2010年04月23日

Bingの検索結果表示数でのバグについて

 Bingの検索表示設定を変更するとおかしなバグが出る事を発見しましたので、ご紹介いたします。実は数日前に気づいたのですが、すぐに直ると思っていたらそうでもないようですので、注意を含めて書かせていただく事にいたしました。

 既に他で出ているかもしれませんが、念のため紹介させていただきます。


<状況の説明>

 まずは実際にご覧頂いた方が理解しやすいと思いますので、Bingの右上から設定を選んでください。

Bingの設定


 次に結果の表示件数を変更します。

50件に変更


 設定を変更したら一番右下(あるいは右上)の「設定の保存」をクリックして下さい。

 次に適当なキーワードで検索して下さい。この記事のサンプルでは「英会話」で検索。すると出てくる結果を良く見ると・・・

なぜか20件表示


 何故か変更したのにも関わらず20件表示です。

 しかし、問題はここからです。一番下から「2」ページ目をクリックしてみましょう。

2ページ目の結果


 なんと、「51-70件目」になってしまい、21-50位が見えなくなっているようです。

 ちなみに、「30件表示」についても、おかしくなります。

 そのため、Bingで設定を変えている方はご注意下さい。

 お知らせまでに。


◆ご相談はセルフSEOコンサルタントのSEMアドバイザーまで
「疑問意識力」でマーケティング力を鍛える
posted by SEMアドバイザー at 10:26 | Comment(0) | Bing
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。






最近の記事