2015年11月18日

商品・サービスのスタートに合わせてアクセスを集める実験

 SEOを仕掛ける時には大きく見て二つのタイミングがあります。一つは既に対象キーワードが多くネット上に存在しているタイミングでの参入です。そしてもう一つが対象キーワードがネット上にそれほど存在していないタイミングでの参入です。


 前者の場合には上位にあるサイトを見てある程度のニーズや人気コンテンツなども把握しやすいわけですが、その反面、競合サイトが多数存在する事もあり、狙うキーワードによってはいつまでも日の目を見ない事もあります。後者の場合には競合こそ少ないものの情報の少なさゆえにコンテンツ作成で悩む事に加え、どれくらいの集客が見込めるかは未知数と言えます。


 今回の記事ではとある商品・サービスのスタート日に合わせてコンテンツを作りこみ、それらを含んだキーワードでの上位表示を狙った実験の状況をご紹介いたします。


準備〜ドメイン取得


 今回対象とする商品・サービスは既に日本では競合があり、そういう意味ではニーズはある程度分かるものでした。但し、競合はあるとはいえ、今回の対象商品の情報はスタートまではその情報があまり分からない状態でした。


 そのような状況でスタートに合わせてある程度の集客を期待するべく下記のようなスケジュールを組みました。

・スタート日約3か月前・・・ドメイン取得・コンテンツ企画作成開始
・スタート日約1ヶ月半前・・・サイト公開開始



 まずドメイン取得ですが、これはスタート日の約3か月前に取得しました。いつもは取得した時にトップのみある程度書いて公開を先にするのですが、今回はある程度完成するまでは公開をしませんでした。


 なお、この段階で既にこの商品・サービスのアフィリエイトを狙ったサイトやブログは既に複数ありまして、ドメインに商品・サービスの固有名詞を含んでいましたが、私はその手法は避けました。理由はアフィリエイトをやっている方だと分かると思いますが、それらのキーワードがドメインに入っているとアフィリエイトでは広告主からNGが出る事があり、成果を出していても後から変えなくてはいけない事があるためです。そのため、最初からそのキーワードをいれないドメインを取得しました(リダイレクトの可否ではなく、ドメインへの愛着を捨てるのが嫌いなのです)。

 注:この段階ではその商品・サービスがアフィリエイトをやるかは不明でした。


準備〜コンテンツ企画・作成


 ドメイン取得と同時にコンテンツの企画を検討しました。まずは既存の競合で人気のものをピックアップして調査しました。それらでよく検索されるキーワードの組み合わせなども含めコンテンツ候補を一人ブレインストーミングで作成しています。


 競合を詳しく調べている理由はいろいろとありますが、「比較」などのキーワードとともに検索される可能性があるため、特に比較情報を書く事が出来るようにするために細かい部分まで調べています。但し、この段階では比較元の新商品・サービスの詳細が出ていないため中途半端なコンテンツも複数できています。


 この掘り起し作業で出てきたキーワードから作るべきコンテンツページを策定し、公開までの約1ヶ月半はとにかく作りこみました。ここではサイトの構成などは省きますが、当然ながら検索エンジン好みとなるように配慮しています。


 後からいろいろと追加するよりも最初に濃いものをと考えていましたので、ここで作ったメインコンテンツは全て6,000文字以上の大作になっています(文字数が多いからSEOで有利なわけではありません。ユーザーのニーズをとことん詰めていったらこの文字数になっただけですので誤解しないで下さい)。


 加えてSEOとは直接の影響はしないソーシャル狙いのコンテンツも含めました。

サービス開始時の順位とアクセス状況


 コンテンツ開始から商品・サービススタートまで約1ヶ月半でのメインのSEO対象キーワードの順位推移が以下のようになりました。下記はスタート日を含んでいます。日付は今回の対象キーワードが分からないようにぼかしました。

対象キーワードのランク推移



 新規の商品・サービス名でのSEOですのでそれほど難しい事はありませんが、先行しているサイトが結構気合いが入っていた事、そして実際のスタートに合わせて一気にネット上での情報が増えた事もあり、いわゆるQDFコンテンツに邪魔されてサービス開始時に少しだけ順位を落としています。


 もちろん、他のキーワードでも上位になっていますが、それらの総合力でのアクセス推移が以下の通りです。

アクセス推移1



 サービス開始日がどの日かは説明するまでもないと思いますが、右側の飛びぬけている二つの山がサービス開始日と二日目です。それまでは100も行かなかったのがこの日に一気に2,000近くまでアクセスが増えている事が分かります。


 ただ、実際には上位に意識してあげたキーワードからのアクセスはこの時はあまり増えませんでした。ちょっと先取りしすぎたようで、この時に上げる事を目指したキーワード(現在は1〜2位)は後々アクセスに貢献する事になります。


 逆にアクセスに多少は貢献すれば良いなと思っていたコンテンツが想像以上のアクセスを呼んでこの状態になったのが実情です。この点はなかなか想定していても思い通りにはいかない事が多く、やはり経験を積んでいくしかないなと思うばかりです。作っておいた事に救われたとも言えます。


 スタート時と安定期では検索されるキーワードには明らかに違いが出てきます。スタート時に検索されるキーワードというのは、安定期の競合で調べてもなかなか分からない事が多いわけで、この点は注意が必要だと言えます。


サービス開始後


 正直に申しますと、盛り上がったのは最初の3日程度でその後はほとんどネットで話題にならなくなりました。ちょっと早すぎるなとは思いましたが、これはその大元の会社の広報体制によるものなので仕方ないとは思っています。


 それでは作った意味がないか?と言えば、実はそうでもありませんでした。予想外の展開をこの実験サイトは見せてくれました。


 それは意外にも競合会社からのオファーでした。


 今回狙ったキーワードの中で今も人気の複合キーワードが多数あるのですが、SEOが成功し今もそれらのキーワードで上位を取得している状態です。それを受けて競合会社からある提案があったわけです。どんな提案かは想像にお任せしますが、少なくとも今回の実験サイトはある意味面白い展開を見せていると言えます。


 長文となりましたが、今回は既存のキーワードでではなく、新たに話題になるであろうキーワードでの実験について書かせて頂きました。


 以上、ご参考までに。


揺さBrain!マニアック



「学生募集の羅針盤」では、教育関係特化のサイトを運営中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!

 
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEO

2015年10月26日

定期的な過去記事バージョンアップデー設定の勧め

 ここ最近はSEOはコンテンツありきという言葉ばかりが先行してしまい、何のために記事を書いているのかを忘れてしまっている方も多いのだと思います。


 というわけで、しれっと更新を久しぶりにしてみるSEMアドバイザーの亀田です。このブログで書いていないと「引退したのでは?」と考える方もいるのかもしれませんが、記事を書くペースはこの間もまったく減っておらず、更新しているブログ、サイトが変わっているだけです。それでは、本題。

作った記事はどれもあたるつもりで書いていますよね?


 最近の傾向では薄いコンテンツの量産ではなく、「かなり濃い記事」(濃い記事ではまだ弱い)を多く書かれる方が増えていると思います。それこそ1つのテーマで何千文字というのは当たり前になってきていますが、それらの全てがSEO的に成功し、集客に成功するか?と言えばお分かりの通りNOです。


 検索されにくいテーマ・キーワードだったり、旬を逃していたり、様々な理由で力を入れた記事の全てが日の目を見るわけではありません。


 中にはアクセスをそこそこ集めるものの、今一つ爆発力に劣るものもあるでしょう。問題が大きいのはアクセスは集めるものの、思ったようなコンバージョンに繋がらないケースや、想定した導線の通りにはユーザーが動かないケースです。


新規コンテンツの追加よりも確実な過去記事のテコ入れ


 何となく新規コンテンツを追加していきたいと思う気持ちは分かりますが、ここで提案したいのが過去記事の「定期的なバージョンアップ」です。以前書いた記事で全くアクセスに繋がってないレベルのものは、テコ入れしてもその効果は未知数なわけですが、まだまだある程度の集客につながっているコンテンツはあるはずです。


 それらの記事は書いた当時からは書いた内容が変わっている事も珍しくなく、言い換えれば、せっかく集客があるにも関わらず古い情報を垂れ流している状態と言えるわけです。これでは成果につながるどころか、正しくない(あるいは古い)情報を流しているサイトだと思われてしまいます。誰もが記事に書かれた日時を確認するというわけでもないためでもあります。


 そこでお勧めなのがある程度アクセスに繋がっているコンテンツの定期的なバージョンアップなわけです。定期的と書いているのは「たまにチェックしましょう!」と言うだけではまず誰もやらないためです。毎週何曜日、あるいは10のつく日、毎月25日でも構いません。テコ入れするページの基準を設けて、それに該当するものを見直す日を設定するだけでかなりの変化が起こるはずです。


 私は以前の職場でどんなに忙しくても全員で掃除をしなくてはいけない日時というものが毎月決められていました。毎月1回ではありましたが、これがある事で普段はかえりみない所もチェックするようになり、その結果、本来なら汚くなっていたところも綺麗に保たれていました。月1回でもそれだけの意味があったわけです。Webサイトにも同様の日があっても困る事はないでしょう。それどころかメリハリになると思います。

 今まで書いたどのコンテンツも元は「人気が出てほしい」「読んでほしい」というものだと思います。つまり、土壌としては悪くないわけです。それをさらに耕す事で安定した結果を残せるようになるかもしれません。


 たまにやろうと思うから忘れたり、面倒になるわけです。きちんと決めてやれば結構面白いものです。是非お試しください。やってみれば、その効果が大きい事に気づくはずです。


*テコ入れとは内容の見直し(最新情報への修正)、つけたし(削除含む)、コンバージョンへの導線の見直し等です。


揺さBrain!マニアック



「学生募集の羅針盤」では、教育関係特化のサイトを運営中!


 
posted by SEMアドバイザー at 12:12 | SEO

2015年06月03日

最新!301リダイレクトでこんなタイトル書き換えが!

 5月21日に私が長らく運営しておりました学生募集関係のサイト「学生募集広報戦略」を新たに作成しました「学生募集の羅針盤」にリダイレクトをかけました。そこで見たこんな自動タイトルをつけられるのかというものをご紹介いたします。珍しく昨日投稿した「バナーサイズの修正だけでコンバージョンが2倍以上になった実例」と二日連続の更新ですが、特に理由はありません^^


今回やったリダイレクト方法


 今回のリダイレクトは中身はそのままにドメインのみを変えるというものではありません。似たような内容ではあるものの、「学生募集の羅針盤」では新規に全てを書き直しています。そのため同じテーマのコンテンツでもほぼ全て0から書き起こしているものがほとんどです。


 そのためもあり、旧サイトではあったコンテンツで新サイトでは作らなかったものもありました。そういうものの扱いとして方法はいろいろとあるとは思いますが、今回は「サイト移転に伴いお探しのコンテンツはなくなりました」というページを作り、そこに301リダイレクトで飛ばしました(今のところ大きな問題はなし)。


 同テーマのものは当然ながら新サイトの類似コンテンツへそのままリダイレクトをしています。


 リダイレクトにあたりSearch Console(旧ウェブマスターツール)でのアドレス変更も行っています。

アドレス変更



順位の変遷


 まずは順位の変遷からですが、このサイトでの重要キーワードである「学生募集」と「高校訪問」の動きをご紹介いたします。いずれも元のサイトで1位のキーワードです。移行をかけたのは5月21日の午前10:40です。

<学生募集キーワードの動き>

学生募集の順位変動



 グラフだと分かりにくいですが、リダイレクトの次の日に2位に急上昇、それが2日続き4日目の午後に新サイトが1位になりました(グラフでは午前にチェックしているので順位が2位となっています)。以下が5月22日(リダイレクトの次の日)の検索結果ですが、1位と2位で新旧サイトが並びました。

5月22日の検索結果



 ここまでは特に珍しくないですね。よくあるリダイレクトの途中経過です。5月24日の午後にはこのキーワードでの検索結果は「学生募集の羅針盤」のみが上位になりました。


<高校訪問キーワードの動き>

高校訪問の順位変動



 こちらは少し遅く5月29日に2位になり、5月30日に1位になりました。


 そして面白いのはこのタイトルの書き換えです。以下は5月29日の2位になった時の検索結果です。

タイトル書き換え事例



 いかがでしょうか?おかしい事に気づかれるでしょうか?

タイトルがおかしくなっています



 赤枠で示しましたが、1位の旧サイトのタイトル書き換えが新サイトと混在しているのです。301リダイレクトによってGoogleが自動で旧サイトに新サイトのタイトルを付けてきたわけです。


 最近は他のブログなどをそれほど読んでないのでいつからか分かりませんが、もしかしますと、これをクリックするとリダイレクトにより「学生募集の羅針盤」に自動で変わってしまうため、ユーザーが混乱しないように新サイトのタイトルを付与しているのかも?と考えました。となると、Googleすごい!と思わずにはいられませんでした。


 現在はもう「高校訪問」キーワードでの検索では学生募集の羅針盤のみ上位に表示されますが、この辺のタイトルの書き換えを見てもGoogleのこだわりを感じてしまいます(単なるバグでなければ)。


 きちんとリダイレクトをしてGoogleにも適切に知らせる事でSEO上のデメリットもほとんどありません。コンテンツページがそれほど多くなければ各ページのリダイレクト状況を目視で調べてみると面白い発見があるかもしれません。


実はうまくいかなかった事


 実を申しますと今回のリダイレクトはなぜかいくらやっても最初うまくいきませんでした。リダイレクトは当然ながら初めてではありませんし、何度もやっているのですがうまく遷移してくれなかったのです。

 
 今まで使っていたhtaccessファイルをコピーして必要部分だけ書き換えて使用していたのですが、どうもそれが今回はうまくいかなかった原因のようでした。500エラーが吐き出されてしまったのです。


 結果、そのコピーしたファイルの形式がおかしくなったのかもと考えTeraPadをダウンロードして「文字/改行コード指定保存」で文字コードを「UTF-8N」、改行コードを「LF」にそれぞれ変更しテキストファイルで保存しなおしたところうまく行きました。


 今までもコピーしたものを修正してそれを使って問題がなかっただけに今も理由は謎なのですが、もしリダイレクト時に500エラーが起きた方はこちらを試してみると良いかもしれません(但し自己責任で)。


 以上、長文ですが参考までに。


 でも、ここまで読んだら昨日の「バナーサイズの修正だけでコンバージョンが2倍以上になった実例」も読んでみるとか・・・。
 


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の羅針盤」では、教育関係特化のサイトを運営中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!

posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEO

2015年04月03日

SEO向けキーワードは探すのも大事ですが溜めるのも大事

 SEO向けキーワード探しの記事を沢山書いているのに何を言う!と思われる方もいると思いますが、実際問題、探す事にばかり注目が集まっていますが、本当の意味で幅広いユーザーを集めたいならば「キーワードを溜める」事もかなり大切です。


私たちは言葉を即座に脳内変換している


 私も人の事を言えませんが、ほぼたいていの方は即座に言葉を脳内変換してしまうものです。そしてその事がキーワードを溜める上での邪魔をしているとも言えます。つまり、自分の中にストックされている言葉がコンテンツに含まれるキーワードの大多数を占めてしまっているとも言えるわけです。


 ここで実際にテストをしてみます。下記の文章をそのまま読んでください。


「あの〜、セオ対策って結構お金かかりますか?」



 さて、どうでしょうか?このブログ読者であれば、ほぼ間違いなく「ああ、SEOの事だね」と思ったはずですし、そのようなステップを踏む以前に勝手に脳内で「SEO」に変換したと思います。


 このように自分の中にストックされている定義されたキーワードが、コンテンツを作る際の邪魔になるという事です。キーワードを探すためのツールを使う際であっても、基本となるのは自分の頭の中にあるキーワードなわけですから、ツールを使えば万全という考えもそもそも成り立たないのです。


 このSEOの事例はそれほど例としてよくないのですが(というかかなりよくない^^;)、これを自社商品で考えてほしいのです。


問い合わせや口頭での質問でのキーワードはキープする


 例えば自社への問い合わせの電話やメールで、一般的な単語で質問してされることがよくあります。私の専門である学校を例にとってみます。


 学校で言うところの「学校見学」を例にしましょう。一般の方が全員この言葉を使うわけではありません。「授業を見学したい」や「普段の様子を見てみたい」などの、その方が経験上知っている言葉で要望を出されます。


 もしこういう言葉で問い合わせが来ると通常は即座に「学校見学ですね。大丈夫です。ご都合に良い日は・・・」などと会話が続くわけですが、すぐに自校での言い回しに変えて相手に伝えるわけです。そして、決して相手の使った言葉をメモなんてしないわけです。なぜなら、この問い合わせの時点で相手に「学校見学」という単語を押しつけたからなのです。つまり自校の定義に引き込んだわけですね。これは私だけでなく、皆さんも必ずと言って良いほどやっていると思います。


 しかし、SEO向けのキーワードを考える上では結構これは問題です。せっかく一般の方が使うキーワードがそこにあるのに溜めておかないのはもったいないとしか言いようがありません。


探すのは大変、溜めるのは確実に効果あり


 おそらくお客様が使った言葉をキープしている会社というのはそんなにはないはずです。あるいはキープしていても、それをWebのSEOキーワードとして役立てている会社はほとんどないでしょう。


 コンテンツを作る際にはキーワードツールを使ったり、ブレストをしたりして、そこで新たに言葉を探している事の方が多いのではないでしょうか?


 と、こんな事を書きますと(not provided)が多くなったとは言え、アクセス解析でユーザーの使う言葉は分かるだろう?という事を考える方もいると思います。


 しかし、本当にそうでしょうか?確かに正しいとは言えますが、違うとも言えます。なぜなら検索の場合には、これまた私たちは探しているものに近いものを短時間で見つけるべく「検索用の言葉」を意識して考えて使っているためです。


 話し言葉にはそれらの制限などがありませんので、思った言葉がどんどん出てくるものです。だからこそ、それらの言葉を溜めておく事に意味があるのです。


 是非意識してそれらの言葉を溜める事を試してみて下さい。きっと、今までのキーワード探しでは見つからないSEO向けのキーワードが出てくるはずです。


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の羅針盤」では、教育関係特化のサイトを運営中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!


posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEO

2015年03月04日

1ページ1シナリオで考えたら全てうまくいった経験談

 物凄く久しぶりの記事投稿ですが実はこの2年ほどいろいろやっていたので、その事を踏まえ記事を書きたいと思います。久しぶりなのでそこそこ長文ですので読まれる方はそのつもりでどうぞ^^


1ページ1キーワードから1ページ1シナリオへの視点の変更


 1ページ1シナリオへの視点の変更と言いますと、そんなの既に意識しているという方も多いと思いますが、同じような意識でも細かいところで考え方が異なるというのはよくある事です。今回の事例はそんな私の考え方が結果として、そこそこ結果がでましたのでご紹介いたします。


 ・・・と、その前に。


 以前ある方がTwitterで「SEOが得意ならアフィリエイトで自分で稼げばいいだけ」のような事を言っていた事がありました。いろいろ意見はあると思いますが、この言葉を読んだ時「確かに」と思いつつも、正直なところそれが本当の意味で結果として出せるかは自分には自信がありませんでした。言うまでもなく順位を上げる事とアフィリエイトで結果を出すというのは似ているようで違うからです。


 アフィリエイトではまず利益の出る商材探しがあり(これが本当に難しい)、その商材を見つけてから、狙ったキーワードでの上位を狙う必要があります。その上で成果を出さなければいけません。


 私の場合、常日頃からリンクつけとかしませんと言っている手前、そういうところにコンテンツだけで勝負をかける事になるのでとにかく時間はかかるだろうと思っていました。


 とはいえ、そこで引き下がるのも何なので、陰ながらコンテンツだけでアフィリエイトサイト(ブログ)で上位をとって成果を出す実験をしていました。


 結果として最初の3か月目から目に見えて成果が出始め、今も上下はあるものの継続的に成果を出す事に成功しています。どれくらい?というのは書きませんが、某アフィリエイトサービスプロバイダから賞を頂くまでになりました(本名を出していませんので探しても見つけられないと思います)。いろいろやっていたので記事を書くのが遅れましたが、今更ではありますが参考になればと思い、その時のコンテンツを書く時に意識した点をご紹介したいと思います。


結果を出した記事の書き方


 私は以前、キーワードの発想法としていくつか記事を書いています。「SEO向けキーワード発想法」や「幼児式SEOキーワード発想法」がそれらです。


 これらの考え方(特に後者)をコンテンツ作成に活用する事にしました。私が成果を実際にあげているコンテンツの人気ページ(上位ページ)の文字数は既に7,000字近くになっています。ここまで来るのに100回以上更新していると思います。


 その記事を書く時に意識したのが1ページ1キーワードという考え方ではなく、1キーワード1シナリオという事でした。


 1ページ1キーワードと考えるとどうしてもそんなに深いところまではいけません。そこで一つのシナリオとして完結できるようにしました。特に今はモバイル利用者も増えた事もあり、1ページの文字数が多くてもそれほど読むのに抵抗がない方が増えたのもあります。


 箇条書きにすると以下のような書き方です。


1.まずそのキーワードについて一番書きたい事を書く(ほぼ全てのアクセスユーザーが読むであろう部分)

2.上記の文を読んで疑問に思った点を次に書く

3.2で追加した部分について疑問に思った点をさらに書く

4.2〜3を繰り返します。



 記事を書く時には通常は「自分が知っている事」を書くと思います。知っているからこそ書くわけです。しかし、読み手はといえば「知らないから探している」人なわけです。そこに完全なる立場の違いがあります。そのため、「知っているがゆえに気づかない部分」というのが出てくるわけです。


 実はこれが最も懸念されるところです。


 よく考えてみると分かるのですが、私たちが読んでいるサイトから別のサイトへ動くときというのは、読んだサイトに満足してもうお腹いっぱいである時か、新たな疑問がわいた時である事が多いのです。


 つまり、疑問を残しているがゆえに他のサイトへ移ってしまうわけです。ほぼ満足であっても疑問が出てくればやはり他へ行ってしまいます。アフィリエイトでは他のサイトへ行かれた場合にはかなりの確率でそのサイトに成果を持って行かれます。


疑問点を想像する重要性


 疑問点を想像するというのは普段のままの意識だとなかなか良い案が浮かびません。もちろんSEOなどでもよく言われるキーワードツール関連も使いはしましたが、そこで出るキーワードも元は自分が知っているキーワードのため、それほどの飛躍もできません。


 そこで先に上げたように「幼児ならどういう疑問を持つか?」という所まで落としました。


 自分が最初に書いた文章について幼児になった気分で疑問をぶつけていきます。例えば「SEO」というキーワードであれば、「順位をあげると何がいいの?」という疑問も幼児なら出るであろうという事です。これまでの視点であれば、「SEOで順位をあげる」と書けば、それだけで納得するわけです。しかし、幼児の場合、上位になると何がいいの?という疑問も出てくるわけです。


 そのような形で疑問点を生み出していく事でどんどんシナリオが続いていきます。流れがあるので読みやすく自然と読んでもらえるようになります。


 ただ、そうは言っても長い文章では途中での離脱も出てきますので、ヒートマップを確認して離脱が多い所にはアクセントをいれたり工夫をしました。


 細かい話を書くともっといろいろあるのですが、「疑問点を次々に生み出して、同じページ内で解決していく」という考え方にした事もあり、自然と順位もあがりました。自分で驚くくらい上がったと思います。そして結果もついてきました。


 まとめますと、要点は以下の通りです。


1.文章を読み進める事でユーザーが思うであろう疑問点をつぶしていく

2.他サイトへ行かせずに自分のサイトだけで納得させる

3.疑問点に答えていく事で自然とSEOに効果的なコンテンツになる



 という事です。本当にこんなのでうまく行くのか?と思う方がいましたら試してみると良いでしょう。アフィリエイトは商材選びが難しいので、それと出会えるかというのは別途ありますが、それとは関係なくユーザー向けにもSEO向けにも強い文章になるのは間違いありません。


 なお、単純に文字数が多ければ良いという事ではないのでその点は間違えないで下さい。疑問点に答えるにしても、どのような言葉を選んで使うかという事などは当然意識しなくてはいけません。もちろん、長文であるがゆえに文章がよみやすい、ためになるというのも大切です。


 というわけで、長文におつきあい頂いた皆様、ありがとうございました。次回の揺さBrain!更新はまたいつになるか・・・・。



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の羅針盤」では、教育関係特化のサイトを運営中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!

posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEO






最近の記事