2015年06月05日

書評:実践Googleタグマネージャー入門(増補版)

 久しぶりの書評です。4日も連続で記事を書くと何かあったと思われそうですが、気まぐれです!


 今回読んだ本はアユダンテ株式会社の畑岡大作さん著の「実践 Google タグマネージャ入門 増補版」です。いろいろと読んでいる中、今回この本の書評を書こうと思ったのは、初めてのGoogleタグマネージャーの本であるという事と、タグマネージャーの布教のためです。



Googleタグマネージャーってそもそも何?


 このブログを読まれている方であれば名前くらいは聞いた事があると思いますが、HTMLに記述するタグを一一元管理するものです。


 私もこのブログでは「【文系向け】Googleタグマネージャー導入マニュアル」という記事を2013年1月29日に書いていますが、こちらは今も読まれている記事です・・・というくらいにはそこそこ興味を持っている方も増えているのだと思います。


 残念ながら今はバージョン2となり、私の記事とはそもそもUIが変わってしまい当時の記事はまさに参考にしかなりませんが、少しでもタグマネージャーを使おうと思っている方の導入のきっかけになればと思っています。


実践Googleタグマネージャー入門の書評


 ここ最近、Googleタグマネージャーの情報は多少は増えてきていますが、それでもまだまだ少ないのが現状です。そんな中、著者の畑岡さんはアユダンテサイト内のブログにて有用な記事をいくつも公開してくれています。最近ではWeb担当者Forumでも連載をされていました(記事一覧ページ)。


 さて、この書籍ですが、電子書籍で先に公開されたものを加筆して書籍化したもので最新バージョンを元に作られています。そのため、今から始めようという方が読むのであればこの本をお勧め致します。


 私自身は既に実験サイトも含めGoogleタグマネージャーで管理していますが、導入してからはとにかくいろいろな検証が楽になりました。そんな細かい事はやっていませんが、いわゆる中小規模の企業がそれほど細かくまでは取得しないけど、通常考えられるような情報は取っている・・・くらいであれば、このGoogleタグマネージャーへの移行はかなり楽だと思います。


 この書籍は入門という位置づけですので今までにまだ導入をした事がない方にも分かりやすい構成、中身になっていると思います。ケーススタディもありますが、どちらかと言えば、全てがケーススタディに近い実践的な内容です。


 入門というよりは中級〜上級くらいまでカバーしているのではと思うくらいの所まで内容としては含んでいますのでこれ一つで当分は賄えるはずですし、私にはこれで十分すぎる内容でした。


 なおGoogleタグマネージャーはとても便利なものではありますが、既に多くのタグをサイト内に入れている場合には移行は簡単ではない(というか面倒)だと思います。そのため、私はこのタグマネージャーを検討している方には「それほどデータがおかしくなっても気にしないサイトから練習で使ってみると良いですよ」と伝えています(自社でやる場合には)。


 ある程度のこのツールの使い方を覚えると物凄く楽しくなってくるものです。


 将来的にはタグマネージャーでの管理というのは一般的になっていると私は考えています。まだ、周囲はそれほどでもありませんが、リニューアルの際とかそういう大きな変更の時に導入にチャレンジしてみると良いかもしれません。一度うまく動き出せば、それまでは面倒だった設定なども簡単にできるものも多数あります。特に特定のリンククリックを拾うなどは物凄く楽になりましたね。


 どんどん進化していくと思いますので、いずれかのタイミングでGoogleタグマネージャーを勉強してみる事をお勧め致します。


 ちなみにバージョン1に慣れ過ぎた私は、このバージョン2でデフォルトで使う事ができる変数が少ない事で最初物凄く悩んでしまいました^^;これくらいデフォルトでチェック入れておいてくれよーと思ったのですが・・・、これは分かる人にしか分からない話です。


 選択したいのに選択できない!と思ったら、それは「変数」のデフォルトで外されているからと言う言葉を覚えておくと良いでしょう^^


 悩んでいた私にさっと回答してくれた運営堂の森野さん、その節はありがとうございました。


 長々と書きましたが、Googleタグマネージャーを全く知らないという方は「買って読むと目から鱗」と思うであろう本です。


 畑岡さん、書籍化ありがとうございました。ご本人がこの記事を読まれるか分かりませんが、御礼をば^^





揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の羅針盤」では、教育関係特化のサイトを運営中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!


posted by SEMアドバイザー at 08:00 | アクセス解析

2014年06月09日

アクセス解析での変化からどこまで調べるか?

 今回はアクセス解析について。日々アクセス解析をチェックしていますと、前日と比べて明らかにアクセス数が増えている事があると思います。こういう時にどこまで調べるかでアクションも変わってくるものです。


アクセス増加の理由をさかのぼる


 何らかの施策をしていたというのであれば、理由はまさにその施策が理由である事が多いわけですが、何もしていないのにアクセスが増えた場合などはその理由を探る事でよりコンバージョンに結び付く対策が取れるかもしれません。


 アクセス数を見て「ああ、昨日より増えて良かった」とだけ思うのと、「なぜ増えたのだろう?」と思うのでは全く意味が異なりますし、そもそもアクセス解析の意味はそこにあります。


 何のヒントももらわずに、起こった事象のみに一喜一憂するのであれば、アクセス解析などはする必要さえもなくなってしまいます。


 とはいえ、単純にアクセス数が増えた場合に遡る範囲でやる事も変わってきます。


何を見て何をするかを考える


 最初に書いておきますと、今からチェック部分はこれで全てはありません。あくまでその一例と認識してください。


 それではアクセス増加の理由を探るべく何を見るかを書いていきます。

アクセス増加には理由があります



1.参照元をチェック

 言うまでもなく参照元のチェックです。どこからのアクセスが増えたのかを調べます。検索エンジン以外の特定の媒体の場合、何らかのアクションがそちらでとられた可能性がありますので、それを調べます。


 大事なのは他のチェック項目でもそうですが、「ここ経由が増えたのか」で終わらせない事です。コンバージョンを少しでもあげるべくその参照元からの「整合性」を意識して下さい。


 参照元にある起爆となったページを読み、そこからリンクされている自社サイトの該当ページとの一連の流れが綺麗にまとまっているかをチェックします。


 例えば、特定の商品について紹介しているのであれば、ランディングページにも、その流れを壊さないようにその商品についての説明などを追加するなどです。言うまでもなくリンク元での指示語とリンク先の内容がマッチしていなければ離脱してしまう可能性が高くなるからです。


 アクセスアップという良い流れが来ているのですから、その流れを壊さないように出来る範囲でも修正を入れる事をお勧めします。


2.キーワードをチェック

 自然検索経由が増えている場合にはそのキーワードをチェックします。どのキーワードで増えているかが分かればより動きやすいからです。


 なお、ここで注意してほしいのが、どのページが増えているかだけで終わらせない事です。分かっているようでも何が検索結果で表示されているかは必ず確認して下さい。


 つまり、増えているキーワードを使って検索エンジンで検索をして(Yahoo!もGoogleも)どのように見えているかを必ず確認して下さい。その上でそのキーワードからの流れでランディングページの中身はマッチしているかを再確認して下さい。


なぜ増えたのかを考える


 自然検索でのアクセスが増えている場合、通常は理由があります。例えば健康食品のサイトで特定のキーワードが増えている場合、テレビなどで誰かが発言している事があるからです。


 これを調べるのに最も便利だと私が思うのは「リアルタイム検索」です。私はリアルタイム検索が大好きで毎日何度も使うのですが、たいていこれで調べれば、そのキーワードでアクセスが増えた理由が分かります。


 この理由を知っているのと、単純に増えたページだけを認識しているのとでは、取れるアクションは大きく変わってきます。


 これはわざわざ説明するまでもないでしょう。増えた理由まで把握できれば、それをうまく利用した展開も可能なわけです。


自社サイトを探していない場合もある


 実は自社サイトへのアクセスが爆発的に増えている場合でも、全く自社には関係ないケースもあります。しかも、このケースでは対処を迅速にしなければ取り返しがつかなくなる事もあります。


 それはまさに今のネット社会を反映している理由です。


 例えば個人名や企業名でのアクセスが増えている場合にはこの事例が稀にあてはまります。それは事件などが絡んだ場合です。


 この記事を読まれている方もそういう行動を起こした事がある方もいると思いますが、何らかの事件で犯人の名前やその犯人が働いていた会社名が出ていた場合、皆さんは検索した事がありませんでしょうか?


 特に名前が出ていると、「どんな顔をしているんだ?」という事で画像検索をする事もあると思います。実際にこれで間違われて自分が犯人ではないのにソーシャルで出回って被害を受けた方もいるわけです。


 会社名でも同じです。同名の企業で働いていた場合などは最悪です。とばっちりを受けて自社が悪い事になる事があるのです。


 このケースはそれこそリアルタイム検索などで調べないと気づきにくいわけですが、以下のような能天気な状態になっているわけです。


 貴社「おおお!アクセスが増えている!」


 ユーザー「ここが犯人のいる会社か!」



 全くもって怖い話です。言うまでもありませんが、このケースではどれだけはやくサイトトップにお知らせを入れるかが重要になってきます。


 その事件の犯人とは一切関係がない旨を記載する事で、予定外の売上減を防ぐ事が可能です。一番ひどいのは気づいていても「関係ないから」という事で一切のアナウンスを出さないケースです。これだけは避けたいものです。



 いろいろと書きましたが、アクセスが急に増えた場合には何らかの理由があるものです。順位が単純に上がったからそれにあわせて増えたというのもあると思いますが、いずれにしても理由があります。


 その理由をきちんと把握し、対処する事があるのかどうかを判断する事も今のネット依存の時代には大事な視点です。


 そのままスルーする事がないようにしましょう。


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 11:00 | アクセス解析

2014年01月31日

アクセス解析はどの指標を見れば良いですか?と言う前に

 今日はアクセス解析の話です。私はアクセス解析マニアではありませんが、Google Analyticsは毎日結構眺めている立場ではあります。通常は自分が設定したリアルタイムレポートを流しっぱなしにしています。


 今回の記事はアクセス解析畑というよりも広報畑の私の考えですので、専門の方からすれば「いや、違うでしょ」という部分もあると思いますが、その点は考え方の一つという事でご容赦下さい。


アクセス解析でどの指標を見れば良いか?


 さて、たまに「アクセス解析でどの指標を見れば良いか?」という質問を受けます。これは至極よくある話ではないかと思うのです。そして、私もおそらく初めて触る時には同じような疑問をもったでしょう。


 しかし、今思うにこれは少し手抜きな考えだったなと自分では反省しています。そもそもどんなデータがGoogle Analyticsで分かるのかを調べずに、詳しい人に言われた所だけを見ようとしているわけですから、それでは本当の意味で「その人」にあった情報が得られるか分からないわけです。


 正直言えば、その人の職種、業務、スタンス、目的、その他によって必要なデータは変わってくると思っています。もちろん、この数値を見ればこういう事が分かるよって話は出来ますが、アクセス解析を業務に役立てるという視点で言えば、お勧めを言われるがままに見るのではその後もアクセス解析を本気で生かしてくれるとは思えません。


まずはアクセス解析で何が分かるかは忘れませんか?


 アクセス解析を初めて見る方に私自身が言いたいのはこの部分です。Google Analyticsでどんな指標があるかとか全部無視してそんな所ではない所から始めてほしいのです。特に「広報担当者」はです(広報でなくてもそうではありますが)。


 では、何を意識するべきか?と言えば、やはり最初に考えてほしいのです。


「今、どんなデータがあったら、どういうアクションを取れますか?」



 という事です。Google Analyticsを先に見てしまうと(あるいはお勧め指標を聞いてしまうと)、それが基本になってしまい、その数値から分かる情報を考えてしまうようになります。そして、あまりに多くのデータが取れるために、かえってデータを生かすという所までたどり着けずに、「データが取得できて満足病」(そんな病気はありません)のような、おかしな満足感だけを得てしまうリスクさえあると思っています。


 そのため、まずは何が取得できるか?というのは忘れてほしいのです。欲しいデータがあり、そしてそれが分かればどういうアクションを取りたいという具体的なものがあるのであれば、その段階で「そのデータはここで見られます」と聞けば、きっとアクションにすぐに移せると思うのです。データなどは、はっきり言って生かしてこそ意味を発揮しますし、眺めて満足するものではありません。


 そのため、私のお勧めは、会社の広報メンバーでも何でも良いのですが、そういう方々でブレインストーミングなどを行って、どんなデータが欲しいかを話しあう方が良いのではと思っています。


 そして、そこで出る「欲しいアイデア」について、そのデータがあれば「こういう事をしたい」というアクションを考えてほしいのです。


 例として「広告出稿している媒体ごとの効果が分かれば予算配分を変える」でも構いません。


 アクセス解析の膨大なデータを見てからだと、かえって分かる事が多すぎて、あれもこれもとなってしまい、行動に移せない事もあるだろうと感じます。


データの取れない時代は工夫をしていました


 デジタルなデータが取れない媒体では工夫をするものです。


 例えばチラシなどを配る場合、どの時間帯に配ると効果がでるか?と考える場合、全て同じチラシを配っている場合には効果測定は出来ません。出来たとしても、どの時間はチラシの減りがはやいなというくらいでしょう。


 しかし、チラシの隅にでも時間帯ごとに異なる色をつけておけば、問い合わせが来た際にその色を質問する事で時間帯の情報が得られるようになるわけです。


 さらに担当者ごとのデータをついでにと言うなら、別の印をつけておけばそれでデータとして生かす事ができるようになります。誰が配った何時ごろのチラシか分かるというわけです。


 このアナログな情報を蓄積すれば、限られた予算で効果を最大限に出すタイミングなどが見つかる可能性があるわけです(当然ながら1日ではそれほどの情報にはなりません)。このアイデアは当然ながら「こういうデータが取れれば」というものから生まれています。だからこそ、すぐにアクションに移行できるのです。


 
 私は多くの情報はかえって動きを鈍くするケースもあると考えています。そのため私自身も何でもかんでも見ているわけではありません。


 実験サイトを作る際にも、その目的に応じてチェックする場所は変えています。もちろん、実際にはこの指標は必須でしょうというのはありますが、それでも、アクセス解析に慣れてない方の場合には、まず「この情報があればこんな事をしたい」というのを考えてほしいのです。


 そういうものをある程度出し切った上で、Google Analyticsにはどんな情報があるというのを知識として入れていけば、より一層の効果がでると考えています。


 何はともあれ、皆で頭をひねって意見を出し合うってのは良い事ではないでしょうか?




 さて、今回こんな記事を書いたのは物凄く昔のある出来事を久しぶりに思い出したからです。


 私が転職の面接を受けた際にある会社で広報用データベース(資料請求者DBです)を見せられました。そして「うちはこんなにデータを取っているんだ、すごいだろう?」というような事を言われました。


 そこにある入力項目の数は1,000を超えているという事でした。1人の個人に対し1,000以上の項目(フィールド)があったわけです。


 もうここまで聞けば分かると思いますが、データ取得満足病にこの方はかかっていました。そのデータベースは入力項目こそ多いものの、ほとんどの方で共通して取得できているデータはたかが知れていました。それこそ20もいってないと思います。


 使いこなせるなら私はこれがいくつでも構わないのですが、実際にはそんな事はありませんでした。


 そして、そのデータを取りまくっていた会社はその数年後になくなりました。膨大なデータなど生かせなかったのです。



 目的から必要な情報を考えればこんな事にはなりにくいのではないでしょうか?


 *月末なのでネタ画像は省きました


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!


posted by SEMアドバイザー at 08:00 | アクセス解析

2013年11月05日

アクセス解析の微妙な部分を簡単に独学する方法

 今回は多くの方がアクセス解析(Google Analyticsでの)で曖昧に理解している部分をGoogle Analyticsのリアルタイム解析で独学するための方法をご紹介いたします。


Google Analyticsは分かっているようで分かっていない


 他人の事をどうこう言えるほど私も完璧に理解しているわけではありませんが、そんな私がこれは理解するのにとても便利!と思ってよく使っている方法をご紹介いたします。


 実際問題、Google Analyticsを全体のデータとして見ていると、


「あ〜、新規とリピータはこんな割合か」



 とか


「この検索エンジン経由はキーワードは取得できていないか。」



 など何となく見ていると思います。しかし、あくまで他人の行動ですので、本当に理解しているか?と言えば、結構曖昧だと思いませんか?


 今回はいろいろな自分が気になっている動きを自分で試して、それがどういう風にGoogle Analyticsで認識されるかを見るものです。


 そして、これを簡単に自分で確認するのに使うのが、Google Analyticsのリアルタイムレポートです。


 今回の記事では私が先日このブログで書きました「ヒントが見つかるGoogle Analyticsのリアルタイムレポート例」で作ったリアルタイムレポートを使って説明しますので、できればこちらもあわせてご覧ください(多分、そちらも見ないと完全には理解しにくいかもしれません。とはいえ、PVを増やしたいわけでもないですよ^^)。


勉強用のブログを作る


 いきなりハードルが高いと思われる方もいるかもしれませんが、実際にはアクセスがほとんどないブログやサイトを持っていればそれで十分です。人気サイトしかない方は残念ながら、人気のない(他のユーザーがあまりアクセスしてこない)サイトなりブログを別途作っていただくことになります。


 なお、新規で作った場合には最低でも2〜3記事は書いて頂き、Googleにインデックスされるまでは待ちましょう(インデックスされないと検索での状況が調べられないので)。言うまでもなくGoogle Analyticsのコードは入れてください。


 以下は理想の状態です(現実には理想の真逆にあるサイトですw)。

理想の状態

 


 もう一度書きますが、前述の記事のレポートを作って頂かないと理解が難しいかもしれませんが、おそらくここを今読んでいる方は面倒でそのまま読み進めていると思いますので(私なら作らないのでw)、あとはお任せします^^


 さて、このリアルタイムレポート、現在の状況が分かる優れものです。微妙なタイムラグはありますが、アクセスがあった数秒後には通常はデータが反映されます。


 ・・・と、ここまで記事を書いて先に進もうとした時点で、このブログに自然検索経由のアクセスが入ってしまうという予想外の展開w


 まあ、一件くらいなら何とかなりますので、とりあえず検証中にアクセスがあった場合には、そのユーザーのデータだけ認識しておきましょう。それに追加される形で自分のアクセスのデータが追加されます。


 (こういう時に限って、滞在時間の長いユーザーでした・・・)


 気を取り直して、以下の条件でやってみました。


<条件1>

 Internet ExplorerでGoogleから一定のキーワードを入力し、ブログ内の1ページにアクセス

検証1


 噂通り、キーワードは(not provided)で取得できていませんね。次はGoogle経由からのアクセスにきちんとなっていますね。


 次の条件はこちら。


<条件2>

 Internet ExplorerでYahoo!から先ほどと同じキーワードを入力し、ブログ内の同じ1ページにアクセス

検証2


 モザイクをかけてしまっていますが、キーワードは取得できています。Yahoo!経由はキーワードがきちんと分かります。


 次。


<条件3>

 このブログにアクセスした事がないSafariで同じキーワード、同じページにアクセス。

検証3


 その前の条件のデータがまだ残っていますが、新規ユーザーが増えたのが分かりますね。ブラウザを変えれば人が変わるというのがこれで分かると思います。また、Safari(ver5.1.7)経由でGoogleからキーワード検索だとキーワードが取得できているのがここで分かります(モザイクですが・・・)。


<条件4>

 条件3を表示したままブラウザの更新を連打。

検証4


 PVが無駄に増えているのが分かると思います。


<条件5>

 Safari経由のGoogleでキーワードを変えて検索して別ページへアクセス。

検証5


 キーワードの部分だけ変わりました(モザイクですみません^^;)。もちろんリピーターです。


 ちなみにこの後にIE TESTERで一気に複数ブラウザのチェックを行いましたが、こうなるのか・・・という結果になりました(気になる方はお試しください)。


何をやるかは貴方次第


 今回は記事である都合上、おおがかりな事はやっていませんが、いろいろと検証はできると思います。


 ・他のサイトにリンクをはって、そこからクリックしてアクセスする。

 ・ブラウザを最新版にバージョンアップしてアクセスしてみる。

 ・時間を変えてアクセスしてみる。



 ・・・その他、貴方が「こういうケースはどうなのだろう?」と思うものはあると思います。それを試してみると面白いと思います。


 とはいえ、リアルタイムレポートには限界もありますので、これだけで分かる事、分からない事もあります。それでも、自分で実際にやってみて、情報を把握する事で見えてくるものは沢山あると思いますので、一度はやってみる事をお勧めします。


 使用環境、ブラウザなどで変化が出ると思います。自分が想像していないデータが出る事も結構あると思います。身体で覚えると忘れなくなるかと^^



<最後に宣伝>

 SEOのネタ小説の「SEONシーズン2」が開始しました!



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!


posted by SEMアドバイザー at 08:00 | アクセス解析

2013年09月12日

ヒントが見つかるGoogle Analyticsのリアルタイムレポート例

 今回は私がほぼ一日中Google Analyticsを放置している時に使っているリアルタイムレポート(マイレポート内)を紹介したいと思います。


リアルタイムに見るから見えてくる情報もある


 たいていの場合、アクセス解析は1日まとめて、あるいは一定期間ごとに区切ってデータを確認していく事の方が多いと思います。


 もちろん私もそのようにして月単位でのデータ比較をしたりしていますが、ユーザーの動きを「実感」としてつかむには「リアルタイムレポート」に勝るものはないと個人的には思っています。そのため、私はGoogle Analyticsのマイレポートにオリジナルの(というほどのものでもないですが)リアルタイムレポートを作り、ネタが欲しい時などはそれをじっと眺めて、ユーザー一人ひとりの心理を想像するようにしています。


 この想像する行為は全体のデータで見るよりも、ずっと深く「個人」を意識する事ができると思っていますし、実際にその中のユーザーの行動からコンテンツの修正案などを思いつく事もよくあります。


マイレポートの事前準備


 私の作っているマイレポートは実際には「テンプレートのリンク」機能がありますので、そのアドレスを紹介すればみなさんのところで使えるようになります。しかし、それでは使い方そのものを覚えませんし、そもそも、人からそのまま貰ったものは、「他人事」になりやすく真面目にチェックしない(あるいは最初だけ見る)などに陥る事もあるため、あえて設定方法を書きたいと思います。

「テンプレートのリンク」機能



★全体図

 今回作るリアルタイムレポートの全体像は以下の通りです(一部画像修正しています)。

リアルタイムレポートの全体像



 番号順に作っていきます。まずは一つもマイレポートを作ってない方もいると思いますのでこれらのウィジェットを並べる場所(マイレポート)を作ります。


1.土台となるマイレポート作成

 左にあるメニューから「マイレポート一覧」をクリックし、「+新しいマイレポート」をクリックします。出てきたウインドウで「空白のキャンパス」を選択し、任意のレポート名を入力します。

マイレポート作成



2.ウィジェットの追加画面で希望のものを設定します。

 今回はこの後に私の設定を紹介いたします。赤枠内が今回使う部分です。

ウィジェットの追加



 なお、一つ目のウィジェットができた後はマイレポート上部の「+ウィジェットを追加」を押していけば追加のウィジェットの作成ができますので繰り返します。

さらなるウイジェットの追加



リアルタイムレポート設定例


 それでは、全体図で示した1番目からの設定を紹介していきます。設定画面だけを示しますが、適当に探せば見つかるはずですので頑張ってください。フィルタなどの細かい設定はお任せします。私は基本的な設定部分のみここで紹介させて頂きます。なお、私の設定では「ウィジェットの名前」は変えていませんが(変えないでも中身が分かっているので)、任意で分かりやすいものをつけると良いでしょう。

ウィジェット1


***


ウィジェット2


***


ウィジェット3


***


ウィジェット4


***


ウィジェット5



 上記をそのまま設定すればこの記事最初の全体図のようなマイレポートが出来上がります。似たようなデータもありますが、微妙に異なるため相互に見ていくとユーザーの気持ちが垣間見れる事もあります。


 データはどんなに優れたものでも目的を持って使わなければ何の意味も持ちません。このデータはまさに「今の状況」しか見られないものですが、たまにはこういうデータからパソコンの向こう側で今まさにアクセスしているユーザーを想像すると良いでしょう。


 きっと、多くのヒントを得られると思います。







揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!



posted by SEMアドバイザー at 11:49 | アクセス解析






最近の記事