2013年04月23日

SEOはコンテンツが重要と言わなくてはいけないなんてナンセンス

 今日のテーマは「SEOはコンテンツが重要と言わなくてはいけないなんてナンセンス」です。

そもそも何故コンテンツが重要などと言うようになったのか?


 今日のテーマはここ最近よく感じる事を書きたいと思います。


 私のブログでもそうですが、SEO界隈のブログでは最近「コンテンツが重要」という言葉が頻繁に語られるようになっています。


 これは言うまでもなく正しい事ですし、ユーザーの最終目的・・・以前に、サイト運営者の本来の目的を考えれば、そう言う気持ちで作らなくてはそもそも効果などあがるわけもないのです。


 この言葉がナンセンスだと思うのは、「青信号の時に横断歩道を渡りましょう!」と言うくらい当然の話だとずっと感じているからです。コンテンツが重要なんてそもそも当たり前の話で、それを私のブログも含め、多くのブログで大の大人が言わなくてはいけない状況になってしまった事がそもそもおかしな話だなと感じずにはいられません。

大人って不思議



 「良い商品を作りましょう!」と言うのは当たり前で「悪い商品を作ろう!」などと言う方はいないわけです。


 こんな子どもでも分かる常識レベルの話なわけですが、多くの方が言わざるを得ない状況になったのは、まさに「だまし討ちで儲けよう」、あるいはユーザーが欲しがる情報など提供していない癖に「特定のキーワード」で上位になりたいというわがままな方が増えている(企業含む)からだと感じています。


そのキーワードで上位表示したい理由はなんですか?


 企業にとって会社名での検索で1位になるのは特に難しい事ではありませんが、一般キーワードでの上位は簡単な話ではありません。


 そもそも、そのキーワードに特化した(かつ充実している)サイトが日々増えているわけで、そんな中、それらの一般キーワードの代名詞的な扱いを受けたいと思うなら、それなりの努力が必要だというわけです。


 このような事は冷静に考えればわかる話だと思うのですが、それでも「サイトに変更を加えずに上位にあげたい」というような意識の企業担当者がいるのは残念な話です。


 一般キーワードの場合、ユーザーはその会社の公式サイトを探しているのではなく、そのキーワードに関係する情報を知りたいわけです。企業サイトにそのキーワードに関する役に立つ情報があるのであれば別ですが、そうでなければ、そう感じてもらうような努力(=コンテンツの充実)が必要なのです。


 もっと身近な言葉で言えば、「Aと言えばあの会社だよね」と言われるくらいに認識されているなら別ですが、そうでなければ、もし上位に来てアクセスを増やしたとしても思った以上の効果が出るとは思えません。


 リスティング広告でランディングページを一律トップページにしている所もありますが、そういう所が予算だけかかって、効果がほとんど出ていないのと同じ理由です。


 「派手な病院」と言えば、「ああ、あの病院だ!」と言われるくらいになれば問題ないでしょう(ここは笑うところですw)。

伝説の病院サイト



SEOにはもっと高いレベルの合言葉を求めたい


 なんだかんだと言いながらも今後も「コンテンツが重要です」と言い続けますが、そうは言っても、もっと高いレベルの合言葉がSEOで語られるようになると良いなと思っています。


 当然の事を言わなくてはいけないような悪い状況になっているのが今の時代なわけですが、数年後はもっとハイレベルな戦いでの上位表示合戦が繰り広げられていると思います。


 質が悪いのは上位に来ないのは当たり前の時代になり、多くのサイトがユーザーを見据えてサイト運営をする時代です。


 間違えてもGoogleを意識するのではなく、あくまでユーザーを意識です。Googleはユーザーを意識しているわけですから、ユーザーを意識するという事はおのずとGoogleも意識している事になるのです。

意識するべきはユーザー



 とはいえ、こう言う事を書きますと、Googleの裏をつくのがSEOという方もおられるでしょう。それはそれで構わないと思いますが、私は商売としてクライアントにサービス提供するのであれば、やはり長く効果のある道を選びたいと思います。


 これは綺麗事でも何でもなく、クライアントのお手伝いをするものとして当たり前の考えだと思っています。



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!

posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEO






最近の記事