2010年07月28日

Yahoo! JapanとGoogleの提携をユーザー視点で考える

 今更ですが、昨日はIT業界を揺るがすような大きなニュースが飛び込んできましたね。




Yahoo! JapanとGoogleの提携



 米Yahoo!ではマイクロソフトのBingとの提携が進行中なわけです。そんな時にYahoo! Japanの検索エンジンがGoogleになり、Yahoo!の検索連動型広告もGoogleのシステムにとってかわるというのですから、誰でも驚きますね。


 契約期間は当初2年で、その後も何もなければ2年毎に契約更新されるという事です。移行時期はなるべく早くという事なので、言葉通りに受け取っておくべきでしょう。


 Yahoo! Japanの決算説明会を聞いた限りでは、「独自の調整」が入るために、完全に同一な結果にはならないというように私は理解しましたが、いつものように、蓋を開けてみないと、どんなものになるか分からないと感じたのも事実です。


 Yahoo! JAPAN独自の調整を加えながらGoogle の検索サービスをカスタマイズするという事で、移行を見守る必要があると思います。ただ少なくとも、ベースにはGoogleが存在しますので、大きくランキングが異なる事は考えにくいというのは確かです。




 さて、ここまでは私たちの目線の話でしたが、一般ユーザーから考えたらどうでしょうか?

提携を一般ユーザーの視点から考える



 実際には、どうでも良いニュースだと思っている方が大半だというのが現実だと思っています。私もこういう仕事をしていなければ、どうだって良いと思ったでしょう。


 つまり、ユーザーからしてみれば、「いつも利用している検索エンジンで検索して、そこに出てくる結果が全て」と言う事です。その背景にGoogleがあってもなくても、どうでも良いという事ですね。つまり、「この事実を意識していなければ」何ら心理的な変化はないと思われるという事です。

結果が全て



 もし、明日、突然変わっていたとしても、一般ユーザーで違いに気付く方がそれほど多いとは思えません。


 しかし、私たち関係者にとっては今回の提携で、初心にかえるきっかけになったのではないかと思っています。


 検索エンジンの最終目的は、あくまでユーザーの求めるものに最も近いものを提案する事です。ユーザーに無駄なクリックをさせずに、希望に近いものを想定して提案するという事です。


 そういう意味では、ホームページなどのあり方は、変わっていないわけです。


 こういう提携がある事で、特に気をつけないといけないのは、一部の検索エンジンのみに通用している「スパムな」テクニックを使っている方とも言えます。

スパムなテクニックに注意



 一般ユーザーから見れば、後ろに控えるのが何であっても、Yahoo!のユーザーインターフェイスが大きく変わらない限りは、違いを感じる事はほとんどないはずです(あれ?くらいは思うかもしれませんが・・・)。


 コンテンツ絶対主義を唱えると、反論する方も稀におりますが、私達がコンテンツ絶対主義に意識を持っていかないことには、この業界の未来はきちんと育たないと思っています。それ以上に、この業界に関係する私たちが、そういう方向に持っていかずして、誰が持っていくのでしょうか?と考えています。


 私は今回の提携で、よりコンテンツの重要性をクライアントに説明する必要が出てきたと考えています。それはこの業界にとって、良い傾向なのではないかと思っています(別にYahoo!が悪いと言いたいわけではなく、Googleが厳しいと言いたいだけです。大人な表現!)。


 言うまでもなく、Googleはそれに応える検索エンジンであると思っています。スパムに厳しく、正当にWebサイトを評価しようと常に努力しています(と、思いつつも、実験結果では、スパムな施策を完全にスルーしているケースもありますが・・・。)



 今回の提携発表で、私としては、一箇所引っかかっているところがあります。それはYahoo!カテゴリ登録の存在です。

Yahoo!カテゴリ登録



 決算説明会では明確な話はありませんでしたので、その部分が独自の調整として加えられる点かどうかは分かりませんが、企業として、高額な審査料を受け取っているサービスであるため、それなりの言及があってしかるべきだと感じました。


 仮に、Yahoo! Japanの中では「それは独自の評価部分として加味する」と考えているとしても、現在の私たちやYahoo!の顧客で確信できる方はほとんどいないのではないでしょうか?


 そもそも、私たち自身、クライアントに自信を持って、今現在、Yahoo!カテゴリ登録を勧めてよいかも分かりませんね。


 本記事執筆時点では「Yahoo!ビジネスエクスプレス スタッフブログ」では、今回の提携について触れている部分はありません(本記事アップ時は私にもわかりません)。


 しかし、「カテゴリ登録」は当然ながら今も受付中ですし、該当ページには「アクセス数が急増」の魅力的なキーワードが掲載中です。


 正直、「いつまでの話ですか?」と聞きたくなります。万が一にも、これが全く意味をなさなくなった(あるいは、審査料に見合わない極度の低評価である)場合には、勧める方にも責任が出てくるわけです。


 そういう意味では、私は明確な説明がYahoo! Japanからあるまでは、カテゴリ登録を勧めるつもりはありません。


 52,500円〜157,500円は安い審査料ではないですし、Yahoo! Japanも審査依頼をする企業にとっては、安い審査料ではないのだという事を意識する必要があると思っています。


 早い段階で、Yahoo!ビジネスエクスプレス スタッフブログで、今回の提携に関してのコメントが書かれる事を期待したいと思います。



 ここまで書いて思ったのは、今日はネタ部分がないですね。その点は反省します^^;。


 そして、最後にとても図々しいお願いですが、昨日の記事が、提携話で目立ちませんでしたので、読み忘れた方は是非、ご覧下さい^^。結構、頑張った記事です!




 なお、提携内容に関して、私の記事内容に完全なる間違いがある場合には、コメント等でお知らせ下さい。即座に修正いたします。



◆コンサルタントのご相談は自分でやるSEOを支援するSEMアドバイザーまで。月額定額サポートのため、安心です。
マーケティング力を鍛える
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | Comment(2) | Yahoo!
この記事へのコメント
Yahooの検索エンジンが、Googleに変わっても・・・

Yahoo登録すれば、Yahooからテキストリンク(運がよければキーワード入り)が貼られるという外部リンクの効果がある事には間違いないのだから、
それこそ、何も変わるわけではないでしょう。
Posted by 通りすがり at 2010年08月04日 18:25
通りすがり様。

貴重なご意見ありがとうございます。

今後の参考にさせて頂きます。
Posted by SEMアドバイザー亀田 at 2010年08月04日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。






最近の記事