2013年12月06日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第7話

SEONシーズン2



 本物語はSEOに関連した小説ですが、登場する単語や略語などは実在のものと似て非なるものですので、細かい突っ込みはご遠慮下さい。


 なお、SEONシーズン1を読まれてないと人物像などがよく分からない場合もございますので、別途作成しましたSEONシーズン1のPDF版をダウンロードしてご覧頂く事をお勧め致します。


 →「ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第1話」はこちら


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


**********************************


モリーノの情報


 モリーノと出会ったセオン達4人は宿場の奥にある部屋で向き合った。セオンにとっては生家があったが、家族に迷惑がかかってはいけないという事で宿場に仲間と一緒に泊まる事にしたのだった。


 セオン「モリーノ、WMTのメッセージに関する情報を何かお持ちなんですか?」


 「行動分析士モリーノ」は少しの沈黙を置いてから口を開いた。

行動分析士モリーノ



 モリーノ「うむ。おそらく予想はしていると思うが、WMTのメッセージはブラックハッ党の奴らに持って行かれた。サカノミ村の混乱を長引かせて、他の村への見せしめとするのが目的のようだ。」


 「周辺暴走士タムー」はそれを聞くと思い出したように怒りだしたのだった。

周辺暴走士タムー(改)スペシャルエディション



 タムー「くそ!ブラックハッ党め!あいつらに加担したイマジン共々、ワシが成敗してくれる!」


 部屋の中で騒々しくシャドーボクシングを始めたタムーを尻目にセオンは質問を継いだ。


 セオン「モリーノはブラックハッ党がどこに行ったか分かりますか?」


 それと聞くとモリーノは用意していた1枚の地図を広げた。それは行動分析士のみが使う事のできる「リアールタイムの地図」と呼ばれるものだった。地図の上では様々な点が忙しげに動いていたのだった。


 モリーノ「まず、これを見てほしい。この地図は私の元を訪れた勇者達の現在地が分かるようになっている。今ここにある点がお前たちをさしている。セオ村にあるのが分かるだろう。しかし、この地図ではブラックハッ党の奴らと奴らの占有地であるオチ島内部の詳細が分からないのだ。」


 モリーノが指した地図上のセオ村と見られる位置には確かに4つの点が点滅していた。


 ボルト「とすると、今、WMTのメッセージがどこにあるかは分からないという事ですか?」


 片耳をそば立てて聞いていた「獣戦士ボルト」が尋ねた。心中ではゆっくりしている暇はないという焦りの気持ちが生まれていた。

獣戦士ボルト



 モリーノ「以前まではそうだったと言えるだろう。しかし、お前たちが気づかない内に私の元へ来た者にはある仕掛けをしておいたのだ。それが「クロスド・メイン・トラキング」というものだ。」


 セオン「それは何ですか?」



 焦るセオンを微笑ましく見守りつつ、もう一枚の地図をモリーノは広げた。


 モリーノ「これはオチ島の地図だ。ブラックハッ党の奴らの位置は分からないが、「クロスド・メイン・トラキング」を身体に仕込んでいるイマジンがどこにいるかは教えてくれるのだ。つまり、ブラックハッ党と共にいるイマジンを追跡すれば自ずと奴らを捕まえる事が出来るというわけだ。」


 4人「おお!」


 4人の視線の先には地図上のオチ島中心部で点滅する「魔道士イマジン」がいたのだった。

魔道士イマジン



 タムー「待っておれ、イマジン!今ワシがそこにいくからな!首を洗って待っとれ!」


 顔を紅潮させて叫ぶタムーの目はギラギラしていた。

モリーノの隠された技


 5人が地図に見入っていた時、部屋の外に何者かの気配がしたのを「TLUのマサ」は見逃さなかった。


 マサ「皆さん、悪意を持った何者かが部屋の外にいるようです!気を付けてください。」

TLUのマサ



 マサの言葉を聞くと仲間の顔は引き締まった。既にセオ村にもブラックハッ党の連中が入り込んでいたようだった。


 次の瞬間。


 扉が開いたかと思うとブラックハッ党の刺客らしき者が数名、物凄い形相で5人を睨み付けてきた。


 マサ「皆さん、ここは狭いので私に任せてください!」


 そう言うや横に置いていた大剣を両手で握りしめると敵をけん制しつつにじり寄った。すると、モリーノの口から予想外の言葉が発せられたのだった。


 モリーノ「マサよ、たまには私に花を持たせなさい。」


 4人「え!?」



 驚いている4人を涼しい顔で流したモリーノは、座ったまま右手をすっと挙げて呪文を唱えたのだった。


 モリーノ「お前たちの動きは読めておる!メイン・ストリーーーム!」


 モリーノが右手の親指を下に向けると同時に、4本の光の柱が天井の上から突き刺さるように降りてきて敵を閉じ込めたのだった。そして、4人が呆気にとられているのを身体で感じつつ、続く呪文を唱えたのだった。


 モリーノ「離脱!」


 その言葉と同時にまばゆい光を放つ牢屋の中では小さな爆発が起こり敵を跡形もなく殲滅した。


 マサ「こ、これは!」


 驚いている4人に向かってモリーノは目の前の地図を丁寧にしまいつつ説明したのだった。


 モリーノ「最近は使う事もなかったが、実を言えば私は行動分析魔法の免許皆伝者なのだ。行動パターン予見を応用する特殊魔法だ。この部屋は狭いため、自ずと敵の動く道は限られるというものだ。」


 そう言うと何事もなかったかのようにモリーノは残っていたお茶を一気に飲み干したのだった。



 >>第8話へ続く


 >>SEON2 登場人物紹介はこちら
 


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEON2

2013年12月01日

SEON2 登場人物紹介

 SEON2に参加して頂いている方をこちらで紹介していきます。順次、登場人物を追加していきます。


SEON2 登場人物紹介


 以下は登場順となります。

★セオン>タイプ:回復・補助魔法系

 本物語の主人公。SEOの真理を求める旅で多くの仲間と出会う。幾多の試練にも正義の心で立ち向かっていく。


★獣戦士ボルト>タイプ:肉弾系戦士・・・運営サイト:SEO対策 e-search

獣戦士ボルト


 セオンの幼馴染。不思議な力を宿しており、その力は謎に包まれている。いつも前向きな思考でセオンと共に行動をしている。


★TLUのマサ>タイプ:大剣使い・・・運営サイト:モバイルSEOの勧め

TLUのマサ


 最強の戦士。強さをひけらかす事なく、誰に対しても丁寧に接するその姿はまさに尊敬に値する戦士である。


★周辺暴走士タムー>タイプ:肉弾系戦士・・・運営サイト:seoとその周辺

周辺暴走士タムー(改)スペシャルエディション


 変身能力も併せ持つ歴戦の戦士だが、最近はほぼ猫の姿でいる。いつかはマサのような戦士になりたいと切望している。少しおっちょこちょいだが、戦いに入るとその実力は只者ではない。


★魔道士イマジン>タイプ:魔法使い・・・運営サイト:SEO Imagination!ブログ

魔道士イマジン


 生真面目で物腰柔らかい魔法使い。まだ若いながら数多くの攻撃魔法を使う事ができる。セオン達の仲間だったはずが・・・。


★行動分析士モリーノ>タイプ:特殊系・・・運営サイト:運営堂

行動分析士モリーノ


 冒険者のサポートをしつつ常に的確なアドバイスを行っている。いつもはモニターを通して指示や依頼を与えているが、モニター外での能力が今明かされる。


★変化士カズ>タイプ:特殊系・・・運営サイト:UMA

変化士 カズ


 奇妙な姿を持った特殊系戦士。サイ・シンサ魔法という風を操る術を使う。また変化士として様々なものに変身できる特殊スキルを持っている。


★忍者松村丸>タイプ:忍者

忍者松村丸


 モリーノが管轄する忍者組織のメンバー。平時はもっぱら諜報活動をこなし、戦時になればスピードと忍術を生かした技で敵を翻弄する。忍者界の実力者でモリーノを師匠のように慕っている。



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 07:00 | SEON2

2013年11月29日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第6話

SEONシーズン2



 本物語はSEOに関連した小説ですが、登場する単語や略語などは実在のものと似て非なるものですので、細かい突っ込みはご遠慮下さい。


 なお、SEONシーズン1を読まれてないと人物像などがよく分からない場合もございますので、別途作成しましたSEONシーズン1のPDF版をダウンロードしてご覧頂く事をお勧め致します。


 →「ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第1話」はこちら


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


**********************************


懐かしのセオ村


 セオンとボルトの目の前には懐かしい景色が広がっていた。


 セオン「ついにセオ村に帰ってきたな。」


 そう言うとセオンは胸いっぱいに懐かしい村の空気を吸い込んだのだった。昔と変わらず名産品を作る音が耳を心地よく撫でてくれる。


 ボルト「久しぶりだけど、あまり変わってないかな。やっぱり落ち着くね。」


 尻尾を物凄い勢いで振りながら「獣戦士ボルト」はニコニコしていた。

獣戦士ボルト



 そんな中「周辺暴走士タムー」が突然大声を出した。


 タムー「ああああああ!ワシとした事が!」

周辺暴走士タムー(改)スペシャルエディション



 振り返ると、タムーが行ったり来たりしながら、頭を肉球で抱えてあたふたしていたのだった。


 セオン「タムー、一体今度は何があったんだ?」


 そう尋ねられても聞こえないようで一心不乱にタムーはうろうろとしていたが、次の瞬間、はっとしたように顔を上げて呟いたのだった。


 タムー「モ・・・・、モリーノを・・・忘れてた・・・。」


 セオン「え!?」



 タムーを除いた3人もその言葉を聞いてはっとしたのだった。サカノミ村の中央を守っていた「行動分析士モリーノ」をあんなに世話になったのに忘れていたのだ。


 ボルト「まさか・・・。モリーノが・・・。モリーノが〜〜〜〜!」


 ボルトも今まで気づかなかった自分が情けないとばかりに狼狽した。


 マサ「でも、モリーノさんがいないからと言って、タムーさんの責任ではないのでは?」


 優しく声をかける「TLUのマサ」に対してタムーは力なく首を横に振ったのだった。

TLUのマサ



 タムー「ち、違うのだ。ワシはあの朝、本当なら早く起きてモリーノの元へ行く予定だったのだ。それをマタタビに溺れて、ついつい寝過ごしていたのだ。もし、ワシがきちんと起きていればモリーノをモニターごと助けられたかもしれないのだ・・・。」


 いつもは自信たっぷりのタムーだったが、さすがにこの時ばかりは堪えていたのか、真っ直ぐに仲間の目を見る事もできなかった。


 マサ「そうだったのですか・・・。しかし、済んでしまった事は仕方ありません。まだモリーノさんに何かあったと決まったわけではありませんし、WMTのメッセージを探すのと一緒にモリーノさんも探しましょう。」


 常に前だけを見るマサはどんな問題でも諦めない男だった。


 タムー「ありがとうございます。マサさんにそう言われると少し気が安らぎます。」


 タムーはそう言うと涙で濡れた顔をぐっとあげて叫んだのだった。


 タムー「モリーノ〜〜〜〜!絶対にワシが探し出すからな〜〜〜〜!!!」


再会


 タムーがセオ村で叫ぶ声は村中に響き渡っていた。その時、それを聞いてある男がそそくさと近づいてきたのだった。


 ???「し、静かにしなさい!恥ずかしい!」


 4人が振り向くとそこには驚くべき人物が立っていたのだった。


 4人「!!!!」


 モリーノ「私ならここにいるぞ。叫ぶな!」



 苦い顔をしながらも、顔中涙で濡らしているタムーを見て、モリーノはつい笑わずにはいられなかった。

行動分析士モリーノ



 セオン「モリーノ!無事だったのですか!」


 驚く4人を眺めつつモリーノは愉快そうに答えた。


 モリーノ「当たり前だろ。私はモニター越しには話しているが、モニターに住んでいるわけではないのだ。きちんとこうしてお前たちと同じ世界で生きているのだ。」


 実際、あのマサでさえモリーノはモニター型の人間だと思っていたくらいだ。それくらい実物を見たものは少ないはずだった。


 モリーノ「落ち着きなさい。サカノミ村の事件を聞いて人々がこのセオ村に集まるだろうと思って、ここで誰かが来るのを待っていたのだ。そして、予想通り、お前たちと出会えたというわけだ。」


 自分の予想が的中した事を「どうだ」とばかりに自慢げに語るモリーノだった。


 ボルト「そうでしたか!安心しました。という事はモリーノにはこれからどうするべきかの考えがあるという事ですか?」


 モリーノ「もちろんだ。そのためにここで待っていたわけだからな。」



 ようやく顔の涙をぬぐったタムーがそれと聞くといつもの調子に戻ったのだった。


 タムー「ふっふっふ!ワシに任せてください!まずはあのにっくきイマジンをあーして、こーして、ひねりをいれて、ゴマであえて、グツグツ煮て、アクをこまめに取って・・・。」


 ・・・と、身体を使って説明していたタムーを残して仲間たちは村の中の宿場に消えていったのだった。


 


 >>第7話へ続く


 >>SEON2 登場人物紹介はこちら
 


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEON2

2013年11月22日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第5話

SEONシーズン2



 本物語はSEOに関連した小説ですが、登場する単語や略語などは実在のものと似て非なるものですので、細かい突っ込みはご遠慮下さい。


 なお、SEONシーズン1を読まれてないと人物像などがよく分からない場合もございますので、別途作成しましたSEONシーズン1のPDF版をダウンロードしてご覧頂く事をお勧め致します。


 →「ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第1話」はこちら


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


**********************************


魔物蔓延


 4人はセオ村への道を急いでいた。


 セオンにとってセオ村は自分の故郷であり、ルーツでもあった。しかし、18才の時に「SEOの真理」を求める旅に出てからは一度も帰っていなかった。彼に与えられた使命が帰郷を遠ざけていたのかもしれない。


 セオン「セオ村も久しぶりだな。みんな元気だろうか?」


 事態は急を要していたが、望郷の気持ちを抑える事もできなかった。そして、それは「獣戦士ボルト」にとっても同じだった。年月というものはなぜこうも早いものかと思わざるを得なかった。

獣戦士ボルト



 ボルト「本当に懐かしいなぁ。近いのに遠い。今のセオ村はそんな場所かもしれないね。いつでも帰れると思うとなかなか帰らないものだなぁ。」


 ボルトもまたその気持ちがせわしく揺れる尻尾に表れていたのだった。


 マサ「皆さん、気を付けて下さい。グッグル城から制裁を受けて以来、外の空気には嫌なものを感じます。おそらく、村が消えた事によって敵がここぞとばかりに動きだしているに違いありません!」


 「TLUのマサ」はどんな時も生粋の戦士だった。空気の違いさえも敏感に感じ取り仲間に注意を促したのであった。そして、そのマサの杞憂が単なる気のせいではないとわかるのにそれほどの時間を要しなかった。

TLUのマサ



 4人が10メートル程の切り立った崖に左右を囲まれた地点まで来た時、崖の上に敵の集団が現れたのだった。


 タムー「うぬ!あいつらもやるな。ワシ達が動きにくい場所で待ち伏せしておるとは!」


 「周辺暴走士タムー」は敵の戦略をあっぱれと思いつつも、歴戦の勇者らしく顔には余裕の色をたたえていた。

周辺暴走士タムー(改)スペシャルエディション

 
 
 タムー「ござんなれ!」


 4人は敵の襲来に向けて陣形を組んだ。幾多の戦いを共に過ごしてきた4人は何の迷いもなく最適な陣形を構えたのだった。


崖の敵との攻防


 4人が見たところ、数こそ多いものの敵は烏合の衆にしか見えなかった。しかし、油断をしてはならぬとセオンは念のために呪文を唱えたのだった。


 セオン「スーニペット!」

 
 脳裏に浮かんだ敵の情報を知るとセオンは仲間に叫んだ。


 セオン「どうやらコメントスパームの集団のようです。特に気を付ける事もないでしょう。一気に片づけてしまいましょう!」


 そう言うと中心に回復魔法を唱えるセオンを残し、進行方向右手の崖にはマサ、左手の崖にはボルトとタムーが颯爽と飛び出した。


 2組は競争を楽しむかの如く、まるで何もない平坦な大地を進むように崖を登って行った。既に彼らにとってこれくらいは序の口の芸当でしかなかった。


 それと見た敵の集団は明らかに狼狽していた。そして、その瞬間をマサ達が見逃すわけもなかった。


 マサ「この剣を食らえ!同コメ斬り!」


 背中にあった大剣はいつの間にかマサの手に直立に握られ、彼が進むところ左右を問わず敵が一瞬で倒れ伏したのだった。リズムの乱れなく8の字を宙に描くように敵を切り伏せるその剣の動きは10年前よりもさらに速くなっているように思えた。


 それと見てボルトとタムーも負けじと攻撃を繰り出した。阿吽の呼吸で2人の肉弾攻撃は確実に敵を捉えていった。


 タムー「IP拒否キック!」


 ボルト「コメ欄廃止キック!」



 怒涛の蹴りが2人の前方にいた敵を次々と倒していった。


 タムーのIP拒否キックは身体の特定の急所に正確にヒットし、それぞれ一撃で敵を沈めていった。


 ボルトのコメ欄廃止キックもまた、敵の動きを瞬間的に封じながら一瞬で敵にとどめを刺していった。


 2人とも身体こそ小さいものの、そのスピードと正確さで破壊力をカバーしているようだった。昔は荒削りだった技が今では芸術的とも言える洗練さをも兼ね備えていた。


 タムー「弱すぎる!久しぶりの戦いにしては食いたらん!」


 不満そうに叫んではいたが、その顔は嬉々としていた。やはり自分のいる世界は戦いの中にあると実感したのだろう。


 崖の下で回復魔法を唱える準備をしていたセオンは仲間の雄姿を見て安心したのだった。そして、サカノミ村を元に戻してみせると強く誓ったのであった。


 


 >>第6話へ続く


 >>SEON2 登場人物紹介はこちら
 


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEON2

2013年11月15日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第4話

SEONシーズン2



 本物語はSEOに関連した小説ですが、登場する単語や略語などは実在のものと似て非なるものですので、細かい突っ込みはご遠慮下さい。


 なお、SEONシーズン1を読まれてないと人物像などがよく分からない場合もございますので、別途作成しましたSEONシーズン1のPDF版をダウンロードしてご覧頂く事をお勧め致します。


 →「ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第1話」はこちら


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


**********************************


裏切り


 「周辺暴走士タムー」の小さな身体は怒りに打ち震えていた。まさか自分があんな目に会うなんてよもや思わなかったのだ。

周辺暴走士タムー(改)スペシャルエディション



 そんなタムーを見てセオンは落ち着けとばかりに何があったのかを問いただした。


 セオン「タムー、一体何があったと言うんだ?」


 他の者も何があったのかが気になりタムーの言葉を静かに待っていた。


 タムー「イマジンの奴め!あいつめ、くそ〜、この野郎〜、あんちきしょうめ〜、次に会ったら、こうしてこうして、ひねりを入れて、最後に絞って、ワシの飲む味噌スープの出汁にしてやる〜!」


 そう言いながら、身振り手振りで「魔道士イマジン」をどう料理するかを具体的に身体を使って教えてくれたのだった。

魔道士イマジン



 ボルト「タムー、今のじゃ、何も分からないよ。もう少し詳しく教えてくれよ。」


 「獣戦士ボルト」はこのままタムーに好き放題やらせておくと話が進まないとばかりに突っ込みを入れた。そう言われて、タムーも我に返り、事の次第を語りだしたのだった。

獣戦士ボルト



 タムー「実はな、昨晩ワシはマタタビでいい感じに酔っ払っておったのだ。で、そのままメロメロになってバタンキューと寝てしまったのだ。」


 一同はタムーの話とイマジンの関連が読めなかったがそのまま聞き入っていた。


 タムー「で、朝目覚めた時、何やら部屋が動きはじめていたのだ。そこはワシも歴戦の勇者と言われる男なわけで、颯爽とね、屋根の上に飛び上って周りを見まわしたわけだ。」


 タムーはいかに自分の身体が俊敏に反応したかというのを、擬音などもたまに織り交ぜつつ語った。


 タムー「何とワシの家がじわじわと地面に飲み込まれているではないか!これはまずい!と思って地上を見上げたところ、そこにはニヤっと笑ったイマジンがいたわけだ。すると、どうした事か!口を開けて大声で笑いながらワシに向けてでっかい魔法をぶっ放しおったのだ!あいつめ!今度見つけたら、あーして、こーして・・・。」


 セオン「で?」



 セオンはまた話が逸れるのを防ぐために冷たく次の言葉を促した。


 タムー「う、うむ。奴の魔法によってワシのいた屋根が物凄い勢いで吹き飛んで、その屋根と一緒にヒューンとあの木の上まで飛ばされたってわけだ。まあ、イマジンのヤワな魔法なんぞにこの俺様がやられるわけもない!ふふん!」


 タムーは右手で引っかかっていた木を示しつつ、事の顛末を語ったのであった。


 ボルト「うーん、何か引っかかるなぁ。イマジンが裏切るとは思えないんだけどな〜。」


 納得がいかないとばかりにつぶやくボルトを見て、タムーはさらに声を大きくしてこう言い放った。


 タムー「いやいや、裏切った証拠もあるぞ。奴はブラックハッ党の連中と連れ立ってこの村を離れていったんだ。ワシは木の上から見ておったのだから間違いない。」


 そこまで静かに聞いていた「TLUのマサ」も頷いて言った。

TLUのマサ



 マサ「私はその時はまだ村から少し離れた所にいたのですが、確かにイマジンさんがブラックハッ党と連れ立って歩いているのを見かけました。」


 マサの言葉を聞いてセオンもこれは真実と思わざるを得なかった。


 セオン「タムーだけならまだしも、マサさんまでもが見たというのならイマジンがブラックハッ党と共にいるのは間違いないようですね。しかし、イマジンがなぜ・・・。とは言え、今はWMTのメッセージを探さなければいけませんし情報を集めましょう。」


 ボルト「でも、情報と言っても一体どこに?」



 すると、心当たりがあるとばかりにマサは口を開いた。


 マサ「セオ村に多くの村人が避難しているはずですから、まずはそこで何か糸口を探してはいかがでしょう?」


 そう聞くとセオンは頷いた。そして、4人がセオ村へ向かおうとした矢先にボルトはタムーに気になっている疑問をぶつけた。


 ボルト「なんか、タムーのキャラって変わってないか?」


 タムーはボルトの突っ込みに少し挙動不審になったが次の瞬間、胸を張ってこう答えたのだった。


 タムー「いや、ワシも歴戦の勇者らしく、話し方にも重みを加えようと思ってね。それで”ワシ”と呼ぶようにしたわけだ。風格を感じるだろ?」


 ボルト「・・・」


 一向は無言のままセオ村へと向かうのであった。
 
 
 


 >>第5話へ続く


 >>SEON2 登場人物紹介はこちら
 


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEON2






最近の記事