2014年01月31日

アクセス解析はどの指標を見れば良いですか?と言う前に

 今日はアクセス解析の話です。私はアクセス解析マニアではありませんが、Google Analyticsは毎日結構眺めている立場ではあります。通常は自分が設定したリアルタイムレポートを流しっぱなしにしています。


 今回の記事はアクセス解析畑というよりも広報畑の私の考えですので、専門の方からすれば「いや、違うでしょ」という部分もあると思いますが、その点は考え方の一つという事でご容赦下さい。


アクセス解析でどの指標を見れば良いか?


 さて、たまに「アクセス解析でどの指標を見れば良いか?」という質問を受けます。これは至極よくある話ではないかと思うのです。そして、私もおそらく初めて触る時には同じような疑問をもったでしょう。


 しかし、今思うにこれは少し手抜きな考えだったなと自分では反省しています。そもそもどんなデータがGoogle Analyticsで分かるのかを調べずに、詳しい人に言われた所だけを見ようとしているわけですから、それでは本当の意味で「その人」にあった情報が得られるか分からないわけです。


 正直言えば、その人の職種、業務、スタンス、目的、その他によって必要なデータは変わってくると思っています。もちろん、この数値を見ればこういう事が分かるよって話は出来ますが、アクセス解析を業務に役立てるという視点で言えば、お勧めを言われるがままに見るのではその後もアクセス解析を本気で生かしてくれるとは思えません。


まずはアクセス解析で何が分かるかは忘れませんか?


 アクセス解析を初めて見る方に私自身が言いたいのはこの部分です。Google Analyticsでどんな指標があるかとか全部無視してそんな所ではない所から始めてほしいのです。特に「広報担当者」はです(広報でなくてもそうではありますが)。


 では、何を意識するべきか?と言えば、やはり最初に考えてほしいのです。


「今、どんなデータがあったら、どういうアクションを取れますか?」



 という事です。Google Analyticsを先に見てしまうと(あるいはお勧め指標を聞いてしまうと)、それが基本になってしまい、その数値から分かる情報を考えてしまうようになります。そして、あまりに多くのデータが取れるために、かえってデータを生かすという所までたどり着けずに、「データが取得できて満足病」(そんな病気はありません)のような、おかしな満足感だけを得てしまうリスクさえあると思っています。


 そのため、まずは何が取得できるか?というのは忘れてほしいのです。欲しいデータがあり、そしてそれが分かればどういうアクションを取りたいという具体的なものがあるのであれば、その段階で「そのデータはここで見られます」と聞けば、きっとアクションにすぐに移せると思うのです。データなどは、はっきり言って生かしてこそ意味を発揮しますし、眺めて満足するものではありません。


 そのため、私のお勧めは、会社の広報メンバーでも何でも良いのですが、そういう方々でブレインストーミングなどを行って、どんなデータが欲しいかを話しあう方が良いのではと思っています。


 そして、そこで出る「欲しいアイデア」について、そのデータがあれば「こういう事をしたい」というアクションを考えてほしいのです。


 例として「広告出稿している媒体ごとの効果が分かれば予算配分を変える」でも構いません。


 アクセス解析の膨大なデータを見てからだと、かえって分かる事が多すぎて、あれもこれもとなってしまい、行動に移せない事もあるだろうと感じます。


データの取れない時代は工夫をしていました


 デジタルなデータが取れない媒体では工夫をするものです。


 例えばチラシなどを配る場合、どの時間帯に配ると効果がでるか?と考える場合、全て同じチラシを配っている場合には効果測定は出来ません。出来たとしても、どの時間はチラシの減りがはやいなというくらいでしょう。


 しかし、チラシの隅にでも時間帯ごとに異なる色をつけておけば、問い合わせが来た際にその色を質問する事で時間帯の情報が得られるようになるわけです。


 さらに担当者ごとのデータをついでにと言うなら、別の印をつけておけばそれでデータとして生かす事ができるようになります。誰が配った何時ごろのチラシか分かるというわけです。


 このアナログな情報を蓄積すれば、限られた予算で効果を最大限に出すタイミングなどが見つかる可能性があるわけです(当然ながら1日ではそれほどの情報にはなりません)。このアイデアは当然ながら「こういうデータが取れれば」というものから生まれています。だからこそ、すぐにアクションに移行できるのです。


 
 私は多くの情報はかえって動きを鈍くするケースもあると考えています。そのため私自身も何でもかんでも見ているわけではありません。


 実験サイトを作る際にも、その目的に応じてチェックする場所は変えています。もちろん、実際にはこの指標は必須でしょうというのはありますが、それでも、アクセス解析に慣れてない方の場合には、まず「この情報があればこんな事をしたい」というのを考えてほしいのです。


 そういうものをある程度出し切った上で、Google Analyticsにはどんな情報があるというのを知識として入れていけば、より一層の効果がでると考えています。


 何はともあれ、皆で頭をひねって意見を出し合うってのは良い事ではないでしょうか?




 さて、今回こんな記事を書いたのは物凄く昔のある出来事を久しぶりに思い出したからです。


 私が転職の面接を受けた際にある会社で広報用データベース(資料請求者DBです)を見せられました。そして「うちはこんなにデータを取っているんだ、すごいだろう?」というような事を言われました。


 そこにある入力項目の数は1,000を超えているという事でした。1人の個人に対し1,000以上の項目(フィールド)があったわけです。


 もうここまで聞けば分かると思いますが、データ取得満足病にこの方はかかっていました。そのデータベースは入力項目こそ多いものの、ほとんどの方で共通して取得できているデータはたかが知れていました。それこそ20もいってないと思います。


 使いこなせるなら私はこれがいくつでも構わないのですが、実際にはそんな事はありませんでした。


 そして、そのデータを取りまくっていた会社はその数年後になくなりました。膨大なデータなど生かせなかったのです。



 目的から必要な情報を考えればこんな事にはなりにくいのではないでしょうか?


 *月末なのでネタ画像は省きました


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!


posted by SEMアドバイザー at 08:00 | アクセス解析

2014年01月29日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第15話

SEONシーズン2



 本物語はSEOに関連した小説ですが、登場する単語や略語などは実在のものと似て非なるものですので、細かい突っ込みはご遠慮下さい。


 なお、SEONシーズン1を読まれてないと人物像などがよく分からない場合もございますので、別途作成しましたSEONシーズン1のPDF版をダウンロードしてご覧頂く事をお勧め致します。


 →「ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第1話」はこちら


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


**********************************


油断


 2人は焦っていた。


 敵に見つからないように細心の注意を払っていたはずが、あまりにあっけなく「魔道士イマジン」に見つかってしまったからだ。

魔道士イマジン



 タムー「クソ!クソ!クソ!」


 「周辺暴走士タムー」は帰り道を急ぎながら、その言葉を何度も口にした。おそらく自分ではそんなに言っているという感覚はなかっただろう。

周辺暴走士タムー(改)スペシャルエディション



 これほどまでの屈辱を味わった経験がないタムーにとって、イマジンに対する怒りは既に限界を超えていた。いや、既にタムーの中には「限界」という言葉さえも普通になるくらいの次元であった。


 モリーノ「落ち着け、タムー!そんなに急ぐと敵に見つかるぞ!」


 「行動分析士モリーノ」もまた焦ってはいたが、タムーをたしなめる程度の冷静さは持ち合わせていた。今は一刻も早くセオン達に状況を伝えねばならないのだ。

行動分析士モリーノ

  

 しかし、2人は完全なるミスをおかしていた。ここはオチ島なのである。敵のレベルは段違いに違うのである。怒りを消しきれずにいる2人が素通り出来る程甘くはなかった。


 大きな岩が複雑に入り組んでいる場所に足を踏み入れた途端、2人の顔から血の気が失われた。


 岩の陰から突如として現れた10人ほどの敵がジリジリと包囲してきたのである。


 セオン達がいるならば恐れるほどの事はなかったが、今は2人しかいないのだ。しかも、セオンのスーニペットもないため、敵の攻撃パターンも読めない。


 モリーノ「まずい!囲まれてしまったか。タムーよ、ここは一点突破で行くしかなさそうだ。」


 セオン達のいる場所へ一歩でも近づくための目の前の道を見つめながら、モリーノはタムーに合図を送った。


 タムー「うむ、それしかないようだ。」


 珍しく額に汗を滲ませたタムーは鉄の爪を出すと突撃の構えを取ったのだった。自分が機先を制するとばかりに大地に足を思い切り踏み込んだ。


 タムー「いくぞ!タッチデバイス・アタック!」


 ロケットが飛び出すかのように直線上の敵に真っ直ぐに突っ込んだタムーは、両手を突き出し肉球で激しい攻撃を加えた。


 ゴムのような弾力性のあるパンチを食らった敵は想像以上のスピードで後方にあった大木に身体を打ち付けられた。


 「ドシン!」


 タムーの攻撃はそれだけでは終わらなかった。


 敵が大木に身を任せた瞬間にさらなる追撃をかけ、鉄の爪で敵の身体を貫いたのだった。


 「グググ・・・。」


 敵はうめき声とも言えぬ声を出して、たまらず倒れ伏した。


 タムー「今のワシは強いぞ!かかってこい!」


 敵を1人倒して自信をつけたタムーは、予定変更とばかりに振り向いて全滅させる事にしたのだった。


 モリーノ「何をやっておる!タムーはやく前方へ抜けるのだ!」


 タムーの浅はかな戦略をモリーノはたしなめた。しかし、時既に遅し。せっかく血路を開いたにも関わらず敵に体制を整えさせる時間を与えてしまったのである。イマジンへの怒りが判断力を奪っていた。



 敵は仲間の1人を失う失態を演じたが、既に持ち直していた。タムーとモリーノが攻めあぐねていると、リーダーらしきものが突然右手をあげて合図を送った。


 その合図を待っていたとばかりに敵の集団の容姿は懐かしいような曖昧な色合いに変わっていった。そして、2人にとって不幸だったのは、それが精神攻撃だという事に気づくのが遅れてしまった事だと言える。


 タムー「なんだか、戦う意思がもぎ取られていくようだ・・・。」


 戦う意思ばかりではなく、立っているのも面倒になってきたタムーはそのまま地べたへと座り込んだ。


 モリーノ「こいつらは一体・・・。」


 意識が朦朧とする中、敵の集団が一斉に武器を振り上げるのが分かった。そして、それぞれ自分の最期を悟ったのだった。


 その時。


 ???「助太刀いたしますぞ!」


 そう叫ぶ声が2人に聞こえた。


 声の主は影だけを大地に残しながら、風のような動きで敵の各個撃破を試みていた。


 ???「必殺忍法!シキソー・サイド剣!」


 声の主は小太刀を懐深くに構えると、敵に向かって横殴りに斬りかかった。


 斬りかかられて深手を負った敵の姿は一瞬にして術前の姿に戻っていた。


 モリーノ「おお!松村丸!」


 敵をかく乱していたのは、他でもない「忍者松村丸」だった。忍者組織は今はモリーノの指揮下で動いていたのだが、今回の旅立ちをいち早く聞いて単身加勢に向かってきたようだった。

忍者松村丸



 松村丸「まずは敵にトドメを!こやつらはフルボケータ・ピクトといい、こやつの術にかかるとやる気を抜き取られてしまうでござる!」


 その言葉を聞くまでもなくタムーとモリーノは反撃の行動を開始していた。


 松村丸の攻撃を受けて弱っていた敵が2人の攻撃に耐えられるわけがない。


 タムーは渾身の必殺技「サシカーエ・パンチ」を繰り出して敵を翻弄した。左のパンチで記憶にダメージを与え、右のパンチで別の記憶を刷り込むという特殊パンチである。


 形勢を逆転されたと見た敵のリーダーは撤退の合図をすぐに出したが、それはモリーノの思うツボでしかなかった。


 モリーノ「お前たちの動きは読めておる!メイン・ストリーーーム!」


 思いも寄らぬ4本の光の柱に閉じ込められた敵の集団は、モリーノの「離脱!」の声をこの世の最後の言葉として聞く羽目になった。


 松村丸「流石ですな!」


 モリーノの技を見るのは初めてだった松村丸は大声を上げていた。


 モリーノ「いやいや、お前の助けがなければ今頃はあの世でこれからの行動分析をしていた所だ。礼を言う。」


 タムー「本当にその通りだ。ワシらの命を助けてもらって感謝する。本当に助かった。」



 自分のせいで危険な目にあってしまっただけに、タムーには珍しく素直に感謝をしていた。


 モリーノ「ここで油断をしてはいけない。セオン達の元へ急ぐぞ。」


 3人が先を急ぎつつも用心を怠らなかった事は言うまでもない。



 >>第16話へ続く


 >>SEON2 登場人物紹介はこちら
 


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEON2

2014年01月28日

どんな記事にも学ぶところがあると考えるだけで成長できる

 今日は「どんな記事にも学ぶところがあると考えるだけで成長できる」という話です。皆さんはいろいろな記事を毎日読まれていると思いますが、どういう気持ちで読んでいるでしょうか?


学びのない記事はない


 こんなタイトルをつけますと、「クソな記事はクソだ」という過激な意見を言われる方もいる事でしょう。その通りではあるのですが、実はそこから学びを得ている事に気づかなくてはいけません。

 
 例えば、ほんの数行の記事を読んで「役に立たない」と思われた場合、少なくとも、「自分はもっと深い記事を書こう」という気持ちになるはずです。もちろん、「時間の無駄だった」と思うかもしれませんが、それと同時に、人に記事を読んでもらうという事は「その方の大切な時間を投資してもらっている」と考えるかもしれません。


 要はどんな記事を読んでも、その記事そのものの内容が自分に役立つ、役立たないに関わらず、何らかの気持ちが生まれる要素にはなっているはずなのです。


 良い記事を読んで、それ以上の記事を書こうと思うのも学びですし、悪い記事(と感じるもの)を読んで、こんな記事は役に立たないと思うのも、学びになっているというわけです。


自分の嫌いなタイプの記事にも学びがいっぱい


 コンテンツとしては充実しているものの、自分には合わない記事というのはあると思います。ブログで言えば、著者が嫌いという事もあるでしょう。


 しかし、そういう感情の動きが生まれるというのは裏を返せば読み手に何らかの心理的な影響を及ぼしている証拠であり、何の感情の変化も呼び起さない記事に比べて学びの要素はあると言えます。


 そもそもどんなヒット商品でもファンとアンチはいるわけで、そのいずれにもならないような商品はそもそも印象にも残ってないという事になります。


 また自分が嫌いだ(あるいは合わない)と思うにはその理由があるからこそですが、その理由をきちんと踏み込んで考える事で、どういう風に工夫すれば好きになれると思うかなど、発想の起点にもなると思います。


手前味噌ですがSEONもどうぞ


 さて、エラそうな事を書いているこの私も、最近真面目に書いているものと言えば、SEOの世界を冒険小説にした「SEON」です(ただ今シーズン2です)。


 あまり人気がないのですが、これも実は学びがあるはずだと考えています。


 自分で言うのもなんですが、SEONというのは実際にソーシャルで知り合った方が出演するもので、どのようなキャラ設定になるかは私の裁量に任されております。そのため、出演者本人もどうなるか分からずというようなふざけた小説です。


 そもそも書いている私でさえも、この先を知りません。最近はキャラクターが勝手に行動して話を進めていくという状況です。

 
 前置きが長くなりましたが、こういうネタ(悪く言えばバカバカしいもの)小説は役に立たないかと言えばそうでもありません。これを読んでどんなアイデアをひらめくかは人によりますが、私自身がこの小説が進むにつれて学んでいるという事実もあります。


 さらにいえば、バカな企画をやると、たいていの企画は恥ずかしくなくなるという利点があります。常にスタイルを気にしていると、自分のアイデアがその範囲を超えられなくなるという事もありますので(それはそれで良いと思います)、いろいろと試したいならば、ばかげた企画もチャレンジすると、一気に自分の可能性も変わってくると思います。


 というわけで、SEONシーズン1から読んでやるという方はこちらのPDF版をご覧ください(ちなみにシーズン1から読まないとあまり意味はありません)。


 そして、その後は現在進行中のシーズン2をブログにてご覧ください。


 どんなものにも「学びはあるのです」から!


 ・・・と言いつつSEONの宣伝が目的だとどの辺で気づかれたでしょうか?^^


 加えて、土曜日に更新した「Googleの音声検索の精度を確かめる私史上最もくだらない実験」なんて、○○ですよ!


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 12:06 | マーケティング

2014年01月25日

Googleの音声検索の精度を確かめる私史上最もくだらない実験

 今日は土曜日という事で、真剣な実験ではあるものの完全なネタでしかない実験結果をご紹介いたします。


 今回の実験はずばり「Googleの音声検索」です。Googleならどこまでやってくれるか?という事でいろいろと試してみました。


Googleの音声検索実験概要


 今回の実験ではGoogleは音声で検索する人のニーズや背景をどれだけ捉えて検索してくれるか?を考えて実験してみました。


 最初に書いておきますと、この実験結果はこの先を読み進む事もなく皆さんの(私もそうですが)、予想通りの結果にしかなっていません。当たり前の結果です。


 しかし、もしかすると数年後のGoogleは今回と同様の検索を行ったら、もしかすると素晴らしい検索結果を出すのではないかと考え、ネタになってしまったものの記録として残す事にしました。


 検索キーワード(口頭で検索)・・・「花屋お願いします」


<実験1>普通に話す

・検索結果

普通に話す



 ここに来て、「花屋お願いします」っておかしいだろとか、キーボードで検索する時、こんな言葉で探さないだろとか自分で突っ込んでしまいましたが、まあどうせネタなのでいいやって事にしました。


<実験2>悲しそうに話す

・検索結果

悲しそうに話す



 悲しそうに話したら、Googleならさらに気持ちを読んで、「白いカーネーション」などを提示してきたらビビるとか思いましたが、そんな事には当然ながらなりませんでした。残念。


 なお、悲しそうにしすぎてためを入れた結果、検索ワードにスペースが入ってしまった事で、少しだけ順序が変わっています。


 実際には今回の実験はこれで終わりなのですが、どうせくだらない事をやるならといくつかやってみました。


おまけのどうでも良い音声検索実験




<実験3>ドスをきかせて話す

・検索結果

ドスをきかせて話す



 ここに来て「何やってるんだろう?」って本気で感じている所です。そもそもドスをきかせて話してどんな検索結果なら満足するんだ?って自問自答してしまいました。どうでも良い実験です。普通と同じですね。


<実験4>なまって話す

・検索結果

なまって話す



 そもそも方言を知らない私が「なまって」とはどういう事かと疑問を抱きつつも、テレビでよく見る感じで話してみましたが、その方言(いい加減な)の地域を特定して検索結果を変える事はしてくれませんでした。方言の地域からそこの花屋を出したら凄いと思いましたが、前述の通り、正しい方言を知らない私にこの実験は不可能だという結論に達しています(そもそもなまっているだけで、方言ではないですしw)。


<実験5>ルパンの物まねで話す

・検索結果

ルパンぽく話す



 検索窓を見ると物まねをしたのが分かるのですが、恥ずかしさのみが残る実験でした。検索結果はと言えば、さすがルパンです。他のとは異なる結果をGoogleから引き出しました。最後に伸ばす所をGoogleは察知したのか、「お願いします」を最重要と認識した様な検索結果になってしまいました。後、きちんと検索してくれるまでにやり直した回数が一番多かったのはこの実験でした。


まとめ


 今回の実験で感じた事。


「ルパンは音声検索には向いていない」



 以上。ただのネタなので、怒らないようにお願いします。いい年してバカな実験をやっている2014年1月。



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!


posted by SEMアドバイザー at 08:00 | Google

2014年01月24日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第14話

SEONシーズン2



 本物語はSEOに関連した小説ですが、登場する単語や略語などは実在のものと似て非なるものですので、細かい突っ込みはご遠慮下さい。


 なお、SEONシーズン1を読まれてないと人物像などがよく分からない場合もございますので、別途作成しましたSEONシーズン1のPDF版をダウンロードしてご覧頂く事をお勧め致します。


 →「ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第1話」はこちら


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


**********************************


要塞偵察


 仲間から送り出されて要塞偵察へと向かっていた2人は道中も問題なく進む事ができた。


 特殊な地図を使う事ができる「行動分析士モリーノ」の能力は隠密行動をするにあたって多大な効果を発揮したのだった。また行動分析能力のお陰もあり、敵の動きを読みつつ歩を進められたのも大きい。

行動分析士モリーノ



 モリーノ「間もなく要塞の近くのはずだ。タムーよ、とにかく用心してくれ。」


 セオンに諭されたにも関わらず身体から殺気を隠し切れない「周辺暴走士タムー」に念を押した

周辺暴走士タムー(改)スペシャルエディション



 タムー「ワシの役目は理解しているつもりだが、イマジンへの怒りから殺気が勝手に出てしまっているのだ・・・。」


 タムー自身も自分の気持ちをコントロールしきれていないようだった。戦いの場では常に冷静になれる歴戦の勇者までがそうなってしまうくらい、共に戦ったイマジンから裏切られた事が辛かったのだ。怒りよりも悲しみの方が大きかったのかもしれない。


 モリーノ「とりあえず、今回は様子見で来ただけだ。決して自分の武をひけらかして敵と戦おうとなどとしない事だ。」


 その言葉を心に刻みつけるかのようにタムーは静かに頷いた。


 そして進む事10分・・・。


 ついに2人は要塞の様子が見える場所へとたどり着いた。要塞を囲む雑然とした樹木がかえって自分達の姿を敵から隠してくれていた。


奥義炸裂


 要塞内での作戦会議を終えたオートパクラーと「魔道士イマジン」は要塞を囲う回廊を歩いていた。

魔道士イマジン



 回廊からは周囲を一望でき、夜になると景色を肴に宴などもよく催されていた。オチ島で唯一とも言える景色を楽しめる場所だ。


 回廊を中ほどまで過ぎた時、イマジンはふと足を止めた。


 オートパクラー「どうしたのだ?」


 回廊から遠く離れた場所を目を凝らして見ていたイマジンは振り返って笑顔で答えた。


 イマジン「いえ、オートパクラー様にご覧頂こうと思っていました奥義をここで披露させては頂けないかと思いついた次第です。」


 大魔法使いの奥義と言われれば見たくないわけがなかった。


 オートパクラー「それは是非とも見てみたいものだ。ここで見ておれば良いのだな。」


 イマジンは頷くと目の前に広がる樹林に向けて呪文を唱えだした。


 イマジン「天の声を聞きたまえ!我の思いと共に!」


 両手を天に向け、その天を抱え込むように腕を旋回させると魔力を身体中から振り絞るように右手を前方へと突き出した。


 イマジン「ホワイトハット・エクスプロージョン!」


 イマジンの右手からは白い光をまとった弾がまるで銃を連射するかのように何発も放たれたのだった。


 「ドンドンドンドンドンドンドンドン」


 どれほどの弾がイマジンの右手から旅立ったか分からないくらいに前方の樹林のそこかしこに突き当たっては爆音を轟かせた。


 オートパクラー「おお!これは見事だ!」


 あちこちに見える煙がまるで芸術品のように揺らめいていたのだった。


 オートパクラー「イマジンよ!その力で奴らの息の根を共に止めてやろうぞ!」


 上機嫌になった2人は笑いながら回廊を後にしたのだった。




 その頃・・・。




 タムー「イマジンの野郎!またしても本気で狙いやがった!」


 イマジンが奥義を向けた場所はまさしくモリーノとタムーのいるすぐ近くに向けてだったのだ。


 モリーノ「あれだけの魔法を打ち込んでくるとは気付かれたに違いない!ここは危険だ!すぐにみんなの元へ戻るぞ!」


 作戦を練り直す必要があるとばかりに2人は急いでセオン達のいる場所へと戻る事にしたのだった。



 >>第15話へ続く


 >>SEON2 登場人物紹介はこちら
 


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEON2






最近の記事