではないと考えています。悪い点も含めて書く事でユーザーも納得してその商品を検討するのではないでしょうか?


 今のユーザーは良い点だけを宣伝文句のように書いているものは、それほど信じないような気がします。



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | マーケティング

2014年04月25日

Webは更新の手軽さが致命的ミスを誘う

 本日はWebのメリットが大きなデメリットにもつながるという話です。


Webはすぐに修正できるのが利点ですが・・・


 Webと雑誌媒体の大きな違いの一つに修正のしやすさがあります。広報担当ならよく理解できると思いますが、振り返ってみれば、雑誌媒体とWeb媒体のそれぞれにかける校正の時間では差があるのではないでしょうか?


 雑誌媒体の場合、基本的に一度世に出てしまいますと出たものについては修正がきかないため校正を何度も繰り返す事が多いと思います。


 しかし、Webではどうでしょうか?私も他人の事を偉そうに言える立場ではありませんが、Webではいつでも修正が可能な反面、その「安心感」ゆえに、チェックが甘くなりがちです。


 困った事に一般に公開した後すぐに問題点が出てこなければ(指摘されなければ)、もし間違いがあってもそのままネット上に公開されたままとなる事も多いわけです。その結果として大きな問題につながる事もあるわけです。


 以前も書いていますが、自社の方はほとんど自社サイトに興味を持っていない事が多いため、問題点の発見が遅れる事は多いように思います。自分の会社のWebサイトの更新を把握しているのは広報担当以外にはほとんどいないと私は考えています。


Webでのよくある間違い


 私は日々クライアントサイトを巡回してまわり問題があればすぐにメールにてお伝えしています。


 そんな私がよく見かける問題(クライアントサイト以外も含む)をいくつかご紹介します。なお、ここに書く内容はたまにあるものというのではなく、ほとんどのサイトで「よくある」事であり、しかも、何度も繰り返されます。さらに言えば、トラブルになる可能性もあるものです。


 ここでは「誤字・脱字」はあえて書きません。


・イベントの日時、あるいは曜日が間違えている

・イベント告知ページ記載の日時とフォームの日時が異なる(あるいはそもそも申し込めない)

・最新情報と書いているのに1年以上前の情報を普通に掲載したまま放置

・価格表記が間違えている

・デッドリンクである

・著作権違反をうっかりしてしまっている

・ブログなどで無意識に問題になりそうな写真をアップしている

・記載内容に矛盾が生じている



 抽象的な例もありますが、よくあるミスです。


 Webは確かに即効性があり、すぐに更新できます。しかし、「すぐに更新できる」のと「本当に更新する」「実際に修正する」の間にはかなりの隔たりがあるのも事実で、多くのサイトがミスを抱えたまま気づかないでいます。


 チェック体制の甘さ、そして担当者依存の状況がこのような事態に繋がっているのだと思います。


「ここだけは見る」のチェック体制を作る重要性


 さて、これらのミスによるトラブルをなくすにはどうすれば良いか?と言えば、チェック体制をきちんと作るとしか言いようがないのですが、大事なのは「担当者ではない方のチェック」だと考えています。


 担当者は普段から見慣れている事もあり、「風景的」な感覚でチェックしてしまう事もあります。いつも正しいから今回も大丈夫だろうという意識も根底にあるでしょう。


 担当者が変われば新鮮な目でサイトを見る事が出来ますので発見もしやすくなります。


 とはいえ、何でもかんでも見て下さいと言ってもなかなかそうはいかないでしょう。そのため、きちんと見てもらう場所を指定しておくと良いと思います。


 要は売上に関する場所、間違えがあると大きなトラブルに発展する可能性のある部分などです。前述の「イベント告知ページ記載の日時とフォームの日時が異なる」などはまさにその好例でしょう。こういうケースは確実にトラブルに発展しますので、そういう部分は特にきちんとチェックしてもらう体制を作ると良いでしょう。


 「うちは大丈夫」などと考えている方もいるかもしれませんが、経験上、かなりのサイトでミスはあります。ミスがない方が珍しいかもしれません。それくらいの意識でいる方が良いと思います。



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 11:52 | マーケティング

2014年02月06日

スマホ時代の動画戦略で気づきにくいこの視点

 本日はふと思いついた話です。ふとと言いつつも、今の時代を考えると「言われてみれば」という視点です。


スマホでの動画視聴は当たり前の時代


 今回の記事ではことさらデータなどを出すつもりはありませんんで(他でいくらでも見ていると思いますので)、ここ最近の一般的な動向を思い出してください。


 スマホやタブレットなどのモバイル端末でインターネットに接続する方が増えているのは言うまでもありません。今まではPC向けに対策してそれと一緒にモバイル向けも・・・という時代だったわけですが、もはや主役はモバイル中心に変わっていると言っても過言ではありません。

時代はモバイル



 特に対象ユーザーが若者であればなおさらこの点を意識しなくてはいけないでしょう。


 また、回線状況もかなり進み、外出先で動画を見るというのはまさに日常の事となったわけです。そのため、各企業とも動画を広報の一つの戦略として使用する事も一般的になったと言えるわけです。


動画公開で気にする点は何か?


 動画を見てもらう時には、内容は言うまでもなく、その長さ(長すぎると見てもらえないなど)、何で視聴されるか、いつ公開するかなどは注意するべき点です。


 SEOの事も言えば、動画のタイトルや説明文なども重要でしょう。


 この辺までは誰もが気にする所だと思うのですが、「いつ」公開すればより多くの方に公開日付近に見てもらえる可能性が高くなるかと考えると、別の視点が必要だという事に気づきました。


 これは「時間」についてではありません。もちろん時間も重要ですが、それ以前に考えないといけない事がありました。


 それが・・・。


 「速度制限」です。


 スマホで閲覧するユーザーが増えているという事は自ずと「速度制限」を受けるユーザーもいるという事です。

速度制限



 例えば、ソフトバンクの場合、下記のような速度制限になっています(引用:ソフトバンク:所定データ量を超えた場合の通信速度制限を確認する)。

4G料金プランおよび4Gパケット定額サービスをご利用のお客さまについて、毎月ご利用のデータ量が7Gバイトを超えた場合、請求月末まで通信速度を送受信時最大128kbpsに低速化いたします。


 他の会社もこの制限と同じ所が多いわけですが、7GBという制限の後は128kbpsという、およそ動画閲覧には向かない速度になる事を忘れてはいけないという事です。


 たいていはこの速度制限は各社とも月単位で実施しています(速度制限がある場合)。となりますと、想像がつくと思いますが、月の後半にはモバイルでのネット環境が著しく悪くなるユーザーが確実に月初よりも多いという事になります。


 動画に関わらず重いサイトを見た場合でも、読み込みをやめる事はよくある事だと思います。動画なら尚更でしょう。いつまでもバッファリング状態が続くのを待ち続けても、本当に面白い動画か分からなければ、キャンセルをしてしまう事は普通に想像できるわけです。


 となりますと、各キャリアの速度制限を考えると動画公開は、月初に近い日付の方がより視聴可能ユーザーは多いと言う事になるわけです。


 もちろん、話題のものであればPCだったり次の月だったり見るかもしれませんが、初動が重要なのは言うまでもないでしょう。


 今後ますます動画を使った広報というのは増えていくと思います。しかし、公開タイミングを間違えると、少なからず、本来は伝わるはずだった方に伝わらないという可能性も出てくるわけです。

 
 時代はモバイル中心に動き始めました。それに関わる周辺の状況も忘れずに意識しておきましょう。


 今回の速度制限は一つの要素でしかありませんが、こういう部分にも目を向けて様々な戦略を立てられると良いと思います。


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!



posted by SEMアドバイザー at 10:04 | マーケティング

2014年01月28日

どんな記事にも学ぶところがあると考えるだけで成長できる

 今日は「どんな記事にも学ぶところがあると考えるだけで成長できる」という話です。皆さんはいろいろな記事を毎日読まれていると思いますが、どういう気持ちで読んでいるでしょうか?


学びのない記事はない


 こんなタイトルをつけますと、「クソな記事はクソだ」という過激な意見を言われる方もいる事でしょう。その通りではあるのですが、実はそこから学びを得ている事に気づかなくてはいけません。

 
 例えば、ほんの数行の記事を読んで「役に立たない」と思われた場合、少なくとも、「自分はもっと深い記事を書こう」という気持ちになるはずです。もちろん、「時間の無駄だった」と思うかもしれませんが、それと同時に、人に記事を読んでもらうという事は「その方の大切な時間を投資してもらっている」と考えるかもしれません。


 要はどんな記事を読んでも、その記事そのものの内容が自分に役立つ、役立たないに関わらず、何らかの気持ちが生まれる要素にはなっているはずなのです。


 良い記事を読んで、それ以上の記事を書こうと思うのも学びですし、悪い記事(と感じるもの)を読んで、こんな記事は役に立たないと思うのも、学びになっているというわけです。


自分の嫌いなタイプの記事にも学びがいっぱい


 コンテンツとしては充実しているものの、自分には合わない記事というのはあると思います。ブログで言えば、著者が嫌いという事もあるでしょう。


 しかし、そういう感情の動きが生まれるというのは裏を返せば読み手に何らかの心理的な影響を及ぼしている証拠であり、何の感情の変化も呼び起さない記事に比べて学びの要素はあると言えます。


 そもそもどんなヒット商品でもファンとアンチはいるわけで、そのいずれにもならないような商品はそもそも印象にも残ってないという事になります。


 また自分が嫌いだ(あるいは合わない)と思うにはその理由があるからこそですが、その理由をきちんと踏み込んで考える事で、どういう風に工夫すれば好きになれると思うかなど、発想の起点にもなると思います。


手前味噌ですがSEONもどうぞ


 さて、エラそうな事を書いているこの私も、最近真面目に書いているものと言えば、SEOの世界を冒険小説にした「SEON」です(ただ今シーズン2です)。


 あまり人気がないのですが、これも実は学びがあるはずだと考えています。


 自分で言うのもなんですが、SEONというのは実際にソーシャルで知り合った方が出演するもので、どのようなキャラ設定になるかは私の裁量に任されております。そのため、出演者本人もどうなるか分からずというようなふざけた小説です。


 そもそも書いている私でさえも、この先を知りません。最近はキャラクターが勝手に行動して話を進めていくという状況です。

 
 前置きが長くなりましたが、こういうネタ(悪く言えばバカバカしいもの)小説は役に立たないかと言えばそうでもありません。これを読んでどんなアイデアをひらめくかは人によりますが、私自身がこの小説が進むにつれて学んでいるという事実もあります。


 さらにいえば、バカな企画をやると、たいていの企画は恥ずかしくなくなるという利点があります。常にスタイルを気にしていると、自分のアイデアがその範囲を超えられなくなるという事もありますので(それはそれで良いと思います)、いろいろと試したいならば、ばかげた企画もチャレンジすると、一気に自分の可能性も変わってくると思います。


 というわけで、SEONシーズン1から読んでやるという方はこちらのPDF版をご覧ください(ちなみにシーズン1から読まないとあまり意味はありません)。


 そして、その後は現在進行中のシーズン2をブログにてご覧ください。


 どんなものにも「学びはあるのです」から!


 ・・・と言いつつSEONの宣伝が目的だとどの辺で気づかれたでしょうか?^^


 加えて、土曜日に更新した「Googleの音声検索の精度を確かめる私史上最もくだらない実験」なんて、○○ですよ!


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 12:06 | マーケティング

2014年01月16日

目的から考えるといつもと違う視点が見えてくる

 今回はアイデアネタです。


目的を考えると異なる視点が生まれるもの


 先日久ぶりに渋谷に出かけたのですが(ザ・田舎者!)、数多くある看板の中で「これはやられた」というのがありました。渋谷を歩いている方であればおそらく毎日のように見かけているかもしれません。


 写真などは撮影していないのですが、その看板はおおよそ以下のような事が書いていました。

右見て!



 結論から言えば、私は右を見ました。いえ、見るでしょう。好奇心があれば^^


 こういう事例はそんなに珍しいものではないと思いますが、改めて看板の目的を考えると良い事例だと思いました。


 よく見かける看板には写真や文字がびっしりと書かれているものが多いわけですが、セミナーなどのプレゼン資料と同じく、文字が多い場合はかえって読めない(読まない)わけです。多すぎる場合にはメモをする事さえも諦める戦意喪失状態にさえなるでしょう。


 この看板は、目的を果たすための手段として視点を変えているわけです。つまり、看板を見るだけでなくお店に気づいてもらうという第一段階の目的を果たすための方法と考えれば、看板に細かい商品名などなくても良いわけです。


 もちろん、驚くような割引商品がある場合には「何%引き」などの表記がある方が訴求力そのものは高くなる可能性はありますが、素通りされるなら、とりあえずお店に気づいてもらうという視点であれば、この方法はかなり確率は高いと言えるわけです。


いろいろと考えてみる


 今回の事例を元に他のパターンもいろいろと出てくると思います。例えば、こんなものはどうでしょうか?

見たら負け



 心理的には負けても良いから「なんだろう?」と思う方が多いのではないでしょうか?


 他にもこんなものも考えられますね。

あっち向いてホイ!



 気持ち的には負けたくないので左を向きたいのですが、気になるパターンです。


 他にもこんなパターンもあります。既に無茶苦茶になっています^^

全米が泣いた!



 ちょっとジレンマにかられるこんなパターンもありますね。

よそ見せずに まっすぐ前を向いて 歩いてください



 この記事はネタ記事なんじゃないかって気づかれた方、正解です!


 というわけで、最後はこれで見なければツワモノだと思われるパターンを一つ。

一日に2万人が 素通りする 悲しいお店です



 視点を変えるとアイデアはいろいろと出てくるという事で^^


<おまけ>

 このブログ記事を共有するとこんな風になります^^

見たら勝ち!




揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!


posted by SEMアドバイザー at 15:08 | マーケティング






最近の記事