2011年05月09日

狙ったキーワードでコンバージョンが取れていないという事

 今回のテーマは「狙ったキーワードでコンバージョンが取れていないという事」です。


アクセスはある、順位も1位、でも・・・


 複数のサイトを運営していると、「アクセスはあるし、順位も1位だけど、コンバージョンはさっぱり」という経験がある方もいるかもしれません。

アクセスはあるけどコンバージョンは上がらない



 順位は1位だけどアクセスがない場合には、そのキーワードにニーズがないという事になるわけですが、「順位は1位でかつアクセスもある」となると、また意味が変わってきます。


 考えられる問題点は何かと言いますと、一例を挙げてみます。


・対象キーワードが大きすぎて(大分類すぎて)、その先にあるニーズをサイトが読みきれていない

・キーワードから期待される内容がサイトにない

・ユーザビリティ、その他デザイン面での問題



 3つほど例をあげさせて頂きましたが、いずれか当てはまるものはあるでしょうか?一つずつ考えてみましょう。


キーワードが大きすぎて、その先にあるニーズをサイトが読みきれていない


 これはビッグキーワードの場合に多くある事なのですが、SEOで狙っているキーワードが大分類すぎてそのキーワードでアクセスしているユーザーの真意を捉え切れていないサイト構成の際に起こりがちです。


 いわゆる購買意欲なりの目的意識が強いユーザーの場合には、ビッグキーワードに続くサブキーワードというものが、検索キーワードに含まれていなかったとしても意識の中に存在するものです。


 例えば、私がよく使うサンプルキーワードの「英会話」(これこそまさにその典型ですが^^;)などで検索するユーザーがいても、その先に潜むキーワードによって意味は全く変わってしまうわけです。


 英会話の求人なのか、教材なのか、学校なのか、学習法なのか、ジョークなのか・・・という様々なニーズに対し、大雑把なキーワードでSEOを仕掛けているため、コンバージョンに結びつきにくくなるわけです。

ビッグキーワード



キーワードから期待される内容がサイトにない


 このパターンはいわゆるコンテンツ不足、内容レベルが低いなどが原因として挙げられます。つまり、サイトの質が期待以下であるという事に他なりません。


 現在のユーザーはインターネットで「比較する事が前提」と考えられるため、アクセスしてもらえれば何とかなるという時代ではありません。そのため、他サイトとの比較により、その内容レベルが著しく低いなどの場合には、コンバージョンに結びつく確率が低くなります。


ユーザビリティ、その他デザイン面での問題


 これはそもそも論なのですが、サイトの中身がどんなに濃くても、ユーザビリティが悪く使い勝手に難があると、離脱してしまいかねないという事です。


 あるいは必ずしも必要ではない自己満足的なフラッシュ(困った事にコストもかかっている)ムービーで、離脱へ導いてしまう事もあるわけです(全てのフラッシュではなく、あくまで自己満足なフラッシュです)。


 コンテンツが濃すぎて、探し物が見つからないなどの場合も、効果は落ちてしまいます。どうしてもサイトに入れるコンテンツを充実させたい場合には、コンテンツごとの優先度を考え、その上でデザインを組むようにすると良いでしょう。


 トップページから全てのページへの道を必ずしもつける必要はありません。重要度(人気度)に応じて、どこから道筋をつけるかを良く考える事も重要です。

ユーザビリティが極端に悪い




 SEOでは多くのキーワードを狙うわけですが、必ずしも、狙ったキーワードでの1位表示がコンバージョンに結びつくわけではありません。コストをかけた分以上のリターンがない事は良くあることです。


 SEO施策の対象となるキーワードの精査は、サイト運営において、必須とも言えますので、「とにかくビッグキーワード」という考えではなく、必要なキーワードでの上位表示を目指しましょう。






◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はセルフSEOのSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。
◆公式facebookページ「SEMアドバイザーの揺さBrain!マニアック」でも様々なヒントを提供中!
マーケティングを鍛える疑問意識力で現実的なお題に挑戦!

posted by SEMアドバイザー at 09:00 | SEO






最近の記事