2012年06月19日

広報が意識するべきSEOとは?

 本日のテーマは「広報が意識するべきSEOとは?」です。


何でもかんでもやろうとするのは間違え


 広報担当者だからと言って、SEOを完璧にモノにしてやろうとばかりに、最新情報を集め続ける…というのはやや問題があります。というよりも、おそらく無理に近い話だと思います。


 SEOを専門で行っている人間でさえ、完璧に最新事情を入手するのは簡単ではないのに、広報担当者がそれをやろうとすれば、ほぼ間違いなく、本来のやらなくてはいけない「広報活動」に影響が出てきます。それでは本末転倒ですね。

広報活動



 だからと言って、その逆に何も勉強しないというのになると、それはそれで勿体無いと言えます。


 例えば、文字をパソコンで入力する仕事の方がWordの全機能を知らないと仕事にならないわけではないのと一緒です。この例で言えば、仕事で使う機能、そして、仕事を最大限効率的に進める事のできる知識をプラスして覚えておけば十分なレベルと言えるわけです。


 あえて言うならば、使わない機能まで覚えないで良いと言う事ですね。


 私は以前、パソコンスクールで講師をしていましたが、全てのメニューを覚えようとする生徒さんには、こう伝えていました。


 「何がどこにあるかを覚える必要はありません。何ができるかを覚えて下さい。それさえ覚えていれば、その機能を使いたい時に探せば良いだけですから。」


 当時の私は、「我ながら良い事を言うな…」などと思っていましたが(冗談ですよ^^)、広報担当者におけるSEOも似たようなものだと感じています。


自分で出来る範囲と外注に任せる範囲を理解する


 では、広報担当はどこまでのSEO知識を持っていれば良いか?と申しますと、これは広報活動に支障がなければ、もちろん、どこまで覚えても構いません。最低限のレベルで言えば、例として以下のような事は知っておいた方が良いと思います。ちなみに下記はSEOのみに関連するものではなく、広報として意識しておいた方が良いWeb関連のものをいくつかピックアップしています(順不同)。


・サイト全体の構成(コンテンツ)はどういうものが好ましいか?

・各ページコンテンツのテキストの考え方など

・各ページのタイトルや見出しなど

・ユーザビリティへの配慮

・対象者ごとの動線への配慮

・アクセス解析の基本的見方

・好ましいフォームについて

・業界内共通用語(対象者が共通して検索に使うキーワード)

・関連・複合キーワードの洗い出し

・簡単なバナーの作成スキル

・更新時(コラムやニュースなど)の記事タイトルのつけ方

・モバイルユーザーへの配慮について

・スパム要素について



 きりがないので、ここで止めますが、上記のものについても、細かいテクニックというよりも、その考え方を知っておく方が何かと良いという事です。

考え方いろいろ



広報の本業はアイデアの具現化


 広報担当者は細かい知識を入れるというよりも、任せられるところは外部に任せて、サービス・商品をいかにして、最大限にあるがままに伝える事ができるか?という点を考える方が良いと思っています。


 商品については社内の人間以上に知っている人は通常はいません(マニアは別としまして)。ですので、その商品やサービスをどういう見せ方や視点で私たち消費者に伝えたら最も心に響くか?というアイデアを練る事に時間を割くべきかと思います。


 これはキャッチコピー一つとっても言える事ですね。言葉一つで大ヒットしているものは数え切れないほどあります。

アイデアの具現化



 Webサイトを上位にしたいという気持ちは分かりますが、上位にした所で、それを伝える手法が間違えている(最良ではない)場合には、効果はあがりません。


 先ほどあげた広報担当者が覚えておくと良い内容例というのは、その考えたアイデアを消費者に適切に伝えるのに役立つと思うものです。そして、コンバージョンを最大限あげるのにも役立つ知識とも言えます。


 商品のコラムを書いたとしても、そのタイトルが適当で、中身の想像が一切つかないものであれば、効果的ではありません。SEOについても、そして、訴求力的にも弱いのです。



 まとめますが、広報が覚えるべきSEOというのは、細かいプログラムではありません。専門的な事は専門家に任せて、通常の広報活動の際にも役立つような部分を覚えるのが良いと思います。


 キーワードの洗い出しや、タイトルの考え方、コンテンツの構成などは、広報活動全てにかかってきます。また、スパム要素について知っておいた方が良い理由は、悪いと知らずに、マイナス要因を作ってしまわないように知識として持っておくべきだからです。


 というわけで、広報担当者はあまりにマニアックになりすぎないように、全体を見つつ、覚えるべきは覚えるという立場が好ましいかと思います。



★コメントが当方のfacebookへ反映されず、そのため私が気づかず返信をつけない事がありますが他意はございません。



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | SEO






最近の記事