2011年03月04日

Googleワンダーホイール活用法

 本日のテーマは「Googleワンダーホイール活用法」です。


ワンダーホイールとは?


 このブログを読まれている方でGoogleのワンダーホイールを知らない方はほとんどいらっしゃらないと思いますが、簡単にワンダーホイールとは何かを紹介させて頂きます。Googleのヘルプを見ると、以下のように書かれています。

関連する検索と入力した検索キーワードの関係をインタラクティブな図で視覚的に表示します。図のそれぞれのノードをクリックすると、検索が分岐して展開していきます。


 多くの情報を得ることは出来ないのですが、情報が少ないがゆえに、私個人は結構利用しています。キーワードツールなどのように表で沢山のキーワードの組み合わせを一覧で見る場合に比べ、限定されたキーワードが視覚的に表示されるため、例えばブログなどのネタ探しなどでは特に有効なツールだと言えます。


ワンダーホイールの使い方基礎


 普通に検索するとサイドバーに出てきますが、表示されない場合には一番下の「もっとツールを見る」(下記画像では表示されていません)をクリックすると、表示されます。

ワンダーホイールのメニュー



 このサンプルの「英会話」キーワードの場合、ワンダーホイールは下記のように表示されます(記事執筆時点)。

英会話でのワンダーホイール結果


 さらに、この中から「英会話 比較」をクリックすると、以下のようにさらなる検索候補が出てきます。

「英会話 比較」でのワンダーホイール結果



ワンダーホイール活用法


 ここまでですと、ワンダーホイールの通常のマニュアルになってしまいますので、活用法(気楽に使える利用法)として、私は以下のような使い方をしています。私の場合、実験ブログ(全て別ジャンル)を複数運営していますが、どうしても記事を書く時にネタに困る事があります。


 そう言った時に私がこのワンダーホイールを使ってネタ探しをしている手法が以下の方法です。


1.記事を書くブログの直近数日の検索キーワードをチェックする。
→検索に使用されているという事は、そのキーワードでSEO上、強い可能性が少なくともあるため。

2.そのキーワードをワンダーホイールで検索する。
→この例では「英会話 比較」がそのキーワードだったとします。

3.ワンダーホイールで表示されたキーワードの中から、まだ自分が記事に書いていない組み合わせについての記事を書くようにする。
→少なくともニーズが今後もある可能性が強いため。


 簡単ではありますが、直近の検索キーワードであるというのは、もしかすると、どこかでその関連のキーワードが露出している可能性もあるため(ネットのクチコミやテレビなどの媒体)、さらなる将来の見込みユーザーを獲得するために、そのキーワード関連の人気の候補の記事をおさえるのが目的です。


 これを繰り返していくと、検索されるキーワードの後追いではあるのですが、後日、また話題となった時に役立つ場合も出てきます(キーワードによっては周期的に検索されるキーワードというものもありますので)。そして何より、ユーザーが検索するキーワードを元にして記事を追加していきますので、ある程度のボリュームとなれば、ブログそのものの力も強くなっていきます。


 但し、記事を書く際には、あくまでオリジナルにしなくてはいけません。自分が選択したキーワードで検索をして、そこで出てきた記事をコピーなどしていては、それこそ、今後のGoogleで検索結果の候補として上位に来る事はありえません。


 ただ、検索をするというアクションは必要です。その選択したキーワードで上位にあるサイトよりも、さらに詳しい情報を目標にして記事を書けば良いだけです。


 その中で、選択しなかったワンダーホイールの候補キーワードで利用できそうなものがあれば、自然な流れの中で使用するようにします。


 キーワードツールなどを利用して、細かくキーワードをチェックする事ができるのであれば、それに越した事はありませんが、時間的な問題などがある場合には、このような使い方も良いと思います。


 大事なのは、ユーザーが求めているキーワードについて、オリジナルの記事を書く事です。適当にテーマを選ぶくらいであれば、実際に自分のサイト(ブログ)に使われたキーワードを元に、派生させていくと良い結果につながる可能性が高くなります。





◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。
◆公式facebookページ「SEMアドバイザーの揺さBrain!マニアック」でも様々なヒントを提供中!
マーケティングを鍛える疑問意識力で現実的なお題に挑戦!
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | SEO






最近の記事