2011年04月18日

アウトプットは作ってでもするのが吉

 今回のテーマは「アウトプットは作ってでもするのが吉」です。


どの世界でもアウトプットなくして語れない


 通常、インプットというのは誰しも普段からやっていると思います。SEOの世界で言えば、日々、アップされる有用な情報を読み、それを自分の中に知識として取り入れることなどをはじめとして、ビジネス書などを読み漁るなどもインプットの典型例でしょう。


 インプットの形は様々で、例えば、意識してインプットを目的とするもの以外にも、街で偶然に見かけるものなども、人により多くの情報をもたらしてくれるものです。

毎日インプット



 例えば、ティッシュを配っている風景を見て、「いつもの光景」と考えるか「気がつかない」か「自分ならこう配る」と考えるか、はたまた、「こんなティッシュなら貰いたい」と考えるかは、自分がどの立場で考えるかで大きく変わってきます(これは物凄く重要な事だと思いませんか?)。


SEO関係でのアウトプットは?


 SEO関係のアウトプットと言えば、最も多いものが、ブログなどでの情報発信です。もちろんTwitterなどでの情報発信もあるとは思いますが、140字での情報発信とブログでの情報発信とでは、かける時間も労力もかわってきます。


 かたや思いついた事をそのまま書くのに対し、推敲が必要なブログではアウトプットとしての比較をするのは難しいでしょう。Twitterだけをやっていると、文章の能力が下がってしまうという事で、ブログに回帰する方もいるようです。とはいえ、Twitterが悪いというわけではありません。これはこれで140字(短い文章)で相手に伝える能力というのが必要になってきます。


 その他、SEO業界に関係なく、セミナー講師などをやる事もアウトプットの一つです。同じSEOセミナーと言いましても、担当される方によって、その表現の仕方は大きく異なって面白いものです(私の場合は、パワーポイントは使わず、リアルタイムに検索結果を出しつつ行なう形式が多いです)。


アウトプットをする事でインプットに意味が出てくる


 これは経験をすればはっきりと分かるのですが、どんな情報でも、インプットをしただけでは、それほど効果がないと私は思っています。SEOで言えば、あるテクニックに関する情報を「文字」として読んだとしても、それをクライアントに説得力を含めて話が出来るかは、経験がモノと言うと思っています。


 さらに言えば、それを伝える機会さえもなければ、その情報は忘れてしまう可能性も高くなります。情報は話題になる(自分の中で意識して語られる)シーンがなければ、過去のものになってしまいがちです。

アウトプットしたいけど



 アウトプットとインプットはまさに表裏一体のようなもので、両方が上手にリンクする事で、最も効果が高くなると思われます。


アウトプットの機会がない人はどうするか?


 そうは言いましても、「アウトプット」する機会がない!という方もいると思います。そういう私もブログで書いていない部分(書けない部分)については、自分の気持ちの中だけでしまっておいても、ほとんど意味がなくなってしまいます。


 そのため、日々のメールマガジン(クライアント向け)、そしてほぼ2ヶ月に1回配布していますクライアント向けの追加テキスト(テーマは毎回異なります)で思い切りアウトプットをするようにしています。

テキスト



 アウトプットをすると意識をする事で、インプットした情報だけでは全く足りない事に気づきます。人に伝えるために、さらに細かい検証や分析が必要になってくることもありますし、また、さらに古い出来事を思い出さなくてはいけないケースもあります。


 少なくとも、アウトプットをすると決めた場合には、インプットされた情報に加えてその何倍かのインプットをしなくては、良い意味でのアウトプットが出来ない事に気づきます。


 そういう機会がない方は、どんな形であれ、やろうと思えば出来るものです。伝える相手がいなければ、自分の覚書としてまとめておいても良いでしょう。


 そのまとめ方によっては、プレゼン資料の作り方の実践的学びにもつながります。少なくとも、インプットだけで過ごす場合の何倍もの気づきを得ることができるでしょう。


インプットの質はアウトプットで決まる


 自分が取り入れた情報は、どのように解釈して外に向けて発信するかで、その情報の価値は変わってきます。どのような情報でも、取り入れたままでは、価値はそれほど向上しません。


 例えば、野菜を買ってきてそのまま生で食べる方が、いろいろな調理法を使って、様々な料理を作る場合を考えれば分かりやすいでしょう。


・生で食べる=インプットのままの情報

・加工して食べる=様々な形にアウトプットされた情報



 と、なるわけです。様々な調理法をするには、さらにいろいろな情報を集めなければ、そもそも作る事はできませんね。

野菜のアウトプット



 
意識してアウトプットを心がける事で、インプットされた情報は何倍もの価値を帯びる事につながるわけです。



 例えば、商売でもお客様の声を聴く事で(インプット)、より求められているサービスを提供できる(アウトプット)のです。



 私が2ヶ月に一冊のテキストを配布するのは、何よりも、楽しく、そして自分のためにもつながっています。そして、何よりもクライアントにも喜ばれるという事で良いことづくめなのです。






◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。
◆公式facebookページ「SEMアドバイザーの揺さBrain!マニアック」でも様々なヒントを提供中!
マーケティングを鍛える疑問意識力で現実的なお題に挑戦!

posted by SEMアドバイザー at 09:00 | マーケティング






最近の記事