2011年03月03日

SEOでは全てのキーワードをカバーできない

 今回のテーマは「SEOでは全てのキーワードをカバーできない」です。


SEOのカバーできる範囲には限界がある


 SEOで効果があるとされる基本形は「1ページ1テーマ」です。言うまでもなく、1つのページに異なるテーマ(特に異なるテーマのビッグキーワードのコラボレーションはNGです)を入れるとSEOとしても効果を発揮しにくいのは言うまでもありません。

ビッグキーワードのコラボ



 但し、それ以上に考えないといけないのはユーザーの視点ですね。同じページに様々なテーマについて触れている場合、ユーザーから見ても、何を伝えたいページか分かりにくくなってしまい、結果として離脱というアクションを取るかもしれないわけです。


 そういう事も含め、どんなにページを量産しても、SEOでカバーできる範囲というものには限界があります。そもそも量産するようでは、Wikiでもない限り全てのページがユーザーにとって有益なレベルにはならないでしょう。


 現在はSEOだけに頼るのではなく、様々な媒体を検討し、それらをあわせる事でより多くのキーワードをカバーするのが得策だと考えます。


それぞれの媒体には役割や得意分野がある


 より多くのキーワードをカバーするという意味では、リスティング広告にSEOが勝つことはできません。例え、リスティング広告で設定したキーワードと同じものをサイト内コンテンツに入れ込んだとしても、その全てのキーワード(潜在キーワードも含め)で「ユーザーの目に触れる順位」に入るというのは無理と言えるでしょう。

いつも1位



 そういう意味ではリスティング広告の併用というのは、いわゆる守備範囲が格段に広くなるため、予算面で余裕があれば積極的に利用をするべきです。


アフィリエイトも使い方次第


 さて、なるべく多くのキーワードをカバーするという意味では、アフィリエイトも使い勝手が良いと言えます。


 自社が広告主であると仮定した場合、提携パートナーは報酬目的ではありますが(アフィリエイトなので当たり前ですね)、積極的にブログなどで宣伝をしてくれます(但し、全てが常識の範囲内での宣伝かどうかは何とも言えません)。


 そして、アフィリエイターで本格的な方は、自分のアフィリエイトサイトに誘導するために、リスティング広告を出す方もいます。それこそ、かなりオーバーな表現をしているケースもありますが、提携パートナーが自発的にリスティング枠に自社関連の情報を表示してくれるというのは、クリックされないとしても、ユーザーの潜在意識に記憶として埋め込むのに効果があります


 つまり、自然検索の表示位置という事を絶対条件と考えなければ、ここでも様々なキーワード(提携アフィリエイターの設定したキーワード)がカバーされる事になります。


多くのキーワードをカバーする意味


 SEOでは過剰にキーワードを詰め込んでも、効果が倍増するわけではありません。適切な関連性や自然な文章の流れなどがあって、はじめて意味をなします(もちろんそれだけではありません^^)。


 今回の記事で伝えたいのは、SEOだけで守備をするのではなく、最終目的からどんな媒体が自社サイトへの誘導に向いているかを考えて欲しいという事なのです。

カバー範囲



 SEOの目的の第一は順位をあげる事ですが、そもそも順位を上げるのはアクセスを増やすためです。そして、その先のコンバージョンを増やすためとなるわけです。

 
 最終目的で言えば、SEOだろうがリスティング広告だろうが同じと言えます。


 その橋渡しをするのがキーワードなわけですが、実際には、検索とは関係ないところでも、特定キーワードとサイトを関連つけてもらう事は不可能ではありません。


 Twitterなどでつぶやく内容一つとっても、企業イメージ、ひいては企業を表すキーワードとして認識されたりします。例えば、「おそれいりこだし」と聞いて(あくまで例ですよ!)思い当たる会社があるはずです(知らない方はそれこそ検索!というか、書籍でているんですね^^;)。


 完全に自社に関連するキーワードを検索エンジン上でおさえる事は難しい話ではありますが、検索という範疇を超えて考えることで、より多くのキーワードや潜在的な思いをカバーする事が出来るはずです。


 SEOは万能ではありません。それ以外の媒体も、メリットもデメリットもあります。それらをどう使うかが、今求められている事であり、また中小企業でも戦う事が出来る場所なのです。


 本当に言いたい事は(物凄く回りまわっての考えで申しわけありませんが)、SEOは頼んでいるから安心などと思わずに、いろいろと考えましょうね!という事だったりします・・・。





◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。
◆公式facebookページ「SEMアドバイザーの揺さBrain!マニアック」でも様々なヒントを提供中!
マーケティングを鍛える疑問意識力で現実的なお題に挑戦!
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | SEO






最近の記事