2010年08月13日

SEOの考え方を転校生の例でご紹介〜完結編

 ようやく、山下五郎君シリーズの完結編です。完結も何も、着地点が実はないのですが、金曜日という事で、とりあえず完結させます。

 
 本日は一昨昨日(さきおととい)の記事「SEOの考え方を転校生の例でご紹介〜その1」の続編である「SEOの考え方を転校生の例でご紹介〜その2」の続編である「SEOの考え方を転校生の例でご紹介〜その3」の完結編(しつこいですが、これで最後です^^;)です。



**********************************



 昨日の「SEOの考え方を転校生の例でご紹介〜その3」で無理やりなプロフィールを作成した山下君ですが、ついに!行くところまで行ってしまいました。


「生徒会長立候補!」


生徒会長へ立候補



 まだ、認知度も低いのに、学校全体の生徒会長に立候補した山下君は、あらゆる学年の出会った方に、自分の宣伝をしてもらうことにしました。


 ある時は、チラシ作りをお願いし、自分に清き一票をいれてもらおうと必死でした。


 しかし、なかなかお願いするだけでは、他の方も協力するわけもなく、生徒会長への道のりは難航したのです。

お願いばかりではうまくいかない



 山下君はそこではっと気付きました。


 「お願いばかりしているからいけないんだ!本当にみんなの役に立つような事をしよう!」


 心を入れ替えた山下君は、学校のいろいろな所で、積極的に困っている方の手助けをしはじめました。既にその時の山下君には生徒会長という目的が別の形として見え始めていました。

手助け



 人に喜んでもらえる嬉しさを感じていたのです。




 さて、完結編と言う事もあり、山下君を素敵にしておきましたが、これも検索エンジン、というかWebではとても大切な視点です。


 昔と違い、現在のWebでのあり方には「Give & Take」の考えは重要になっていると感じます。


 例えば、Twitterを例にとります(SEOから離れて来ていますが気にしないで下さい^^;)。自分の会社のことを「宣伝してくれ〜」と言う会社に限って、ユーザーとのコミュニケーションが一方的であるものを最近よく見かけます。


 しかし、ここ最近のTwitterを見ていて忘れてはいけない点は、Twitterの向こう側には感情を持った人がいるという事なのです(bot除く)。

Twitterの向こうには人がいる



 例えば数万人のフォロワーがいても、Twitterの向こう側にいる「ユーザー」を意識していない会社は、無条件に「そのフォロワー数に比例した」サポートを受けることはできません(Twitter開始前から根強いサポーターがある会社は別です)。


 そういう意味では、今回の山下君の話では、自分本位の考えから、本当の意味で人の役に立つ「give」の考えが芽生えたわけです。


 形だけを取り繕っても、そこには意味はなく、本当の意味での信頼を受けることはできないのです。


 SEOは本来、検索エンジン最適化のテクニックに他なりません。しかし、アクセスのきっかけとなっているものが、Twitterを含めたソーシャルメディアに移行してきている現在、人間本来が持つ「人とのやりとり」を忘れては、うまくいかない時代だと感じます。


 積極的にユーザーとコミュニケーションをとっている例としては「貝印」の「カイタッチプロジェクト」が有名ですね。


 これは貝印の製品についてつづっているブログを経営企画室のメンバーが自発的に探して、コメントを残すプロジェクトです。


 現在は開始当初から、プロジェクトも進化してきましたので、参考までに最新情報を上記リンクから確認してみると良いでしょう。揺さぶられるはずです。



 完結編は物凄く真面目な展開の話となってしまいましたが、今後はより一層「take派」の方には厳しい時代になると思っています。


 デジタルが進化しているからこそ、原点に戻ったアナログな視点が意味を持ってくると思っています。




 さて、山下君が無事に生徒会長になれたのかは、皆さんのご想像にお任せします。


 え?タイトルと話が今回はずれまくりだよって?深いことは気にしないのが、ストレスに強い人間を生みますよ^^。夏休み時期なので、何でもアリです!


 <山下五郎物語〜シーズン1完結>



*万が一、この記事に貝印からコメントがあったら、物凄く驚きますが、流石に、商品を紹介しているわけではないので、来ないでしょうね。来たら、速攻でTwitterでつぶやきます!



 ◆コンサルタントのご相談は自分でやるSEOを支援するSEMアドバイザーまで。月額定額サポートのため、安心です。
マーケティング力を鍛える
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | Comment(12) | 山下五郎
この記事へのコメント
はじめまして。家庭教師のサイトをやっているものです。
ツイッターやブログを工夫もなくやっていても何の意味もないばかりかかえってマイナスになるような時代がもう来ているのでしょうね。
私はSEO素人なのですが転校生を題材にユニークな記事で大変勉強になりました。要は自サイトを他と差別化してどうプロデュースしていくかですね。
Posted by 家庭教師のいろは at 2010年08月14日 01:26
家庭教師のいろはさん、コメントありがとうございます。

世の中のほとんどの仕事は競合がありますので、本当の意味での独自性を、どうユーザーに理解してもらうかが大事だと私は思っています。

伝えるという事は簡単なようで難しいと私も日々感じています。
Posted by SEMアドバイザー亀田 at 2010年08月14日 09:30
アドバイザー亀田さん コメントの返信ありがとうございます。
独自性だからこそマニュアルはあってないようなものですよね。
そういったときは他のジャンルで活躍されている方から何かしら参考になる部分が多いと感じています。
これからもブログを見させていただきます。
Posted by 家庭教師のいろは at 2010年08月14日 12:38
少しでも参考になれば幸いです。
Posted by SEMアドバイザー亀田 at 2010年08月14日 17:45
大変わかり易い記事を有難うございます。

実はお取引先様より、いろいろとSEOに関して質問を受けており、「SEO = 特効薬」みたいな考え方をする人が多く、どこかで聞きかじったテクニックに走り、肝心なコンテンツの中身を置き去りにする方が多くて困っています。

宜しければ、私たちのSNS(お取引先様だけの会員制です)こちらの記事を転載させていただきたく存じます。

どの様な連絡方法がございますか?

よろしくお願いいたします。
Posted by フランスベッド at 2010年08月21日 11:42
フランスベッドさん、コメントありがとうございます。

記事の最後に公式サイトへのリンクを用意しておりますので、そちらのページの問い合わせより、詳細をお知らせ下さい。
Posted by SEMアドバイザー亀田 at 2010年08月21日 12:12
すごくはなしが下手ですね
SEOと転校生 例えがなってないでしょ
関係ないもの
何のことやらさっぱりわかりません
読んで損した
まずは140文字でまとめてみたら
Posted by 楽天嫌い at 2010年09月02日 04:16
楽天嫌いさんコメントありがとうございます。

140字でまとめる練習を頑張ります。
Posted by SEMアドバイザー at 2010年09月02日 08:14
亀田さん、こんにちは。
カイタッチ・プロジェクト!担当者のえんどうと申します。
おうかがいするまでに、かなりのお時間をいただいてしまい、大変申し訳ございません。。

弊社のカイタッチ・プロジェクト!をご紹介いただきまして、誠にありがとうございます。
SEOのご説明の中にまさか弊社の事例を登場させていただけるとは…恐縮です。

ご紹介いただいておりますとおり、当初3名でスタートしたこの活動も、今では様々な部署の担当者が参加しております。
これも、ひとえに弊社の商品をお使いいただいているお客さまや、亀田さんのように、カイタッチ・プロジェクト!をご紹介いただいているお客さまがいらっしゃるからこそ、と思っております。
改めまして、誠にありがとうございます。

このようにカイタッチをさせていただいていて思うのですが、たとえ交流させていただく場がインターネット上だとしても、向き合っているのはどちらも人間であること、これは絶対に心に留めておかなければならないことですよね。

亀田さんの記事を拝見して、改めて忘れないようにしなければ、と思いました!

それでは、今後とも、どうぞ貝印そしてカイタッチ・プロジェクト!をよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

※弊社サイトよりリンクをさせていただきますが、不都合などおありでしたら、ご連絡ください。
Posted by えんどう(カイタッチ・プロジェクト!) at 2010年09月09日 18:09
カイタッチ・プロジェクト!えんどう様、コメントありがとうございます!

まさか、本当に私のブログにカイタッチしてくれるとは思いもしませんでしたので、本当に驚きました。

カイタッチ・プロジェクト!はデジタルな時代にある種の警鐘を鳴らしてくれていると感じます。

ネットの時代だからこその心温まるプロジェクトを今後も応援しております。

リンクについては、もちろん不都合などありません。ありがとうございます。
Posted by SEMアドバイザー亀田 at 2010年09月09日 20:10
亀田さん、こんにちは。
カイタッチ・プロジェクト!担当者のえんどうです。
こちらからのお礼のカイタッチ!が遅かったのにも関わらず、ご丁寧にご返信いただきまして、また、ありがたいお言葉まで頂戴し、誠に恐縮でございます。。
亀田さんのあたたかいご支援に恥じぬよう、今後も心からののカイタッチ!を続けてまいりたいと思います。
ありがとうございました!
Posted by えんどう(カイタッチ・プロジェクト!) at 2010年09月10日 09:09
カイタッチ・プロジェクト!えんどう様、再びのコメントありがとうございます!

カイタッチが遅かったなどとは全く思っていません。

私もカイタッチ!を見習いたいと思います。
Posted by SEMアドバイザー亀田 at 2010年09月10日 09:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。






最近の記事