2011年09月09日

私がSNSの連携をしないワケ

 今回のテーマは「私がSNSの連携をしないワケ」です。まず先に誤解がないようにお断りしておきますが、この記事では、こういう使い方はNGだとか、SNSの定義とはどういうものだとかって話はするつもりはありません。


 また、ここでの連携は全く同じ発言をそれぞれの場で全く同じように流す事であって、うまく連動させてそれぞれの魅力を高めている場合の事ではありません(これが最も理想的だと思っています)。


 この記事ではSNSを広い意味でいろんな人が繋がっているものとして紹介しています。具体的には、Twitter、facebook、Google+を例にして書かせて頂きますが、あくまで「私の利用上の考え方」です。


それぞれのサービスの性格について


 まず、最初にTwitter、facebook、Google+について、私がこういうイメージで捉えているものをご紹介致します。


 現時点で、私の利用割合はどれも同じくらい(ややTwitterが多い)だと思っています。facebookについてはfacebookページも利用していますので、それも含めての利用割合とお考え下さい。


★Twitterのイメージ

Twitterのイメージ



 かなり大雑把ですが、こんなイメージです。不特定多数の方の前でマイクもって話しかけているような感じですね。イラストでちょうど良いものがなかったので(探す努力を惜しみましたm(__)m)、このイラストはやや違うのですが、例えば、駅前などで演説をしているようなイメージです。


 私の声が聴こえても聴いていない人、立ち止まって聴いてくれる人、後からわざわざ何の話をしていたか聴きに来てくれる人、最初から聴く気持ちがない人、そういう人の前でマイクを持って話している感じです。


 何となく伝わるでしょうか?次にfacebookです。


★facebookのイメージ

facebookのイメージ



 他の方の利用法が同じとは限りませんが、私のイメージです。私はfacebookにつきましては、お会いした方のみの申請を受けていますので、リアルに知っている「知人」です。


 ですので、イメージは自ずと知っているもの同士の会話という感覚です。知人の会話であれば、タイミングがあったり、余裕があれば耳を貸してくれるでしょう。ですので、完全に知らない人ではない分、それぞれの人の会話に興味ももてますし、共通の話題も「コア」なものが出てきたりします。最初から好意を持っているもの同士と言えます。


 自分が発言した内容がシェアを通じて自分の知らない方(第三者)にも伝わるわけですが、第三者の方からしてみれば、直接その話を聞いたのはやはり「知人から」となりますので、この辺がリアルの知り合いを介した情報伝達に似ていると思います(あくまでfacebook本来の使い方をしているという前提です)。


★Google+

Google+のイメージ



 私の中ではTwitterとfacebookの中間的な感覚です(物凄く大雑把です^^;)。使い始めてからの利用頻度は少なくはないですが、まだそれ以上のイメージはありません。後発だけあって、使いやすいのは確かです。


 Twitter以上のつながりではありますが、個人的にはfacebookほどの絆が出来るとは思いません。ただ、適度に人が見える心地よいつながりを求めるならば(基本は実名登録なので)、宣伝目的とかどうとかというのは関係なく、これが一番しっくり来るという方もいるでしょう。


 とはいえ、これもサークルに追加する人数が多くなればなるほど、Twitter寄りになる気がします。


 なお、どれを使うにしても、同じように数だけを求めてフォローしまくれば、どれも同じようなレベルの満足感しか得られないと思います。


SNSの連携をしない理由


 では、本題です。私が連携をしないわけについて触れてみたいと思います。実際には、作業的なもので言えば、連携ほど楽な事はなく、それで全てを済ませたいと思った事もありますが、よくよく考えれば、私の中では連携はしない方が良いかな?と思ったわけです。


 ここで例を挙げてみましょう。


 例えば、皆さんは多くの人が居る場所で話すものと、知人の前だけで話すものと、同じテーマであったとして、完全に同じになるものでしょうか?


 おそらく違うと思うのですね。例えば、大勢の前であれば、ある程度、意識して言葉を選ぶ(嘘をつくという事ではなく)事も多いと思うのですが(最近は選ばずに大変な目にあう方も多いですけど・・・)、知人の場合には、より本音に近い言葉が出るのではないか?と私は思うのです(他の方は知りません)。


 これは別にTwitterだと建前ばかりで嘘を言っているというのではなく、知らない人が聞いている事を意識して、発言にある程度気を使っている(無意識に)という事です。


 例えば、親友との会話であれば、お互いの性格も知っているわけですから、それを土台にした会話が出来ますし、双方とも気楽に話が出来るわけです。


 先日、Twitter上で@togawa1110さんがこのようにツイートしていました。

冨川さんのツイート



 私もまさしくこの意見と同じで、話している対象が違う以上、全てにおいて連携するのは、ちょっと無理があるかな?と考えて全てを別々に書き込んでいます。


 いくらデジタル世界とはいえ、全てを同じ内容で「表現」するなら、別にそれぞれをフォローする必要もないわけだと思っています。


でも、連携している人を否定してません


 とりあえず、今回の記事はあくまで私はこう考えているので連携はしないってだけなのですが、連携をするのが悪いとも思っていません。


 例えば、全ての人がそれぞれのサービスを利用しているわけではありません。そのため、同じ情報であっても、ユーザーによっては重要な場合があるわけです。


 ですので、情報発信をする側のスタンスやその情報を聞きたいと思っているユーザーの状況も踏まえて活用すれば良いかなと思っているわけです。


 私のような個人が全てを連携させて同じ情報を流しても、そもそも同じような(大きくは変わらない)つながりしかないわけですから、それもどうかな?と思った次第です。個人なのに、そこまで機械的にする事もないかな?という事ですね。


 いろいろなものが連携できるというのはとても便利な事だと思います。しかし、向こう側にいる見えない相手は私がよく言うように、アナログな方心をもった方です。


 人とのコミュニケーションとして考えれば、その場にあった会話をした方が、話す側にしても、そして聴く側にしても興味をそそられるのではないでしょうか?



 なお、私自身は仕事の立場上それぞれを使っていますが、通常はそんなに多くのものに手を出す必要はないと思っていますし、実際にはこれだけのもの全てでまともにコミュニケーションを取るというのは難しいと考えています。


 また、どれが良いとかお勧めというよりも、自分の使い方や性格にあったものを、匿名にせよ、実名にせよ良い意味で選択して使えば良いのではと思っています。




 ・・・と、いろいろ真面目に書いておりますが、迷惑かけないで楽しんでやれば何でもOK!って思っています。


 ひどいまとめ方で申しわけありませんm(__)m


 記事中のツイートを紹介させて頂いた兎川さんのブログ「東京WEB迷子」は、ためになり、かつオチが素晴らしい個性的なSEOブログです。(トガワさんはいつも読みは同じですが、漢字表記が変わる方です^^)。是非、ご覧下さい^^


 ※本記事は9月6日に予約投稿した記事です。




★コメントが当方のfacebookへ反映されず、そのため私が気づかず返信をつけない事がありますが他意はございません。



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はセルフSEOのSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

SEMアドバイザーの「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | SMO






最近の記事