2010年06月08日

Bingが新機能をテスト中!

 Bingが新機能をテスト中とは気づかず、数日前から、「Bingもハイカラな機能をつけたものだ」と思っておりました。一部のユーザーだけの機能だったようです。以下の参考記事を読んで、テスト中という事に気づきました。


 参考:PC online「マイクロソフト、国内向け「Bing」で新機能を密かにテスト中


 ということで、偶然にもそのテストに私が入っていたようですので、その新機能を一つご紹介いたします。

 テストという事ですので、現時点での状況をお知らせいたします。今後のBing対策の参考にして頂ければと思います。



【検索キーワード:英会話】

 私のブログ恒例のキーワード「英会話」での結果をご覧頂きます。

マウスをあわせると出てくるマーク



 マウスを検索結果にあわせると、赤丸内のように右向きの矢印が表示されます。

 そして、その矢印にマウスをあわせると「詳細情報」が表示されます。「ホバープレビュー」という機能のようで、人気のあるページ内のリンク先なども出てきます。


Bingの詳細情報



 この例は「ECC外語学院」のサイトの結果ですが、ページのどの部分のテキストが表示されているのかを調べたところ、以下の部分でした(詳しくは直接サイトをご覧下さい)。


Bingの紹介文が引用されていた部分



 次のGabaの「ホバープレビュー」も見てみました。


Gabaのホバープレビュー



 画像が小さくて、右の詳細情報の文章が分かりにくいかもしれませんが、こちらは文章が良い感じで出ています。ちなみに、ページ内の引用部分は以下の通りです。


Bingの紹介文が引用されていた部分



 他のサイトも見てみましたが、結構いろいろな部分から、上手に文章が作られています。面白い点としては、調べた限りでは、本来の検索結果のスニペットとかぶっていないという事です(あくまで調べた限りでは、です)。


 ただ、サイトによっては、詳細の文章が出てこないもの、あるいは関連リンクがないものなど、いずれか一方だけのもの、また、全く情報が出てこないものもありました。


 Bingのシェアが大きくなれば、この機能で表示される部分というものは、大きな価値を持ってくると感じます。

 静的なテキスト要素が多く盛り込まれているサイトは、表示される可能性が高いと思います。その反面、画像だらけのサイトの場合には、表示されない可能性が高いと思われます。


 実際、某有名企業サイトでは、そもそも、マウスをあわせても、右矢印さえも出ないものもありました。


 Bing対策を考える際には、はずせないポイントと言えるかもしれません。

 記事が長くなりましたので、今回は新機能の一つをご紹介するにとどめたいと思います。


◆ご相談はセルフSEOコンサルタントのSEMアドバイザーまで
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | Comment(0) | Bing
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。






最近の記事