2013年10月29日

SEO対策ブログの懺悔から学ぶ事

 なんだかんだこの揺さBrain!も数年レベルの運営になってきましたので、以前運営していた「SEMアドバイザーのSEO対策ブログ」を知らない方も多いのではないかと思います。今更ながらそのブログの懺悔をしたいと思います。


スタンスはアクセスアップだった


 私が言うのもなんですが、SEO対策ブログはアクセスを増やすために記事をこまめに書いていましたし、タイトルでの釣りも何度かやっていました。


 このブログでも何度か書いていますのでご存じの方もいるかもしれませんが、私は釣りタイトルが今は好きではありません。でも、実は釣りタイトルの記事を他の方が書いているのを見てそう考えるようになったのではないのです。


 原因はまさに私なのです。というわけで懺悔します。私がタイトルについて少し注意しようと思ったのは私が2008年6月に書いたこの記事です。





 もう本当にふざけたタイトルですね。自分で情けなくなります^^;。この記事を当時読まれた皆さん申し訳ありませんでした


 このタイトルが晴練雨読に出ていれば、それはクリックする人は増えますよね。実際増えました。しかし、中身はゴミです。


 私が書いたもので恥ずかしいものはいろいろとありますが、自分の中ではこれが最悪の記事です。自分でも正直、なんでこんなものをそのままアップしていたのか理解に苦しみます。


 でも、今回こういう記事(これもゴミ?)を書いているのは、こういう記事を書いて学んだ事もあるからです。上記記事はアクセスこそ増やしましたが、私がもし第三者でこの記事を読んでいたら、たぶん「なんだよ、こいつ」って感じたと思うのです。

ゴミ記事からも成長できる



 ブログというものは個人名をだしてやるからにはブランディングに関係するものですし、正直、それまでの記事は許せても、こういうのがたびたび出てくると、何だよって思いますよね。それを自分で感じられたのが良い点と言えば良い点だと思っています(とはいえ、その後も更新しなくてはという義務感からゴミ記事をいくつか書いていたようですが・・・。反省しろ、自分!と思いました^^;)。


 2010年3月15日にはこちらの揺さBrain!に移るわけですが、それまでアクセスをある程度安定して集めていたものを捨てるというのは結構勇気がいる事でした。アクセスが減るのも予想できましたし、そもそも揺さBrain!なんて誰がどう読むか分からないと思いました(ちなみに「ゆさぶれ」と読みます)。


 しかし、私の精神衛生上はこの揺さBrain!にしてよかったと思っています(また別の意図で他にする可能性はありますが^^)。


つけるべきタイトルはどんなものか?


 タイトルは集客を意識してつけるべきというのは今でも思っています。しかし、大事なのはそのバランス感覚だと強く感じています。


 どんなに魅力的なタイトルでもその先がたいしたものでなければ、次に本当に面白い記事を書いても、「狼少年」的に思われて、二度と足を運んでくれないかもしれないからです。


 タイトルに見合う中身を用意するというのは簡単なようで簡単ではありません。そもそもそのタイトルでイメージする内容も読み手によって変わるからです。それらも踏まえて、より多くの方が誤解しないレベルで、かつうまくタイトルで中身の期待度を上げるというスキルが重要だと考えています。


 短い文字数の中で意識しなくてはいけない点は多くあるという事です。

バランス感覚が大事



ブランドの価値は一瞬で下がる可能性がある


 ブランドも何もない私が書くのもなんですが、何らかのブログなどを書いている場合、考えるべき事は、構築してきたブランドは一瞬で下がる可能性があるという事です。


 それはSEO界隈と関係なく、様々な業界においてのニュースを見ていても理解できると思います。時間をかけてブランドを構築しても、それはたった一つの事で下がってしまう可能性があるという事です。


 企業ブランド、そして個人ブランド問わず、イメージを継続して維持、あるいは良い方にあげていくためには、何のためにやっているのかという目的意識を明確にし、いつまでもユーザーを裏切らない姿勢でい続ける事が大事なのではないかと思う次第です。


 
 と、こんな事を書いている私が言うのもなんですが、SEOのネタ小説「SEONシーズン2」が昨日から始まりましたので、どうぞよろしくお願いします^^


 オチでさらにブランド価値を下げるという大技を出してみました^^


SEONシーズン2

 


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!


posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEO

2013年10月28日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON2-第1話

SEONシーズン2



 本物語はSEOに関連した小説ですが、登場する単語や略語などは実在のものと似て非なるものですので、細かい突っ込みはご遠慮下さい。


 なお、SEONシーズン1を読まれてないと人物像などがよく分からない場合もございますので、別途作成しましたSEONシーズン1のPDF版をダウンロードしてご覧頂く事をお勧め致します。

 ★★SEON2のPDF版も完成しました。ブログで掲載したストーリーの1.5倍のボリュームに加筆されています。SEONシーズン2のPDF版をダウンロードしてください。


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


**********************************


SEON2 オープニングムービー






*music by SEMアドバイザー


セオン、再び


 周り一面、緑の自然に覆われていた。


 10年前にサカノミ村で起きた大決戦を思い出す者も今では数少なくなっていた。そして、今、楽しそうに歩いている2人こそがその戦いで活躍した事など、本人すらも忘れるくらいに平和な時が続いていた。


 セオン「あと少しでサカノミ村に到着できそうだね。ずっと歩き続けてきたから、ゆっくり休みたい気分じゃない?」


 いたずらっぽく言うと、セオンは横に連れ添うように歩いている幼馴染の「獣戦士ボルト」に目を向けた。サカノミ村の大決戦から10年を経て、セオンはもう立派な回復魔法の使い手になっていた。

獣戦士ボルト



 ボルト「何を言ってるんだ?足腰ならセオンに負けないぜ!まだまだ、今回の旅を数回往復しても大丈夫だよ。」


 ボルトは笑顔でセオンに答えた。顔こそ10年前と変わらないが、鍛えられた足腰はさらに引き締まったものへと変貌を遂げていた。ここ最近では武器として使われる事もなくなった尻尾が、今はただ嬉しそうに横に振れているだけだった。


 大決戦の後、セオンとボルトはサカノミ村に残り後進の指導にあたっていたが、平和が続いている事を確認すると長い疲れを癒すために2人で旅に出たのだった。そして今、5年の旅を終え、サカノミ村へ帰る途中であった。


 セオン「しかし、あんなに戦いに明け暮れていたのが嘘のようだね。今では回復魔法をまともに使う機会もないけど、あの当時は覚えたての魔法を駆使してたんだから、我ながらよく頑張ったと思うよ。」


 そう言うとセオンは右の人差し指をくるっと外側に向けて回転させ、自分とボルトの足に向けて青白い光を放ったのだった。2人の足からはみるみると疲れが抜けていった。


 ボルト「サンキュー!」


 足が軽くなったので、ボルトはその場でジャンプして飛び跳ねたのだった。


地鳴り


 そろそろ日も暮れ始めると思われる頃、周囲の木々で遊んでいた鳥たちが一斉に物凄い音を立てて飛び立った。


 いや、恐怖で飛び出したという方が適切かもしれない。


 その音は2人が耳をふさがなくてはいられないほど大きく、飛び立った鳥たちの影は、大地を照らしていた太陽の光さえも完全に遮るくらいであった。


 セオン「一体何が起こっているんだ!?」


 振り向けば、ボルトの背中の毛は逆立っていた。


 ボルト「何か大きな事が起こっているに違いない!」


 事態が呑み込めずに戸惑っていると、続いて大きな揺れが2人を襲ったのだった。


 セオン「クッ!」


 立っていられない程の揺れが30秒ほど続いた後、鳥たちにその行き場を邪魔されていた太陽の光が再び周囲を照らし始めた。そして、それと同時にボルトは叫んだのだった。


 ボルト「セオン!あれを見てくれ!」


 セオン「あれは!」



 ボルトが指差した先にあったものは、サカノミ村と思われる付近から立ち上がる土煙であった。その土煙はあたかも何かを伝えるかの如く、天空に一直線に伸びていたのだった。


 セオン「あれは、緊急事態にのみ使われるというTLUの狼煙じゃないのか?!・・・と言う事はマサさんがあそこに?!」


 「TLUのマサ」は誰もが知る最強の戦士である。たいていの問題は1人で難なく解決できるマサが、一生に一度使うかどうかも分からないと言われているTLUの狼煙をあげていたのだ。これは緊急事態が起こったに違いないと2人は即座に感じ、緊張感が身体中を走り抜けたのだった。

TLUのマサ



 ボルト「一体、サカノミ村で何が起こったというんだ!セオン!急いで村へ向かおう!」


 2人の顔からはそれまでの笑顔が消え、10年前の戦いに明け暮れていた時の顔に戻ったのだった。


 待ち受けている先に何が起こっているか分からぬままに・・・。




 >>第2話へ続く


 >>SEON2 登場人物紹介はこちら
 


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!

posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEON2

2013年10月25日

数年前にPPP記事を依頼していたサイトは今?

 PPP(Pay Per Post=記事をお金を払って投稿してもらうもの)を数年前に依頼したサイトが今どうなっているかを久しぶりにチェックしてみました。それぞれどんな結果が待ち受けたでしょうか?


 ちなみにこの記事は最後まで読めば分かりますが(時間かかりますから、あきらめるなら今ですw)、PPPそのものがどうこうという結果とはまた異なる流れになってしまいました。ただ、別の意味で、いろいろなSEOを試して、何とか生き残ろうとしているのだというのが少しは伝わると思います。


ネット時代のスピードを感じる悲喜こもごもの今


 ここで紹介するサイトはいずれも異なるカテゴリのサイトです。当時から広報予算も比較的多めにあったサイトも含めまして、メインで狙っていたと思われるキーワードの順位経過をご紹介いたします。


 いずれも、追跡期間の最初がPPP記事を最初に依頼したタイミングです(サイトによっては途中で効果がでないためか、追加記事の投入依頼が入っていたサイトもあります)。


 なお、データを見てどうとらえるかはみなさんの任せます。


★サンプルサイトA(追跡期間:2009年2月〜2013年10月)

サンプルA


 こちらは当時から話題のあった会社で今も物凄く有名なサイトです。当時から自然リンクも集めていたサイトであったため、当時から今にかけて安定して上位を獲得しています。現在、Googleでは2位〜4位程度の中にあります。


 体力があるサイトは今だと問題のあるリンクを受けていても動じないという感じでしょうか。


★サンプルサイトB(追跡期間:2009年10月〜2013年10月)

サンプルB


 こちらはあるメディアのサイトです。このサイトがPPPで依頼したキーワードは書籍名と会社名という、依頼しないでも1位になるのでは・・・と思われるものでしたが(そもそも同じものがなかったので1位は問題なかったものです)、なぜかそういうキーワードで依頼していました。


 ある意味、一般キーワードでのリンクつき記事の依頼ではなかったので、そのまま上位にあります。


 ・・・と、思うかもしれませんが、よく見ると途中でがくっとへこんでいる時期があるのに気づくと思います。


 どうやら売上が良くなかったようで、ここでドメインを手放しています。しかし、その後、また同じキーワードで上位にあるのはなぜか?と言えば、SEO会社がドメインを取得し、それまでの会社名キーワードをそのまま使ったタイトルにして利用しているからです。


 SEO会社のクライアントと思われる会社への記事(昔多くあったかなり浅い記事系です)が少しだけ投稿されています。


 なお、元の会社が運営していた時のPageRankは3でして、それを狙って買ったのだと思いますが、ドメインを手放して少し経過した後にPageRankは消失し(PageRankなし)、その後は0になる事もありませんでした。


 ちなみに、会社のドメインはもし別ドメインに移行するにしても、このように他の会社が購入する事があり得ますので、ブランド保護のためにもドメインそのものは保持したままをお勧めします。それほどのお金がかかるわけではありません。ブランド保護の方が大事でしょう。


★サンプルサイトC(追跡期間:2010年6月〜2013年10月)

サンプルサイトC


 こちらはうってかわって、手放したドメインを誰も購入しなかったものです。個人のドロップシッピングサイトで、狙っていたキーワードはかなりの激戦地帯でした。


 PPP記事を依頼後、2週間で一気に順位を伸ばしましたが、じわじわと順位を落としていき、最高位11位まで行ったものの、4か月後には36位付近まで落ちました。激戦のキーワードでもあるため、おそらくここで見限ったのだと思います。


★サンプルサイトD(追跡期間:2010年6月〜2013年10月)

サンプルサイトD


 ここはそれこそいろいろな会社にSEOを依頼した痕跡のある会社です。キーワードは完全に競合の多いビッグキーワードです。今も運営中です。PPP記事では効果が感じられなかったようで、その後SEO会社と契約して最高で5位まであがっていました。なかなかのSEO会社ですね。


 SEO会社のサービスとしては、1記事約250字の記事(サラダではないです)に会社名でのテキストリンクを入れた複数のブログから(数は数えてませんが、ほぼ同じワードプレステンプレートのブログからのリンクが多数はられたようです。


 しかし、順位がここ最近落ちているのがグラフからもわかると思いますが(落ちたというより消えてますね)、現在はSEO会社からのリンクがあったと思われるブログには跡形もリンクがなくなっています。おそらくSEO関連の情報を見聞きして、リンクをはずしてもらったのだろうと予想されます。


 ただ、まだなかなか許してもらえてないようです。ちなみに、サイトを見ると、物凄くコンテンツに力を入れているのが分かります。私が見ても、これは役立つものだなと思えるものでした。中小規模の会社なのですがこのまま良いコンテンツを頑張ってほしい所ですので、気持ちとしては応援したいですね。


 さて、4つ程紹介しましたが、他にもいろいろなサイトを追跡しています。


 ネット時代らしく早めに見切りをつけてしまうサイト、順位が落ちても頑張っているサイト、サイト名を変えていろいろと試しているサイト、順位が落ちてもPPP記事の後に購入したであろうリンクをそのままにしているサイトなど、それぞれのオーナーが信じた情報によって現在の状況が異なっています。


 SEOというものが新聞でも紹介されるようになったここ最近ですが、決して良いニュースでは上がっていません。ダーティーなイメージばかりがつかないよう、今もSEOの仕事に関わっている方は是非、業界健全化に取り組んでほしいと思うばかりです。


 まとめですが、PPP記事依頼から時間がたちすぎたため、他のSEO施策に移っているサイトが多く、PPPの事なんかあまり関係ない記事になってしまいました。その点は突っ込まないでください^^;


*多分、PPP関連記事は晴練雨読ではSEO記事として判定されないため、この記事は誰にも気づかれないかと思います。もし、この記事なかなか面白いよ!と思われたら、私のかわりにTwitterで記事更新をツイートしてあげてくださいw


*正直に申しますと、本記事はネタ小説である「SEON2」開始にあたりネタ記事が続くのを防ぐために無理やり書く事にしたものですw


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEO

2013年10月18日

SEONシーズン2出演者募集のお知らせ

 揺さBrain!で掲載しておりました「ファンタジーSEO冒険物語 SEON」のシーズン2を書こうかな?と思いつつも、まずは出演者の募集をしなくてはという事で、このたび募集をさせて頂きます。


SEONシーズン2



 SEONをそもそも分からない方は全編をまとめたPDFのダウンロードができますので、「SEON PDFダウンロードページ」にてDLしてお読みください。


 なお、シーズン1とは異なる点もございますので、申し込みされる場合には以下の注意点をご覧ください。


 シーズン1に出演された方も再度の許可を取りますので、申し込みされない場合には登場は致しません。


<SEONシーズン2の基本ルール>

・冗談の分からない方は絶対に申し込まないで下さい。

・シーズン2では出演が決まった方にも事前連絡は致しません。自分が出るか出ないかも読者と同じタイミングで知る事となります。

・シーズン1に出た方はアイコン、名前すべてそのまま継続します。

・SEO関係者だけの募集ではありませんので、リス、解析、その他Webに関係あればOKです。

・シーズン1登場人物であっても、シーズン2への出演はストーリーの流れ的にほとんど出られない場合もありえます(ご容赦下さい。他の出演者次第で話が決まるためです)。

・シーズン2ではよりドラマチックにしたいため戦いで命を落とすキャラも出るかもしれません(縁起をかつぐ方はご遠慮ください)。

・新規のキャラクターはキャラ名、役どころはすべて私にお任せとなります。また、アイコンの自由使用を認めてもらいます(SEON関連内のみ。常識の範囲内での利用ですので怖がらないでも大丈夫です。SEONのシーズン1をご覧頂けば使い方は分かると思います)。

・シーズン1と同じくアイコンが著作権に引っかかる方は出られません。

・シーズン1では毎回出演者サイトの紹介をつけていましたが、今回は省略する可能性があります(その代りサイトがなくても出演しやすくなります)。

・自分が出ている回以外は興味なしという方は参加表明しないでください(シーズン1出演者も同様です。理由はただでさえ読者が少ないので出演者くらいには興味を持ってほしいからです!)。




 上記の点をご理解の上、SEON2で使うなら使っても良いよ!という心の広い方がおられましたら、以下のフォームよりお申込み下さい。


 今回は「こんな必殺技を出したい!」という希望も受け付ける事に致しました(しかし、あくまで希望を聞くだけです^^)。



<申し込み期間>

 本日〜2013年10月25日(金)23:59まで


 *受付終了いたしました。申しこみ頂いた皆様、ありがとうございました。どなたがどのタイミングで出演するかお楽しみに!





 
posted by SEMアドバイザー at 13:00 | SEON2






最近の記事