2013年12月13日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第8話

SEONシーズン2



 本物語はSEOに関連した小説ですが、登場する単語や略語などは実在のものと似て非なるものですので、細かい突っ込みはご遠慮下さい。


 なお、SEONシーズン1を読まれてないと人物像などがよく分からない場合もございますので、別途作成しましたSEONシーズン1のPDF版をダウンロードしてご覧頂く事をお勧め致します。


 →「ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第1話」はこちら


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


**********************************


オチ島を目指せ


 早朝。


 セオン達5人はセオ村の入口に集まっていた。各々の装備や気力は次なる戦闘に向けて充実していた。戦いのなかった10年間のブランクを感じさせないくらいに満たされていると言っても良いだろう。


 また、新たに行動を共にする「行動分析士モリーノ」の存在も大きかった。苦楽を共にしたイマジンという魔法使いを欠いたセオン達にとって、行動分析魔法はとてつもなく心強いものだった。

行動分析士モリーノ



 モリーノ「さて、オチ島を目指して出発だ。」


 モリーノの号令の元、セオン達はサカノミ村救出への第一歩を踏み出した。


 「獣戦士ボルト」は歩きながらオチ島について気になった点を口にした。オチ島中心部に詳しいメンバーはこの中にはいなかったからだ。

獣戦士ボルト



 ボルト「モリーノ、今から向かうオチ島中心部というのはどういう所なのですか?」


 するとモリーノは地図を広げて丁寧に説明してくれた。


 モリーノ「オチ島そのものは私たちがいる大陸からそれほどの苦もなく行けるのだが、問題は中心部なのだ。この地図を見ても分かるように中心部は大きな湖によって囲まれているのだが、問題はこの中心部につながる唯一の吊り橋を渡れるかどうかという事なのだ。」


 モリーノの説明を聞くと、仲間の中では最も多くオチ島での戦闘をこなしている「TLUのマサ」が口を開いた。

TLUのマサ



 マサ「モリーノさんの言うとおりです。私はオチ島中心部が望めるところまで行った事がありますが、この吊り橋の入口には関所が設けられており、かなりの数の敵が駐屯しています。この人数でそこを抜くのはかなり困難な事ではないかと。」


 敵の集団の中に単騎で斬りこんでもひるまないマサがそう言うのを聞いてセオン達は眉間に皺を寄せた。マサが恐れるほどの場所にたった5人で攻め込むのは無謀とさえ思えてきた。


 そんな時、なぜか意気揚々の「周辺暴走士タムー」が声高に叫んだ。

周辺暴走士タムー(改)スペシャルエディション



 タムー「マサさんらしくない!今の我らは10年前とは違います。そんな敵でもきっと我らの前にひれ伏すに違いないです!」


 そう言うと最近お気に入りのタムー式シャドーボクシングを始めたのだった。


オチ島ミーティング


 オチ島中心部にある塔の一室「怖キング・スペース」ではブラックハッ党のメンバーによる会議が行われていた。王を恐れる者たちが集まる部屋という事で自然とその名がつけられたのだった。


 サカノミ村に続く全地域の征服作戦を練っていたのである。


 オートパクラー「皆の者、よく集まってくれた。まずは紹介しよう。この若者はイマジンと言う。彼はホワイトエリアに詳しいため、今回の作戦参謀になってもらう事にした。」


 そう紹介された「魔道士イマジン」は椅子からさっと立ち上がると深々とお辞儀をして居並ぶブラックハッ党幹部のメンバーに挨拶をした。

魔道士イマジン



 イマジン「皆さん、初めまして。魔道士のイマジンと申します。ホワイトの館出身の奴らの生温い生き方に嫌気がさして、皆様の傘下に入らせて頂く事になりました。奴らを完膚なきまでに叩きのめしたいと思っています。」


 言葉こそ丁寧なものの、そこには昔のイマジンの面影はなかった。黒いマントで全身を覆ったイマジンの目つきは怪しくぎらついていた。


 オートパクラー「そう言えば、イマジンは我らの組織に入るにあたり、昔の仲間をあの世に送っている。あいつは何と言ったかの?」


 その言葉を聞くとイマジンは手を横に軽く振ったのだった。


 イマジン「タムーの事ですね。あんなマタタビマニアは私が手を下すまでもなく自滅していたでしょう。あんなのと一緒に戦っていたなんて、葬りたい過去でしかありません。まあ、そんな彼も私の魔法一発であの世行きでしたけどね。」


 そう言うとイマジンは静かに席に腰をおろしたのだった。


 


 >>第9話へ続く


 >>SEON2 登場人物紹介はこちら
 


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEON2

2013年12月09日

アクセスアップにはリピーター向けコンテンツを用意するべし

 サイトへのユーザーを増やすためにロングテールSEOなどを駆使してアクセスアップをはかるわけですが、サイトを育成するためには、リピーター対策は欠かせません。


新規ユーザー向けコンテンツだけでは限界がある


 SEOが成功すると新規ユーザーが多く流入するわけですが、新規でアクセスした方が二度と訪れないような環境よりも、リピーターとして何度も足を運んでもらえる方がサイト価値というのはあがります。


 特にECサイトなどはそうですが、ファンとなって何度も来てもらわないと、新規ユーザーだけを相手に商売をする事になるため、売上も不安定になってしまいます(SEOがうまくいかず順位が下がった場合にはリピーター対策をしていなければ危機的状況になる可能性さえあります)。


 そのため、コンテンツを作る際は単体でアクセスを集める事ができるものだけを用意するよりも、継続して繰り返して足を運んでもらえるコンテンツを用意しておく事が重要だと考えます。


 ここでサンプルとして私の実験サイトの一つの状況をご覧いただきます。


<新規向けコンテンツのユーザー割合>

新規向けコンテンツ



 こちらは意図的に新規ユーザー向けに作っているコンテンツですが、その目論見通り、圧倒的に新規ユーザーが多いのが分かると思います。87.5%が新規でリピーターは12.5%しかいません。


<同じサイト内のリピーター向けコンテンツのユーザー割合>

リピーター向けコンテンツ



 こちらは新規ユーザーもリピーターも使えるコンテンツにしていますが、内容的にはそれこそ毎日見に来ても問題のないものを作っています。そのため、先ほどのコンテンツが圧倒的に新規が多かったのに対し、リピーターの方が多くなっています。


リピーターを呼び込むためのコンテンツはどういうものか?


 リピーターとしてユーザーがサイトに足を運ぶにはいろいろなパターンがあります。例えば様々な意見などを書くブログの場合、自分が読んだブログが役に立つと思えば、次回以降の記事も読む可能性が出てきます。


 つまり、記事そのものへの期待からリピーターになるというケースです。


 しかし、実際にはそういう記事ばかりが書けるわけでもないですし、そもそも企業サイトではそういう記事が難しい場合があります。


 となりますと、「継続してアクセスする事に意味があるコンテンツ」を検討する事になります。


 私の場合は何かと言いますと、誰でも作れるものではありますが、他の方がやりたがらない「物凄く面倒なコンテンツ」を作っています。多くの方が面倒だからという事で敬遠している事をコンテンツとして用意する事で、この情報なら「このサイト」という認識を抱いてくれていると思います。


 サイトの性格によって、このリピートに値するコンテンツと言うのはまちまちだと思いますが、「うちの業種には無理だよ」と思うものであっても、考えれば意外と出来るものです。


 自社サイトにアクセスするユーザーにとって「どんな情報なら再度アクセスしてまで知りたいか?」というのを考えると良いでしょう。


 リピーターは言い換えればファンとも言えますので、まだ自社サイトを知らない第三者への口コミをしてくれる可能性も高い方でもあります。そのため、リピーター向けコンテンツを用意する事は、ひいては新規ユーザー向けのコンテンツにもなりうるという事なわけです。


 Webだけに限らず言えますが、まだ見ぬユーザー(新規ユーザー)の獲得だけに力を入れるのは広報的には間違いと言えます。


 リピーターにもきちんと目を向ける事で結果として良い流れが生まれるという事を忘れないでください。



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!



 
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEO

2013年12月06日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第7話

SEONシーズン2



 本物語はSEOに関連した小説ですが、登場する単語や略語などは実在のものと似て非なるものですので、細かい突っ込みはご遠慮下さい。


 なお、SEONシーズン1を読まれてないと人物像などがよく分からない場合もございますので、別途作成しましたSEONシーズン1のPDF版をダウンロードしてご覧頂く事をお勧め致します。


 →「ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第1話」はこちら


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


**********************************


モリーノの情報


 モリーノと出会ったセオン達4人は宿場の奥にある部屋で向き合った。セオンにとっては生家があったが、家族に迷惑がかかってはいけないという事で宿場に仲間と一緒に泊まる事にしたのだった。


 セオン「モリーノ、WMTのメッセージに関する情報を何かお持ちなんですか?」


 「行動分析士モリーノ」は少しの沈黙を置いてから口を開いた。

行動分析士モリーノ



 モリーノ「うむ。おそらく予想はしていると思うが、WMTのメッセージはブラックハッ党の奴らに持って行かれた。サカノミ村の混乱を長引かせて、他の村への見せしめとするのが目的のようだ。」


 「周辺暴走士タムー」はそれを聞くと思い出したように怒りだしたのだった。

周辺暴走士タムー(改)スペシャルエディション



 タムー「くそ!ブラックハッ党め!あいつらに加担したイマジン共々、ワシが成敗してくれる!」


 部屋の中で騒々しくシャドーボクシングを始めたタムーを尻目にセオンは質問を継いだ。


 セオン「モリーノはブラックハッ党がどこに行ったか分かりますか?」


 それと聞くとモリーノは用意していた1枚の地図を広げた。それは行動分析士のみが使う事のできる「リアールタイムの地図」と呼ばれるものだった。地図の上では様々な点が忙しげに動いていたのだった。


 モリーノ「まず、これを見てほしい。この地図は私の元を訪れた勇者達の現在地が分かるようになっている。今ここにある点がお前たちをさしている。セオ村にあるのが分かるだろう。しかし、この地図ではブラックハッ党の奴らと奴らの占有地であるオチ島内部の詳細が分からないのだ。」


 モリーノが指した地図上のセオ村と見られる位置には確かに4つの点が点滅していた。


 ボルト「とすると、今、WMTのメッセージがどこにあるかは分からないという事ですか?」


 片耳をそば立てて聞いていた「獣戦士ボルト」が尋ねた。心中ではゆっくりしている暇はないという焦りの気持ちが生まれていた。

獣戦士ボルト



 モリーノ「以前まではそうだったと言えるだろう。しかし、お前たちが気づかない内に私の元へ来た者にはある仕掛けをしておいたのだ。それが「クロスド・メイン・トラキング」というものだ。」


 セオン「それは何ですか?」



 焦るセオンを微笑ましく見守りつつ、もう一枚の地図をモリーノは広げた。


 モリーノ「これはオチ島の地図だ。ブラックハッ党の奴らの位置は分からないが、「クロスド・メイン・トラキング」を身体に仕込んでいるイマジンがどこにいるかは教えてくれるのだ。つまり、ブラックハッ党と共にいるイマジンを追跡すれば自ずと奴らを捕まえる事が出来るというわけだ。」


 4人「おお!」


 4人の視線の先には地図上のオチ島中心部で点滅する「魔道士イマジン」がいたのだった。

魔道士イマジン



 タムー「待っておれ、イマジン!今ワシがそこにいくからな!首を洗って待っとれ!」


 顔を紅潮させて叫ぶタムーの目はギラギラしていた。

モリーノの隠された技


 5人が地図に見入っていた時、部屋の外に何者かの気配がしたのを「TLUのマサ」は見逃さなかった。


 マサ「皆さん、悪意を持った何者かが部屋の外にいるようです!気を付けてください。」

TLUのマサ



 マサの言葉を聞くと仲間の顔は引き締まった。既にセオ村にもブラックハッ党の連中が入り込んでいたようだった。


 次の瞬間。


 扉が開いたかと思うとブラックハッ党の刺客らしき者が数名、物凄い形相で5人を睨み付けてきた。


 マサ「皆さん、ここは狭いので私に任せてください!」


 そう言うや横に置いていた大剣を両手で握りしめると敵をけん制しつつにじり寄った。すると、モリーノの口から予想外の言葉が発せられたのだった。


 モリーノ「マサよ、たまには私に花を持たせなさい。」


 4人「え!?」



 驚いている4人を涼しい顔で流したモリーノは、座ったまま右手をすっと挙げて呪文を唱えたのだった。


 モリーノ「お前たちの動きは読めておる!メイン・ストリーーーム!」


 モリーノが右手の親指を下に向けると同時に、4本の光の柱が天井の上から突き刺さるように降りてきて敵を閉じ込めたのだった。そして、4人が呆気にとられているのを身体で感じつつ、続く呪文を唱えたのだった。


 モリーノ「離脱!」


 その言葉と同時にまばゆい光を放つ牢屋の中では小さな爆発が起こり敵を跡形もなく殲滅した。


 マサ「こ、これは!」


 驚いている4人に向かってモリーノは目の前の地図を丁寧にしまいつつ説明したのだった。


 モリーノ「最近は使う事もなかったが、実を言えば私は行動分析魔法の免許皆伝者なのだ。行動パターン予見を応用する特殊魔法だ。この部屋は狭いため、自ずと敵の動く道は限られるというものだ。」


 そう言うと何事もなかったかのようにモリーノは残っていたお茶を一気に飲み干したのだった。



 >>第8話へ続く


 >>SEON2 登場人物紹介はこちら
 


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEON2

2013年12月03日

検索エンジン最適化はするな

 本日のテーマは「検索エンジン最適化はするな」です。


Googleの言いなりではありません


 こんな事を私が申しますと矛盾に感じると思いますが、今の私の方向性はまさにこの言葉の通りです。

 
 私たちがWebサイトを使って成功したいなら、検索エンジン最適化を目指してはいけないという事です。もう、聞き飽きた方もいるとは思いますが、ユーザー最適化を考えるのが一番だという事です。

目指せ!ユーザー最適化!



 こう書きますと、「Googleのいいなりになって」とか感じる方もいるかもしれませんが、いやいや違います。SEO(検索エンジン最適化)が目的になるのが良くないと言っているわけです。この目的が常に頭にあると、SEO会社からの電話営業のうまい言葉にころっといってしまうわけです。


 上位を目指しませんか?というのは既に少しずれた発想だと思わなくてはいけません。私たちが目指すのは売上アップが先であって、上位が先ではないのです。


 SEOでよくある事例として上位になっても、一向に売上が上がらないケースというのはあると思います。いや、日常茶飯事だとも言えます。


 その理由は簡単です。


1.ユーザーを見ていないからユーザーの求めるキーワードが分かってない

2.ユーザーを見ていないからユーザーが求めるコンテンツが揃ってない

3.ユーザーを見ていないから上手にサイト内で道案内ができていない



 わけです。


 私はよくこう言います。


 「限られたアクセス数ならコンバージョン率を上げるための施策に取り組むべき」という事です。アクセス数がそもそも多くないキーワードというのも存在するわけですが、売上をあげる一番の近道は上位に上げる事よりも、コンバージョン率を上げる事だと思っています。


 普段が1%のコンバージョン率の場合、その数値を倍にするにはどうしたら良いかというのを考えるわけです。その施策をするには、それこそユーザー最適化をしていなければ難しいわけです。そして、もしこの施策がうまくいけば、上位になった際にも、その効果をもったままの結果に結び付ける事が可能になるわけです。


SEOももちろん大事です


 SEOをするなと書いておいて、今度は大事だと言うのか?と思われるかもしれませんが、まあ、落ち着いてください。


 今回、極端なタイトルをつけた理由は、こうでも言わないとなかなかSEOの本当の目的を思い出せない方もいるからです。


 あまりに上位表示だけにこだわって、お客様の気持ちを考えないでいると、ろくな結果にならないからです。そういう人にははっきりと、一度SEOは考えずに、ユーザーを考えてはいかがですか?と言いたいわけです。


・本当にサイト上にあるその「メッセージ」は伝わるものなのか?


・多くのバナーがある事で道に迷わないか?


・不必要な情報(得てしてわざわざ入れたくないもの)までフォームに入力を求めてないか?


・その商品の説明は本当に適切か?知らない人に伝わる言葉なのか?


・コンバージョンしても良いと思えるくらいの安心感を与えているか?



 きりがないので一部だけにとどめますが、上位表示以前に上記の事は重要な事なわけです。これらを見直すだけで、アクセスは変わらないにしても、結果は変わる可能性があるわけです。


 しかも、これらの事はSEO施策をして、順位があがるのをじっと待つ間にいくらでもできる事なわけです。やらない理由がそもそもないと思いませんか?


ユーザー最適化があって、はじめて検索エンジン最適化が生きてくる

 
 もう一度言いますが、SEOは当然ながら重要です。しかし、ユーザー最適化があってはじめて最大の効果を出すのがSEOなのです。

SEOももちろん大事です



 単純に上位だけを目指して、サイトコンテンツを顧みないというケースの場合、残念ながら支払ったお金に対する期待するほどの結果がついてこない事はざらです。


 それでも人は上位に来れば、売上は必ず上がると信じているわけです。もちろん、上位に上がるだけで売り上げが飛躍的にあがるタイプの商材もあるでしょう。


 そういう商材は既に商品に信頼感がある場合が多く、それがもし未知数の場合には、サイトコンテンツがユーザーに向けて最適化されてなければ、思うような結果にはなりにくいのです。


 ユーザー最適化って、何をすれば良いのか?という話になるかもしれませんが、それも商材によって見せ方は変わりますので、「こうです」とは一概には言えません。


 ただ、まずはサイトを単純に「伝える」という役目から「伝わる」という状態に持っていく事が肝心なのです。伝えるのは簡単ですが、きちんとユーザーに伝わるかというのはそれ程簡単ではありません。


 これらのユーザー最適化が土台にあってこそ、SEOは効果を最大限に発揮します。


 というわけで、まずは順位云々は忘れて、サイトと向き合ってください。足りないもの、直すべき部分などいくらでも出てくるはずです。その上で検索エンジン最適化を考えれば、良い結果に結び付くと思います。



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!

 

posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEO

2013年12月01日

SEON2 登場人物紹介

 SEON2に参加して頂いている方をこちらで紹介していきます。順次、登場人物を追加していきます。


SEON2 登場人物紹介


 以下は登場順となります。

★セオン>タイプ:回復・補助魔法系

 本物語の主人公。SEOの真理を求める旅で多くの仲間と出会う。幾多の試練にも正義の心で立ち向かっていく。


★獣戦士ボルト>タイプ:肉弾系戦士・・・運営サイト:SEO対策 e-search

獣戦士ボルト


 セオンの幼馴染。不思議な力を宿しており、その力は謎に包まれている。いつも前向きな思考でセオンと共に行動をしている。


★TLUのマサ>タイプ:大剣使い・・・運営サイト:モバイルSEOの勧め

TLUのマサ


 最強の戦士。強さをひけらかす事なく、誰に対しても丁寧に接するその姿はまさに尊敬に値する戦士である。


★周辺暴走士タムー>タイプ:肉弾系戦士・・・運営サイト:seoとその周辺

周辺暴走士タムー(改)スペシャルエディション


 変身能力も併せ持つ歴戦の戦士だが、最近はほぼ猫の姿でいる。いつかはマサのような戦士になりたいと切望している。少しおっちょこちょいだが、戦いに入るとその実力は只者ではない。


★魔道士イマジン>タイプ:魔法使い・・・運営サイト:SEO Imagination!ブログ

魔道士イマジン


 生真面目で物腰柔らかい魔法使い。まだ若いながら数多くの攻撃魔法を使う事ができる。セオン達の仲間だったはずが・・・。


★行動分析士モリーノ>タイプ:特殊系・・・運営サイト:運営堂

行動分析士モリーノ


 冒険者のサポートをしつつ常に的確なアドバイスを行っている。いつもはモニターを通して指示や依頼を与えているが、モニター外での能力が今明かされる。


★変化士カズ>タイプ:特殊系・・・運営サイト:UMA

変化士 カズ


 奇妙な姿を持った特殊系戦士。サイ・シンサ魔法という風を操る術を使う。また変化士として様々なものに変身できる特殊スキルを持っている。


★忍者松村丸>タイプ:忍者

忍者松村丸


 モリーノが管轄する忍者組織のメンバー。平時はもっぱら諜報活動をこなし、戦時になればスピードと忍術を生かした技で敵を翻弄する。忍者界の実力者でモリーノを師匠のように慕っている。



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 07:00 | SEON2






最近の記事