2013年10月28日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第1話

SEONシーズン2



 本物語はSEOに関連した小説ですが、登場する単語や略語などは実在のものと似て非なるものですので、細かい突っ込みはご遠慮下さい。


 なお、SEONシーズン1を読まれてないと人物像などがよく分からない場合もございますので、別途作成しましたSEONシーズン1のPDF版をダウンロードしてご覧頂く事をお勧め致します。

 ★★SEON2のPDF版も完成しました。ブログで掲載したストーリーの1.5倍のボリュームに加筆されています。SEONシーズン2のPDF版をダウンロードしてください。


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


**********************************


SEON2 オープニングムービー






*music by SEMアドバイザー


セオン、再び


 周り一面、緑の自然に覆われていた。


 10年前にサカノミ村で起きた大決戦を思い出す者も今では数少なくなっていた。そして、今、楽しそうに歩いている2人こそがその戦いで活躍した事など、本人すらも忘れるくらいに平和な時が続いていた。


 セオン「あと少しでサカノミ村に到着できそうだね。ずっと歩き続けてきたから、ゆっくり休みたい気分じゃない?」


 いたずらっぽく言うと、セオンは横に連れ添うように歩いている幼馴染の「獣戦士ボルト」に目を向けた。サカノミ村の大決戦から10年を経て、セオンはもう立派な回復魔法の使い手になっていた。

獣戦士ボルト



 ボルト「何を言ってるんだ?足腰ならセオンに負けないぜ!まだまだ、今回の旅を数回往復しても大丈夫だよ。」


 ボルトは笑顔でセオンに答えた。顔こそ10年前と変わらないが、鍛えられた足腰はさらに引き締まったものへと変貌を遂げていた。ここ最近では武器として使われる事もなくなった尻尾が、今はただ嬉しそうに横に振れているだけだった。


 大決戦の後、セオンとボルトはサカノミ村に残り後進の指導にあたっていたが、平和が続いている事を確認すると長い疲れを癒すために2人で旅に出たのだった。そして今、5年の旅を終え、サカノミ村へ帰る途中であった。


 セオン「しかし、あんなに戦いに明け暮れていたのが嘘のようだね。今では回復魔法をまともに使う機会もないけど、あの当時は覚えたての魔法を駆使してたんだから、我ながらよく頑張ったと思うよ。」


 そう言うとセオンは右の人差し指をくるっと外側に向けて回転させ、自分とボルトの足に向けて青白い光を放ったのだった。2人の足からはみるみると疲れが抜けていった。


 ボルト「サンキュー!」


 足が軽くなったので、ボルトはその場でジャンプして飛び跳ねたのだった。


地鳴り


 そろそろ日も暮れ始めると思われる頃、周囲の木々で遊んでいた鳥たちが一斉に物凄い音を立てて飛び立った。


 いや、恐怖で飛び出したという方が適切かもしれない。


 その音は2人が耳をふさがなくてはいられないほど大きく、飛び立った鳥たちの影は、大地を照らしていた太陽の光さえも完全に遮るくらいであった。


 セオン「一体何が起こっているんだ!?」


 振り向けば、ボルトの背中の毛は逆立っていた。


 ボルト「何か大きな事が起こっているに違いない!」


 事態が呑み込めずに戸惑っていると、続いて大きな揺れが2人を襲ったのだった。


 セオン「クッ!」


 立っていられない程の揺れが30秒ほど続いた後、鳥たちにその行き場を邪魔されていた太陽の光が再び周囲を照らし始めた。そして、それと同時にボルトは叫んだのだった。


 ボルト「セオン!あれを見てくれ!」


 セオン「あれは!」



 ボルトが指差した先にあったものは、サカノミ村と思われる付近から立ち上がる土煙であった。その土煙はあたかも何かを伝えるかの如く、天空に一直線に伸びていたのだった。


 セオン「あれは、緊急事態にのみ使われるというTLUの狼煙じゃないのか?!・・・と言う事はマサさんがあそこに?!」


 「TLUのマサ」は誰もが知る最強の戦士である。たいていの問題は1人で難なく解決できるマサが、一生に一度使うかどうかも分からないと言われているTLUの狼煙をあげていたのだ。これは緊急事態が起こったに違いないと2人は即座に感じ、緊張感が身体中を走り抜けたのだった。

TLUのマサ



 ボルト「一体、サカノミ村で何が起こったというんだ!セオン!急いで村へ向かおう!」


 2人の顔からはそれまでの笑顔が消え、10年前の戦いに明け暮れていた時の顔に戻ったのだった。


 待ち受けている先に何が起こっているか分からぬままに・・・。




 >>第2話へ続く


 >>SEON2 登場人物紹介はこちら
 


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!

posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEON2






最近の記事