2010年04月16日

ウェブマスターツールがより便利にリニューアル

 既に昨日、各所でニュースが流れていますが、たまには時事ネタも扱っておこうと言う事で、このブログでもご紹介いたします。

 Googleウェブマスターツールの提供データが今まで以上にサイト運営のヒントにつながるようになりました。

 なんと言っても、「上位の検索クエリ」の機能アップは歓迎するべきところだと思います。

 前ブログから私の想定外キーワードを例に新機能をご紹介いたします。下記二つのキーワードは自分でも上位に来る事を想定していたキーワードではありません。


上位の検索クエリ


 各キーワードの左の「+」ボタンをクリックするとさらに詳細なデータ(これが役に立ちます!)を見る事ができるようになりました。


キーワードの詳細


 今回のリニューアルで面白いのは、掲載されていた検索順位と、各順位にあった時の表示回数とクリックスルーがデータとして表示される事です(そのキーワードの掲載順位によって、6 - 10 件目、2ページ目、3ページ目以降等表示が変わります)。これはとても参考になります。

 しかも、今回から表示キーワードを全て(だと思います)確認できるようになりましたので、気づいていない隠れ重要キーワードを見つける事が出来るようになりました。

 正直、今回のリニューアルは、SEO施策をする上でこの上なく便利になったと思います。眺めているだけではもったいない機能改善と言えるでしょう。

 なお、ここでウェブマスターツールヘルプよりウェブマスターツールについての言及部分を一部ご紹介いたします。


ウェブマスター ツールは、サイトへのアクセスとページへのリンクに基づいてデータを提供します。サイトへのアクセスとリンクを増やすには、ユーザーがアクセスし、リンクしたくなるようなウェブサイトを作成して、認知度を高める必要があります。サイトへのリンクが多いほど、Googlebot がクロールする可能性が高くなります。サイトが頻繁にクロールされるようになると、ウェブマスター ツールにさらに詳細なデータが表示されるようになり、データの更新頻度も高くなります。



 また、「上位の検索クエリ」の全てのデータのダウンロードが画面下方から出来ますが、UTF-8形式ですので、エクセルのバージョンによって(2002等)は文字化けする事があります。

 その場合、ダウンロードしたファイルをワードやメモ帳などのUTF-8を読み込めるソフトで開き、エクセルで読む事ができる形式にて上書き保存をすれば、通常のカンマ区切りデータを読みこむ方法によってエクセルで開く事が可能になります。



◆ご相談はセルフSEOコンサルタントのSEMアドバイザーまで
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | Comment(0) | Google






最近の記事