2010年03月19日

「SEO SEM Technique 2010」発売!

 3月20日、一部加筆修正しました。この記事は発売を知らせる記事であり、私が本書での施策内容を全て肯定(及び否定)しているわけではない事は予めご了承下さい。

 SEO関連の施策については、私のブログを含めてどれを信じて実行されるかは、読まれる方の判断だと思っています。自分の信じる施策をお試し下さい。


 以前は1年に数回発刊していた「SEO SEM Technique 2010」が3月18日(昨日)に発売されていたようで、書店で見かけましたので買ってきました。1年モノになったのかタイトルが変わりましたね。

 そして、サイズは小さくなり、価格とページ数は多くなっております。今までのムックから普通の書籍になったイメージです。

 まだ、外出時の帰り道に読み始めたばかりですので、読み終わっていませんので、あくまでお知らせの記事です。読み終わったところで言えば、米国版Bingの話やYahoo!やGoogleの中の人の話が少し掲載されています。アドワーズとかインタレストマッチの事とか書かれています。

 「Yahoo! SEO」、「Google SEO」、「Bing SEO」とそれぞれモバイルも含めてテーマ分けされております。

 有料アクセス解析ツールなど、ツールの紹介も結構あるので、そこは楽しめそうな感じです。


 しかし!

 一箇所、目次を見ただけで「う〜ん、どうなんでしょ〜」というのがありました。


 それは・・・

「攻略!Google Analytics & Yahoo!アクセス解析」


 という特集部分です。確かに入れないと不自然なのかもしれませんが、今、この本を読んで「よし!Yahoo!アクセス解析いれるぞ!」と思った方にはちょっとかわいそうですね。

 ご存知の通り、Yahoo!アクセス解析は既に2009年10月15日には新規の利用登録はできなくなりましたし、そもそも既存ユーザーでさえ、12月8日以降は新しいプロジェクトは登録ができません。

Yahoo!アクセス解析のおしらせ


 そういう意味では、このコンテンツを入れる必要があったのかについては疑問が残ります。

 ただ、良い方に考えるようにしている私としては、今の利用者への説明書的なものとして書いているのかもしれない!と考えました。それであれば問題はありません。

 なので、この記事を読まれた方でYahoo!アクセス解析を利用していない方に、「今は一時的に登録できません」という事が伝われば良いです。なお、再受付開始の時期は未定です。

 もしかすると、この本の出版を契機としてYahoo!アクセス解析が再始動するのかも!?と勝手に想像させていただきました。それなら良い話ですね。





◆ご相談はセルフSEOコンサルタントのSEMアドバイザーまで
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by SEMアドバイザー at 18:40 | Comment(0) | SEO

簡易アクセス解析ツールのSWCはSEOに有用!

 SEO関係者で検索順位チェックツールGRCを使われている方は多いと思います。価格以上の機能を持っているので人気のあるツールです(下記の画像のみ公式サイトよりお借りしました)。

GRC


 さて、今回はその影に隠れて目立っていないのですが、簡易アクセス解析ツールのSWCを紹介します。

 このSWCはGoogle Analyticsに比べて機能はかなり少なく、本当に少しの情報しか取得できません。GRCを持っていなくても利用できますが、GRCを持っていた方が良いのは間違いないでしょう。

 何と言ってもGRCとの連携が可能(しかもとても簡単!)という事もあり、GRC利用者が使わないのはもったいない!と思っています。

 最初の登録は公式サイトからメールアドレスを入れてクリックするだけです。おそらく10秒で終わります。

 アクセス解析のタグをGoogle Analyticsと同様の場所あたりに入れるのですが(曖昧ですね^^;)、たったの一行。とてもエコな設計です。

 取得したアクセス解析のデータを見たい場合、公式サイトの「SWCユーザーページにログイン」をする方法もありますが、GRCを使うような方はそもそも他のアクセス解析ツールで細かいデータを取得していると思います。

 それであれば割り切って使う方が良いと思っています。私自身、SWCの公式サイトでデータを見ることは稀で、もっぱらGRCで簡易情報を確認しています。

 GRCへのSWCのユーザーIDの登録は簡単です。前述した通り、ユーザー登録をするともらえるユーザーIDをGRC上で登録するだけです(もちろんアクセス解析タグは入れていないとダメです)。

SWCユーザーIDの登録


 GRCにある上記「SWCユーザーIDの登録」メニューを選択します。

ユーザーID登録


 ぼかしている部分にユーザーIDを入れて、入力ボタンを押すと設定完了です。後は、順位チェックのたびに自動でSWC用のデータの一部をGRCで取得してくれます。そして、安心して下さい。一日順位チェックをし忘れても問題ありません。取得時にまとめて持ってきてくれます。

 すると、以下の図のように通常の順位変動グラフの下に各日程別の検索エンジン別のアクセス数が記録されます。

アクセス数の記録


 ちなみに私のお勧めはこの機能ではありません。何と言っても便利なのは、先ほどSWCをGRCに登録した時のメニューにある(3つ上の画像参照!)「検索キーワードランキング」です!

検索キーワードランキング


 ちょっと画像がボケボケで分からない!という方はすぐにユーザー登録して下さい。

 ここに出てくるキーワードはGRCで登録していないものも含めて出てきます。

 前日1日間のキーワード、直近7日間のキーワード、直近30日間のキーワードというくくりでここにまとめられていきます。

 大雑把なようですが、Google Analyticsよりも、直感的に前日のキーワードを把握できるのが、想像以上に便利です。

 例えばSEOとして何かの対策をした、あるいは新しいコンテンツページを追加した場合など、その効果がはっきりと見えたりします。

 ブログなどは特に分かりやすいですね。今まで書いたことがないような記事をブログに書くと、はっきりとそのキーワードでのアクセスが前日にあったことを知ることができます。

 Google Analyticsの場合、どうしてもデフォルトは1ヶ月分の表示なので、直感的に前日のキーワードを見ることができません。

 このアクセス解析ツールSWCは、それほど多くの情報を取得することは出来ませんが、使い方、そして考え方次第で宝のツールとなることでしょう。

 個人的には大お勧めのツールです。上図にGoogle Analyticsと使い分けると良いと思います。


◆ご相談はセルフSEOコンサルタントのSEMアドバイザーまで
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | Comment(0) | SEO

2010年03月18日

SEOは答えよりもヒントの方が力になる

 今回はこの新ブログらしいSEOの話です。

 このブログでは、「ヒント」を発信したいと書いている事に関係する話題にしたいと思います。

 そして、ヒントを元に「自由に」考える力を養う事が本当の意味で、皆さんの商売繁盛への道だと思っています。

 
 誰かがやって売れたからと言って、それを他の方がやってもうまく行かないのと同じです。例えば、1億円を売り上げた方のセミナーに参加した方が次の年に全員1億売り上げる事は、まず考えられませんね。それと同じです。やはり最後は考えるアイデアだという事です。

 さて、今回の新ブログでは頑張って図を毎回入れられたら!という目標を持っています。おそらくその目標はすぐに崩れそうですが、以前のブログよりは、図の使用率を高めたいと思っております。

 ということで、まず一つ目です。

問題1


 因数分解なんて忘れたよ!とか、あるいは、そんなの大人になっても使わないから不要とか言わないで下さいね。沢山の可能性を秘めている子ども達はこの因数分解をヒントにして、将来何かを考え出すかもしれないのです。

 全ては想像へとつながります。

 いかがでしょう?解けましたか?などとは言いません。もし、貴方がお父さんで、お子さんがこの問題を解いていれば、答えだけを教えることはしないですよね?まあ、ここでは答えが分からないというのは抜きにしておきましょう^^。

 解き方や考え方は教えるかもしれませんが、「これが答えだよ」って教える事はないと思います。

 それは、答えだけを教えても何の力にもならないという事が分かっているからです。答えだけを教えても想像力も思考力もつかないのです。この事は理解できると思います。

*先に書いておきますが、私は数学は大の苦手なので、この問題がそもそも成り立たない場合にはコメントでそっと教えて下さい。こっそり直します。


 では次です。大人向けの難問です。

実践2


 今度はリンゴを売る問題です。でも、問題とは書いていません。実践とあえて書きました。貴方がリンゴを出来るだけ売るならどうやって売りますか?

 これも同じく答えだけ言ってもダメなわけです。例えば、「声を大にして叫べば良い」とか「隣より安く」とかって言ってもダメなんですね。

 例えばAさんは上記の方法でうまく行ったとしても、Bさんではうまく行かない可能性は高いわけです。それこそ人には向き不向きもあるわけです。

 でも、不向きな方でも売り方を考えれば売れるかもしれませんね。例えばリンゴを全部売るために、ジュースにして売っても良いし、リンゴに「合格」ってシールをつけて売るのもありですね。

 特にニュートンによって(と、書くと言い過ぎですけど^^;)「落ちる」イメージのついたリンゴ(?)に「合格リンゴ」って書いていたら、普通の合格グッズよりも「何かありそう」って思う人がいるかもしれません。見せ方一つで人間の深層心理に訴えかけることも出来ます。

 全て記事を書きながらの適当なイメージです。

 そして、最後、ようやくSEOか!って事を書きます。

答え1


 もちろん、こんなの嘘ですよ!絶対に実践しないで下さいね!(実験好きの私でもこの実験はやってません^^;)

 ちなみにここでは「答え」と書きました。まあ、あり得ない内容なので誰も信じないと思います。

 さて、SEOの目的の本題に入りましょう。

 SEOは「検索エンジンでの上位表示」というイメージだけが先行しているケースもありますが、「意味のあるキーワードでの上位表示」が本来の意味でもあり目的です(と、私は思っています)。

 それがビッグキーワードなのか、スモールキーワードなのかは、キーワードの持つ特性や性格に大きく依存します。

 前のブログでも何度か書いていますが、この仕事をする上で、想像力を奪ってしまう事だけはやってはいけないと思っています。

 私が今回のブログに移行するにあたり、「脳を揺さぶりたい!」などと偉そうな事を書いていますが、本当は自分が楽しみたいというのもあります。

 実際、今回の1番目、3番目はさておき、リンゴを目の前に1万個ほど置かれて、とにかく売れ!って言われたら楽しくありませんか?

 正直、私はそういうの大好きでワクワクするのです。どんな方法を使って売るかを考えるのが楽しくて仕方ないのです。

 
 脱線気味なので、タイトルに戻りますね。今回の記事は珍しく前日から書いているので、無駄に長くなっています^^;。

 「SEOの答えよりもヒントは力になる」は、長い目で見た経営の力になるという意味です。このブログではそれを伝えたいというのが一番にあります。

 セルフSEOの支援とか言っている私がそんな曖昧な答えなの?といわれるかもしれません。

 しかし、今やSEOの情報は書籍だけでもかなり出版され、誰でも情報は簡単に安く入手できます。それが新しいかどうかというのは別として、基本的な情報は誰でもいつでも入手できます。

 でも、これだけ良い本が沢山あっても、それを実際に本気で実践している方はそれほどいないと思いますし、また本を最後まで真剣に読んで体得している人もほとんどいないでしょう。

 それくらい実際は難しいのです。完璧なサイトなどはありはしないのです。だから答えではなく、ヒントくらいの方が丁度良いのです。考える幅が出来る分、良いのです。

 そのため、私の業務の一つの訪問指導はSEOはもちろんやりますが(メインです)、考える癖をつける事も目的となっています。

 また、私自身もその講義ではいろいろと学ぶわけです。私の知識や技術などはたかが知れています。私自身、それを実感しているからこそ、SEOの実験を繰り返すのです。最終的に意味の出てくる実験などは、正直、その実験数に比べればたかが知れています。

 なんか、ここまで書いて小難しい内容っぽくしてしまった!と思ってしまいましたのでまとめます。

 とにかく、早急な結果だけを求めず、ヒントからの経過を大事にすればSEOでも何でもうまくいくと信じましょう!

 最後の最後にすごく大雑把なまとめでしたね。でも、これくらいの遊びの幅がある方が、皆さんも気楽にそして自由に楽しめるでしょう。

 是非、目の前に1万個のリンゴを想像してみて下さい!

 たまにはきちんとSEOの事も書きますね。


◆ご相談はセルフSEOコンサルタントのSEMアドバイザーまで
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | Comment(0) | SEO






最近の記事