2010年07月28日

Yahoo! JapanとGoogleの提携をユーザー視点で考える

 今更ですが、昨日はIT業界を揺るがすような大きなニュースが飛び込んできましたね。




Yahoo! JapanとGoogleの提携



 米Yahoo!ではマイクロソフトのBingとの提携が進行中なわけです。そんな時にYahoo! Japanの検索エンジンがGoogleになり、Yahoo!の検索連動型広告もGoogleのシステムにとってかわるというのですから、誰でも驚きますね。


 契約期間は当初2年で、その後も何もなければ2年毎に契約更新されるという事です。移行時期はなるべく早くという事なので、言葉通りに受け取っておくべきでしょう。


 Yahoo! Japanの決算説明会を聞いた限りでは、「独自の調整」が入るために、完全に同一な結果にはならないというように私は理解しましたが、いつものように、蓋を開けてみないと、どんなものになるか分からないと感じたのも事実です。


 Yahoo! JAPAN独自の調整を加えながらGoogle の検索サービスをカスタマイズするという事で、移行を見守る必要があると思います。ただ少なくとも、ベースにはGoogleが存在しますので、大きくランキングが異なる事は考えにくいというのは確かです。




 さて、ここまでは私たちの目線の話でしたが、一般ユーザーから考えたらどうでしょうか?

提携を一般ユーザーの視点から考える



 実際には、どうでも良いニュースだと思っている方が大半だというのが現実だと思っています。私もこういう仕事をしていなければ、どうだって良いと思ったでしょう。


 つまり、ユーザーからしてみれば、「いつも利用している検索エンジンで検索して、そこに出てくる結果が全て」と言う事です。その背景にGoogleがあってもなくても、どうでも良いという事ですね。つまり、「この事実を意識していなければ」何ら心理的な変化はないと思われるという事です。

結果が全て



 もし、明日、突然変わっていたとしても、一般ユーザーで違いに気付く方がそれほど多いとは思えません。


 しかし、私たち関係者にとっては今回の提携で、初心にかえるきっかけになったのではないかと思っています。


 検索エンジンの最終目的は、あくまでユーザーの求めるものに最も近いものを提案する事です。ユーザーに無駄なクリックをさせずに、希望に近いものを想定して提案するという事です。


 そういう意味では、ホームページなどのあり方は、変わっていないわけです。


 こういう提携がある事で、特に気をつけないといけないのは、一部の検索エンジンのみに通用している「スパムな」テクニックを使っている方とも言えます。

スパムなテクニックに注意



 一般ユーザーから見れば、後ろに控えるのが何であっても、Yahoo!のユーザーインターフェイスが大きく変わらない限りは、違いを感じる事はほとんどないはずです(あれ?くらいは思うかもしれませんが・・・)。


 コンテンツ絶対主義を唱えると、反論する方も稀におりますが、私達がコンテンツ絶対主義に意識を持っていかないことには、この業界の未来はきちんと育たないと思っています。それ以上に、この業界に関係する私たちが、そういう方向に持っていかずして、誰が持っていくのでしょうか?と考えています。


 私は今回の提携で、よりコンテンツの重要性をクライアントに説明する必要が出てきたと考えています。それはこの業界にとって、良い傾向なのではないかと思っています(別にYahoo!が悪いと言いたいわけではなく、Googleが厳しいと言いたいだけです。大人な表現!)。


 言うまでもなく、Googleはそれに応える検索エンジンであると思っています。スパムに厳しく、正当にWebサイトを評価しようと常に努力しています(と、思いつつも、実験結果では、スパムな施策を完全にスルーしているケースもありますが・・・。)



 今回の提携発表で、私としては、一箇所引っかかっているところがあります。それはYahoo!カテゴリ登録の存在です。

Yahoo!カテゴリ登録



 決算説明会では明確な話はありませんでしたので、その部分が独自の調整として加えられる点かどうかは分かりませんが、企業として、高額な審査料を受け取っているサービスであるため、それなりの言及があってしかるべきだと感じました。


 仮に、Yahoo! Japanの中では「それは独自の評価部分として加味する」と考えているとしても、現在の私たちやYahoo!の顧客で確信できる方はほとんどいないのではないでしょうか?


 そもそも、私たち自身、クライアントに自信を持って、今現在、Yahoo!カテゴリ登録を勧めてよいかも分かりませんね。


 本記事執筆時点では「Yahoo!ビジネスエクスプレス スタッフブログ」では、今回の提携について触れている部分はありません(本記事アップ時は私にもわかりません)。


 しかし、「カテゴリ登録」は当然ながら今も受付中ですし、該当ページには「アクセス数が急増」の魅力的なキーワードが掲載中です。


 正直、「いつまでの話ですか?」と聞きたくなります。万が一にも、これが全く意味をなさなくなった(あるいは、審査料に見合わない極度の低評価である)場合には、勧める方にも責任が出てくるわけです。


 そういう意味では、私は明確な説明がYahoo! Japanからあるまでは、カテゴリ登録を勧めるつもりはありません。


 52,500円〜157,500円は安い審査料ではないですし、Yahoo! Japanも審査依頼をする企業にとっては、安い審査料ではないのだという事を意識する必要があると思っています。


 早い段階で、Yahoo!ビジネスエクスプレス スタッフブログで、今回の提携に関してのコメントが書かれる事を期待したいと思います。



 ここまで書いて思ったのは、今日はネタ部分がないですね。その点は反省します^^;。


 そして、最後にとても図々しいお願いですが、昨日の記事が、提携話で目立ちませんでしたので、読み忘れた方は是非、ご覧下さい^^。結構、頑張った記事です!




 なお、提携内容に関して、私の記事内容に完全なる間違いがある場合には、コメント等でお知らせ下さい。即座に修正いたします。



◆コンサルタントのご相談は自分でやるSEOを支援するSEMアドバイザーまで。月額定額サポートのため、安心です。
マーケティング力を鍛える
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | Comment(2) | Yahoo!

2010年07月12日

米Yahoo!ご乱心の検索結果

 7月9日の午後、米Yahoo!の検索結果がおかしいと言う情報をTwitter上での@hontakuさんのつぶやきで知り、早速、いろいろと調べてみました。


 問題となったのは米Yahoo!で「SEO」と検索して出てくる結果でした。この記事がアップされている頃は修正されている可能性が大ですので、記念にスクリーンショットを撮っておきました。クリックすると大きくなります。

SEOでの検索結果



 赤枠内はとりあえず、英語ではないサイトです。アジア勢がかなり検討していますね。



 せっかくなので、他のキーワードでも検索してみました。さらに日本のサイトが検討しているキーワードはないかと探したところ、私が毎日見ている、ワールドビジネスサテライトが、その略称である「WBS」で1位になっています。

WBSでの検索結果



 毎日、録画してまで見ている私にとっては、個人的にとても嬉しい結果です。米Yahoo!さん、ありがとうございます。こちらも赤枠内は英語ではないものです。


 ちなみに、1キーワードでこれほどまでに多くの国のドメインがトップ10内に出てくるのは、サッカーワールドカップの関係かと思ってしまうくらいの夢の競演ですね(ドメインの国は調べて書いたつもりですが間違えていたら指摘して下さい。zaなんて普段見ないものでして^^;)。



 そして、最後に私が広めようとしている「セルフSEO」!流石にカタカナを入れても仕方がないので「SELF SEO」で検索してみました。


 すると・・・。お〜、ここでも1位は日本サイトでした!

self seoでの検索結果



 株式会社トゥルースさんのセルフSEOのページが堂々の1位です!素晴らしいので、普通にリンクをはらせてください!もしこの記事にお気づきになり、NGの場合にはご連絡下さい。この部分を削除致します^^;


 私のサイトも日本の検索エンジンで「セルフSEO」と入れていただければ、3大検索エンジンではトップ10内なのですが、アメリカでは難しかったようです。残念!


 今回の記事はだから何?と言われれば、まさにご尤もな内容なのですが、こんなに面白い事は滅多にないので、記憶にとどめたいと思いまして、記事にさせて頂きました。


 セミナー講師などをされている方は是非ネタにでも。


*記事アップ段階では、まだ少しおかしいようですが、かなり改善されているようです。



◆コンサルタントのご相談は自分でやるSEOを支援するSEMアドバイザーまで。月額定額サポートのため、安心です。
マーケティング力を鍛える
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | Comment(0) | Yahoo!

2010年07月06日

7月5日のYahoo!アルゴリズムアップデートでジャンプアップしたページ

 SEMアドバイザーの無責任紹介シリーズ「Yahoo!アルゴリズムアップデートでジャンプアップしたページ」の時間がやってまいりました。サイトではなくページの時代。


 6月23日にインデックスアップデートをやったYahoo!が7月1日に大変動を起しましたが、SEO関係者の気持ちをやきもきさせつつ、7月5日にアルゴリズムアップーデートの告知を行ないました。


 今回のタイトル、7月5日とつけて良いものかどうか迷いましたが、告知を変えるわけには行かないので、公式発表にあわせたいと思います。


 実際には7月1日から大変動を起していましたが、5日の発表までに微修正が入れられているので、Yahoo!の納得いくレベルまで修正できたら告知しよう、という気持ちだったのだと勝手に推測しています(それでもまだ、沢山問題点あるように思いますけど・・・)。


 さて、この無責任シリーズの目的は、100位圏外からTOP10にジャンプアップしたページを紹介し、皆さんに勝手に分析していただくという、まさしく「紹介するだけ」のシリーズです。


 というわけで、私の分析はありませんが、ジャンプアップしたサイトを見ると何かに「ハッ」とされるかもしれません。とりあえずヒントにはなる書き方をしておきます。



 では、早速・・・。

※ページのtitleタグを「 」内に掲載。Yahoo!が上位表示しているアドレスそのままでURLを紹介しています。

掲載順位は7月5日の17:00に目視にて検索しています。

※ジャンプアップした例を上げていますので、悪い意味での紹介ではないのですが、ご紹介させて頂いたページの管理人様よりお申し出があれば、すぐに削除させて頂きます。



<キーワード…RPG>

・圏外から2位へジャンプアップ!

 「RPG - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/RPG

RPGでジャンプアップ


 なお、このキーワードでは1位もWikipediaです。6月30日までの1週間程度「コンピュータRPG」のWikipediaページが3位におりましたが、7月1日からはこちらがジャンプアップ!


<キーワード…iPad>

・圏外から3位へジャンプアップ!

 「iPadならまかせろ!バリバリバリ…やめて>< #nenet - ねねっとTechDiner
 http://iphone-ipad-app.com/?p=912

iPadでジャンプアップ



<キーワード…あがり症>

・圏外から9位へジャンプアップ!

 「あがり症克服推進会 1日たった15分であがり症を克服。ドキドキ、ビクビクせずにやりたいことができる方法
 http://www.agarishou.net/kokufuku/index.html

あがり症でジャンプアップ



 参考までに、このページのトップページが6月30日まで20位におりまして、このページの上昇とともに、圏外になりました。これは今回のアルゴリズムの分かりやすい点かと思います。


<キーワード…お取り寄せ>

・圏外から9位へジャンプアップ!

 「趣味人倶楽部 - ☆お取り寄せグルメ☆
 http://smcb.jp/_cms00?gid=2797

お取り寄せでジャンプアップ



<キーワード…会議室>

・圏外から8位へジャンプアップ!

 「貸会議室なら会議室21
 http://www.kaigishitsu21.biz/index.html

会議室でジャンプアップ




 以上、5つほどジャンプアップしたサイトを紹介させて頂きました。とりあえず、index.htmlのなしが下がって、ありが上がったなどの正規化の認識に問題のあるケースではない事は確認していますが、今までも上位のはずという場合には、お知らせ下さい。その部分を差し替えます^^;。



 今回の記事は紹介をするだけシリーズですので、この後の分析や想像は皆さんにお任せいたします。


 また、私の調査した日と、この記事がアップされた段階での順位が異なる可能性も十分にありますので、その点はご了承下さい。



 そして・・・昨日、Twitterで知ることになった大事件!


 Yahoo!の検索タブから「登録サイト」の表記が消えました!(ちなみに「商品」タブも消えています。)

消えた登録サイト



 検索後の「一覧」からは選択できるようですが・・・。


検索後の一覧



 こちらの方が大きなニュースのような気がします。ヤフカテ登録に大金を払ったサイトにとって、この扱いはちょっと・・・。一覧を選択する人の数を知りたいくらいです。


 【参考:Satoru.net−Yahoo!トップの検索タブから[登録サイト]が消えた



◆コンサルタントのご相談は自分でやるSEOを支援するSEMアドバイザーまで。月額定額サポートのため、安心です。
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by SEMアドバイザー at 06:00 | Comment(0) | Yahoo!

2010年06月28日

必見!noframeスパムサイトに動きあり!

 私の前ブログからシリーズ化しているこの「noframeスパム」サイトの動向ですが、ついに、動きがありました。


 とはいえ、これは「一例」ですので、参考までにとどめておいて下さい。少なくとも、noframeスパムはやるものではないという事は、この検証データ云々以前の話です。


 ここで、おさらいとして、このサイトについての昨年7月の記事を先に読んでおくと分かりやすいと思います(リンク先は前ブログです)。





 前回の記事以降の動きをまずはご覧下さい。グラフは、このサイトがメインで狙っていたあるキーワードでの動きです。

2009年7月以降のランク推移



 前述しました記事の後にあった、2009年9月4日のYahoo!インデックスアップデートで、圏外(グラフでは100位までの表示ですが、300位圏外です)に落ちました(赤線がYahoo!のランク)。


 Bingでのランクが途中で急降下しているのは、グラフ上にも記載していますように、順位取得エラーであり、それまでのランクとほぼ同じ位置にある事を手動検索で確認しています。


 そのサイトがつい先日の2010年6月13日に戻ってきました。キャッシュ日を確認したところ、2010年6月7日でした。


 サイトの変化を確認しましたところ、リニューアルをしたようです。


 そうです!ついにnoframeをはずしていました。但し、前回の記事にあるように画像メインではあるのですが、圏外の原因として怪しいと思われる肝の部分が修正されたわけです。


 それまではフレームを指定するindexページには、とあるSEO業者へのリンクがはられていましたが、それもなくなっていました。


 つまり、そのSEO業者とは契約を解除したようです(あくまで予想です)。


 その結果、約10ヶ月近くの300位圏外生活から抜け出した様子です。2008年10月末(当時はYahoo!で1位)から追っているサイトだけに、私も何やら嬉しい限りです。


 残念ながら、先日のインデックスアップデートで、順位は30位台後半へと下がりましたが、それでも、今までの事を考えれば、良い方でしょう。


 参考までに、300位圏外生活時代、このサイトは無差別に外部リンクを投入されていました。それを示すのが以下のグラフです。

Yahoo!圏外時代の被リンク数推移


 被リンクの中身は、フッターリンクがほとんどです。サイト元のテーマはもちろん適当です。現在もそれは残っています。


 Googleは参考データとはいえ、現時点でlinkコマンドで出てくる被リンク数は8件です。


 この圏外時代には、noframeを残したままの完全リニューアルも一度行なわれていますので、今回のYahoo!での復帰についての要素として、かなり濃いという事は言えると思います。


 もちろん、断定は出来ませんが、スパムと言われている手法を使う事にはリスクがつき物である事だけは確かです。


 一つのサイトの参考データに過ぎませんが、足掛け2年近く、追っているサイトだけに、その戦いぶりをご紹介いたしました。


 このグラフの動きを見ると、検索エンジンごとの考え方も、結構見えると思います。


 なお、どこの業者?という質問には一切お答えいたしませんので(^^)、予めご了承下さい。


 自分が以前に書いた記事の作風が、今とはかなり違うなぁ〜と我ながら思います。



◆コンサルタントのご相談はセルフSEOコンサルタントのSEMアドバイザーまで。月額定額サポートのため、安心です。
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | Comment(2) | Yahoo!

2010年06月24日

Yahoo!のもう一つの情報公開をあえて記事にします

 昨日はYahoo!のインデックスアップデートの告知があり、Twitter上はにぎわったものの、それほど大きな動きでもなかったため、少し静観(本記事執筆時点の6月23日昼過ぎの話ですので、アップされる頃には何が起こっているかは別ですが^^;)をし、「Yahoo!のもう一つの情報公開」を記事にしたいと思います。


 昨日、15:30時点でYahoo!のスタッフブログには26のトラックバックがされていました。

Yahoo!インデックスアップデートのトラックバック



 そして、本日記事にするYahoo!リスティング広告公式ブログのYahoo!のクオリティセンター公開のお知らせは6月22日の記事にも関わらずトラックバックは0と、少し寂しい状態。

Yahoo!リスティングのトラックバック



 と言う事で、これは私が応援しなくては!と言う事で、紹介をしたいと思います。是非、読んでください!!!

 ★Yahoo!クオリティセンター

Yahoo!クオリティセンター


広告掲載面(掲載パートナー)とそこに掲載される広告、その双方のクオリティに関するコンテンツを掲載している点が特徴です。


 Yahoo!リスティング広告では「広告」「広告掲載面」「インターネットユーザーによるクリック」の3つの要素をサービスの重要な要素ととらえて、クオリティの品質の維持管理を行なっているとの事です。


 WebマーケティングではSEOだけではなく、リスティング広告との両立は大切です。


 リスティング広告で公式サイトから発信されている情報というものの中には、SEOのヒントとなるような事が多く書かれているものです。


 もちろん、SEOとリスティングの上位表示基準が全く同じというわけではありませんが(全く要素として絡まないものも多いです)、いわゆるネット広告(広報)のあり方を考える上で、Yahoo!が考える広告の指針を読む事はプラスこそあれ、マイナスはありません。


 品質インデックスなどの基準は、SEOでの評価基準とは比較できない点も多くありますが、検索エンジン側の基本姿勢を知る事は、SEOを行なう上でも、また、将来的な指針策定の上でも役立ちます。


 さらに言えば、現在、SEOだけで何とかしようと思っている企業の担当者の方も、いずれリスティング広告のお世話になる可能性は多分にあります。


 時間のある時に、ヤフーリスティング広告の上位表示の基準を知っておくと良いでしょう。


 さて、この記事がアップされる頃のYahoo!の自然検索がどうなっているかは分かりませんが、今までと比べ、アップデートしました!という情報はTwitterで連呼されるようになりましたので、あえて、こちらを記事にさせて頂きました。


 インデックスアップデートについての情報はこの後、ゆっくりと分析したいと思っています(記事にするかは分かりません・・・)。


*注(2010年6月24日追記)

 本日の朝、Yahoo!が大きく変動をしている事が確認されました。正確には昨日の夜の定時チェックで変動が確認されています。

 様子を見て、アップデートに関する記事は来週にでも書くかもしれません。諸事情により、明日の記事も既に昨日、予約投稿しておりますので・・・。

 とりあえず、急いで対策をせずに、動きが収まるまでは、我慢するようにしましょう。



◆コンサルタントのご相談はセルフSEOコンサルタントのSEMアドバイザーまで。月額定額サポートのため、安心です。
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | Comment(0) | Yahoo!






最近の記事