2010年08月11日

SEOの考え方を転校生の例でご紹介〜その2

 本日は、昨日の記事「SEOの考え方を転校生の例でご紹介〜その1」の続編です。



**********************************



 山下五郎君は転校してきて以来、気になる事がありました。


 それは彼が目立つのが好きというのもありますが、どうしても、学校で「山下」と言えば、自分だと認識して欲しかったのです。そうです。検索エンジンでいうところの特定キーワードでの1位と言う事ですね。


 彼は他の山下さんよりも自分が有名になりたい!と思ったわけです。


 そこで、山下君はいろんな人に自分のことをアピールしていきました。


 周囲の人達は、山下君を次第に知るようになり、「山下」と言えば、彼の事を思い出すようになったのです。


 しかし、彼は考えたのです。


 せっかくなら「カッコイイ山下君」というイメージをつけたいと思ったのです。しかし、それまでの山下君は皆に覚えてもらうために、冗談ばかりを言って、人気を得ていました。


 そのため、彼は「面白い山下君」というイメージの方が強かったようです。

山下君は面白い



 さて、今回の記事、なかなか検索エンジンの話をせずに、山下君の話をしましたが、実はここがとても大切なポイントだと言う事なのです。


 山下君が周囲に「こういう風に思ってもらいたい」という要素が本当の彼には不足していました。つまり、「カッコイイ」という要素はそもそもそんなにないのに、彼はそういうイメージをつけたいと思ったわけです。


 SEOでも同じ事が言えます。このキーワードで上げて欲しいとクライアントが考えているとします。


 しかし、よくよくホームページの中身を見てみると、そのキーワードについて触れている所は、サイト全体から見てもほんの一部でしかなく、とてもではありませんが、そのキーワードで言い表すには無理があるというケースです。


 つまり、ユーザーから見ても、検索エンジンから見ても、そのキーワードでイメージするのは、そのサイトではない、という事ですね。


 しかも、そういう時に限って、サイト内の1コンテンツを見ても、中途半端だったりするわけです。


 SEOの依頼で、このパターンは何気に多いものです。


 競合サイトを見ると、それこそ、そのキーワードにサイトそのものが特化していたりするわけです。

上位には理由があります



 ユーザーにとっても、もし、そのキーワードについて、たいして触れていないサイトが上位に来ても、すぐに見るのをやめるだけですね。


 つまり、自分が思うようにイメージしてもらうためには、それを意識して作りこんでいないといけないと言う事です。


 もし、リニューアルの機会があるのであれば、そのタイミングでイメージを変える事は可能かもしれません。


 しかし、リニューアルをしたとしても、今までのイメージをいきなり変える事は簡単な事ではありません。


 例えば、リアルな店舗で「高いイメージ」がついた店がいきなり「激安」を目指しても、それが浸透するのには時間がかかるのと一緒です。

今日から激安店です



 サイト構築時の設計がどれほど大事かというのは、そういう理由もあるわけです。


 あれもこれもで考えると、結局はどのキーワードでも中途半端になってしまいます。つまり、どのキーワードでもぱっとしない事につながるわけです。


 SEO視点で言えば、同一ページで二つのビッグキーワードを狙うなどは、自らが難易度を上げる事になります。中途半端な中身や施策で狙えるほど簡単なものであれば、誰も苦労はしないのです。


 山下君の例で言うならば、彼は「最終的にイメージして欲しかった自分像」が最初の時点で明確ではなかったわけです。


 今回の記事は、SEOで希望するキーワードがどんなものでも構いませんが、そのキーワードで上位を占めているサイトを必ず確認して下さい。


 自社サイトに足りないものは何か?そして、希望するキーワードに見合う情報がサイト内にあるか?と言う事は本当に大事だという事を認識して下さい。


 その2はこの辺で・・・。明日はさらに続編です。


 「SEOの考え方を転校生の例でご紹介〜その3」を読む



◆コンサルタントのご相談は自分でやるSEOを支援するSEMアドバイザーまで。月額定額サポートのため、安心です。
マーケティング力を鍛える
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | Comment(0) | 山下五郎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。






最近の記事