2013年05月29日

実験サイトのパクリサイトを倒しました

 今回は私の実験サイト(アフィリエイトサイト)をパクっていたサイトとの攻防についてご紹介したいと思います。


パクリがうますぎて気付くのが遅くなりました


 今回、記事が盗用されている事に気付いたのは結構遅かったのです。それもそのはずかなり巧妙にパクラれていたからなのです。


 記事を丸々完全に持っていくなら検索で見つかるのですが、今回のは結構手が込んでいまして(言い方を変えますと姑息)、そのまま盗用ではないのです。


 さりとて引用ではないのです。


 どういうものかと言えば、基本は私の文章と全く同じ文章の展開なのですが、同義語に書き換えているわけです。


 例えばですが、「とても参考になります」と私が書いているとすると「とても役にたちます」のような状態です。これを記事全体で複数個所やられていた事もあり、私も偶然見つけるまでに時間がかかってしまったわけです。そして、重要なキーワード部分は完全に盗用でした。まあ、人が読めば100%盗用なのは誰もが分かるものですね。


 人気記事をこういう手法で盗用してアフィリエイト収益を上げようというのは個人的に許せない方ですので、徹底的に攻める事にしました。


DMCAによる著作権侵害を訴える


 正直言って、ここは結構難しいかなと思いました。いわゆる感情というものを含んで私のコンテンツと、相手のコンテンツを読めば100%盗用なわけですが、DMCA(デジタルミレニアム著作権法)による申し立てでは動いてはくれないかもと思いました。





 とはいえ、ダメ元でやってみようと言う事で上記URLにて必要事項を書いて送信しました。書き方などは他のブログでも紹介されていますので、そちらで確認してください。それほど難しくはありません。


 結果としては以下の返信でした(一部)。

送付いただいた件につきまして、Google のコンテンツ削除に関するポリシーに基づき検討させていただきました。誠に恐縮ですが現時点では削除対象外と判断するに至りました。


 ああ、やっぱりか、という予想はしていましたが、残念でした。ちなみに以下の文面もあり、何となく「まあ、仕方ないな」という気分にさせてくれました。

お客様のご懸念については認識しておりますが、第三者のウェブページからコンテンツを削除するために Google で対応できることはありません。Google はウェブ上に公開されている情報を集約および整理しているに過ぎず、ご指摘のあったページに掲載されているコンテンツを管理する立場にはないことをご承知置きください。対象のページは、検索結果から削除されても、ウェブ上から削除されるわけではありません。そのため、対象のウェブサイトのオーナーと直接協議されることをおすすめいたします。



ASPに記事盗用を訴える


 DMCAは半分諦めていながら出したものですので、結果としてNGなのはすぐに受け入れられました。でも、ここで諦めては面白くないので、アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)に盗用を伝え、何らかの対応が取れないかと依頼しました。


 その結果、やや時間はかかりましたが(この辺は特定されるのを避けるために省きます)、相手のプログラムの解除へとこぎ着けました。


 つまり、今後はどんなに頑張っても対象としているプログラムとの契約ができないため、一切の収益を得られないわけです。


実際にそのサイトは収益が出ていたのか?


 さて、番外編ですがせっかくですので盗用サイトの順位の動きも追っていました。これも特定を避ける為期間などは伏せています。

あるキーワードの推移



 こちらはあるキーワードの推移ですが、私の該当記事の順位は1位ですが、パクリサイトは上記のような動きでした。これだけ見れば、ほとんど無駄に終わっているのが分かると思います。そのため収益が出ていたかと言えば、おそらくほとんど出てないであろうと思っています。


 とはいえ、盗用されて「はい、どうぞ」とも言えませんし、そもそも自分が書いた記事に邪魔されるのも許せませんので、きちんと対処する事にしたわけです。


 アフィリエイトをやるにしても、人気記事を盗用するなどすれば良いという話ではありません(参考にするのは問題なし)。デジタルですし何でもできるのは確かですが、そういう事を時間をかけてしたとしても、見つかれば痛い目に会うことになります。


 私は今後も盗用サイトを見つけたら、その根本であるASPに対応を求めるつもりですし、ASPもこういう姑息なサイトには思い切った対応をするはずです。


 お小遣いを稼ぎたいのは分かりますが、自分の言葉で記事を作ってください。


 人気記事を真似しても順位が思ったよりも上がらない事などはよくある事ですし、上記のグラフもそれを証明しています。他のキーワードの推移は出していませんが、いずれも同様です。


 そのような事に労力を使うのであれば、自分のオリジナルの言葉で喜ばれる記事を書いていってください。


 姑息な手法でもし上位に来たとしても、それが長く安定して上位に残る事は難しいでしょう。




揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
 

posted by SEMアドバイザー at 14:36 | SEO

2013年05月28日

検索時の自分の行動パターンから良いコンテンツを考える

 私は今のGoogleが何を好むかと言うことには実際問題、それほど興味がなくなっています。興味があるのはユーザーがどう動くか、どうすればユーザーが納得してくれるか?という事です。


コンテンツが重要という言葉だけでは動けない


 SEOではコンテンツ重視するという考えが一般的になってきましたが、ある意味これほど曖昧で昔の言葉で言うなればファジー(書いていてちょっと恥ずかしかったですw)な言葉もないなと感じます。

曖昧すぎて行動に移せない



 クライアントに「コンテンツが大事です」というのは簡単ですが、それを具体的にクライアントにあわせて説明できるかとなるとまた別の話でしょう。


 さて、今回はそこの視点をちょっと変えてみます。


 自分自身の検索行動を客観的に見て、どういう行動を起こしているかを考えてみたいと思ったのです。もちろん、こんな事は書かずとも、無意識で分かっていると思いますが、書くことで「明確に」認識できる事もあるわけです。


 今や順位をあげるだけがSEOではない事は周知の事実です。順位上げだけを語ってしまうと、検索エンジンの裏をついたテクニックが注目されてしまったりするわけです。しかし、大事なのは設定するゴールまで導けるかどうかのはずです。


検索時の自分の行動を顧みてみる


 さて、今回のテーマである検索時の行動パターンをいくつか書いてみたいと思います。あくまで自分調べですが、私と共通の動きをされる方も多いと思います。


 なお、ここでの検索行動は検索結果をクリックした後の行動から紹介したいと思います。


★アクセス先が気に入らなかった場合の検索行動

・それほど時間をかけずにブラウザの戻るボタンで検索結果に戻る
⇒Googleの検索結果クリックから戻るまでの時間が短い

・数ページクリックしたとしても、どのページも滞在時間が短い
⇒探している情報がない(探せない)

・ブラウザをそのまま閉じる

・ブラウザのURL部分に検索文字列を入れなおして再検索(私はこれが何気に多いです)




★アクセス先が気に入った場合の検索行動

・該当サイト内の複数ページを時間をかけて読む

・時間をかけて読んだ後に検索結果に戻る

⇒Googleの検索結果クリックから戻るまでの時間が長い

・探していた情報が見つかり、検索結果には戻らない
⇒Googleなどの検索エンジンに戻らない

・情報に納得してブラウザを閉じる

・印刷などのアクションを取る



 思いついたものをいくつか適当に並べてみましたが、今後のSEOも含めたユーザー対策はここに答えがあると考えています。


 これらのユーザー行動(自分だけですが)から考えると、どういうコンテンツを目指せばより息の長いコンテンツになるか何となく分かるのではないでしょうか?

すぐに戻るか長居するか



検索エンジンは進化していく


 Googleなどの検索エンジンは今後も進化していくわけですが、その進化を先読みするにあたり、このようなユーザーの行動を意識してコンテンツを作るのと作らないのとでは、大きく結果が変わると私自身は考えています。


 もちろん、ユーザーが探す目的によっては満足していても見てすぐに検索結果に戻る事もあるでしょうし、上記に掲げたのは私調べの一般的なケースに過ぎません。


 しかし、このようなユーザーの行動パターンを頭に入れた上で作るコンテンツというのは強いと考えていますし、実際に私の実験結果でも安定した順位を取っているものも多くあります。

ユーザーの行動パターンを 意識したコンテンツ作り



 とはいえ、文章を長く書けばユーザーが長く滞在してくれるわけではありません。そこには視覚的要素、読んでもらうための工夫、その他様々なものが必要になってくると思います。もちろん、内容によってそれらの要素は可変的なものとして組み合わさるでしょう。


 今後のWebマーケティングでは、それらの行動パターンを理解できるかが鍵になるような気がします。


 という個人的な見解^^



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!


posted by SEMアドバイザー at 11:22 | マーケティング

2013年05月21日

揺さBrain!の更新について

 この記事を書くにあたり、そう言えば以前も不定期更新になると書いたような気がしますが(その割に更新頻度があがった)、今回は気持ちを新たにして書きます!


揺さBrain!は不定期更新へ移行します


 現在、揺さBrain!は火曜日更新をしてきましたが、今後は書きたい事が出たら書くようにします。義務的に曜日を決めて書くのはそろそろつらくなってきました。


 というよりも、実験サイトで書く記事(こちらも手抜きなしの記事)が多く、揺さBrain!が負担になってきました。


 実験サイトについては複数ありますので、それらを総合しますと、毎日複数記事書いているのが現状なのですが、そのような朦朧とした状態で火曜日に絶対に揺さBrain!を書くと決めていると、何となくテーマを決めて書くつもりもなかった事を書いてしまう事もありました。


 そんな状態は個人的には好ましくないと思いましたので、今後は「よし!これを書こう!」と自然とテーマが頭をよぎった時にだけ更新したいと思います。


 このブログはSEO関連の話題が多いのですが、基本的なスタンスは答え(こうするとこうなる)を書くような記事を書きたいとは思っていません。


 あくまで目指すものは読んだ方の将来に続くヒントになるという事です。人によってヒントと感じるところは違うと思います。ネタ画像を見て、「これもいいな」と思う方もいるかもしれませんし、先週まで続けていました「SEON」のようなものに触発される方もいるかもしれませんので(申し訳ありません。言い過ぎましたm(__)m)、とにかく何らかのヒントを感じて欲しいなと思うばかりです。


 正直、いろいろな事をやっていますので、実験結果や経過を書くのは簡単ですし、実を言えば記事として書くのもそういう方が私には楽なのです。


 しかし、そういうものを観てもらって、それだけで全てを判断されても困ると言うのがありますので、記事にするものは選んで出していました。


 とまあ、SEONではありませんが、この揺さBrain!をどう続けていくかは私も現段階ではわかりませんが、ネタが思いつけば明日にも更新されるかもしれませんし、少し間が空くかもしれません。


 とりあえずは義務的に書くのは揺さBrain!についてはやめようと思った次第です。


 でも、この揺さBrain!はある意味、その前身であるSEO対策ブログとは違って何でも書けるという良い面がありますので、ブログそのものを辞めるつもりはありません。


 ですので、そんな状況でもよければまた気づいた時にでも読んであげてください。Twitterなどでも更新すれば告知するとは思いますので。今後は予約投稿もこのブログはしません。書いたらアップに移行します。


 今回はお知らせとさせて頂きました。


 *「学生募集の宝箱」もこの機会にネタが出たら書くように変更しようと思います(既に予約している分は除きます)。


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | 全般

2013年05月17日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON31(最終回)

SEON



 本物語は完全にネタですが、順番に読んでいくと不思議と勉強になる成分が含まれていますが、冗談の分からない方には非推奨です。第1話を読まれていない方は「ファンタジーSEO冒険物語 SEON」からお読み下さい。


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


 それでは、どうぞお楽しみ下さい!


*SEONを読むと私がゲーマーに見えますが、PS3やWiiなど所持すらしておらず、古い記憶を頼りに書いています。


**********************************



ホワイト法師の大奥義


 見た事もない敵と対峙してセオン達が身動きが取れずにいた時、サカノミ村の大地が突如として影に包まれた。


 セオン「これは!?」


 一斉に空を見上げるとそこには天を覆うような大きさの「ホワイト法師」が現れたのだった。

ホワイト法師



 ホワイト法師「皆のもの、待たせたの。今こそ我が大奥義で敵を倒す時じゃ。しかし、この奥義は皆の力が必要なのじゃ。力を合わせて敵を倒そうぞ。」


 そう言うとホワイト法師は天空に魔法陣を描き始めたのだった。


 セオン達が見守る中、巨大な敵を中心にとらえた十の点からなる魔法陣を大空に書き終えるとホワイト法師は大きく息を吸った。


 魔法陣のそれぞれの点からは地上に真っ直ぐと伸びた光が照らし出され巨大な敵の動きを完全に止めていたのだった。地上の点にはそれぞれ壱から十の番号が振られていたのだった。


 大地が割けるかのような雷鳴が轟いたと思われた瞬間、ホワイト法師が大声で叫んだ。


 ホワイト法師「汝を天空より無に帰せん!大奥義 グッグル・ノ・リネーーーン!」


 呪文の詠唱と共に地上に映し出された十の光の点は物凄い勢いで回転を始めたのだった。セオン達は何が起きたのかと戸惑いつつもホワイト法師に全てを委ねていた。


 ホワイト法師「その壱。ユーザーに焦点を絞るなり!」


 その言葉が叫ばれると予想だにしなかった変化が起きた。それまで何が起こるかと見守っていたセオンが壱の点の上に瞬間移動したのだ。


 セオン「これは!」


 ホワイト法師「その弐。一つの事を極めるなり!」


 ボルト「わわわ!」


 「獣戦士ボルト」は気付くと弐の点上に瞬間移動していた。

獣戦士ボルト



 ホワイト法師「その参。速いに越したことなし!」


 タムー「何と!」



 「周辺暴走士タムー」がくるっと一回転しながら参の点上に降り立った。

周辺暴走士タムー(改)スペシャルエディション



 ホワイト法師「その四。ウェブでも民主主義は機能するなり!」


 イマジン「おお!」


 「魔道士イマジン」がマントを翻しながら四の位置についた。

魔道士イマジン



 ホワイト法師「その五。人はどこにいても情報を探したくなるなり!」


 コニタン「俺の番が来たぜ〜!」



 「リス戦士コニタン」が待ってたとばかりにポーズを決めながら五の点上に並んだ。

リス戦士 コニタン



 ホワイト法師「その六。悪事を働かずとも結果は出せるなり!」


 メタルン「おっと!」



 「音戦士メタルン」はギターを強く抱えて六の点についた。

音戦士メタルン



 ホワイト法師「その七。世の中には情報がいくらでもあるなり!」


 マサ「うむ。」



 「TLUのマサ」は大剣を構えつつ七の点上にどっしりと構えた。

TLUのマサ



 ホワイト法師「その八。情報のニーズは国境を越えるなり!」


 キムーラ「おおお」



 召喚魔法で体力を使い果たし休憩していた「サカノミ村門番キムーラ」が八の点上に召喚された。

サカノミ村門番キムーラ



 ホワイト法師「その九。真剣に仕事をするのにスタイルは関係なし!」


 四角丸「・・・。」



 「忍者 四角丸」は落ち着き払ったまま九の点上についた。

忍者 四角丸



 ホワイト法師「その十。すばらしいの上を目指すなり!」


 徳「あああ。」



 「テレパスの徳」は心の準備はしていながらも驚きの声を出しながら十の点上についた。

テレパスの徳



 十の点にセオン達が並ぶとそれぞれの身体から物凄い光が発せられた。それは時に赤く、時に青く、まるで光が変化を欲しているかのようにめまぐるしく発光したのだった。


 タムー「一体全体、何が起こっているのだ!」


 イマジン「私たちに何が?」



 その瞬間。


 それぞれの身体から発する光が魔法陣の中央にいる敵に向って行った。


 「グガガガガ!」


 敵は光を受けて身体をのけぞらせたかと思うと、大きく苦しみもがき始めたのだった。



 セオン「もう少しだ!皆、耐え抜くんだ!」


 その技が発せられている間中、セオン達の身体にも鋭い激痛が走っていた。





 「ああああああああ」


 セオン達は大きく叫んだと思うとそのまま意識を失ったのだった。


新たな旅立ち


 セオン「ううう」


 身体中に走る痛みでセオンは目を覚ました。見るとそこには仲間達が身動きもせずに倒れていた。


 セオン「皆!大丈夫か?」


 その声に対し呻き声は聴こえるものの、起き上がれるものはいなかった。それと見てセオンは全体回復呪文を唱え始めた。


 セオン「汝が身体を癒したもう!リ・カバー!」


 セオンの放った回復呪文はその指先を通じ仲間の身体を優しく光る白いオーラで包み込んだ。


 倒れていた仲間達は徐々に顔に生気を取り戻して行き、無事に意識を取り戻したのだった。





 セオン「どうやら、勝ったみたいだ。」


 大地に倒れ伏してピクリとも動かない敵を見てセオンはそうつぶやいた。


 ボルト「良くこんなのに勝てたなぁ。」


 イマジン「ホワイト法師の大奥義は仲間との絆が試される技だったのかもしれませんね。」



 そう語り合うセオン達にサカノミ村から村人達が駆け寄ってきたのだった。そして、その勝利を祝う歓喜の声はいつまでも止まなかった。


 戦いを共にした仲間達の表情には心からの笑顔がこぼれていた。


 セオン「皆、これで終わりじゃないんだ。ここからが旅の始まりのような気がするんだ。」


 セオンと共に戦った仲間達は何事もなかったように光り輝く天を眺めながら、気持ちを新たにしたのだった。



<SEONエンディングムービー>
 *ムービーは仲間のその後を紹介しています。出来ればヘッドフォン着用でご覧下さい。


 


 <ファンタジーSEO冒険物語 SEON 完>


 *SEON完結にあたり、「Google が掲げる 10 の事実」を参考にさせて頂きました。


 *SEONの感想を募集中です!⇒感想フォーム


<SEONを一気読みできるPDF版完成しました!>

 全142ページ、ブログ公開時の内容を加筆修正して、さらにスペシャルコンテンツも用意しました!

 ダウンロードしてお読み下さい! ⇒SEON PDF版 ダウンロードページへ


 *仕事はいたって真面目にやっています。←これ重要!


**********************************


<SEON総出演者が関係するWebサイトの一覧(登場順)>

・獣戦士ボルト・・・SEO対策 e-search

・音戦士メタルン・・・WebMETAL

・周辺暴走士タムー・・・SEOとその周辺

・魔道士イマジン・・・SEO Imagination!ブログ

・ホワイト法師・・・SEOのホワイトハットジャパン

・謎のシロクマ・・・SEO対策に困ったときのクマだのみブログ

・サカノミ村門番キムーラ・・・大阪のWEBマーケティング雑記

・行動分析士モリーノ・・・運営堂

・TLUのマサ・・・モバイルSEOの勧め

・バリッド村のフージィ・・・VALID SEO

・忍者四角丸・・・株式会社キャリアデザインセンター

・リス戦士 コニタン・・・SEMカフェ

・テレパスの徳・・・世界へボカン!



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
 
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEON

2013年05月15日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON30

SEON



 本物語は完全にネタですが、順番に読んでいくと不思議と勉強になる成分が含まれていますが、冗談の分からない方には非推奨です。第1話を読まれていない方は「ファンタジーSEO冒険物語 SEON」からお読み下さい。


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


 それでは、どうぞお楽しみ下さい!


*SEONを読むと私がゲーマーに見えますが、PS3やWiiなど所持すらしておらず、古い記憶を頼りに書いています。


**********************************



必殺技炸裂!


 いきなり飛び出した小さな影は「獣戦士ボルト」のものだった。

獣戦士ボルト



 その身体はまたもや不思議な金色の光に包まれていた。神々しいとはまさにこの事であろう。


 ボルト「この技を使う時がついに来た!いけ〜〜〜!カノニカーーーール!」


 空中高く跳ね上がったボルトは尻尾を物凄い勢いで伸ばしたかと思うとそのまま高速回転を開始したのだった。


 恐ろしく長く伸びたボルトの尻尾は敵の集団を同じ種族のもの同士でひとまとめに縛り付けると、強烈な光を放ったのだった。


 「ドーン!」


 爆音が響いた地点を見ると煙の中から1体の巨大化した敵が現れた。ボルトはそれを気にする事なくそのまま他の種族についてもカノニカールを繰り返して敵の数を減らしていった。


 タムー「これは一体、何が起こっているのだ!」


 「周辺暴走士タムー」には何が起こったか一瞬分からなかった。

周辺暴走士タムー(改)スペシャルエディション



 瞬く内に膨大な数の敵は同じ種族ごとにまとめられてしまっていたのだ。数が減り、巨大化した敵がそこかしこに何体かいるという状況になったのだ。


 ボルト「カノニカールは同じ種族を合体させる技なんです。ちょっとばかり強くはなりますが、数が多いよりは戦いやすいでしょう。」


 ボルトの言った通り、数千もの敵が相手では衆寡敵せずで勝ち目はなかったと言ってよいだろう。残った敵単体の力は強くなったとは言え、これなら各個撃破が可能である。


 敵の数は数千から一気に数十体にまで減っていたのだ。


 セオン「後衛の方は攻撃をお願いします!」


 セオンの掛け声で後衛の戦士が一気に戦場へと繰り出したのだった。


 コニタン「俺たちも行こうぜ!」


 「リス戦士コニタン」も遅れじとばかりに仲間に続いた。

リス戦士 コニタン



巨人との戦い


 敵の数こそ一気に減少したものの、より強くなった巨人との戦いであった。セオン達は1体ずつ確実にしとめていく作戦を取った。


 セオン「まずは目の前の敵に攻撃を集中させましょう。」


 その言葉を聞くや疾風がセオンの横を通り抜けた。


 マサ「まずは私にお任せ下さい。」


 「TLUのマサ」はそう言うと自分の10倍はあろうかという巨人に向って突進していった。そして、敵に近づくと足から順に膝やベルトなどをつたって見る見るうちに上方へと登っていったのだった。

TLUのマサ



 軽々と頭の天辺まで登りついたマサの動きはまさに芸術的と言えるものだった。


 マサ「この技を食らえ!カズヨーリ・シツ斬り!」


 ボルトによって強引にまとめられた巨人の頭上に大剣を突き立てるとそのまま大地まで一気に切り裂いたのだった。


 巨人は大きな雄たけびをあげてズシンと倒れ、同時に地面が大きく揺れたのだった。


 イマジン「マサさんの技は強烈ですね。まさかの一刀両断とは・・・。」


 「魔道士イマジン」はこんな凄い戦士に守ってもらってたと思うと恐縮しきりだった。

魔道士イマジン



 セオン「皆!残りの敵も一気に殲滅しましょう!」


 セオンの言葉で仲間達は近くにいる敵から1体ずつ攻撃して確実に仕留めていったのだった。


 そして残る敵が3体になった時、想像だにしなかった事態が起こった。


 中心にいる1体が目も開けていられない程の閃光を発したのだ。


 メタルン「何が起こっているんだ!」


 「音戦士メタルン」は愛用のギターを顔の前にかざして光を遮りつつ敵の方を透かし見たのだった。

音戦士メタルン



 メタルン「こ、これは!」


 メタルンは目の前の光景に言葉を失った。そこにはさらに巨大化した敵が立っていたのだ。カノニカールによって合体していた敵が自分の意思で合体をしたのだった。


 四角丸「これを食らえ!」


 敵の姿を捉えた「忍者 四角丸」は懐の苦内(クナイ)を連続で叩き込んだ。

忍者 四角丸



 「カンカンカン!」


 敵には当たったものの四角丸の攻撃は甲高い音を立ててそのままむなしくはじき返されてしまった。


 タムー「むむ。とんでもないバケモノが最後に残ったわけか・・・。」


 誰もが冷静を保とうとしていたが、その姿に圧倒されて身動きさえもできなかった。


 徳「どうすればこの敵に勝てるのでしょうか・・・。」


 「テレパスの徳」も巨大な塔と見まがうばかりの敵の姿を見て次の行動に移れなかった。

テレパスの徳



 セオン「まだだ、まだ諦めるわけにいかない。これまでの戦いを無駄には出来ないんだ!」


 そう言うセオンにも手立てがあったわけではなかった。


 どうすればこの敵を倒す事が出来るのか・・・。
 


 >>最終回へ続く(2013年5月17日 8時更新)


 *仕事はいたって真面目にやっています。←これ重要!


**********************************


<大決戦中の出演者が関係するWebサイトの一覧(順不動)>

・獣戦士ボルト・・・SEO対策 e-search

・周辺暴走士タムー・・・SEOとその周辺

・魔道士イマジン・・・SEO Imagination!ブログ

・リス戦士 コニタン・・・SEMカフェ

・音戦士メタルン・・・WebMETAL

・TLUのマサ・・・モバイルSEOの勧め

・行動分析士モリーノ・・・運営堂

・ホワイト法師・・・SEOのホワイトハットジャパン

・サカノミ村門番キムーラ・・・大阪のWEBマーケティング雑記

・忍者四角丸・・・株式会社キャリアデザインセンター

・テレパスの徳・・・世界へボカン!



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
 
posted by SEMアドバイザー at 08:00 | SEON






最近の記事