2011年03月10日

ユーザーがいつ読んでも問題のないコンテンツを目指せ!

 今回のテーマは「ユーザーがいつ読んでも問題のないコンテンツを目指せ!」です。


その記事はいつ読まれるのか?


 私もSEO関係の記事を書いていますが、ここ最近、その手のデータ記事の割合を減らしています。それは何故か?理由はいくつかありますが、検索が一般的になった現代のユーザーの動きを意識しての部分も多分にあります。

データ記事は減らしています



 一つには、ユーザーはいつこの記事を読むか分からないという点です。記事が書かれた日のアクセスが瞬間最大風速として強くなるのは別としても、どの記事も、このブログが削除されない限りは常に、誰かがアクセスする可能性を秘めています。


 そして、それが1週間後なのか1年後なのかは私には分かりません。私達のようなこの世界の人間であれば、ある程度期間指定をして記事検索をする方も多いかとは思いますが、一般の方が期間指定などの細かい設定をしているのを見たことがほとんどありません。


SEO記事は誤解されやすい業界


 SEO業界関連の記事は誤解されやすい部類に入ると私自身思っています。つまり、読んだ記事が正しいものだと思われやすいという事です。それは、一般的な世界ではない分、どの記事が本当に正しいかを初心者の方が見分ける事が出来ないからです。そのため、昔はOKで今はNGというようなテクニックが多く存在するとは普通は思わないわけです。


 例えば、今ではスパムなのでお勧めできない(私は当時からやめるべきと記事でも書いていましたが)、CSSでh1タグに書いたテキストを9999ピクセルすっ飛ばすなどの手法も、以前は普通にまかり通っていましたし、そのように指導していたパソコン教室の講師もいたようです(実際には今も普通に使っているHP制作会社はあります)。


 なお、どの手法を行うと今現在も確実にリスキーかと言うのは、サイトの状況にもよるわけです。正直言えば、どんなスパム手法であっても、正当な評価を受けているサイト(体力のあるサイト)であれば、影響を強く受ける事はないでしょうし、全く評価されていないようなサイトであれば、一撃でペナルティ(のように見える影響)を受ける可能性もあるわけです。そのため、SEOをやっている方の中でも、疑惑の施策について、問題はないと言う方もいれば、問題だと言う方もいるわけです。実際にはサイトの規模が異なれば、SEOの施策内容によるリスクの度合いなどは変わるものです。


 サイトの体力というと何ですが、そもそも全てのサイトはロールプレイングゲームのキャラクターと同じように、最大級魔法を何発かうけても大丈夫なキャラクターから低級魔法でやられてしまうキャラクターまでいるという事なのです。自分のサイトと巨大ポータルを比べるなどがナンセンスだという事は分かるでしょう(そういう意味で大手がやっている施策は、他でやっても大丈夫という事にはならないのです)。

キャラクターによって体力が違う



 参考までに、この記事を書く上で調べたら面白いものを見つけましたのでネタとして書かせて頂きますと(ネタのSEO効果云々はこの記事では触れません。おそらくこの記事を読んでいる方は分かっていると思いますので)、Yahoo!はトップではmeta keywordsを入れていませんが、Yahoo!ファイナンスでは、meta keywordsはもちろんの事、なんと、canonical属性まで入っています!しかもGoogleのサイト所有権の確認metaタグまでが埋め込まれているという・・・。Yahoo!でも入れるのですね^^。
 

ユーザーが目指すところを目指せ!


 さて、ネタで話がそれましたので、元に戻しますと、最初にデータ記事の割合を減らしていると書きました。それはいつ読まれるか分からないという理由を書きましたが、その他にも大きな理由があります。


 ブログを揺さBrain!(揺さぶれ)にした時からそうなのですが、そもそもいつ読まれるか分からない記事であれば、いつ読んでも、何かが残る記事にしたいと思ったわけです。読まれた方の記憶に派手に残る必要は全くないと思っています。空気みたいなもので、見えないから意識はされないけれど、いざという時に大事なものだと分かるようなブログにしたいと思って日々書いています(ネタ画像は除きます^^;)。


 検索エンジンに対する考え方や、ソーシャルメディアに対する考え方、その他のいわゆる考え方を書いておけば、それは読まれたユーザーにとって、いつの日か役に立つのではないか?と思ったからです。考え方は応用が利くはずだからです。


 ですので、このブログの基本は検索エンジンが目指すものではなく、ユーザーが目指すものを基本としています。ユーザーが読みたいものは検索エンジンが目指すもののはずだからです。


 綺麗事かもしれませんが、少なくとも、よりGoogleは賢くなっています。いつの日か、通用するスパムは減っていくはずです。もちろん、もっと細かいスパム手法も生まれると思いますので、いたちごっこだとは思っています。


コンテンツ重視という意味


 そして、私も他の方も良く言われる、コンテンツ重視についてですが、これはもう当たり前の話なのです。


「自分が読んでも面白くないものを、他人が読んで面白いわけはない」



 という事なのです。アクセスを集めるためだけに、量産するようなレベルのコンテンツはその程度でしかないわけです。Googleが目指すのは、少なくとも中身のあるものです。もちろん、人間ではないGoogleが中身を読んで感動する事は出来ません。


 しかし、いろいろなシグナルからアナログな人間にとっても有用なものかどうかを判断しようと進化しているのは間違いないわけです。


 SEOを意識するのであれば、その視点は常に持っておいた方が良いと思っています。どうせ、作るなら、自分でも役に立つと思えるものを作りましょう。

面白い



 なお、データ記事については、書かないわけではなく、減らしているだけですので、今後も実験結果の紹介記事を書く事はあります。ここ最近そういう記事をあまり書いていませんので、実験していないように思われる方もいるかもしれませんが、相変わらず実験好きです^^。


 ここまで真面目な記事を書いておいて、最後のネタ画像はないな・・・と自分で反省しています。







◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。
◆公式facebookページ「SEMアドバイザーの揺さBrain!マニアック」でも様々なヒントを提供中!
マーケティングを鍛える疑問意識力で現実的なお題に挑戦!
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | SEM

2010年11月08日

アドセンスと広告のモヤモヤした話

 今回はとてもモヤモヤした話です。

広告バナーのモヤモヤした話



 ご存知、私は複数の実験ブログを持っていますが、その一つにアクセスしている時に、とても気になった広告がありました。


 つい、クリックしそうになって、私の手は止まりました。


 危ない!


 あまりに魅力的な広告なので、ついうっかり、自分で自分のブログに表示されている広告をクリックしてしまうところでした。アドセンスをやっている方なら皆さんご承知の通り、自分のサイトに掲載しているものはクリックしてはいけません。


規約違反をするわけにはいきませんので、いつもと同じく、普通に検索・・・と思ったわけです。


アドセンスの微妙な問題点


 私が大分前から思っている問題点については、以前も記事に書いた事がありますが、何らかのウンチクブログを私が書いている場合、少なくとも、私はその事に興味があるユーザーの一人と言えます。


 そのため、自分のブログなりに出てくる広告というのは、私の興味にぴったりはまっているものが多いのはお分かりになると思います。


 つまり、かなりの見込み客が規約違反のためにクリックできないわけです。という事で、興味があっても別途検索するしかないわけですね。


 これは広告主にとっても、ある意味微妙なラインなのではないでしょうか?

微妙な問題点



問題のバナー広告


 さて、話を戻します。興味のある広告に出会った私は、自分のところでクリックするわけに行きませんので、いつも検索を試みるわけです。


 しかし!今回のバナーには大きな問題がありました!


 イメージ先行をしてしまっているため(だからこそ、興味が沸いたのですが)、重要な情報がそのバナーには表示されておらず、そして、会社名もほぼ読めず。さらにアドレスも小さすぎという事実!


 検索も出来ず、クリックも出来ずでは、動きようがなしです。


 「Google Gogglesを使えばいいのか!」などと、面倒な事を考えるわけもなく、諦めるに至ったわけです。


バナー広告はクリックできない事も意識するべき?


 本来は考える必要もない話なのですが、今回の話は実話なわけです。興味を持ったユーザーがクリックできないというケースが少なくとも存在しているという事ですね。


 イメージ先行型のバナー広告の場合、人の気をひく事を重視するあまり、今回のケースでは、損をしているという結果になってしまいました。


 少なくとも、物凄く関心がある良質なユーザー(自分で言って申しわけありませんが^^;)を逃がしてしまう可能性があるわけです。

チャンスも逃げる



 私自身、今回のようなケースは稀なのですが、クリックしたくても出来ないユーザーがいるという事も意識しつつ、バナー広告を作ってもらえれば、さらに効果が上がる(しかも、クリックされないのでコストもかからない)と思われます。


 とはいえ、クリックされる事を前提に、一風変わった広告を作るわけです。このあたりは考え方にもよるわけですが、少なくとも、関連テーマの管理人は、濃い見込み客の一人であるという事だけは確かだと、頭の片隅にでも入れた上で広告を作ってもらえると良いかと思います。


 しかし、今回のバナーは120×600のスカイスクレイパーです。もう少し、アドレスを見えるように書くなりして欲しかったと思うばかりです。


 まあ、悪い事をする人もいるので、仕方がないのですが、何とかGoogleもこういう場合の対処法を考えて頂けると助かると思った次第です。



◆コンサルタントのご相談、その他の依頼はセルフSEOのSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。
マーケティングを鍛える疑問意識力で現実的なお題に挑戦!
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | Comment(0) | SEM

2010年10月04日

【本気!書評】 リスティング広告 成功の法則

 ブログ「SEM-LABO」で皆さんもお馴染みSEMマスターさん事、阿部圭司さんの著作第二弾である「Google AdWords&Yahoo!リスティング広告対応 リスティング広告 成功の法則」がソーテック社より発刊されました。


 私も早速読んでみましたので、【本気書評】と言う名の書評を書いてみたいと思います!


 阿部さんと言えば、先日、大角誠之さんと共著で「プロが教える Google Analytics 実践テクニック」を同じくソーテック社から発刊されましたが、その第二弾となる本書は、中身は濃いにも関わらず、いつのまに読み終えてしまう良書です。


 「リスティング広告とは?」から始まる本書は、既にリスティング広告の運用実績のある方にも、そして今から始める方にも、役に立つ内容をふんだんに盛り込んでいると言えます。


 阿部さんの書かれる本は、前回もそうですが、テクニックだけに走る事なく、所々でWebマーケティングのあり方をきちんと語ってくれるのが有り難いですね。


 つまり、本質をきちんと書いてくれる所です。


 とにかく、お金をかけて何とかしようという話ではなく、その前に考えなくてはいけない点がきちんと書かれている事に対し、個人的にとても好感を持っていますし、人に薦める事が出来る良書だと心より思います。


 また、リスティング広告の細かいテクニック部分に入る前に、広い視野を持つという事を、読み手がいつのまにか忘れてしまわないように、阿部さん自身が配慮しているのがよく分かります。

広い視野



 本書はSEOがメインの方、リスティングがメインの方、広報がメインの方、コンサルティングがメインの方、そのいずれの業務につかれている方が読まれても必ず役立つ本だと思います。


 一作目以上に、読み手の対象が広いように感じました。どちらも読みたい方には、最初の一冊としては、今回の書籍から読まれて、その後に「プロが教える Google Analytics 実践テクニック」へ進まれると、より理解が深くなるかなと個人的には思いました。


 何よりも、リスティングを始めた方が必ず陥るであろうポイントを所々で紹介し、それに対する考え方を明快に説明してくれる所は、広報現場にいる方にも納得の内容だと思います。


 全ての見出しについて、無駄なく完結に図解入りでまとめてあるので、ページ数以上にお得な一冊だと思います。欲を言えば、カラーであれば、さらに良かったと思いました。


 本書では、リスティング広告以外にもSEOやLPO等についても幅広く触れております。いずれも欠かせない、Webマーケティングの重要な要素ですね。


 いずれかだけをやるというのでは、さらに競合サイトが増えるであろう将来、厳しい戦いになってくるのは間違いないと私自身も強く思います。


 バランスよく、それぞれの特性を活かしたWeb戦略を練ることで、今後を勝ち抜く事が出来ると思います。


 大前提として、自社商品、サービスの立ち位置をきちんと把握しなくてはいけないと言う事も忘れないで下さい。




 なお、P157のディスプレイネットワークの説明で、つい笑ってしまいました。真面目なテーマの途中で、いきなりこのサンプルかい!と思うはずです^^。気になる方は、是非書店で手に取ってみて下さい(あ!ここは買って下さいって書くところですね!)。書店で初めて阿部さんの事を知る方は、「なぜ、このサンプル?」と、驚くかもしれません^^


 書評にネタ画像を入れるつもりはなかったのですが、前述したP157を見て、揺さBrain!管理人としては、一つは入れておこうと思った次第・・・。


 おそらく、今後も何度も読む事になるであろう良書だと思います。お勧めします!



<リスティング広告 成功の法則 ↓>




<阿部さんのデビュー作(大角誠之さんとの共著です)↓>





◆コンサルタントのご相談、その他の依頼はSEOコンサルタントのSEMアドバイザーまで。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。
マーケティング力を鍛える疑問意識力
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | Comment(2) | SEM

2010年08月23日

リスティング代行業者様 募集のお知らせ

<2010.8.24 18:20追記 お陰様で多数のご連絡を頂けました。とりあえず、一度募集を止めさせて頂きます。>


 当方のクライアントより、リスティング代行業者を探している旨のご連絡を頂きました。


 現在、依頼している業者に不満(特に報告書面)があるとの事で、良い代行業者がもしいるようであれば、紹介して欲しいという事でした。

リスティング代行業者様募集しています



 私は、皆さんご存知のように「SEMアドバイザー」と名乗っておりますが、公式サイトにも書いていますように、サーチエンジンマーケティングのSEMではありません(分かりにくくてスイマセン)。


 というわけで、現状、私自身がリスティングの代行業をしておりませんので、ブログを通じて募集をかけさせて頂く事に致しました。



<業種>

 専門学校


<時期>

 はやくて2010年10月〜(これは動く可能性はあります)


<予算>

 報酬・消費税込みでおおよそ月50万円×2校(約100万円)

*但し、学校ですので、時期によっては減少します(冬季など)し、募集状況がよければ増えることもあります。10月からですのでもしかすると、最初は上記予算より減る可能性もあるかと。

*他にも学校を運営されていますが、他の学校はまた別の業者に依頼されています。



<条件>

1.私と一度お会いしていただかなくてはいけませんので、国分寺に説明に来ていただける会社様(誠に申し訳ありませんが、ご協力下さい)。営業の方でも構いませんが、実際に運用して頂いている方の方が有難いです。質問などもさせて頂きます。

2.その際に報告書のサンプルを2部(クライアントと私用)を持参頂ける会社様(返却は致しません)。会社案内などもあると有難いです。

3.フットワークが良く、信念を持って代行していただける会社様。

4.Yahoo!、Googleともに出稿。

5.会社の規模は問いません。


<流れにつきまして>

 私自身は、複数の会社様とお会いしたいと思っていますが、流れとしましては、報告書のフォーマットが、ある程度まとまった所で、クライアントに私から提出させて頂きます。その上で、気に入った会社様にご連絡が行くこととなると思います(とりあえず今回は縁がなかった会社様には、その旨を私からご連絡を入れさせて頂きます)。そこで、クライアントと実際にお会い頂き、最終的に判断されると思います(ここに私が立ち会うかは未定です)。


 また、今回、ご縁がなかったとしても、今後何かありましたら、ご連絡させて頂く事もございます。


 以上の条件となりますが、やってみたい!あるいは私に会ってみたい(あまり関係ないですね^^;)というリスティング代行業様の皆様のご連絡をお待ちしております。


 お申込は、SEMアドバイザー公式サイトの問い合わせフォームからお願いいたします。「問い合わせ内容」に「リスティング代行希望」とご記入頂き、多少の自社紹介などご記入頂けると幸いです。


 失礼がないように募集内容を書かせて頂いたつもりですが、よろしくお願いいたします。



 締め切りましたら、この記事に追記で書かせて頂きます。


 また、万が一にも応募が多数の場合には、私の体の限界もありますので、その際はご容赦下さいませ。

 Twitterなどで私と会話をしている方は、実は「Twitterアカウント○○です」とご記入頂けると助かります。


<2010.8.24 18:20追記 お陰様で多数のご連絡を頂けました。とりあえず、一度募集を止めさせて頂きます。>



◆コンサルタントのご相談、その他ご質問はセルフSEO支援のSEMアドバイザーまで。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。
マーケティング力を鍛える疑問意識力
posted by SEMアドバイザー at 17:54 | Comment(2) | SEM

2010年06月30日

Yahoo!リスティング広告の新ムービー公開!

 毎度コミカルなストーリー仕立てで「スポンサードサーチ」の概要と利点を紹介してくれる、Yahoo!リスティングの新ムービーが公開されました。




はじめよう。Yahoo!リスティング広告



 第1話 Yahoo!リスティング広告って?

 第2話 広告を出すには?

 第3話 はじめるには?

 第4話 料金はどうなの?



 テーマは上記の4つです。毎度の事ながら、まるでドラマを見ているかのような気分で楽しみながらリスティング広告について知る事ができます。


「実店舗にかかりきりで、ホームページの更新を放置している」雑貨ショップの夢見(ゆめみ)さんと、その仕入先である「地方在住で売上げが伸びず思索中」の木工家具職人の木造(きづくり)さんを主役(?)とする話です。

Yahoo!リスティングムービー



 現状ではリスティング広告を検討していない方にも、このシリーズは是非見てもらいたいものです。


 リスティング広告は敷居が高いと思っている方もいると思いますが、思う以上に簡単に導入できる事も分かるはずです。


 リスティング広告は自然検索での順位に関係なく、広告をユーザーに見てもらう事が出来るため、ネット広報戦略の両翼の一つとして検討するべきものです。


 キーワードの考え方などもムービーで簡単ではありますが、解説していますので、SEOでのキーワード選びの参考にもなると思います。


 全4話合計でも、20分程度ですので、面白いセミナーを受けるような気分で気軽に見てみると良いでしょう。


 なお、このムービーをブログで紹介するのは、他でもありません。自社商品を紹介する手法としても、参考になると考えるからです。


 真面目一本で商品を紹介するのも良いですが、ユーザーにどのように興味を持ってもらうかが大事なポイントです。


 特に動画の場合には、ダラダラと流してしまうと、最初の1分で離脱などと言う事も少なくありません。


 見てもらうための工夫も含め、参考にすると良いでしょう。


 今回のムービーの肝は、木造(きづくり)さんの弱気な性格設定ではないかと、個人的には思っております^^。最後にもう一度、リンクをはっておきます。興味のある方は以下よりご覧下さい(何度もリンクをはるとアフィリエイトに見えますが、違います^^)。






◆コンサルタントのご相談はセルフSEOコンサルタントのSEMアドバイザーまで。月額定額サポートのため、安心です。
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | Comment(0) | SEM






最近の記事