2013年06月18日

コンテンツをなくすとSEO対象キーワードの順位はどう推移するか?

 今回は実験結果のご紹介です。あくまで私の実験での一時例として参考にして下さい。


SEMアドバイザー公式サイトで実験していました


 実は2013年3月13日にSEMアドバイザーの公式サイトのリニューアルをかけていました。特にソーシャルでもそれについては触れませんでしたが、ある実験をしていたため、余計なトラフィックを入れないようにという考えがあったためです(それに告知しても何もないでしょうし^^)。


 さて、今回の実験では今まで特定のキーワードを狙ったコンテンツとして用意していたものをいくつか削除し、それに変わるコンテンツを用意しませんでした(404エラー扱いにしています)。


 その結果どうなったかという順位の推移などをご紹介致します。


対象キーワード「セルフSEO」


 私はよくセルフSEOという言葉を使いますが、公式サイトでもこのキーワードを意識しておりました。リニューアル前には以下のようなコンテンツを作成しておりました。

セルフSEOのページ



 上図はそのコンテンツの一部を抜粋した画像ですが「セルフSEO」キーワードのために作っていたものです。


 今回のリニューアルではこれを含む、様々なコンテンツページを取り除きましたが、その結果として「セルフSEO」での順位は以下のように動きました(期間は適当に設定しています)。

「セルフSEO」の順位推移



 見ての通り、がたっと落ちていますね。


 リニューアル後のサイトではトップのtitleには入っていますが、本文中には「サービス案内」のページに一箇所入っているだけです。後は、descriptionに少々といったところです。


 つまり、以前はコンテンツとしていろいろと言及していたものがなくなった結果として、このような順位に落ちたのが一目瞭然であると言えるでしょう。


その他の落ちた(落とした)キーワード


 今回はある意味いろいろなキーワードの落ち方を見たいという実験をかねていましたので、コンテンツを多数取り除きました。その結果以下のキーワードでも落ちています(落としていますの方が正しくはあります)。


★「SEO対策 コンサルタント」

 *注:こちらもこのキーワードを狙ったものを作っていました。

「SEO対策 コンサルタント」の順位推移



★「自分でやる SEO」

 *注:このキーワードは実験のためにコンテンツページの一つに2箇所だけ追加していたキーワードで、リニューアル時にはその実験を取りやめています。つまり、この言葉自体が存在しなくなっています。

「自分でやる SEO」の順位推移



 見ての通り、300位から完全に消えています。3月13日リニューアルで3月18日には消えましたので、Googleもはやいですね。最近は消えるのが速くなったのかなと思ったり・・・。


適当な小技でSEO効果を狙うのは無意味


 さて、今回の実験結果は当然と言えば当然なわけですが、今回の実験結果を記事にした理由は一つです。


 今でも、とりあえずtitleにキーワードをわんさか入れておけとばかりに長いtitleタグをつけているサイトを見かけますが、所詮コンテンツがなければこんなものなのです。


 今回の事例は正直、上位を狙いやすいキーワードなわけですが、それでも対象コンテンツがなくなって、title+αしかサイト内に存在しなくなると、これだけ一気に順位は下がるわけです。


 何が言いたいかと申しますと、本気で狙うならば、そのキーワードをきちんと考えたコンテンツを用意しなくてはいけないという事です。


 アンカーテキストでどうこうというのもありますが、そもそも論で、ユーザーにとっては自分が使ったキーワードに特化したコンテンツがなければ満足はしないのです。


 とりあえず程度に入れておけばもしかしたらユーザーの目に触れるかな程度の思いでは、それこそビッグキーワードなどで上位など入るわけもないのです(しかし現実にはビッグキーワードが盛り合わせっぽくtitleタグ内に使われる事が多いわけですが)。


 少なくとも今の検索エンジンは甘くありません。


 今回の事例のように、それまでどんなに長く(数年単位で)上位にあったキーワードであっても、それに見合うコンテンツがなければ、がくっと落とされるのです。


 つまり、本気で狙いたいキーワードがあるならば、本気で考えたコンテンツが必要なのです。


 良いコンテンツはユーザーにも検索エンジンにも喜ばれるのです。


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!



posted by SEMアドバイザー at 14:31 | SEO

2013年06月17日

IE6に学ぶ処世術

 いつかは書きたいと思っていたのですが、なんだかんだ言ってIE6って凄いと思いませんか?


IE6に学ぶ点は沢山ある


 私もよく「IE6は何とかしたい」とか言っていますが、正直言ってジェラシーを感じるくらい素晴らしい処世術だなと思っております。


 IE6はこれだけ動きのはやいIT業界にいるわけですが、2001年8月(日本語版は9月)に公開されてから今もなお健在なわけです。しかし、今も一部では現役として活躍しているわけですから、侮れないと本気で思っています。


 2008年4月にバージョン6.0のSP3が出ているのですが(私は使ってませんけど)、そのサポートが2014年4月8日まであるって事だけでも凄いですよね。


 いつまでサポートさせる気なんだい?ってくらい長いわけです。


今の時代は図太くないと残れない


 さて、このIE6ですがなんと言っても図太い。例えば「IE6」で検索すると、こんな感じなのです。

IE6



 上位にある悲しい検索結果(赤枠)!でも、これにも負けずいまだに一部ユーザーに使われ続けているっていうのはやっぱり凄いなと思います。


 3位にある「Internet Explorer 6 Countdown | Death to IE 6 | IE6 Countdown」なんてカウントダウンまでしてIE6のシェアを1%未満にしようとしているわけです(しかも、これを作ったのはIE6の生みの親のマイクロソフトという悲しい現実!)。

IE6 countdown



 ちなみにこの揺さBrain!での今年のIEのバージョン別の割合はこんな感じです。

揺さBrain!での今年のIEのバージョン別の割合


 
 数は少ないながらも2.8%。昨年同期間比較では5.74%だったので、ここにきてようやく減ってきた感があります(さらにその前年は9.80%)。


 ここで参考までにIE6の使用率が多いといわれている学校関係者からのアクセスが圧倒的に多い私の「学生募集広報戦略」はこんな感じです。

学生募集広報戦略での今年のIEのバージョン別の割合



 やはり3.44%と少し多いですね。ちなみに過去2年の同期間比較ですと昨年が7.02%、その前が14.74%と流石の教育業界だと実感します。


 こう見ると毎年半分くらいになっている感がありますね。XPのサポートも間もなく終わりますし、間もなく目標の1%未満になる事でしょう。


なぜIE6さんはここまでしぶといのか?


 筆者注:ここからは敬意を表して”さん”をつけたいと思います。


 この関係の記事は沢山出ているので私が書くまでもありません。


 ★参考「日本でIE6がいつまでたってもなくならない理由


 実際、私がいた学校でもIE6さんでしか動かない特殊ソフト(ハードとセット)がありまして、それを導入したら最後、高額なハードの使用をやめる(他のものに変える)までは永遠にIE6さんの環境を続けなくてはいけないという状況でした。


 そのため、どんなに変えたくても使い続けなくてはいけないという事がよくありました。


 この生き様は見習うべき点が多いなと思うばかりです。



 
 さて、この記事では何が言いたいかという事でまとめますと、


「なくてはならない存在になる」



 という事でお茶を濁したいと思います。


 うーん、揺さBrain!を不定期にして書いたのがネタ記事かw(ネタなのでマジレス遠慮して下さいm(__)m)



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!

posted by SEMアドバイザー at 13:01 | マーケティング

2013年06月11日

Webサイトはパス回しを強く認識するべし

 ここ最近私が強く意識しているのはサイト内のパス回しという考え方です。


Webサイトの成功はスポーツと同じ


 例えばサッカーなどのスポーツの試合を見ていて思うのは、ゴールにたどり着くためには、ゴールの瞬間だけが大事なわけではないという事です。


 こんな事は今更言う話でもないですね。パス回しをへて、最終的にジャストなタイミングでストライカーにボールが渡ってゴール(成功)となるわけです。

目指すはゴールでも重要性は 途中の道も同じ



 この流れというのはWebマーケティングでも全く同じ事が言えるわけです。例えば、最初にボールを持った選手は例えればランディングページにあたるわけです。


 そこを起点としてボールは進んでいくわけですが、瞬時の状況判断により次にボールを渡すべき人に渡っていくわけです。


 SEOでは上位を目指すだけという考えの方は今では少ないと思いますが、このように最初にボールを受け取った後(検索でクリックされて初めのページにアクセスしてもらう事)、どのようにユーザーに動いてもらうかで結果は変わって来ると言えます。理想的な動きとなればゴール成功となるわけです。


 導線がきちんと出来ていなければ(あるいは分かりにくければ)、ボールは敵に取られる(検索結果に戻って他サイトに流れてしまうなど)わけです。


 しかし、次にどこに行くかの道筋が分かりやすいサイトであれば、ボールは綺麗にパス回しをされて、ゴールに近づいていくというわけです。


どこが起点であっても良い流れを作り出す


 現在の検索エンジンの仕組み上、全員がトップページから「こんにちは」という事はまずあり得ません。もちろん、一部のページに偏る事は否めませんが、それでも「目的意識の強い方」というのは、トップ以外のコンテンツページから流入してくる事も多くあるわけです(複合キーワードでの検索など、目的が明確なため)。


 となると、誰が最初のパスを受け取っても(どのページが起点でも)、その先のパス回しが分かりやすい作りをしておく必要があるわけです。

全員が重要なメンバー



 冷静に自社サイトを見直せば、パス回しの下手なページは少なからずあるはずです。つまり、ユーザーが次に行くべき道がわかり難いというケースです。道が多すぎる場合もあるでしょうし、そもそも道を用意していないケースもあるでしょう。


 現実問題、全てのページからの導線を理想の状態で確保するのは簡単ではありません。しかし、よりよい状態にするのは誰でも可能です。


 私はよく細かい修正点をクライアントに伝えるのですが、ほんの小さな修正を少しずつ積んでいくだけでも、結果として大きな改善が見られるようになります。


 ただ、多くのサイトは私が見る限りは、リニューアル(あるいは新規構築)したらその時点が完成品と思い込んでしまい、細かい修正を入れるのを面倒がってしまうようです。


 しかし、使ってみてはじめて出て来る問題点などは物凄く多いのだという認識を持つべきだと思います。


パス回しという見方をすると見えてくるものもあります


 今回の記事ではサッカーのパス回しという例を挙げていますが、実際にはいつもお伝えしている導線についての話です。


 しかし、導線と言うと新鮮味もないと思い、あえてサッカーに当てはめてみました。


 おそらくですが、こう書いた方がパスを受け取る一人ひとりの選手の重要性に気付くと思ったからです。


 どんなに素晴らしいサイトであっても、途中のコンテンツが悪ければそこでユーザーは離脱なりの望んでいない行動に出てしまう可能性が高まります。


 せっかくアクセスしてきたユーザーを自社サイトだけで完結してもらう(ゴールしてもらう)ように細かい配慮をするように考えてみると良いでしょう。


 大事なのは順位でもアクセス数でもなく、最終的なゴールにたどり着いてもらう事です。そして、そのためには全ての起点になりうるコンテンツから良いパスを次のコンテンツへ回せるように工夫する事です。もちろん、順位やアクセス数も含め数値が良いものになれば、さらなるゴールを生み出すはずです。


 今一度、全てのコンテンツはゴールへ向うパス回しをする選手の一人なのだという意識をしてみてください。そうすれば手抜きのコンテンツを作ろうとは思わないはずですし、気になって改善を進めていく気持ちにもなるでしょう。

デッドリンクはこんな状態か…




揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!


 
posted by SEMアドバイザー at 16:00 | SEO

2013年06月04日

SEON感想文を書いちゃおうキャンペーンやってました!

 *本キャンペーン応募は終了いたしました。


 皆さん、SEONが終わってしまい寂しい思いをしている方も数名はいるのではないでしょうか?

SEON



 と言うことで本日はキャンペーン終了のお知らせです。


SEON感想文書いちゃおうキャンペーンやってました!


 実を申しますと、私の中でこっそりキャンペーンをやってました。どんなものかと申しますと、


「SEON感想フォームから感想を送ってくれた方に全員プレゼントキャンペーン」



 キャンペーン期間は端々でそれらしいツイートなどしていたのですが、5/31日まででした。



 しかし、こういうものをプレゼントありで最初から告知して募集しますと、プレゼントが欲しいから書くという方が出てきてしまうため、そういうものがなくてもここから書いてくれる自発的な方を対象にするつもりでした。


 特にアクセスを集めるつもりのキャンペーンではありません。


 さて、ここでSEON感想ページをもう一度よくみてみましょう!

SEON感想フォーム



 ↑の図を見ていただけると分かりますが、最後に「もしかすると・・・。」という意味深な言葉をいれていたわけです(今から書いてもダメですよw)。


 つまり、このフォーム経由で感想を送った方全員をプレゼントの対象としようと予算をたっぷり用意していました。


キャンペーンプレゼント応募要項


 さて、普通と違うキャンペーンですので、ここから先をよく読んでください。


★プレゼントを受け取れる方

 上記SEON感想フォームから感想を送信してくれた方全員(2013年5月31日までに)

 *今回のキャンペーンはフォーム経由のみの感想のみを対象としております。ブログなどで感想を書いて頂いた方は申し訳ありません(すべての把握が難しいため除外とさせて頂きます)。


★プレゼント内容

 アマゾンギフト券1,000円分(感想送信者全員)


★応募方法

 上記感想フォームから、「緩い感想文」の部分にてギフト券の送付を希望するメールアドレスをお知らせ下さい。「Eメールタイプ」にてお送りしますので間違えて削除しないようにしてください。


★応募期間

 上記条件を満たしていましても残念ながらこの記事を見つけられなかった方はそれも運と言う事でご容赦下さい(それくらいの適当なキャンペーンですw)。下記期間以外の応募は受付いたしません。


 2013年6月4日(火)〜2013年6月7日(金)18:00まで


★その他

 感想文の長さは問わず、上記フォームから感想を送っていただいた方全員が対象です。なお、送ったつもりでも私に届いていない場合には残念ながらプレゼントのメール送信は致しません。それも運という事でご了承下さい。


 私に無事に届いている方には6/8(土)までにお知らせ頂いたメールアドレス宛にギフト券のメールを送信いたしますが、そうでない方で応募された方には返信致しませんのでご容赦下さい。6/9(日)になってもギフト券が届かない場合には、私に残念ながら感想が届いていなかったためとご理解下さい。



 本キャンペーンにつきましては、まさに気まぐれですので一切のクレームなど受け付けません。



 と、こんなキャンペーンらしくないキャンペーンをやるのも揺さBrain!です^^


 SEONのPDF版ダウンロードで一気読みしたい方はこちらからどうぞ(何ももらえませんが^^;)


 

揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!

 
posted by SEMアドバイザー at 15:01 | SEON

2013年06月01日

本気でHuluを勧めてみる!(Huluの私的評判)

 今回は特別版という事で、「本気でHuluを勧めてみる!(Huluの私的評判)」です。


 私自身Huluを見始めて2ヶ月程度ですので、Huluに評価を下すほどの期間ではないかもしれませんが、この短期間にこんなに見たのか!というくらいは見ていますので、私の経験も含めまして良い部分、悪い部分のHulu自己評価をご紹介したいと思います。


<追記 2013.6>

 記事公開後もアクセスが多いため現時点での感想など加筆修正させて頂きました。

<追記 2014.3>

 2014年4月以降の消費税変更に伴いまして、Huluの月額表記を980円から「月額933円(税抜)」に変更致しました。


Huluとは?


 まず、Huluとは何かと言えば、主に洋画や海外ドラマをインターネット経由で見られるものです。分かりやすくいえば、レンタル屋さんでDVDを借りて返すという事をせずに、インターネット上でそのままクリック一つで見たいものが放映されるというものです。


 当然ながら、レンタル中で続きが見られないという事もありませんし、返却に行く時間も、視聴期限もありません。契約中であれば、いつでも好きなものが、好きなだけ見られます。


 しかも、いくら見ても月額933円(税抜)の定額なのでかなりお得です。旧作100円のレンタルで10枚分(海外ドラマだとだいたい20話分)なので、それ以上見る可能性があれば、検討の余地ありです。ちなみに、私はこんなに見られるかなぁ?と思っていましたが、あまりの手軽さに余裕で越えています。




私がHuluに入るまでに気になった事


 こんな記事を書いていますが、実は私も契約までに少し時間がかかりました。懸念点がいくつかあったからです。


 Huluが優れている点として数多くのデバイスで視聴が出来る事が上げられます。その一部をご紹介すると、


・パソコン

・Hulu対応テレビ

・AppleTV(私はこれを使ってますが、最高です)

・PS3

・Xbox 360

・Wii

・iPhone、iPad、iPod touch、対応アンドロイド(これらはOSのバージョンが低いとNGなものもあります。Nexus7は対応済みです!)

・PCとHDMI接続をする事でのテレビ視聴




 など、例としてあげただけでも、どれかは皆さん持っているのではないでしょうか?


 そして、私の懸念していた点は実際にiPod touch(私のは古い第三世代)で動くのだろうか?という事でした。残念ながらHuluのアプリは無料ではありますが、サンプル動画の視聴がiPod touchなどではできません(とりあえず私が調べた時点では)。


 そのため、外出時の時間が空いた時にまともに見られるかが気になっていました。私は007zというモバイルWi-Fiルーターを持っていますが、それを使って(しかもサブ回線のみですのでそれほどはやくありません)見られるかが重要なポイントでした(2013年6月現在はLTEにて視聴しています。回線状態さえ通常であれば問題なく観られます)。


 結果として、見たい番組が多かったので加入してからの確認にはなりましたが、iPod touchでの視聴も問題ありませんでした。しかも、自分が見た番組の情報はどれで見てもシームレスに共有されるため、例えば、パソコンで途中まで見たものでも、外出先でその途中部分から続けてみる事ができます。これは本当に便利です。電車の中でも地下でなければ、007zの電波に問題がなければ普通に見られました。都内であれば特に気にしなくても良いでしょう。touch(第三世代)のサイズでも字幕も問題なく読むことができます(視力次第かもしれませんが、私は余裕です)。


Huluに問題点はないのか?


 ではhuuに問題点はないかと言えば、そんな事はありません。私は自宅の回線もADSL12Mとはやくはないため、たまに映像が止まる事があります。とはいえ、気になるレベルではありません。


 それ以外の私が感じる問題点としては以下のものがあげられます。あくまで主観です。

・番組の検索性が悪い(もう少し細かい検索項目がほしいです)

・通常のテレビ番組を見る時間がなくなるくらいはまってしまう

・今ある番組全てが永遠に見られるわけでもない(番組によっては視聴できる期間が決まっている)
 →配信期限はTwitterサポートアカウントにて告知しています。

・新しい番組が入るのが遅い(たまにはやい場合もある)

・どの番組がいつ終わるのかというスケジュールが一覧で確認できないため、個別で確認する必要がある

(とはいえ、期限のないものの方が圧倒的に多いです。)


・海外のものは基本字幕で吹き替えはなし(一部ありますが、本当に極めて稀です⇒2013年6月現在、増えてきていますが、やはり少ないです。ただ、私は字幕で観たい方なので問題なし。)


 そして、一番の問題点は・・・

「寝不足になる」



 これにつきるでしょう。Huluの良い所はレンタルDVDと違って余計なCMなどもなく、すぐに次の話に移れるところです。そのため、海外ドラマなど続きものの場合には、やめどきを失ってしまい、つい寝不足というコースをたどってしまいます。仕事した後、布団に入りながらでもiPadなどで気軽に見られるための問題点と言えるでしょう(実際私はこれですw)⇒2013年6月現在、自分なりのHulu視聴スケジュールが出来て寝不足は回避できました)。



どんな人にHuluはお勧めか?


 私が思うHuluに絶対に加入した方が良い人はこんな人です。

・海外ドラマを見るのが好き(韓流ドラマもあります)

・懐かしいアニメが見たい(じゃりン子チエやヤッターマン、キャッツ・アイ、ルパン三世など多数ラインアップ)

・新作を急いで見ないでもOK!(たまに新作も見られます)

・長距離の旅に出る事が多く、そういう時の暇つぶしがしたい

・レンタル屋さんに借り(及び返却)に行くのが面倒

・こういうサービスは元を取るために結構見る方だ(数日で元が取れます)




 まあ、実際には月額933円(税抜)なので(しかも最初の2週間は無料ですし、そこでやめるのも可能)、誰にでもお勧めできます。また、一時的に見る時間がない期間がある場合には「アカウントホールド」という事ができます。これは、最長12週間までアカウントを一時的に保留状態にするというものです。もちろん、その間の利用料金は発生しません。日割計算にはなりませんが、そのホールド期間分、料金請求日が先延ばしになります(3ヵ月で3回まで)。


 個人的には久しぶりの大ヒットサービスです(サービス始まってからかなり経ってからで今更ですがw)。




 そして、そんな私は今さらですが、「LOST」を見ています。これは最終話まで全て揃っているので安心してみていられます(追記:これは見終わりまして、今は5つくらいの海外ドラマをまわしています⇒2013年6月現在、かなり多くのドラマを観終わりました。それでもマイリストは減りません)。


 というわけで、そんなHuluを強くお勧めしたい!という特別記事でした。


 あと、いつから入ろうかって悩んでいる貴方?その悩みは不要です。いつ入っても同じなのです。加入日に応じて引き落とし日が変わるので、月末とか一切気にする必要はありません。驚くほど高いサービスというわけでもないわけです。月額933円(税抜)で通勤電車も、布団の中でも、ちょっとした空き時間が有効に活用できるようになるのは、「今、想像しているレベル」ではありません。それだけはお伝えしておきます。はやく入っておけば良かったときっと思うでしょう(というか、思いました^^;)!


 *当ブログは本来はSEO(検索エンジン最適化)やマーケティングについての記事を普段書いており(たまにネタもありますが^^)、こういう1サービスをお勧めする記事は基本的に書きません。そういうスタンスの私がつい「本気で」勧めたくなるくらい素晴らしいサービスだと思いましたので、こういう記事を書かせて頂きました。



<その他>


★配信期限等告知のTwitterサポートアカウント(フォロー必須)

 https://twitter.com/Hulu_JPSupport

 →告知から終了までたまに短いものもあるため、シリーズ通して話が進むものなどで見たいものは、とにかく先に見たほうが良いかもしれません。また、終了しても復活する場合もあるようです。


★Huluサポートのtwilog

 http://twilog.org/Hulu_JPSupport



 今後も追加情報はここに追記する予定ですが、ここ最近のサービスではコストパフォーマンスがすばらしいサービスだと思います。無料体験期間はありますが、それでやめたくなる方はあまりいないのではないか?と思います。


 なお、上記の内容は全て記事執筆時点での内容であり、お勧め番組など終了しているもの、また終わったけども再配信しているものなどもあると思います。


 Huluの評判は私のまわりでもかなり良いと思います。だまされたと思って一度トライしてみる事をお勧めします。電車内でも続きをiPhoneなどでも見られるのは最高ですよ!


 以上、長くなりましたが、私の現時点でのHuluの評価とさせて頂きます。一言でまとめるなら、加入を躊躇していた自分に文句を言いたいです。その間に配信終了となったものが気になりますね^^


posted by SEMアドバイザー at 12:09 | 全般






最近の記事