2011年03月14日

今、自分に出来ること

 2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。


 地震発生以来、いろいろなニュースや意見を見て感じることがありました。


 そして、今、思う事は自分に何ができるだろうか?という事です。


 おそらく、被災地にいない人の多くが、自分に何が出来るだろう?と自問自答しているのではないでしょうか?


私達に出来る事(やるべき事)は何か?




・出来る限り、正しい情報を流すように心がける(大事な情報は公式RTで流す)。

・イライラしない。関わる全ての人はみんな、一生懸命努力しているのです。

・小さい事でもやれる事は協力する(例えば、自分一人の節電なんて効果はないと思わないで下さい。一人ひとりの節電は大きな意味を持ちます)。

・好意の意見に対し、深読み・揚げ足取りをしない。

・ガセネタを意図的に流さない。

・経済活動を止めない(これは大事です)。



 多くのイベントが休止されていますが、実際には被災地ではない場所のイベントを中止しても仕方ないと思っています(節電時間帯の開催については、一箇所に人が集まる事で節電になるのであれば、それもありなのではと思っています)。そして、イベントを「チャリティイベント」に変えて開催し、募金を募ってはいかがでしょうか(既にT.M.Revolutionの西川さんがそのような声かけをされているようです)?


人それぞれに出来る事がある



 人にはそれぞれ可能な支援の形というのがあると思っています。今、日本にいる誰もが元気をなくしてはかえって問題だと思っています。物質的なもの以外でもサポートは出来ると思っています。


・歌を届ける事が出来る人は歌を。

・募金の余裕がある人は募金を。

・節電できる方は可能な限り節電を(★節電ポスター)。

・イラストを描く事が出来る方はイラストを。

・情報を適切に届ける事が出来る方は情報を。

・言葉で人を奮い立たせる事が出来る人は言葉を。




 そして、私からの個人的な願い。こういう時に、「偽善だ」「売名好意だ」という言葉を使うのはやめませんか?本人(あるいは会社)にその気はなくても、偽善と言われたら、それこそ、そう思っていない方々もそれを聞いて、積極的なサポートに対し萎縮してしまうかもしれないという事を忘れないで欲しいのです。特に影響力のある方は、ネガティブな意見を言うのは自由ではありますが(言論統制をするつもりはありません)、「少なくとも今は」少し控えて欲しいと思っています。


 それに、結果的に売名行為になったとしても構わないと思いませんか?多くの方への支援がされるのであれば、何の問題があるのでしょうか?その後の企業への判断は各個人がすれば良いだけの話です。



 誰もが同じ性格ではないのです。


 個人には出来なくても、名前が売れている企業だからこそ出来る支援というのがあるわけです。


 一人ひとりが自分に出来る支援を、自分の意思に従ってやれば良いと思います。


沢山の方に感謝

 そして、世界の多くの方の祈りにも感謝したいと思います。日本は世界中から応援してもらっているのです。中にいる当事者の私達は、少しでもその声にこたえるべく、頑張りましょう!世界の方々の支援・メッセージに本当に涙が止まりません。


 ★【prayforjapan】世界から届いた日本への祈り




 私自身、出来る事は限られていますが、出来る限り、継続的なサポートをしていきたいと思っています。


 そして、以下のページに大きな勇気を私も頂きました。感謝いたします。


 ★がんがれ日本!

 ★日本人のモラルに世界が驚く

 ★日本を称える世界の声(東日本大震災を受けて)



 まだ、余震も続き、安心できる状況ではありません。皆さん、くれぐれもお気をつけ下さい。







◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。
◆公式facebookページ「SEMアドバイザーの揺さBrain!マニアック」でも様々なヒントを提供中!
マーケティングを鍛える疑問意識力で現実的なお題に挑戦!
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | 全般






最近の記事