2014年02月03日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第16話

SEONシーズン2



 本物語はSEOに関連した小説ですが、登場する単語や略語などは実在のものと似て非なるものですので、細かい突っ込みはご遠慮下さい。


 なお、SEONシーズン1を読まれてないと人物像などがよく分からない場合もございますので、別途作成しましたSEONシーズン1のPDF版をダウンロードしてご覧頂く事をお勧め致します。


 →「ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第1話」はこちら


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


**********************************


帰還


 「忍者松村丸」によって危機を脱した2人は新たな仲間を加えてセオン達の元へと急いでいた。

忍者松村丸



 モリーノ「何とか無事に戻れたようだ。」


 セオン達のいる場所が見える所までたどり着くと「行動分析士モリーノ」は安堵の言葉を漏らした。危なく命を落とす所だった事もあり、それ以降は3人とも必要以上の言葉を交わさずに、静かに帰路を急いでいた。

行動分析士モリーノ



 タムー「うむ、ここまで来ればもう安心だろう。敵の姿も全く見えぬようだ。」


 「周辺暴走士タムー」も緊張の糸がほどけたように安心したようだった。

周辺暴走士タムー(改)スペシャルエディション



 モリーノ「おお、あそこを見るんだ!」


 モリーノの指した先では心配で様子を見に来ていたセオン達が手を大きく振っていた。ここに来て3人は助かったという実感に浸る事が出来た。いつも仲間に助けられているのだと心から思ったものだった。


イマジンの思慮


 3人が無事に戻ってきた事をみとめるとセオン達は多いに喜んだ。


 セオン「とにかく無事で良かった。爆音が聞こえた時には2人に何かがあったのではと気が気ではなかったんだ。」


 そう言うと他の仲間の方を振り向いた。それに応えるように「TLUのマサ」も口を開いた。

TLUのマサ



 マサ「もう少し戻ってくるのが遅れていたら2人を探しに出る所でした。行き違いにならなくて良かったです。」


 一たび戦場に出れば冷静に状況を判断できるマサだったが、仲間の事となるとそうもいかないようだ。とにかく犠牲を出したくないという思いのようだ。


 ボルト「それはそうと、そこにいる忍者姿の方は?」


 モリーノの後ろに影のように佇んでいる人物に目を止めた「獣戦士ボルト」は疑問を口にしたのだった。

獣戦士ボルト



 モリーノ「この者は私が管轄する忍者組織にいる松村丸だ。危ない所を助けてもらったのだ。彼も貴重な戦力ゆえ手伝ってもらおうと一緒に来てもらった。」


 松村丸は静かに頭を下げた。決して功をひけらかさない人物のようだ。


 ボルト「おお、そうだったのですね。ありがとうございます!」


 尻尾を振りながら笑顔でボルトも挨拶をした。


 セオン「モリーノ、例の爆音は一体全体何があったのですか?」


 事は急を要するためセオンは本題に入った。顔に緊張が走っている。


 セオンの言葉を受けてタムーが自分の番とばかりに前に進み出た。


 タムー「そこはワシに説明させてくれ。ワシらが要塞を樹林の陰に隠れて伺っていると、何とイマジンの奴めが魔法を打ち込んできたのだ。それも数えきれない程にだ。」

魔道士イマジン



 タムーの話を聞いてボルトは疑問を口にした。


 ボルト「何発も?それにしては怪我をしてないようだけど?」


 タムー「ワシらがあいつの魔法になんぞやられるわけはない。距離が遠かったのもあるだろうが、全部避けてやったわ。」



 タムーは自慢げに胸を張った。


 マサ「イマジンさんがそんなに魔法をはずすでしょうか?少し気になる点があります。皆さん、少しおつきあい頂けませんか?」


 マサはタムーの話を聞いても、何かが腑に落ちなかったようだ。数多くの戦いを経験したからこその勘が働いたのだろう。それ以上に仲間を信じ続けたいと思っていたのかもしれない。


 足早に歩きだすマサをセオン達は追いかけた。


 そして・・・。


 「おお!」


 要塞を遠く下に見下ろせる丘まで登った時、誰ともなく大きな声をあげた。

 
 イマジンの魔法によって焼き尽くされた場所には遠くからでなければ分からないメッセージが残されていたのだ。


(月・戌・正刻)



 イマジンは危険をものともせずに敵の中に潜入し、WMTのメッセージを奪う機会を狙っていたのだった。


 マサ「やはりそうでしたか!イマジンさんは敵に潜入し、我らが来るのを待っていたようです。」

 
 マサの顔は嬉しさのあまり紅潮していた。
 


 >>第17話へ続く


 >>SEON2 登場人物紹介はこちら
 


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEON2






最近の記事