2013年07月29日

競合サイトがなくなるとコンバージョンデータはどうなるか?

 今回は珍しいデータが「参考程度」に取れましたのでご紹介致します。ただし、具体的なサイト名などは出せません事ご了承下さい。


事前情報


 まず、今回の記事を書き進めるにあたり、事前情報を書かせていただきます。

1.あるキーワードにおいてトップ10内にアフィリエイトサイトが常に2サイト存在(一つは私のサイト)。

2.その2つのサイトの順位は日々デッドヒートで抜いたり抜かれたり。

3.私の競合サイトが突然大幅ランクダウンにより1ページ目に競合サイトがなくなった。



 上記3つの情報をおさえておいてください。


 アフィリエイトサイトの場合、コンバージョンに計測されるのは最後にクリックしたサイトになります。つまり、自分のサイトでリンクをクリックしてもらっても、その後に見た競合サイトでアフィリエイトリンクをクリックされた場合には、競合サイトにコンバージョンが発生します。


 今回はある意味珍しい状態なのですが、トップ10内にはアフィリエイトサイトは2つしかなかった事(2ページ目以降にはわんさかいます)、そしてそのうちの一つが急落して、結果として1ページ目のアフィリエイトサイトは1つだけになった事で、コンバージョンの数値はどうなったかというものです。


データ比較期間について


 今回はブログ記事でもあるという事で参考レベルのデータ抜き出しにてご了承下さい。


(A期間)競合サイトが落ちてからの1週間

(B期間)A期間の2週間前の1週間(競合サイトあり)

(C期間)A期間の前月同時期(後半)の1週間(競合サイトあり)



 ここで誤解されたくないのは、サンプルは多くありませんので参考にしかなりませんが、こういう状態での変化は気になる方が多いかもという事でご紹介するだけです。また、競合が落ちたとは申しましても2ページ目以降には多数おりますので(競合はそこにはおりません)、そちらでコンバージョンする方ももちろんいるはずです。

 
 比較対象の1週間はいずれも月曜日〜日曜日の期間で抜き出していますが、当然ながら環境要因や時期的要因での数値の変化もあると思います(そのため、参考程度でお願いします)。


コンバージョンデータ比較


 それぞれの期間のデータをご紹介致します。古い期間から最新の期間へと書いていきます。

(C期間)前月のほぼ同じ時期(後半)の1週間(競合サイトあり)

 クリック数 701、コンバージョン数 46、コンバージョン率6.56%


(B期間)A期間の2週間前の1週間(競合サイトあり)

 クリック数 701、コンバージョン数 52、コンバージョン率7.42%


(A期間)競合サイトが落ちてからの1週間

 クリック数 681、コンバージョン数 67、コンバージョン率9.84%


 競合が落ちてからの期間(A期間)は実際にはこのキーワードの検索ニーズが少し下がり、その関係で表示回数も減少しました。そのため、クリック数そのものは競合がいた時期よりも少ないのですが、コンバージョン数は見て分かる程度に増えています。


 コンバージョン率も他の期間に比べて2%以上あがっています。


 これらの数値の変化は、商材によっても大きく変わると思いますが、競合がいなくなってからのデータというのは個人的にも興味を持っていたので、目に見えた変化が多少なりとも出ていたので情報共有させて頂きました。


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!


posted by SEMアドバイザー at 09:37 | アクセス解析

2013年07月27日

書評:実践 インハウス・リスティング広告 「丸投げ体質」から脱却するSEM成功の新条件

 久しぶりの書評です。今回は話題の「実践 インハウス・リスティング広告 「丸投げ体質」から脱却するSEM成功の新条件」の書評です。


インハウス・リスティングの解説書です


 まず、この本の紹介をするにあたり大事な事を書いておきますと、この本は「インハウス・リスティング」について掘り下げた本であり、いわゆるリスティング広告で使う管理画面などを説明する本ではありません。もし、そういう書籍をご希望の場合には阿部 圭司さんの「Googleアドワーズ & Yahoo!プロモーション広告 対応 新版 リスティング広告 成功の法則」をお勧めいたします。


 さて、本題です。この本はそういうテクニック論の本ではなく、インハウス(内製化)でリスティングをやる場合の下記の3つのタイプを中心にして、どういう会社はインハウスのどのタイプに移りやすいかなども含めて解説しています。


・ヘビーインハウス(自社完結型)

・ライトインハウス(代理店協働型)

・ミドルインハウス(代理店併用型)



 そういう事もあり、現在、リスティング広告の内製化を検討中の会社であれば必須の書籍であると言えるでしょう。何でもかんでも自社完結型であるヘビーインハウスが良いわけではなく、会社の置かれている状況、人材、その他の要素でどのタイプに進むのが移行しやすいかなどの情報(メリット・デメリット等)も含まれています。


 前もって書いておきますと、私自身はこの書籍に関連するインハウスの人間ではありませんし、リスティング関係の人間でもありません。しかし、Web関係の業務をしている立場上、詳しくない部分だからこそ知っておきたいという気持ちで拝読致しました。


率直な感想


 基本的に「私の立場での」率直な感想を書かせていただきます(ですので、参考になる人は少ないかもしれません)。あと、実際には本を読むかどうかは皆さんに決めて欲しいのでネタバレ的な事を事細かに書く気は毛頭ありません。基本的に個人的な感想であり、本の詳細な解説は致しません。


 全体としては読む人の立場で参考になる(と感じる)部分とそうではない部分が出て来るかもとは思いました。とはいえ、完全に対象者を絞った本ですので、そこからはずれていると入り込めないかもしれない部分があるかもという事であり、タイトルにもあるインハウス・リスティングに興味があれば問題なく楽しめると思います(何より、こういう話題を扱った本というのは本当に珍しいと思いますので貴重です)。


 そうなると、SEOの訪問指導やアイデアを出す立場の私にとってはどうかと言えば、途中から物凄くはまったというのが本音です。実を言えば、かなり読むのが遅い方で、正直、文字の多さを見た時に「これは1ヶ月コースだな」と思ったのですが、何のことはなく3日(それでも遅いかもしれませんが)で読み終わりました。


 その時点で思ったのは、これは「SEOの人も読んだ方が良い」という事ですね。これはステマでもお世辞でもなく、本気でそう思った次第です。


 SEOの方は大体においてキーワードの掘り起こしのノウハウについてはリスティングの方にはかなわないのではと私は考えています。
それはもちろん、リスティング担当者はそういうものに特化しているためでもあるのですが、この本ではそのキーワードの掘り起こしのヒントなど、物凄く具体的で分かりやすい事例が書いてあります。個人的にはこの部分(4人の著者の内のどなたが書かれたか分かりませんが)が一番のヒットでした。


 私自身、キーワードの掘り起こしは一人で仕事をやっている事もあり、ユニークなものも含めていろいろとあるにはあるのですが、自己流で人に説明がしにくかったものもあったのですが、この本で紹介している手法は誰にでも分かりやすい方法でした。


 というわけで、私の立場としてはChapter3が一番面白かったのは確かです。とはいえ、先ほども書きましたが、立場によって最も役立つ部分は変わってくると思いますし、確実にそうだと思います。


 そして、Chapter4では実際にインハウス・リスティングに関わる方々のインタビューが結構なページをとって紹介されているのですが、これはリアルな声でありとても面白かったですね。同じような質問でも立場によって回答が異なるなど興味深いと感じました。


 なかなか他社の担当者の声を聞く機会はないと思うのですが、質問内容も鋭くかゆいところに手が届いていると思いました。


 今後、リスティング広告をインハウス化しようと思っている会社だけではなく、リスティング広告を使っている会社の担当者であれば読んでおいて損はないと思います。そして、SEO関連の方も読んで損はないと思います(結局はここに行き着くわけですよ^^)。


 
 さて、この本の豆知識と致しまして、揺さBrain!を読んで下さっている希少な読者の方には重要な情報をここでお知らせいたします。


 この本には揺さBrain!のスピンオフ小説「ファンタジーSEO冒険物語 SEON」の登場人物が2人も出ています!誰か?と言うのは買って調べてください!(完全に便乗ですw)






揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!



 
posted by SEMアドバイザー at 19:32 | 全般

SEOの目的意識は段階別に変化させる

 SEOの目的と言えば、最終的にはコンバージョンに寄与するなどですが、例えば、SEO施策を施す段階では明確なものとしては「順位をあげる」事になると思います。


 なお、下記に示す段階は一つの例であり、これに拘る必要はありません。いくら細分化しても構いません。ここでは誰にでも当てはまるものしか書いていません。


第一段階は順位を上げる事


 なんだかんだいっても、人に見てもらわなければWebサイトそのものはただのデータの塊になってしまいますので、順位を希望のキーワードで上げたいというのは自然な考えだと思います。


 私もコンテンツを作る際には、どんなキーワードでの上位表示を狙うかを検討し、それに応えるコンテンツの作成を進めていきます。


 ここで経験としてお話しますと、いわゆる競合の多い、集客に繋がるキーワードというのは即座に上位を取れるものでもありませんので、最初の時点でそういうキーワードばかりを狙っていると、自らがやっている効果が見えにくくなり、モチベーションが下がってしまう可能性があります


 もっと分かりやすく書きますと、1ヶ月真面目に取り組んでも、自分が狙っている競合の多いキーワードで全く動きが出なければ(しかもこれは、かなりの割合で起こりうる話ですね)、誰しもモチベーションの低下の可能性があるという事です。


 そのため、順位を比較的上げやすい複合ワードなども最初から視野に入れて、取り組んだ施策の効果が少しでも見える状況を作っておくとその後のやる気継続にもつながると言えます。

順位アップ!



 私自身、制作当初はアクセスにはほとんどつながらないものでも、モチベーションを上げるための対象キーワードをいくつかあえて設定するようにしています(かなりコアな層だけに見られるでも良し。そんなキーワード何の意味があるの?と言われるものでも良し)。


 また、想定外のキーワードでのアクセスが1ヶ月もするとボチボチ出てきているはずです。それらのキーワードは見込みキーワードとして大きくなる事もありますので、それらのキーワードに絡むコンテンツのテコ入れを行うようにします。


第二段階はランディングページ経由の効果を確認する事


 本来は順位があがる前から最大限効果を出せるコンテンツを用意できれば良いのですが、人の心や動きはそんなに想像通りにはなりません。


 実際に順位が上がり、集客できるようになったら、順位上げ以上にユーザーの気持ちに入りこむくらいの意気込みでその動きを想像し仮説を立てる必要があります。


 例えば、本来は次に見て欲しいページがあるが、その数が少ない場合には何らかの問題があると考えるという事です。


 最初のページだけで満足させてしまってもう十分と思われているのか、あるいは道案内が不十分なのではないか?そもそも案内する道が間違えているのではないか?少し強引な導線ではないか?など第三者の立場に立って考えなくてはいけません。


 その上で些細な改善点でも対策を出す事をおろそかにしてはいけません。

導線次第で綺麗に流れる



第三段階はすばやく行動に移す事


 実はこの点が一番伝えたい点です。最近は勉強会などで様々な「学ぶ」機会があると思いますが、そこで学んだ事をどれだけの方が「すぐに実践している」のかは微妙だと考えています。


 話を聞いて分かったような気になるのはとても簡単な事ではあるのですが、いざ自分の会社に戻ってやろうとすると、やる事が多すぎて手がつけられないという事も多いのではないでしょうか?


 あるいは、やりたくても上司の許可が出ずに何もできなかったという事もあるでしょう。私自身、アドバイスをした点が3週間くらい変化がないので確認したところ、上司の許可待ちというのが何回もありました。ちなみに作業的には3分で終わるレベルのものでした。


 私自身も数多くのサイトで実験をしておりますが、考えた仮説は即座に実行に移すようにしています。これをやったら落ちるかどうか?というのは正直あまり考えません(もちろん悪くなる仮説は立てませんが)。


 特に上位に上がった後の仮説、そしてアクションへの流れは時間がかかるものであっても即座にやるようにしています。上位に上がった後のコンテンツ内部への施策はユーザーの動きに大きく影響を与えますので、即座に数値(=成果)に反映してきます(重要!)。


 また、ほんの2〜3行追加するだけで数値が大きく変わる事もあります。ただ、一般的には大きな変化を生むにはある程度の変更や改善を加えないと出来ないと考えている方も多いと思います。


 しかし、実際には数行の変化、あるいは画像を一つ加えるだけでユーザーの心理に大きな変化を与える事も可能です。問題なのはやるかどうか悩んで何もやらない事なのです。

すばやく行動に移す



 今やWebで成功するためのノウハウなどはいろいろな場所で語られています。それこそ物凄い数のヒントが毎日のように公開されています。しかし、大事なのはそれを元に仮説を立て(自サイトに合った仮説)、スピーディーに行動に移す事なのです。


 数値がもし仮説と違って悪くなれば、すぐに別の仮説を立ててアクションを取ればよいだけです。


 サイトに集客する理由は様々だと思いますが、順位が上がってからの行動の実施の有無が本当の意味での成果に影響を与えるという事を常に意識しておきましょう。



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!



 
posted by SEMアドバイザー at 14:13 | SEO

2013年07月26日

対象キーワードのコンテンツを徐々に戻すSEO実験

 前回の記事からいつのまにか時間が経っていましたが、その後もSEMアドバイザー公式サイトで実験をいろいろとやってました。まず、本記事を読まれる前に「コンテンツをなくすとSEO対象キーワードの順位はどう推移するか?」と、「さらにキーワードを削ったらSEO対象キーワードはどう動くか?」を読まれてない方は先にお読み下さい。


コンテンツを戻すSEO実験 − 第一段階


 まずは今回のコンテンツを戻すSEO実験としまして前述の2つの記事でやった事をそのまま戻しました(これで読んでないと意味不明なのが分かりましたよね?さあ、読んでない方は先に読んでくださいw)。


 その結果、キーワード「セルフSEO」の順位推移は以下の通りでした。以下、変更後には毎回Fetch as Googleを使用しています。

順位推移1


 赤い部分がコンテンツがない時期です。その右が戻した後の動きとなります。ほぼ前と同じような位置に戻っています。


 まあ、たいした順位ではないですね。この程度ならtitleタグレベルでいけたというわけです(もちろん、たいしたキーワードではないからです。ビッグキーワードでは言うまでもなく無理です)。


コンテンツを戻すSEO実験 − 第二段階


 さて、最初の戻す実験ではそれまでの状態に戻しただけです。それまでの状態は以前の記事で確認いただきたいのですが、簡単に言えば、「セルフSEO」キーワードでランクインしているページ(トップページです)のtitleタグ(及びmeta description)にしか「セルフSEO」というキーワードは入れてませんでした。


 ここから追加実験をしてみました。少しずつジワジワと増やしたらどうなるか?という事です。追加の第一弾としましては、サイト内コンテンツ(別ページ)として「セルフSEOの重要性」を追加してみました。これはリニューアル前にあったコンテンツとほぼ同じです(やや異なります)。


 それに加え、トップページのTopicsから簡単なリンクを設定しました。

セルフSEOの重要性追加


 
 その結果の順位の動きはこちらです。

順位推移2



 まあ、ほとんど動きなしです。トップページがこのキーワードで認識されているままですのでこの程度では動かないという事でしょう。


 *実は一瞬だけ追加したページが「セルフSEO」での認識ページに変わったのですが、その時は一時的に順位が10程度落ちました(但し、すぐに認識ページはトップへと戻りました)。


コンテンツを戻すSEO実験 − 第三段階


 別のコンテンツを用意したはいいものの、この時点で動きがあれば記事にしようと思っていたのですが、全く面白くないので、さらに進めてみました。


 ずばり、認識ページにもう少しだけ文章増やそう実験です。結果、Topics欄をこのように変更しました。

追加実験



 小さくて文字読めないよ!と言う方はSEMアドバイザー公式をご覧下さい。この文言は今も残っています。


 まあ、こんな感じで認識ページに「セルフSEO」に関しての文章を増やしたわけですが、その結果の順位の動きがこちらです。

順位推移



 ここで少し動きが出ました。20位台だったものが、16位までやってきました。微妙ではありますが、追加の結果としての動きなのは間違いないでしょう。


コンテンツを戻すSEO実験 − 第四段階


 第三実験までで記事にしようかと思ったのですが、他の方は公式サイトで遊ばないと思いますので、気になっていた実験を追加でやってみました(今もこの実験のままになっていますが、実験中なので気にしないで下さい)。


 その実験はずばり!titleにいろいろなキーワードを突っ込んだら「セルフSEO」キーワードに影響を与えるか?実験です。


 具体的には以下のような変更を加えています。


元:セルフSEO・SEO対策コンサルタント − SEMアドバイザー

新:セルフSEO・SEO対策コンサルタント − SEMアドバイザー(Webマーケティング・アイデア提供・Webサイトチェック・Web戦略・メールサポート・インハウスSEO支援)



 うん!我ながらしつこいtitleにしたものだと思える内容です。


 そして、肝心の順位推移はというと・・・

順位推移



 何とも説得力のない動きをしてしまいました。気持ちとしては・・・となってほしかった(自分で埋めてください)のですが、まあ仕方ないですね。


 しかし、やっぱり検索結果がこうなるのは大嫌いですので、間もなく戻します。

セルフSEOでの検索結果



 やっぱり検索結果での文章は説得役であるという点は意識するべきです!


以前のトップページはどうだったか?


 さて、リニューアル前のページは実際には「セルフSEO」でもっと上位(最高位2位)でした。なぜなのか?


 リニューアル前のトップページの画像(一部)をご紹介いたします。後はご自身で仮説を立ててください。

以前のトップページ



 *なお、「セルフSEO」で上位になってもほとんどアクセスはありませんm(__)m



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!


posted by SEMアドバイザー at 10:18 | SEO

2013年07月02日

競合多数キーワードでもコンテンツのみで上位表示達成!

 実験ブログの一つで自分でもコンテンツだけで上位に行くには限界があるなと思って諦めていたものが、ついに昨日結果を出しました。


実験サイトの背景


 今回の実験ブログは正直、記事の更新は続けていたものの悔しいから続けていたに近い精神状態でした。


 検索総数はSEOキーワードの難易度を示すものではありませんが、さすがにこれくらいの数の競合サイトがあるとなると、コンテンツだけで上位表示できるかは無理かなと思ったりしました。

検索総数



 このキーワードが何かは書きませんが、運悪く二つの意味を持つ言葉で(例として言えば、雲と蜘蛛のような)、それもあり上位は難しいと最初から諦めて複合キーワードで狙ってかかっていました。


 この実験サイトの開始は昨年末(12月の末)で、そこから地味にコンテンツを追加していき、必要に応じて人気のあるページには更新を幾度となく入れてテコ入れを行っていました(これは結構重要です)。


 現在も2日に1回の更新で記事を書いている状態です。


コンテンツだけで何とかなるという結果


 私は基本的に同じテーマのものを複数作るというのはほとんどやりませんし、もしやったとしてもそれぞれで相互リンクというのもしません。相互リンクするのは名前を出しているものだけであり、それ以外は完全に単独で作って動きを見る実験をしています。


 そのため、今回の実験結果は中小企業でも狙いを定めてきちんとしたものを作っていけば何とかなるという励みになるのではと思い記事を書く事に致しました。


 ここで順位の推移グラフをご覧下さい。

順位推移1



 グラフを見ても分かるように300位圏内に最初に入ったのは3月に入ってからでした。2ヶ月間地道に記事を書いてようやくでした。トップ100位に入ったのが4月下旬です。とはいえ、100位に入ってもアクセスなどは1もあるわけはなく(このキーワードでは)、何の意味もありません。


 通常の実験ですとこの辺で疲れてしまって放置実験に入る所なのですが、このブログはもう少し粘ろうと思い、ネタを何とかひねりだし続けた結果6月中旬以降にトップ10前後まで到達しました。記事を書き始めて半年ですね。上位に入ったのはトップページではなく、ブログ内の1記事です。


 実はこの記事は狙っていた複合キーワードで早い段階から結果が出ていたのですが、その記事が単独キーワードでも上位に上がった事になります。


 そして、昨日、ついに3位になり、本日は2位となりました。私のブログの上はWikipediaのみです。下は錚々たる企業サイトが並んでいます。


9位とトップ3の違い


 個人的には10位付近で「頑張った」と思っていたところに急に3位に入ったため驚いてしまいましたが、アクセスの違いが9位と3位の違いを感じさせました。

アクセス数の推移



 このグラフの一番右が昨日です。アクセス数にして前日の2.5倍になっています。トップ10でも9位などはこの程度なのがよく分かると思います(その前とそんなに違いもないですし^^;)。


 曜日に左右されるキーワードのため(アクセスが増える曜日が決まっている)、本日はそれほどアクセスは多くはありませんが、それでも9位の時とは大きく変わってきています。


 アクセスが増えた事による二次的効果も出ていますし、まさに御の字といったところでしょう。


 今回の実験ブログでは既に狙っていた複合キーワードで多少のアクセスをつけていましたが(そちらも2位)、単独キーワードで上位に上がったのは有難いところです。


 ただ、自分としては10位付近の方が妥当かもとは思っていますので(他が強いので)、いつ落ちても大丈夫なように、今後もコンテンツの充実に力を入れて、他で稼げるようにしておこうと思っています。


 私のSEOの基本は時間はかかっても、上がった後に落とさない安定したSEO施策のみ行うという事です。今回のブログもここまで上がった後は、アルゴリズムの影響を過度に受ける事はあまりないと考えています。


 リスクがほぼない(どんなにホワイトでも0とはいえないので)状態で安定させる事ができれば、企業運営上も安心でしょう。


 ただ、今回は流石に結果が出るのに時間がかかりました。しかし、SEOは結果が出ると俄然、面白くなってきますよね。



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!



posted by SEMアドバイザー at 16:14 | SEO






最近の記事