2012年08月28日

オール・ランディングページ時代を侮ってはいけない

 本日のテーマは「オール・ランディングページ時代を侮ってはいけない」です。


分かってはいるけど意識が弱いオール・ランディングページ時代


 今やGoogleはユーザーが求めるコンテンツを最短距離で出そうとしているのは言うまでもないわけです。


 以前はとりあえずトップページを検索結果に出してくるケースが多くありましたが、ユーザーが検索で使用する複合キーワードの割合の増加もあいまって、明確なユーザーのニーズが読み取れるようになり、いきなりコンテンツページが検索結果に表示されるという事は珍しい事ではなくなりました。


 特にブログで言えば、記事そのものに直接アクセスする事が多いのは言うまでもありませんが、通常のサイトでもコンテンツページがランディングページとなる可能性は、Googleの考え方からしても増えてきてもおかしくはないでしょう(但し、サイトにもよりますので、必ずしもとは言い切れません)。

着地点様々



トップページから来るのが当たり前と思っていたサイトの失敗例


 先日、セミナー講師でちょうどいろいろなサイトをチェックしていた時に見つけたのですが、そのサイトは致命的な状況を作っていました。


 トップページからユーザーは動くのだという考えでいけば全く問題のないサイトだったのですが、私が偶然検索で使ったキーワードでは、資料請求フォームに直接アクセスする結果になってしまったのです。


 ここまで読まれる限りでは全く問題がないと思われるかもしれませんが、そのフォームの作りが、ランディングページとしては大きな問題を抱えていました。


 その問題とは・・・


1.資料請求フォームのメインバナーのロゴにトップページへのリンクがはってない

2.資料請求ページに住所や電話番号などの情報を一切記載してない



 というものでした。さらに言えば、その資料請求フォームがどの会社のものかという固有名詞も入ってなかったため、それ単体では「どこの何のための資料請求フォーム」かがよく分からない状態でした。


 なぜこのような問題が起こったかと言えばサイトの作りにありました。トップページに別途アクセスした所、そのトップページにある資料請求バナーをクリックすると、新規ウインドウでフォームが立ち上がる仕組みだったわけです。


 つまり、トップから入ると考えれば、トップページが残ったままの状態で、そのフォームが表示されるわけですから、何ら問題がない状態だという事なわけです。


 しかし、今回、私が使用した検索ワードでは偶然にも、そのフォームがランディングページとして出てきたわけです。

サイト内一方通行



ランディングページの見直しを


 ランディングページはユーザーの検索ワードに依存しますので、どのページが検索結果の上位に出るか分からないわけですので、ランディングページの可能性のあるコンテンツの見直し(再確認)は早急にするべきだと思います。


 トップページからの道はきらびやかに着飾られているサイトは多くありますが、それ以外のコンテンツページは、トップページからの道の一つとして作られているケースというものは多いものです。


 特に今回、実際にあった問題のように、新規ウインドウで開くページなどの場合、大事なページであっても、ページ内に情報が不足している可能性は大きくあります。


 前回の「直帰率を数字だけでなぞってはいけない」ではありませんが、1ページだけで内容に納得して離脱してしまうユーザーがいる反面、より多くのコンテンツを見てもらう事で、貴方のサイトのファンになり、その結果としてリピーターになる可能性も大きくなってくるわけです(あくまできちんとしたコンテンツを作りこんでいる事が前提です)。


 そう考えますと、最低でも、各月においてランディングページとなったコンテンツページは、定期的に確認し、そこからアクセスしたユーザーに対して最低限必要な導線を確保しているかを確認するようにした方が良いでしょう。

どこが入口になるか分かりません



 私が最近思うのは、トップページから読んでいるという事を前提にして作っているが故に、内部コンテンツページからアクセスした方が理解できない用語がページ内に多く並んでいる事があるという事です。


 そういうものは、関連ページへの内部リンクをきちんとつけておく事で、ユーザーに余計な疑問を抱かせずに済みますし、また、ユーザーにとっても次に自分が進むべき道が分かりやすくなると思われます。


 是非、この機会に「人気ランディングページ」の再確認をしてみると良いでしょう。



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | LPO






最近の記事