2014年12月04日

ユーザー満足度を確実にあげるためのコンテンツネタの探し方

 今回は実際に私がやっている方法です。誰でもすぐにできますし、確実にユーザー満足度があがるものです。

流入キーワードの中から対象キーワードをピックアップ


 今回の方法はとてもシンプルですし、おそらくSEOを意識している方であれば確実に普段からよく見ている部分です。


 それは、アクセス解析の流入キーワードです。


 これを見るなんていつもやってると思うかもしれませんが、私の経験上、見ている人は多くても、それを次につなげるアクションとして実際に行動を起こしている方は多くないと考えています。


 今回のネタの探し方ではこのキーワード群からある条件に沿ったものを抽出します。これは目視でしか出来ませんし、自分のコンテンツにどのようなものが含まれているかをきちんと把握している人でなくては出来ません。


対象キーワードのピックアップ基準


 それでは早速、「ユーザー満足度を確実にあげるためのコンテンツネタ」を探すためにキーワードを見ていきましょう。できればこの記事を読みつつ、Google アナリティクスなどを一緒に見る、あるいはキーワードを印刷したもの(できればアクセスが少ないものも)を用意して下さい。


1.流入キーワードを見てそれぞれのユーザーのニーズが分かるものを探す。

2.「1」の中でそのニーズを今のコンテンツでは満足させないであろうものを書きだす。

3.満足させてないであろうコンテンツを補足する。あるいは大事なニーズがあればコンテンツページを追加する。



 以上、これだけです。


 特段珍しい事でもないと思われるかもしれませんが、おそらくこういう事をきちんとやっている方は少ないと思います。


 しかし、少なくともアクセスがあるという事は、今後もそのキーワードでのアクセスの可能性があるという事なわけです。


 しかも、困った事に「運営者自らがそのキーワードでのニーズを満たせてない」と自覚しているわけです。これは本当に問題です。


 コンテンツに何を盛り込むか悩む方は多いと思います。同じ業種であれば中身がどうしても競合と似てしまう事もあるわけです。そういう時に悩んであーだこーだ考えて何もアクションを起こさないなら、確実に流入の可能性があり、テコ入れが可能な部分にすぐにでも着手するべきだと思います。


 もちろんそういうものでもサイトの性質上、どうにもできない事もあるでしょう。しかし、視点を変えると別の見せ方が見えてくるかもしれません。


 さらに、それらの不足していたコンテンツが強化されれば、SEO上も有利になりますし、そもそもユーザーが満足する可能性も大きくあがるわけです。


 サイトにどう手を入れれば良いか?と悩んだ時には、キーワードを隅まで見直す事をやってみるべきかと思います。それらの満足度が派生して、結果としてサイトのファンになるかもしれません。


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の羅針盤」では、教育関係特化のサイトを運営中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEO






最近の記事