2014年06月18日

titleタグは何文字が良いのか?に見るSEO上の大切な視点

 今回は検索に頼りすぎるがゆえに大事な視点を忘れているという話を書きたいと思います。慣れている方も含めて初心に戻るべき時かとは思います。


titleタグは何文字が良いのか?


 最近は「titleタグは何文字が良い」かの記事は見る事もなくなりましたが、揺さBrain!でもまさかそれが何文字だなどと言うつもりはありません。


 そもそもこの視点がややずれているのです。


 現在は何でもかんでも一瞬で検索エンジンに質問する事で答えがかえってきます。検索すれば分かりますが、20文字だったり、30文字だったりの答えが出てきます。


 慣れている方であれば、このどっちが正しいのか?などという事で悩む事はないと思いますが、もし自分がまさに今日からSEOを意識した場合には、このどちらがより正しいのかをさらに検索して調べるかもしれないわけです。


 しかし、少し待ってほしいのです。何文字が正しいのか?と何度も検索するなら、物凄く簡単な方法があります。


 それは、検索結果を見て「少なくとも自分が読みやすい」と思うtitleは何文字なのかを数えれば良いだけです。物凄くアナログですが、これ以上でもこれ以下でもないと私は思っています。


 検索結果に表示される文字には上限があるわけですが、その上限が良いのか?と言えばそうとも言えません。さらに意識して欲しいのは、そのキーワードによって最適な文字数というのも変わってきます。正確に言えば、最適なではなく、その検索結果で目立つ、あるいはクリックしたくなる文字数と言っても良いでしょう。


 そして、検索結果をきちんと見れば、自分のサイトだけを見たtitleの内容ではなく、比較の上でのtitleの文章を考えられるわけです。つまり文字数もさることながら、内容も独自性を持たせる事ができるわけです。

答えだけを急いで求めない



実際の店で考えてみる


 同じキーワードで上位にあるサイトを例として同じ商品を売るお店と考えてみましょう。現実の店で近くに同じ商品を扱っている店というのは沢山あるわけですが、もし自分の店にもっと来てほしいという場合、他店を意識して文言を変えると思うのです。


 例えば「ジャガイモ」に対し「コロッケにぴったりのジャガイモ」と書いたりなどです。どちらが良いかは別として書き方一つで消費者に与える印象は変わるわけです。


 もちろん、モノによっては同じにした方がベストな場合もあるかもしれませんが、ネットの世界では違いを見せる事(明確に訴える事)が大事になってきます。


手間をかける事で見えてくる大事な事


 今回の事例で言えば、文字数だけの話ではありますが、他の部分でも同じです。今は何でも答えがすぐにかえってくる反面、想像力や記憶力が以前に比べてなくなっています。記憶について言えば、記憶する必要性が確実に減っているからです。


 想像力もそうでしょう。もちろん、検索キーワードは「考えている」という方もいるとは思いますが、それでも検索エンジンの出す答えに依存している割合は大きいわけです。


 下図は「SEO メリット」の検索結果ですが、titleの内容を「数」だけで考えてつけた場合と、この検索結果を見てから考えるのでは大きな違いがあるのは一目瞭然でしょう。

「SEO メリット」の検索結果



 日々公開されるSEOの情報には「こうしたら良い」「これが最適」というものが多いと思いますが、そこで理解を止めてしまいますと、見ている先はGoogleだけでユーザーを見ていない事になります。


 どんなに上位に来たとしても、ユーザーを意識していないものは、本来得られるはずの効果を得られない可能性さえも生んでしまいます。


 titleタグに限らず、その他のSEO上重要と言われている部分についても、検索結果で出てくる答えだけで判断せずに、「何のためにこれはあるのか?」という所まで意識すると良いと思います。


 もちろんこの話はSEOだけに限った事ではありません。すべてにおいて言える事です。

 
揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!

 
posted by SEMアドバイザー at 10:58 | SEO

2014年06月09日

アクセス解析での変化からどこまで調べるか?

 今回はアクセス解析について。日々アクセス解析をチェックしていますと、前日と比べて明らかにアクセス数が増えている事があると思います。こういう時にどこまで調べるかでアクションも変わってくるものです。


アクセス増加の理由をさかのぼる


 何らかの施策をしていたというのであれば、理由はまさにその施策が理由である事が多いわけですが、何もしていないのにアクセスが増えた場合などはその理由を探る事でよりコンバージョンに結び付く対策が取れるかもしれません。


 アクセス数を見て「ああ、昨日より増えて良かった」とだけ思うのと、「なぜ増えたのだろう?」と思うのでは全く意味が異なりますし、そもそもアクセス解析の意味はそこにあります。


 何のヒントももらわずに、起こった事象のみに一喜一憂するのであれば、アクセス解析などはする必要さえもなくなってしまいます。


 とはいえ、単純にアクセス数が増えた場合に遡る範囲でやる事も変わってきます。


何を見て何をするかを考える


 最初に書いておきますと、今からチェック部分はこれで全てはありません。あくまでその一例と認識してください。


 それではアクセス増加の理由を探るべく何を見るかを書いていきます。

アクセス増加には理由があります



1.参照元をチェック

 言うまでもなく参照元のチェックです。どこからのアクセスが増えたのかを調べます。検索エンジン以外の特定の媒体の場合、何らかのアクションがそちらでとられた可能性がありますので、それを調べます。


 大事なのは他のチェック項目でもそうですが、「ここ経由が増えたのか」で終わらせない事です。コンバージョンを少しでもあげるべくその参照元からの「整合性」を意識して下さい。


 参照元にある起爆となったページを読み、そこからリンクされている自社サイトの該当ページとの一連の流れが綺麗にまとまっているかをチェックします。


 例えば、特定の商品について紹介しているのであれば、ランディングページにも、その流れを壊さないようにその商品についての説明などを追加するなどです。言うまでもなくリンク元での指示語とリンク先の内容がマッチしていなければ離脱してしまう可能性が高くなるからです。


 アクセスアップという良い流れが来ているのですから、その流れを壊さないように出来る範囲でも修正を入れる事をお勧めします。


2.キーワードをチェック

 自然検索経由が増えている場合にはそのキーワードをチェックします。どのキーワードで増えているかが分かればより動きやすいからです。


 なお、ここで注意してほしいのが、どのページが増えているかだけで終わらせない事です。分かっているようでも何が検索結果で表示されているかは必ず確認して下さい。


 つまり、増えているキーワードを使って検索エンジンで検索をして(Yahoo!もGoogleも)どのように見えているかを必ず確認して下さい。その上でそのキーワードからの流れでランディングページの中身はマッチしているかを再確認して下さい。


なぜ増えたのかを考える


 自然検索でのアクセスが増えている場合、通常は理由があります。例えば健康食品のサイトで特定のキーワードが増えている場合、テレビなどで誰かが発言している事があるからです。


 これを調べるのに最も便利だと私が思うのは「リアルタイム検索」です。私はリアルタイム検索が大好きで毎日何度も使うのですが、たいていこれで調べれば、そのキーワードでアクセスが増えた理由が分かります。


 この理由を知っているのと、単純に増えたページだけを認識しているのとでは、取れるアクションは大きく変わってきます。


 これはわざわざ説明するまでもないでしょう。増えた理由まで把握できれば、それをうまく利用した展開も可能なわけです。


自社サイトを探していない場合もある


 実は自社サイトへのアクセスが爆発的に増えている場合でも、全く自社には関係ないケースもあります。しかも、このケースでは対処を迅速にしなければ取り返しがつかなくなる事もあります。


 それはまさに今のネット社会を反映している理由です。


 例えば個人名や企業名でのアクセスが増えている場合にはこの事例が稀にあてはまります。それは事件などが絡んだ場合です。


 この記事を読まれている方もそういう行動を起こした事がある方もいると思いますが、何らかの事件で犯人の名前やその犯人が働いていた会社名が出ていた場合、皆さんは検索した事がありませんでしょうか?


 特に名前が出ていると、「どんな顔をしているんだ?」という事で画像検索をする事もあると思います。実際にこれで間違われて自分が犯人ではないのにソーシャルで出回って被害を受けた方もいるわけです。


 会社名でも同じです。同名の企業で働いていた場合などは最悪です。とばっちりを受けて自社が悪い事になる事があるのです。


 このケースはそれこそリアルタイム検索などで調べないと気づきにくいわけですが、以下のような能天気な状態になっているわけです。


 貴社「おおお!アクセスが増えている!」


 ユーザー「ここが犯人のいる会社か!」



 全くもって怖い話です。言うまでもありませんが、このケースではどれだけはやくサイトトップにお知らせを入れるかが重要になってきます。


 その事件の犯人とは一切関係がない旨を記載する事で、予定外の売上減を防ぐ事が可能です。一番ひどいのは気づいていても「関係ないから」という事で一切のアナウンスを出さないケースです。これだけは避けたいものです。



 いろいろと書きましたが、アクセスが急に増えた場合には何らかの理由があるものです。順位が単純に上がったからそれにあわせて増えたというのもあると思いますが、いずれにしても理由があります。


 その理由をきちんと把握し、対処する事があるのかどうかを判断する事も今のネット依存の時代には大事な視点です。


 そのままスルーする事がないようにしましょう。


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 11:00 | アクセス解析

2014年06月02日

私的:役に立つコンテンツの書き方

今回は私がここ最近の実験サイトでは必ずと言って良いほどやっている手法をご紹介致します。


ユーザーが知りたいのはメリット?デメリット?


 皆さんも経験があると思いますが、例えば商品など興味を持ったものがある場合に様々な口コミを調べると思います。


 人間とは面白いもので、良い感想が10人いたとしても、その中に1人の悪い感想を読むと、その内容が気になったりするものです。そういう意味では悪い感想(悪口ではなく)は数の大小に関わらず影響があると私は考えています。


 そして、ユーザーが求める情報はどこで読んでも同じような「良い評判」だけでなく、「悪い評判」である事もしかりなのです。メリットについてはそれこそメーカーページで読めば、分かりやすく説明してくれているわけですが、さすがに自社商品についてデメリットを書いているサイトはなかなか見た事がありませんし、普通は書かないでしょう。


 ある意味この辺が面白い点で、ニーズはあるのに企業側としては「書けない」「書かない」情報であると言えます。


私はデメリットは分かりやすく先に書くようにしています


 さて、ここからが私の書き方なのですが、私は商品について説明する時に必ず悪い部分を書くようにしています。


 正直に書く事で、その先にある内容も「信頼できる」とユーザーに感じてもらえるからでもあります。


 しかし、本当にお勧めしたい商品の場合には書く順番に注意しなくてはいけませんし、悪いだけで終わってしまうとユーザーには悪い印象しか与えません。


 また、良い点を書いた後に悪い点を書いてしまうと人というのは最後に読んだものを記憶に残してしまう傾向にあります。


 例として以下は同じことを言っていますが、おそらく皆さんの感じ方は結構変わるのではないでしょうか?


★パターンA

 この商品はとても有益なのですが、とにかく覚えるまでが一苦労します。


★パターンB

 この商品はとにかく覚えるまでは一苦労しますが、とても有益なのです。


 もうお分かりでしょうが、通常は(人によっては感じ方は変わると思いますが)、後者の方が商品に魅力を感じてもらえます。


 理由は簡単で、覚えるのは大変だけど、それを超えれば自分にとってとても有益だと感じさせるからです。しかし前者は自分にとって有益だけど、そこにたどり着くまでに挫折するかもしれないという負の感情を起こさせるからです。


 というわけで私の実験サイトでは上記の理由から悪い点を書いた後で、それを覆す(解決できる、デメリットを薄める)メリットを伝えるようにしています。


 また、このようにいずれの情報も入れておくと、SEOでも結果として強くなりますし、実際に人為的なリンクなどつけなくても上位に来ています(もちろん結果も出しています)。

良い点、悪い点を順番を考えて伝える



企業サイトもチャレンジの意味はあるかも


 実は私自身この話のような方法を企業自身が自社商品で書くのも面白いと感じています。今はそれこそ見かけないわけですが、そこを逆手にとって悪い点も自社で認めてしまうという事です。


 しかし、この場合もその商品の悪い点が気になる場合には別のBという商品があるという事を明確に分かるようにすると良いでしょう。


 現在はこれとは違い、例えば、PCソフトなどはバージョンによる違いという形で書いていると思いますが、そこをさらに踏み込んで、思い切った事を書いても面白いかなとは思っています。


 また口コミサイトなどで問題となっている部分(ユーザー指摘している悪い点)を把握し、それについての回答や解決法があるならば、公式サイトで積極的に説明するのも効果的だと思います(なるべく早い段階で)。


 得てしてユーザーの口コミで書かれているデメリットには知らないふりをする企業が多いわけですが、そこにあえて自らが踏み込んでいく姿勢はきっとユーザーに好印象を与えるのではないかと考えます。


 役に立つコンテンツとは上辺だけの良い点だけを伝えるものではないと考えています。悪い点も含めて書く事でユーザーも納得してその商品を検討するのではないでしょうか?


 今のユーザーは良い点だけを宣伝文句のように書いているものは、それほど信じないような気がします。



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | マーケティング






最近の記事