2011年12月13日

リニューアル時のリダイレクト忘れサイトの2ヵ月後データ

 今回のテーマは「リニューアル時のリダイレクト忘れサイトの2ヵ月後データ」です。2011年11月4日の記事「リダイレクトを忘れるとこんな結末」の続編となります。その後、このサイトはどうなったのか?をお届けいたします。


響くリダイレクト忘れ


 この記事を読まれる前にご紹介の前回記事のおさらいをしていただきたいのですが(別にPV増やしてどうこうなどという考えはありません)、B to Bの企業サイトで10月11日に完全リニューアルを実施という事だけは記載しておきます。


 また、今回の記事では同じキーワードでの推移を追わないと意味がありませんので、前回紹介した順番で推移グラフもご紹介いたします。


 まずは、一つ目の複合キーワードの動きです。

ある複合キーワードの動き1



 検索エンジンは前回の記事にもありますように、10/30に新規のURLで認識を開始し、今に至ります。しかし、残念ながら、ランク下降前は2位だったこのキーワードで、同じ位置につける事が出来ずに、本記事執筆時点では219位となっています。


 ランクが上がらない要因としては、今までのよりも中身は充実させているのですが、大事なキーワードの画像化など、SEO上は好ましくないリニューアルをしているのも原因かと思われます。


 「人」が見る限りは、分かりやすいものに変更されていますが、検索エンジンが見ると、大事な要素は画像になり、狙っているキーワードがテキストにほとんど存在せず、いわば、検索エンジンに伝わっていない状態となっています。そのいずれも大事な要素です。


変化が小さかったキーワードのその後


 今回の記事を書くにあたり、前回の記事を見直したのですが、それほど順位に影響がなかったキーワードでの動きに変化が出ていました。

ある複合キーワードの動き2



 Googleのアルゴリズムの凄さを感じるのですが、前回の記事で、このキーワードについては10/30時点で、トップページを認識し、そのお陰で、それほどの影響を受けていなかったと書きましたが、やはり、Googleはそんなに甘くなかったようです。


 このキーワードに合致するページはそもそも、他にありました。そして、それをGoogleが11/18に認識しました。

 11/17のこのキーワードのランクが16位、そして、認識したページが変わった11/18が55位と一気に落ちました。


 この部分をさらっと読むと、意味はないのですが、よく考えてみて下さい。本当はこのキーワードへの合致率が低いトップページでは上位にあって、中身が合致したページが下がったわけです。


 そして、もう一つ考えて欲しいのは、ドメインそのものは変わっていませんので、ルートドメインのURLそのものの評価は受け継がれていますが、新しく認識されたページは、新たに追加された(というか、設定された)URLですので、評価が引き継がれていません。リダイレクトをしていないわけですので。つまり、中身は合致していても、そのページ自体の評価がまだ低いものへ認識ページが以降したために起こっているわけです。


リニューアルで大事なのは評価の適切な引継ぎ


 さて、この記事を読まれて、どう思われたか分かりませんが、私の経験上では、頼まない限り、制作会社の方から細かくリダイレクトをしましょうか?と提案された事はありません(広報時代の話です)。


 私があたった制作会社が悪かったのかもしれませんが、少なくとも、すべてのHP制作会社が予算内で、見えない部分である「リダイレクト」を率先してやってくれる事はないと思っています。逆に言えば、制作会社の方はここをきちんと説明して、やってくれれば、ポイントは高い事になります(依頼主からすれば)。


 リニューアルはどうしても、見た目だけのイメージが変わるという事で、良くなる幻想を抱いてしまう方も多いようですが、実際には、やるべき事をやらなければ、結果が悪くなっても(記事の例のように)全くおかしくはないのです。



 ホームページはデザインを変える事で、効果があがるわけではありません。本当の意味で「育てていく」という気持ちが必要だと思って下さい。


 中身がよくなった(ように見えても)としても、リダイレクトをしないだけで、これだけのデメリットを抱える事があるという事です。


 SEOは見えない部分にもポイントが多くありますので、甘く見ないよう、お気をつけ下さい。



★コメントが当方のfacebookへ反映されず、そのため私が気づかず返信をつけない事がありますが他意はございません。



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はセルフSEOのSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

SEMアドバイザーの「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!


posted by SEMアドバイザー at 09:00 | SEO






最近の記事