2013年11月08日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第3話

SEONシーズン2



 本物語はSEOに関連した小説ですが、登場する単語や略語などは実在のものと似て非なるものですので、細かい突っ込みはご遠慮下さい。


 なお、SEONシーズン1を読まれてないと人物像などがよく分からない場合もございますので、別途作成しましたSEONシーズン1のPDF版をダウンロードしてご覧頂く事をお勧め致します。


 →「ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第1話」はこちら


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


**********************************


WMT


 グッグル城の両将軍はセオン達をじっと見つめていた。


 そして、彼らの瞳の中に何かを感じたのだろう。パンダール将軍はおもむろに口を開いた。


 パンダール「この村にはグッグル城からの知らせを伝える立札がおいてあったのだ。お前たちはWMTというものを知っているか?」


 WMTと聞いてセオンは大きく頷いた。


 セオン「”悪い事は見逃さない立札”、通称”WMT”の事ですね。旅に出た後、多くの村でその立札を確認しました。」


 それと聞くとペンギーヌ将軍が話を引き継いだ。


 ペンギーヌ「グッグル城からWMTを通して、サカノミ村の悪事の改善を警告していたのさ。しかし、この村は対応せぬままに長らく放置し続けていたのさ。それを受けて私たち両名がサカノミ村に制裁を与えたというわけよ。」


 下を向いて静かに話を聞いていた「獣戦士ボルト」が顔を真上に上げて尋ねた。小さいボルトが馬に乗った将軍を見上げるのは、首がかなりきつそうだ。

獣戦士ボルト



 ボルト「そのメッセージの中身はどんなものですか?」


 パンダール将軍はボルトの言葉を鼻で笑った。


 パンダール「ハハハ。何を甘い事を言っておる!我らからメッセージを聞くのでは何の解決にもならないのだ!努力の過程も大切なのだ!サカノミ村を救いたくば、そのメッセージのありかを探し、自らの力で解決するのだ!」


 そう言うと隣のペンギーヌ将軍に目配せをしサカノミ村を後にしたのだった。セオンとボルトはただただその言葉に従うしかなかった。


立札を探せ


 セオン達はとりあえずWMTがあったと思われる場所を探した。立札の場所はセオンの回復魔法によって生気を取り戻した「TLUのマサ」から聞くことができた。

TLUのマサ



 マサ「いろいろありがとう。助かったよ。将軍から聞いたWMTは村の中央付近に設置してあったのだが、今は見ての通り、木々が残っているだけで、ここにはもう何も残ってないのだ。どこかにヒントでもあれば良いのだが・・・。」


 マサが申し訳なさそうに下を向いた時、聞き覚えのある声が遠くから聞こえたのだった。


 ???「おーーーい。助けてくれ〜〜〜。」


 セオン「あれ?あの声は・・・。」



 どうやら村中央にある大木の上に声の主はいるようであった。


 3人が目を凝らすとそこには、愛用のタラバガニの首輪が木の枝に引っかかってジタバタしている「周辺暴走士タムー」が手を振って助けを呼んでいたのだった。

周辺暴走士タムー(改)スペシャルエディション



 タムー「おーい、助けてくれ〜。首輪が引っかかって動けないんだよ〜!」


 ボルトはジタバタして前後に揺れているタムーを見てニヤニヤ笑っていた。


 ボルト「タムーは新しい遊びでも始めたのか?」


 それを聞くとタムーは尚更ジタバタして必死に降りようと抵抗を試みていた。


 タムー「くそ〜。いじわるしないで頼む!」


 その言葉が終わる前に、マサは一気に大木の枝から枝へと飛び移り、苦も無くタムーの元へとたどり着いた。相変わらず行動が早い。


 タムー「マサさん!ありがとうございます!感謝します!やっぱり、マサさんは違いますね!」


 感謝しているタムーをヒョイっと片手で持ち上げると、登った時と同じ枝を伝ってセオン達の元へと舞い戻ったのだった。


 地上に降り立つとタムーは安心したように地面に腰を下ろしつつ、伸びきった首輪を心配そうに肉球でいじり始めたのだった。


 セオン「タムー、久しぶりだな。しかし、なんでまた木の上にいたんだい?」


 それを聞くとタムーは「そうだった!」と言わんばかりにその顔に怒りの色を呈したのだった。


 タムーの口から発せられた言葉は想像もつかない出来事だったのだ。
 
 


 >>第4話へ続く


 >>SEON2 登場人物紹介はこちら
 


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEON2






最近の記事