2014年01月17日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第13話

SEONシーズン2



 本物語はSEOに関連した小説ですが、登場する単語や略語などは実在のものと似て非なるものですので、細かい突っ込みはご遠慮下さい。


 なお、SEONシーズン1を読まれてないと人物像などがよく分からない場合もございますので、別途作成しましたSEONシーズン1のPDF版をダウンロードしてご覧頂く事をお勧め致します。


 →「ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第1話」はこちら


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


**********************************


偵察


 セオン達は「変化士のカズ」が姿を変えた舟から岸に下り立った。無事に敵の攻撃をかいくぐり、何とかイマジンがいると思われる要塞の近くまでたどり着いたのだ。

変化士 カズ



 カズ「それじゃ、俺はこの辺で失礼するわ。とにかくここは危険だから気を付けてな。」


 そう言うと元の姿に戻ったカズはいつの間にか右手に握りしめた羽を額にあてると鳥の姿となって空に飛び立ったのだった。


 ボルト「ああ、行っちゃったよ。本当に風のような奴だなぁ。」


 「獣戦士ボルト」は次第に遠ざかるカズの姿を眺めながらそう呟いた。

獣戦士ボルト



 セオン「さあ、みんな。問題はここからだ。要塞に易々と入れるとは思えない。ここは死角だから問題ないがどうしたものか・・・。」


 「魔道士イマジン」のいる場所を目指して追いかけてきたものの、想像以上に難攻不落な要塞を見てしまった彼らには、この先の方向性が定まらないでいた。

魔道士イマジン



 マサ「まずは偵察に出てみてはいかがでしょうか?この人数で行くと目立ちますから、少数で要塞付近の状況を確認した方が良いのでは?」


 「TLUのマサ」はいつも自分の力を過信しないようにしてきた。それこそがこれまでの戦いを無事に生き残れてきた理由だと信じているからだ。

TLUのマサ



 セオン「そうですね。では、念のためこの中から2名が偵察に行く事にしましょう。誰に・・・。」


 セオンのその言葉を待ってたとばかりに、「周辺暴走士タムー」が勢いよく手をあげた。


 タムー「ワシに行かせてくれ!にっくきイマジンを葬るのはワシの仕事だ!」


 怒りで目を輝かせたタムーが他の者には譲らないとばかりに前にずいっと進み出た。


 セオン「タムー、勘違いしないでくれよ。あくまで今は偵察であって、イマジンを倒すのが目的じゃないぞ。その事を忘れないでくれよ。」


 心配しながらセオンはそう諭した。


 セオン「あと1人は誰に・・・。」


 その問いに「行動分析士モリーノ」が手をあげた。

行動分析士モリーノ



 モリーノ「この地図を使えるのは私しかいないのだ。私が行かなくてはいざとなった時に困ってしまうだろう。」


 他の仲間もその言葉を聞くと、確かにと納得しないわけにはいかなかった。


 マサ「では、モリーノさんとタムーさんにお願いしましょう。今回は偵察ですので無理をしないようにして下さい。万が一何かあれば、狼煙を上げて下さい。もし帰りが遅い場合には私たちも向かいます。」


 2人はその言葉に頷くと、要塞偵察へと向かったのだった。


ホワイトエリア殲滅作戦


 ブラックハッ党のいる要塞ではオートパクラーとイマジンが今後の戦略を練っていた。


 オートパクラー「イマジンならどう攻める?」


 イマジンはホワイトエリアの地図を見つめる目をそのままに口を開いた。


 イマジン「サカノミ村は今やもう何の役にも立たない廃墟と化しています。次に攻めるべきはホワイトエリアのスタート地点とも言うべきセオ村でしょう。ここには多くの敵がいるものの、言い換えればここを落とせば後は掌を返すくらいに楽に進む事ができるでしょう。」


 オートパクラー「やはりそうか。セオ村には注意すべき点はあるか?」


 イマジン「昔の仲間はみんなバラバラに行動していると聞き及んでいます。過去の大戦での立役者である彼らが束になればこちらにもリスクはありますが、今はその心配もないでしょう。そもそも、メンバーの1人である周辺暴走士タムーは既にこの世にはいないわけですから。」


 そう言うと爽やかな笑顔を向けたのだった。


 オートパクラー「確かに。さらにその内の大魔法使いがここにいるわけだ。心配はほぼ無用だと言えるな。」


 愉快そうに笑いつつ広げた地図を折りたたんだ。ちょうどその時、イマジンはふと思い出したようにオートパクラーに問いかけた。


 イマジン「そう言えば、例の儀式はいつやられるのでしょうか?出来れば私も参加したいのですが。」


 それと聞くと思いだしたようにオートパクラーは答えた。


 オートパクラー「ああ、WMTメッセージの破壊式の事か。あれは来週の頭に盛大にやるつもりだ。メッセージを焼いてしまえば、もうサカノミ村も元に戻る事はあるまい。」


 ニヤリとほくそ笑むブラックハッ党の首領を見てイマジンも嬉しそうに同意したのだった。


 イマジン「確かにそうですね。しかし、特別な儀式を行わないと処分できないなんて、面倒なメッセージですね。見た目は単なる紙にしか見えませんが。」


 オートパクラー「そこがかえって楽しみだとも言えるのだ。イマジンも一緒に楽しもうぞ。」


 イマジン「ありがとうございます。ご一緒させて頂きます。ちなみに今はメッセージはどこにあるのでしょうか?」



 オートパクラーはイマジンを一瞥すると静かに耳元へ囁いたのだった。


 オートパクラー「悪いが儀式の時まで隠し場所は誰にも教えられん。いや、お主を疑っているわけではないのだ。疑いたくないからこそ誰にも言わぬようにしているのだ。」


 イマジンはそれを聞いて安心したかのようなそぶりを見せた。


 イマジン「オートパクラー様のその言葉を聞きたかったのです。どんな些細な事から大事が漏れるか分かりません。そのお言葉の通り、来週頭の昼時までは誰にも話さない方が良いでしょう。」


 オートパクラー「昼時なんて言ったかの?儀式は戌の正刻に行うのだ。」



 オートパクラーは自分が間違えた事を伝えたかと思い、不安そうになって答えた。


 イマジン「私とした事がうっかり聞き間違いをしていました。来週頭の戌の正刻、しかと時間を開けさせて頂きます。」


 2人はセオン達が近づいているとも知らずに作戦の成功を祈願したのであった。




 >>第14話へ続く


 >>SEON2 登場人物紹介はこちら
 


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEON2

2014年01月16日

目的から考えるといつもと違う視点が見えてくる

 今回はアイデアネタです。


目的を考えると異なる視点が生まれるもの


 先日久ぶりに渋谷に出かけたのですが(ザ・田舎者!)、数多くある看板の中で「これはやられた」というのがありました。渋谷を歩いている方であればおそらく毎日のように見かけているかもしれません。


 写真などは撮影していないのですが、その看板はおおよそ以下のような事が書いていました。

右見て!



 結論から言えば、私は右を見ました。いえ、見るでしょう。好奇心があれば^^


 こういう事例はそんなに珍しいものではないと思いますが、改めて看板の目的を考えると良い事例だと思いました。


 よく見かける看板には写真や文字がびっしりと書かれているものが多いわけですが、セミナーなどのプレゼン資料と同じく、文字が多い場合はかえって読めない(読まない)わけです。多すぎる場合にはメモをする事さえも諦める戦意喪失状態にさえなるでしょう。


 この看板は、目的を果たすための手段として視点を変えているわけです。つまり、看板を見るだけでなくお店に気づいてもらうという第一段階の目的を果たすための方法と考えれば、看板に細かい商品名などなくても良いわけです。


 もちろん、驚くような割引商品がある場合には「何%引き」などの表記がある方が訴求力そのものは高くなる可能性はありますが、素通りされるなら、とりあえずお店に気づいてもらうという視点であれば、この方法はかなり確率は高いと言えるわけです。


いろいろと考えてみる


 今回の事例を元に他のパターンもいろいろと出てくると思います。例えば、こんなものはどうでしょうか?

見たら負け



 心理的には負けても良いから「なんだろう?」と思う方が多いのではないでしょうか?


 他にもこんなものも考えられますね。

あっち向いてホイ!



 気持ち的には負けたくないので左を向きたいのですが、気になるパターンです。


 他にもこんなパターンもあります。既に無茶苦茶になっています^^

全米が泣いた!



 ちょっとジレンマにかられるこんなパターンもありますね。

よそ見せずに まっすぐ前を向いて 歩いてください



 この記事はネタ記事なんじゃないかって気づかれた方、正解です!


 というわけで、最後はこれで見なければツワモノだと思われるパターンを一つ。

一日に2万人が 素通りする 悲しいお店です



 視点を変えるとアイデアはいろいろと出てくるという事で^^


<おまけ>

 このブログ記事を共有するとこんな風になります^^

見たら勝ち!




揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!


posted by SEMアドバイザー at 15:08 | マーケティング

2014年01月15日

アフィリエイトサイトとの凌ぎ合いがSEOの勉強になる

 本日はアフィリエイトサイトとの凌ぎ合いはSEOの勉強になるという話です。


上位の要素が多くあるアフィリエイトサイト


 ともすればアフィリエイトサイトと言うだけで「嫌いだ」という方もいるようですが、私は全くそうは思っていません。


 もちろん好ましくないのもありますが、心底よく考えられたサイトも多くありますし、そもそもそういう話はアフィリエイトサイトに限った事ではないでしょう。

アフィリエイトサイトだからって嫌わない



 ユーザーの事を考えコンテンツを追加し、そして広告主のために売上を上げたいと本気で考えているアフィリエイトサイトが増えているという事も強く実感しています。良い意味での広告主の応援団であると感じるわけです。それに今の企業広報においてアフィリエイトはかなり重要な位置づけにある事も理解するべきでしょう。一部の悪質なアフィリエイトサイトのために、優良なアフィリエイトサイトも一緒くたにされて悪く言われるのは好ましい事ではないと考えています。


 SEOの世界もそうですが、悪いものもあれば良いものもあるという事を理解するべきだと考えています(もちろんこの良し悪しの基準は人によって異なります)。


 さて、そんなアフィリエイトサイトですが、検索結果にて上位に来ているサイトには上位にふさわしい役立つコンテンツが多く含まれています。それもそのはず、アフィリエイトサイトの場合、サイト内での説得をきちんとしなければ収益の基準となるバナークリックなどに繋がらないわけです。つまりコンテンツでユーザーに納得してもらう必要があるというわけであり、自ずとコンテンツの内容も充実せざるを得ないわけです。


コンテンツSEO実験は本気アフィリエイターとの戦い


 そういう私はコンテンツSEOの実験においてはこのようなアフィリエイトサイトの多いキーワードで行っています。


 収益に繋がりにくいキーワードでのSEO実験よりも、よりハードルが高いアフィリエイトサイト満載のキーワードで勝負した方が面白いですし、自分にとっても学びが多いためです。


 実際問題、私の実験サイトの周りには様々なSEOを施したアフィリエイトサイトがわんさかいます。そんな中、リンクづけなどの手法に頼らずにコンテンツメインで上位を目指すのはとてもやりがいがあります。


 結果を先に申すならば、本記事時点ではそのキーワード(月間平均検索ボリューム約37万)においては他の全てのアフィリエイトサイトに勝っています。


 公開から1年以上経過しているサイトですが、徹底的なニーズの調査、それを元にした詳しいオリジナルコンテンツの追加、リピーター向けコンテンツ、および新情報の追加(ソーシャル向け)をする事でコンテンツSEOを主軸とする手法でも難関キーワードで上位に行ける事を証明しています(優良コンテンツを作る事により自然リンクを獲得しています)。


 ただし、そのようなキーワードですので新規サイトなどが続々生まれているのでこちらも気を抜けないのが現状ですし抜かれる日もあります。新しい競合アフィリエイトサイトが出来るたびに、それを分析し少なくともコンテンツで負けないように細かい修正・改善を日々入れているという状態です。


アフィリエイトサイトは本気のSEOで攻めてくる


 いわゆる商用キーワードではない場合には、上位表示はそれほど難しくないものもあるわけですが(競合がそれほどSEOをきちんとやってないなど)、アフィリエイトが絡むキーワードの場合どのサイトも本気でかかってきていますので、実験をするにはそれこそ本気でかからなければ勝てません。

俺の本気をみろ!



 また、前述したように今のアフィリエイトサイトは数年前のものとはレベルが全く異なり、そもそもコンテンツが素晴らしいものも多くあります。毛嫌いされている方は今の上質なアフィリエイトサイトをきちんと見てみると良いでしょう。作者に会いたいくらいに素晴らしいものも多くあるものです。


 SEOも本気、コンテンツも本気のアフィリエイトサイトと勝負する事はSEOの勉強にはぴったりだと思います。


 時間はかかるかもしれませんが、コンテンツSEOでも様々な要素を味方につける事で勝てますので是非トライして見てください。

 
揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!

posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEO

2014年01月10日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第12話

SEONシーズン2



 本物語はSEOに関連した小説ですが、登場する単語や略語などは実在のものと似て非なるものですので、細かい突っ込みはご遠慮下さい。


 なお、SEONシーズン1を読まれてないと人物像などがよく分からない場合もございますので、別途作成しましたSEONシーズン1のPDF版をダウンロードしてご覧頂く事をお勧め致します。


 →「ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第1話」はこちら


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


**********************************


湖を進め!


 「変化士のカズ」の右手には一片の木くずのようなものが握られていた。

変化士 カズ



 その木片を大事そうに握りしめながらカズは敵のいなくなった湖に近づいた。


 ボルト「一体どうやってこの湖を渡るんだい?」


 「獣戦士ボルト」は仲間の心情を代表して口に出したのだった。

獣戦士ボルト



 カズ「まあ、見てなって!」


 そう言うと右手に持った木片を額にあててしばらくの間、ピクリとも動かずにいた。


 カズ「汝の身体と同化せん!変化!」


 突然大声で呪文を唱えたかと思うと、カズの姿はセオン達が乗るにふさわしい大きさの舟へと変わっていたのだった。


 タムー「おおおおおおお!舟、舟、舟だよ!」


 先ほどまでの戦いなどはすっかり忘れた様子の「周辺暴走士タムー」が驚きのあまり”舟”を連呼しながらじろじろと舐めるように見続けていた。自分にも変身能力があるのをすっかり忘れているようだったが、タムーのそれとはかなりレベルが違うのも確かだった。

周辺暴走士タムー(改)スペシャルエディション

 

 カズ「さあ、はやく乗ってくれ!他の敵が気づく前にとっとと渡ろうぜ!」


 舟の舳先部分からカズの急かす声が聴こえてきた。


 セオン「よし、みんな、はやく乗るんだ!ブラックハッ党の要塞に乗り込むぞ!」


 セオンの呼びかけに応じて、仲間は舟に乗り込んだ。WMTのメッセージを持つ敵はもう目の前にいるのだ。


隠密


 舟で湖を進むとは言え、何事もなく要塞のあるエリアまでたどり着けるとは誰も思っていなかった。吊り橋を渡るよりははるかに楽なだけであり、危険を伴うという点では同じだと言える。


 サーチライトが届かない場所ではあったが、かえってその暗闇と静けさがセオン達の緊張感を高めていった。


 そしてその予想は残念ながら期待を裏切らなかった。


 まるでサメが様子を伺うかのように水中のあちこちに黒い影が現れ、水面下でゆっくりとセオン達の元へと向かってきたのだ。


 陸の上での戦いには慣れていたが、「TLUのマサ」も含め、水中の敵との戦いには慣れていなかった。

TLUのマサ



 マサ「くそ、これでは敵に近づかれて一気に攻撃を仕掛けられてしまう!」


 いくらマサの剣技が強烈なものであっても、水中では抵抗が大きすぎて自ずと威力も半減してしまうのだ。しかし、敵が水上に現れてからでは、リスクは大きいと言って良いだろう。


 セオン「みんな!覚悟を決めてくれ!」


 セオンはそう言うと回復魔法の準備を始めたのだった。しかし、その様子を見ていた「行動分析士モリーノ」だけは唯一落ち着き払っていた。

行動分析士モリーノ
 

 
 モリーノ「どうやらここは私の出番のようだな。水中にいるとは言え、奴らは必ず水上に上がって攻撃をしてくる。となると、奴らが出てくるのはこの舟の周囲でしかない。つまりは、行動分析魔法の出番と言うわけだ。まずは下がっておれ」


 モリーノは余裕の笑みを浮かべながらそう説明すると、両手を舟の左右の水面に向けて呪文を唱え始めたのだった。


 モリーノ「お前たちの動きは読めておる!ランディング・ペジ・フロースト!」


 モリーノの両手から放たれた青い光は凍えるような冷気を伴って水上に次々に現れた敵に迷う事なく突き進んでいった。


 その光を受けた敵は自身にまとわりついた水を凍らせられ、瞬間的に動きを封じられたのだった。


 「これでも受けろ!」


 好機とばかりにボルト、タムー、マサの3人は空中で身動きが鈍くなっている敵めがけて必殺の一撃を加えたのだった。


 「バシャーン」


 敵は彼らの攻撃を耐えかねてそのまま湖の底へと沈んでいった。


 セオン「やった!」


 モリーノの見事な魔法に驚きつつ、彼らは目の前に見える要塞へつながる岸へと舟を向けるのであった。



 >>第13話へ続く


 >>SEON2 登場人物紹介はこちら
 


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEON2

2014年01月07日

パクリサイトを倒した記事が完全パクリされました

 昨年の5月に「実験サイトのパクリサイトを倒しました」という記事を書いたのですが、年末に調べたところ、この記事が完全にパクられていました(完全一致レベル)。というわけで、年末忙しい時期にDMCA(デジタル ミレニアム著作権法)侵害の申し立てを行いました。


見事なまでの完全パクリサイト


 実はこの手のは今までにも何度もやられていまして、今回が初めてではないのですが、申し立てをしても次から次へと出てくる始末で困っています。今回もオチがありました。

「SEMアドバイザー」での検索結果



 昨年の12月25日に何の気なしに「SEMアドバイザー」で検索したところ19位に上記のものを発見しました。実は最初、自分のサイトだと思ってしまいました。タイトルタグ、meta description共に私のものそのままだったからです。


 しかし、よく見ますとアドレスが異なるというわけでクリックして中身を見てみると・・・

パクリサイトを倒した記事の完全パクリ



 前述の私の記事が「完全コピー」されてました。まさに綺麗に同じものがそこに・・・というわけです。ちなみにこのサイトのタイトルをクリックすると、多くの他コンテンツの完全パクリが確認できます。


早速DMCA侵害の申し立てを実行


 正直、年末なのでいつ審査してくれるかと思いましたが、気づいたからには申し立てをしないのもなんですので著作権侵害による削除の申し立てを実行する事にしました。


 ★参考:著作権侵害による削除
 
 
 書き方は今回は書きませんが、上記フォームの例のままに書けば誰でも申請できます。難しいものではありません。

DMCA申立て



 結果、12月28日の午前8時半には承認されて、無事にこのパクリサイトは検索結果に表示されないようになりました。しかし・・・


次なる刺客登場


 年末に削除できてよかったと喜んだのもつかの間、これに変わって別のページがランクインしてくれました。

別のページがランクイン


パクリサイト再び



 正直、「またか・・・」と思いましたが、とりあえずはじめてしまったので終わらせないとというわけで、これも即座に著作権侵害の申し立てをしました(12月28日)。


 なお、ここで私の本当の揺さBrain!はどこにあるの?と思った方もあると思いますので書いておきますと、下の図を見れば分かります。

SEMアドバイザーのサイトリンク



 ご存じの方もいると思いますが、私はサブドメインでの検証をしていますので、この「揺さBrain!」や「学生募集の宝箱」といったブログはサブドメインで運用しています。


 上記の図をよく見ると、そのサブドメインがサイトリンクの中に入ってしまっているのが分かると思います。


 このGoogleの仕組みのおかげで、かえって私のブログが目立たなくなり、パクリサイトの方が目立つというおかしな結果になっていました。


 これはこれで困りますよね^^;


新年早い段階で削除されました


 2回目の申し立てが12月28日というまさに年末でしたので、2013年内は当然の事ながら削除されませんでした。


 しかし、1月4日の22時ごろには無事に削除されました。そして次なるページはでてきませんでした。この点は良かったですね。


 ちなみに!

 
 何気に知らずに著作権侵害の申し立てをしている方もいると思いますので追記させて頂きます。

別のページがランクイン



 この画像を見ると、検索結果から削除されたページがある事が分かるわけですが、よく見ると「除外するに至ったクレームを確認できます。」という文言とリンクがある事が分かると思います。このリンクをクリックしますと・・・

全部見えてしまいます



 小さい画像で申し訳ありませんが(実物は検索すれば見つかります)、抜粋しますと上図のように申し立てをした人の名前、侵害内容(自分が書いたもの)、該当URLなどが全てわかるようになっています。


 つまり、誰がどういう事を申し立てて削除してほしいと言ったかが全て見えてしまうのです。この仕様はどうかなと思うのですが(名前を出したくない人もいるでしょうし)、これからDMCA申し立てをする場合にはこの点はご注意ください。


こんなサイトもありました(おまけ)


 今回の流れの中で見つけたつい笑ってしまったサイトをおまけで紹介いたします。同じく「SEMアドバイザー」での検索で出てきたものです。

気になるサイト



 このようなものが結果の中にあったので気になってクリックしてみました。


 すると・・・

SEMアドバイザー対策って何?



 SEMアドバイザーを対策する「らしい」方法が書かれてました。いやはや面白い・・・。


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!



posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEO






最近の記事