2013年11月08日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第3話

SEONシーズン2



 本物語はSEOに関連した小説ですが、登場する単語や略語などは実在のものと似て非なるものですので、細かい突っ込みはご遠慮下さい。


 なお、SEONシーズン1を読まれてないと人物像などがよく分からない場合もございますので、別途作成しましたSEONシーズン1のPDF版をダウンロードしてご覧頂く事をお勧め致します。


 →「ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第1話」はこちら


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


**********************************


WMT


 グッグル城の両将軍はセオン達をじっと見つめていた。


 そして、彼らの瞳の中に何かを感じたのだろう。パンダール将軍はおもむろに口を開いた。


 パンダール「この村にはグッグル城からの知らせを伝える立札がおいてあったのだ。お前たちはWMTというものを知っているか?」


 WMTと聞いてセオンは大きく頷いた。


 セオン「”悪い事は見逃さない立札”、通称”WMT”の事ですね。旅に出た後、多くの村でその立札を確認しました。」


 それと聞くとペンギーヌ将軍が話を引き継いだ。


 ペンギーヌ「グッグル城からWMTを通して、サカノミ村の悪事の改善を警告していたのさ。しかし、この村は対応せぬままに長らく放置し続けていたのさ。それを受けて私たち両名がサカノミ村に制裁を与えたというわけよ。」


 下を向いて静かに話を聞いていた「獣戦士ボルト」が顔を真上に上げて尋ねた。小さいボルトが馬に乗った将軍を見上げるのは、首がかなりきつそうだ。

獣戦士ボルト



 ボルト「そのメッセージの中身はどんなものですか?」


 パンダール将軍はボルトの言葉を鼻で笑った。


 パンダール「ハハハ。何を甘い事を言っておる!我らからメッセージを聞くのでは何の解決にもならないのだ!努力の過程も大切なのだ!サカノミ村を救いたくば、そのメッセージのありかを探し、自らの力で解決するのだ!」


 そう言うと隣のペンギーヌ将軍に目配せをしサカノミ村を後にしたのだった。セオンとボルトはただただその言葉に従うしかなかった。


立札を探せ


 セオン達はとりあえずWMTがあったと思われる場所を探した。立札の場所はセオンの回復魔法によって生気を取り戻した「TLUのマサ」から聞くことができた。

TLUのマサ



 マサ「いろいろありがとう。助かったよ。将軍から聞いたWMTは村の中央付近に設置してあったのだが、今は見ての通り、木々が残っているだけで、ここにはもう何も残ってないのだ。どこかにヒントでもあれば良いのだが・・・。」


 マサが申し訳なさそうに下を向いた時、聞き覚えのある声が遠くから聞こえたのだった。


 ???「おーーーい。助けてくれ〜〜〜。」


 セオン「あれ?あの声は・・・。」



 どうやら村中央にある大木の上に声の主はいるようであった。


 3人が目を凝らすとそこには、愛用のタラバガニの首輪が木の枝に引っかかってジタバタしている「周辺暴走士タムー」が手を振って助けを呼んでいたのだった。

周辺暴走士タムー(改)スペシャルエディション



 タムー「おーい、助けてくれ〜。首輪が引っかかって動けないんだよ〜!」


 ボルトはジタバタして前後に揺れているタムーを見てニヤニヤ笑っていた。


 ボルト「タムーは新しい遊びでも始めたのか?」


 それを聞くとタムーは尚更ジタバタして必死に降りようと抵抗を試みていた。


 タムー「くそ〜。いじわるしないで頼む!」


 その言葉が終わる前に、マサは一気に大木の枝から枝へと飛び移り、苦も無くタムーの元へとたどり着いた。相変わらず行動が早い。


 タムー「マサさん!ありがとうございます!感謝します!やっぱり、マサさんは違いますね!」


 感謝しているタムーをヒョイっと片手で持ち上げると、登った時と同じ枝を伝ってセオン達の元へと舞い戻ったのだった。


 地上に降り立つとタムーは安心したように地面に腰を下ろしつつ、伸びきった首輪を心配そうに肉球でいじり始めたのだった。


 セオン「タムー、久しぶりだな。しかし、なんでまた木の上にいたんだい?」


 それを聞くとタムーは「そうだった!」と言わんばかりにその顔に怒りの色を呈したのだった。


 タムーの口から発せられた言葉は想像もつかない出来事だったのだ。
 
 


 >>第4話へ続く


 >>SEON2 登場人物紹介はこちら
 


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEON2

2013年11月01日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第2話

SEONシーズン2



 本物語はSEOに関連した小説ですが、登場する単語や略語などは実在のものと似て非なるものですので、細かい突っ込みはご遠慮下さい。


 なお、SEONシーズン1を読まれてないと人物像などがよく分からない場合もございますので、別途作成しましたSEONシーズン1のPDF版をダウンロードしてご覧頂く事をお勧め致します。


 →「ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第1話」はこちら


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


**********************************


マサとの対面


 サカノミ村を一望できるであろう所まで2人がたどり着いた時、そこには別世界と思える景色が広がっていた。


 セオン「なっ・・・!」


 言葉にならない言葉を発して、セオンは立ち止まってしまった。「獣戦士ボルト」もセオンの横で、何が起こったのかが分からずに茫然と佇んでいた。

獣戦士ボルト



 2人が見たものは、村ではなく樹木だけが残された村だった。言い換えれば、樹木だけは5年前と変わらずにあるが、それ以外の「人工物である村」が見当たらないのである。


 ボルト「一体、サカノミ村に何があったんだ!?」


 考えても仕方ないとばかりに、2人はサカノミ村の入り口あたりまで急いで向かった。そして、そこには地べたにべったりと腰を下ろした「TLUのマサ」が疲労困憊の体でうなだれていた。

TLUのマサ



 セオン「マサさん!」


 セオンの声を聞くと、マサは顔をゆっくりと上げて、力を振り絞ってこうつぶやいた。


 マサ「良かった・・・。君たちに伝わったみたいで・・・本当に良かった。」


 それだけを言うと、気力だけで意識を保っていたマサはそのまま地面に鈍い音を立てて倒れ伏したのであった。


 「マサさん!」


 2人はマサに近寄り、様子を伺った。


 そして、命に別状はなさそうなのを確認するとほっとしたのであった。


 セオン「良かった・・・。マサさんは無事だ。」


 ボルト「マサさんがこんなになるまで疲れ果てるなんて見た事がないよ・・・。」



 ボルトはマサの顔を見つめながらつぶやいた。マサはどんなに多くの敵と激しい戦闘をしても、すぐに次の敵に向かって力を発揮できる猛者である。そのマサが疲れて動けないのだから、相当に疲れているのであろう。


 セオン「無理もないよ。あのTLUの狼煙は広い範囲に知らせる事が出来るらしいけど、確か、2本の剣を繊細にぶつけあう事で空気中のちりを燃やして発生させるらしいんだ。常人のできる技ではないよ。」


 ボルトはそう聞くと、マサの両手に握りしめられている2本の大剣をまじまじと見てはただただ驚くばかりだった。手はマサの血で真っ赤になっていた。


グッグル城の将軍


 マサの様子を2人が見守っているとあたりが急に暗くなった。しかし、実際には大きな影が2人を覆い隠していたのだった。


 セオン「何者!!」


 太陽と自分たちの間にある物体を見定めるために振り向くと、そこには大きな馬に乗った2人の偉丈夫が並んでセオン達を見下ろしていたのだった。太陽の光でそれが誰なのかすぐには分からなかったが、目が慣れるにつれて、その人物が誰かという事は、脳裏にある記憶が蘇らせてくれた。


 セオン「パンダール将軍!ペンギーヌ将軍!」


 2人の元に現れたのは、グッグル城にこの人ありと言われた二大将軍だったのだ。


 サカノミ村の大決戦の後、その軍功を称えられ、セオン達はグッグル城に招待された事があった。


 その時に、グッグル城主の横に微動だにせずに立っていたのが、今ここにいる白と黒の鎧をまとった2人の将軍だった。グッグル城で出会った時は距離があったため気づかなかったが、こうして目の前で見ると、身の丈はそれぞれ2メートル半くらいはありそうな巨体だ。


 ペンギーヌ将軍はグッグル城が誇る女将であり、その強さは男に全くひけを取らないとこの世に鳴り轟いていた。パンダール将軍も悪事を見逃さない徹底ぶりは凄まじいものがあった。


 パンダール「お主はセオンか。遅かったようだな。サカノミ村は我々が制裁を与えた。」


 パンダール将軍の記憶にもセオン達の活躍は残っていたようで、顔を見てすぐに気づいたようだった。


 セオン「制裁!?一体この村がなぜあなた方からの制裁をうけねばならないのですか!?」


 セオンは立ち上がって彼の元に近づいた。ボルトも一緒に問いただす姿勢を示した。


 ペンギーヌ「ホホホ。まあ、そういきり立つでないよ。この村は3年前から悪事に手を染めるようになったのさ。いや、ブラックハッ党の奴らがサカノミ村を蝕んだと言った方が正しいかもしれないね。」


 その言葉を聞くや、セオンは愕然とした。ブラックハッ党と言えば、オチ島(オチトー)やキエ島(キエトー)に行ったことのあるものが結成した闇組織だという事を旅の途中で聞いた事があったからだ。しかし、自分達が旅に出る時にはその影さえもサカノミ村にはなかったのだ。


 パンダール「どうやら、村人が気づかぬようにサカノミ村に入り込んだようだな。お前たちがいなくなった後、大決戦の勇者はほとんどがここを離れていった。そのため、気づくものもいなかったのだろう。結果として、村はいつのまにか悪事に染まり、この結果を招いたというわけだ。」


 ボルト「そんな!一体どうすれば村は元に!?」


 それまで黙って聞いていたボルトはいてもたってもいられずに小さな体からは想像できない程の大声を出したのだった。


 どうすればサカノミ村を元の村に戻せるのか?自分達に出来る事は何なのかをすぐにでも知りたかったのだ。




 >>第3話へ続く


 >>SEON2 登場人物紹介はこちら
 


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEON2

2013年10月28日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第1話

SEONシーズン2



 本物語はSEOに関連した小説ですが、登場する単語や略語などは実在のものと似て非なるものですので、細かい突っ込みはご遠慮下さい。


 なお、SEONシーズン1を読まれてないと人物像などがよく分からない場合もございますので、別途作成しましたSEONシーズン1のPDF版をダウンロードしてご覧頂く事をお勧め致します。

 ★★SEON2のPDF版も完成しました。ブログで掲載したストーリーの1.5倍のボリュームに加筆されています。SEONシーズン2のPDF版をダウンロードしてください。


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


**********************************


SEON2 オープニングムービー






*music by SEMアドバイザー


セオン、再び


 周り一面、緑の自然に覆われていた。


 10年前にサカノミ村で起きた大決戦を思い出す者も今では数少なくなっていた。そして、今、楽しそうに歩いている2人こそがその戦いで活躍した事など、本人すらも忘れるくらいに平和な時が続いていた。


 セオン「あと少しでサカノミ村に到着できそうだね。ずっと歩き続けてきたから、ゆっくり休みたい気分じゃない?」


 いたずらっぽく言うと、セオンは横に連れ添うように歩いている幼馴染の「獣戦士ボルト」に目を向けた。サカノミ村の大決戦から10年を経て、セオンはもう立派な回復魔法の使い手になっていた。

獣戦士ボルト



 ボルト「何を言ってるんだ?足腰ならセオンに負けないぜ!まだまだ、今回の旅を数回往復しても大丈夫だよ。」


 ボルトは笑顔でセオンに答えた。顔こそ10年前と変わらないが、鍛えられた足腰はさらに引き締まったものへと変貌を遂げていた。ここ最近では武器として使われる事もなくなった尻尾が、今はただ嬉しそうに横に振れているだけだった。


 大決戦の後、セオンとボルトはサカノミ村に残り後進の指導にあたっていたが、平和が続いている事を確認すると長い疲れを癒すために2人で旅に出たのだった。そして今、5年の旅を終え、サカノミ村へ帰る途中であった。


 セオン「しかし、あんなに戦いに明け暮れていたのが嘘のようだね。今では回復魔法をまともに使う機会もないけど、あの当時は覚えたての魔法を駆使してたんだから、我ながらよく頑張ったと思うよ。」


 そう言うとセオンは右の人差し指をくるっと外側に向けて回転させ、自分とボルトの足に向けて青白い光を放ったのだった。2人の足からはみるみると疲れが抜けていった。


 ボルト「サンキュー!」


 足が軽くなったので、ボルトはその場でジャンプして飛び跳ねたのだった。


地鳴り


 そろそろ日も暮れ始めると思われる頃、周囲の木々で遊んでいた鳥たちが一斉に物凄い音を立てて飛び立った。


 いや、恐怖で飛び出したという方が適切かもしれない。


 その音は2人が耳をふさがなくてはいられないほど大きく、飛び立った鳥たちの影は、大地を照らしていた太陽の光さえも完全に遮るくらいであった。


 セオン「一体何が起こっているんだ!?」


 振り向けば、ボルトの背中の毛は逆立っていた。


 ボルト「何か大きな事が起こっているに違いない!」


 事態が呑み込めずに戸惑っていると、続いて大きな揺れが2人を襲ったのだった。


 セオン「クッ!」


 立っていられない程の揺れが30秒ほど続いた後、鳥たちにその行き場を邪魔されていた太陽の光が再び周囲を照らし始めた。そして、それと同時にボルトは叫んだのだった。


 ボルト「セオン!あれを見てくれ!」


 セオン「あれは!」



 ボルトが指差した先にあったものは、サカノミ村と思われる付近から立ち上がる土煙であった。その土煙はあたかも何かを伝えるかの如く、天空に一直線に伸びていたのだった。


 セオン「あれは、緊急事態にのみ使われるというTLUの狼煙じゃないのか?!・・・と言う事はマサさんがあそこに?!」


 「TLUのマサ」は誰もが知る最強の戦士である。たいていの問題は1人で難なく解決できるマサが、一生に一度使うかどうかも分からないと言われているTLUの狼煙をあげていたのだ。これは緊急事態が起こったに違いないと2人は即座に感じ、緊張感が身体中を走り抜けたのだった。

TLUのマサ



 ボルト「一体、サカノミ村で何が起こったというんだ!セオン!急いで村へ向かおう!」


 2人の顔からはそれまでの笑顔が消え、10年前の戦いに明け暮れていた時の顔に戻ったのだった。


 待ち受けている先に何が起こっているか分からぬままに・・・。




 >>第2話へ続く


 >>SEON2 登場人物紹介はこちら
 


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!

posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEON2

2013年10月18日

SEONシーズン2出演者募集のお知らせ

 揺さBrain!で掲載しておりました「ファンタジーSEO冒険物語 SEON」のシーズン2を書こうかな?と思いつつも、まずは出演者の募集をしなくてはという事で、このたび募集をさせて頂きます。


SEONシーズン2



 SEONをそもそも分からない方は全編をまとめたPDFのダウンロードができますので、「SEON PDFダウンロードページ」にてDLしてお読みください。


 なお、シーズン1とは異なる点もございますので、申し込みされる場合には以下の注意点をご覧ください。


 シーズン1に出演された方も再度の許可を取りますので、申し込みされない場合には登場は致しません。


<SEONシーズン2の基本ルール>

・冗談の分からない方は絶対に申し込まないで下さい。

・シーズン2では出演が決まった方にも事前連絡は致しません。自分が出るか出ないかも読者と同じタイミングで知る事となります。

・シーズン1に出た方はアイコン、名前すべてそのまま継続します。

・SEO関係者だけの募集ではありませんので、リス、解析、その他Webに関係あればOKです。

・シーズン1登場人物であっても、シーズン2への出演はストーリーの流れ的にほとんど出られない場合もありえます(ご容赦下さい。他の出演者次第で話が決まるためです)。

・シーズン2ではよりドラマチックにしたいため戦いで命を落とすキャラも出るかもしれません(縁起をかつぐ方はご遠慮ください)。

・新規のキャラクターはキャラ名、役どころはすべて私にお任せとなります。また、アイコンの自由使用を認めてもらいます(SEON関連内のみ。常識の範囲内での利用ですので怖がらないでも大丈夫です。SEONのシーズン1をご覧頂けば使い方は分かると思います)。

・シーズン1と同じくアイコンが著作権に引っかかる方は出られません。

・シーズン1では毎回出演者サイトの紹介をつけていましたが、今回は省略する可能性があります(その代りサイトがなくても出演しやすくなります)。

・自分が出ている回以外は興味なしという方は参加表明しないでください(シーズン1出演者も同様です。理由はただでさえ読者が少ないので出演者くらいには興味を持ってほしいからです!)。




 上記の点をご理解の上、SEON2で使うなら使っても良いよ!という心の広い方がおられましたら、以下のフォームよりお申込み下さい。


 今回は「こんな必殺技を出したい!」という希望も受け付ける事に致しました(しかし、あくまで希望を聞くだけです^^)。



<申し込み期間>

 本日〜2013年10月25日(金)23:59まで


 *受付終了いたしました。申しこみ頂いた皆様、ありがとうございました。どなたがどのタイミングで出演するかお楽しみに!





 
posted by SEMアドバイザー at 13:00 | SEON2






最近の記事