2013年02月08日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON15

SEON



 本物語は完全にネタですが、順番に読んでいくと不思議と勉強になる成分が含まれていますが、冗談の分からない方には非推奨です。第1話を読まれていない方は「ファンタジーSEO冒険物語 SEON」からお読み下さい。


 真面目な記事は火曜日更新、「SEON」シリーズは主に月曜日にアップしますが、月曜日が祝日の場合には少しでも読者を減らさないために平日に更新すると思います^^


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


 それでは、どうぞお楽しみ下さい!


*SEONを読むと私がゲーマーに見えますが、PS3やWiiなど所持すらしておらず、古い記憶を頼りに書いています。


**********************************



さまよえるセオン


 宿は静まり返っていた。


 目の前に横たわるセオンの意識は朦朧としており、問いかけにもこたえる事はできなかった。


 「魔道士イマジン」は甲斐甲斐しくセオンの額の汗をぬぐっていたが、内心では敵を倒すための魔法は使えても人を守る魔法が使えないのが悔しくて仕方なかったのだった。

魔道士イマジン



 「リス戦士コニタン」の究極奥義の一つ「CVタグ全ページ・ニ・アル・ジャーン」を身代わりとなってその一身に受けてからというもの、セオンの口からは意味不明な言葉が時折漏れていたのだった。セオンが何かを伝えようとしているのだけは分かったが、それを理解できるものがいなかったのだ。

リス戦士 コニタン



 その様子を見守っていた「周辺暴走士タムー」は心配する仲間の顔をゆっくりと見回してから静かに口を開いたのだった。それはあたかも自分の記憶を丁寧に紐解いているようにも見えた。

周辺暴走士タムー(改)スペシャルエディション



 タムー「実はサーギテキ・マルゴト・コピサイトーとは以前やりあった事があるのだ。その時も攻略方法がわからずに危なく全滅しそうになったんだが、奴に返された魔法をそのまま受けたものは生死の境をさまよい、そのまま意識が戻らずに命を落としたものも少なくないのだ・・・。」


 タムーの眉間には皺が寄っていた。いつも皺があるが、今日はいつにも増して苦悩に満ちた眉間であった。


 コニタン「どうすれば、セオンを救えるんだ?」


 知らなかったとは言え、セオンがこうなったのは自分の責任だとコニタンはずっと罪の意識に苛まれていた。何とかしなければセオンの命が危ないのだ。


 タムー「おそらくセオンはスーニペットによって奴の弱点に気付いたはずだ。しかし、セオンから発せられる言葉は私たちには理解できない。何とか、セオンの心を読むことが出来れば・・・。」


 タムーがそうつぶやいた時、大きな煙が周囲を包んだ。


 イマジン「ウワ!」


 自分の真横にいきなり煙が出現したのを見てイマジンは大きな声をあげた。敵が宿にまで攻めてきたのかと思い仲間は一斉にその場に構えた。しかし、煙が薄らぐ中に現れたのは懐かしい人物であった。


 イマジン「ホワイト法師!」


 叫んだ先にはセオンを心配そうに見つめる「ホワイト法師」が佇んでいたのだった。

ホワイト法師



 ホワイト法師「おお、皆のもの、懐かしいぞ。活躍は聞いておる。」


 ホワイト法師は自分が案内をした冒険者達の事は常に情報を仕入れるようにしていた。案内した後も万全のサポートをするというのが彼のポリシーだった。そんな彼は真夜中に使いのものからセオンの陥った状況を聞きつけて一大事とばかりに真っ先にやってきたのだった。


 ボルト「実は・・・、セオ」


 「獣戦士ボルト」が口を開くとすぐにそれを手で制してホワイト法師は続けたのだった。

獣戦士ボルト



 ホワイト法師「分かっておる。セオンが戦いで病に伏している事は既に私の耳にも入っておる。おそらくお前たちが困っているだろうと思ってある人物を連れてまいったのじゃ。」


 そう言うとホワイト法師は後ろに控えていた青年を呼び寄せた。その青年は丁寧にお辞儀をするとセオンの近くへ行って1分ほど考え込んでいた。


 テレパスの徳「自己紹介が遅れました。私はテレパスの徳と申しまして、心を読む事が出来ます。セオンさんは何かを伝えようとしているようです。私の術が通じるかは分かりませんが試させてください!」


テレパスの徳

 

 テレパスの徳はそう言うとセオンの横に座り目を閉じて呪文を唱え始めた。手に持ったテレポンという特殊な機器を通じて声を聞き取るようだ。


 徳「汝の心を示すなり。バイリンガーーーール!」


 「テレパスの徳」は呪文「バイリンガール」を唱えた。その呪文に呼応したかのようにセオンの体が一瞬ビクッと動き、仲間には理解できない言葉を発しだしたのだった。その言葉を僅かたりとも聞き漏らさないようにと徳は頷きながら聞き入っていた。そしてセオンの言葉が終わるとやおら心配する仲間たちに向って口を開いた。


 徳「分かりました。やはりセオンさんは敵の弱点を知っていたようです。」


 そう言うと徳は懐から紙を出して何やら書き出したのだった。その紙にはしっかりとした字でこう書かれていた。


 (魔封じのチェーンソー)


 ボルト「魔封じのチェーンソー?」


 ボルトは仲間を見回しながらその武器を知っているものがいるかを探ったのだった。するとその疑問に答えるようにホワイト法師が再び口を開いた。


 ホワイト法師「ま、まさか、あの武器が奴を倒す唯一のものじゃったとは・・・。」


 ホワイト法師の顔は少し曇っていた。4人はその表情の意味を直後に知る事になったのだった。


セオンのために


 ホワイト法師「実は魔封じのチェーンソーを持っているものを私は知っているのじゃが、そのものはもう自らの戦いに終止符を打っているのじゃ。」


 それを聞くとコニタンは身を乗り出して言った。


 コニタン「いや、そいつが何て言おうと俺が引っ張り出してやる!一体どこにいるんだ?」


 息巻くコニタンを右手で冷静に制しつつホワイト法師は続けた。


 ホワイト法師「いや、お前たちは既にその者に会っているのじゃ。旅の最初でな・・・。」


 そう言われても誰もチェーンソーを持ったものに覚えはなかった。そしてホワイト法師の次の言葉を待ったのだった。


 ホワイト法師「うーむ、少し強引な方法となるがこのままではセオンが危ない。おそらく普通に頼んでもその者は来てはくれぬであろう。私に作戦があるのじゃが、任せてくれはせぬか?この作戦には他にも2人の仲間が必要なのじゃ。」


 ホワイト法師はそう言うと周囲を見回し、全員が頷くのを確認すると一つの言葉を残して煙となって消えて言った。


 ホワイト法師「村の入口で待っておれ。仲間を2人寄こすからその者達と合流し、サーギテキ・マルゴト・コピサイトーの居た場所へ向うのじゃ。あいつは行動範囲が狭いやつじゃからの。」


 4人はすぐさま装備を整えて村の入口に向ったのであった。セオンを助けるために・・・。




 >>第16話へ続く(2013年2月18日 9時更新)


 *仕事はいたって真面目にやっています。←これ重要!


**********************************


<第15話出演者が関係するWebサイトの一覧(順不動)>

・獣戦士ボルト・・・SEO対策 e-search

・周辺暴走士タムー・・・SEOとその周辺

・魔道士イマジン・・・SEO Imagination!ブログ

・リス戦士 コニタン・・・SEMカフェ

・ホワイト法師・・・SEOのホワイトハットジャパン

・テレパスの徳・・・世界へボカン!



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
 
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | SEON

2013年02月05日

結果が出ないから諦めようか悩んでいる貴方に勇気を与えるコンテンツSEO実験推移

 本日のテーマは「結果が出ないから諦めようか悩んでいる貴方に勇気を与えるコンテンツSEO実験推移」です。記事タイトルが長すぎて、検索結果でのみばえなんか全く考えてないのがみえみえの揺さBrain!ですm(__)m


記事を書き続けるのは疲れます


 オーガニック検索でのアクセスを増やすために記事やコンテンツを地道に増やしている方は多いと思います。しかし、実際には書いてすぐに報われる事はほとんどありません。ソーシャルなどで既に認知されている場合なら別ですが、それらはそもそも土台が違います。


 「今から作るものを何とかしたい」と言う場合、真面目に書いていてもなかなか上位に来ない等の時期はそもそも普通です。いきなり出た新人に全幅の信頼を寄せるほどGoogleは優しくありません。私自身はその期間を「Googleの苦行期間」と呼んでいますが(既にYahoo!の名前がないのは気にしないで下さい)、その苦行の途中で諦めるか、そして諦めないかでストーリーが大きく変わるのは確実です(とはいえ、ニーズもないものを延々と書いても増えませんよ)。なお苦行タイムは正式名称でも何でもありません。個人的にそう考えると頑張れるためにそう名づけているだけです。


 さて、ここで皆さんに揺さBrain!の昨年12月の記事を思い出してほしいのです。覚えている方は読まないでOKですし、読んでない方はこれを読まないとこの先がよく理解できません(この先を読んでも意味はあまりないでしょう)。





 上記記事では実験ブログの情報、そしてアクセスの推移を紹介しています。今回の記事ではその後について触れていきたいと思います。コンテンツSEOの実験を行っているわけです。


Googleの苦行期間再開


 前述の記事では頑張れば結果はでると言う事で終わっています。しかし、実を言うとその後にGoogleの苦行期間が再び待ち受けていたのです。

Googleの苦行期間再開



 前回の記事ではアクセスが順調に増えていましたが、実を言えばその後落ちました。


 ここでまだあまりブログなどを作ってない方に申し上げますと、このパターンは結構普通にあるものです。まだ開始から短いブログなどの場合には珍しくない光景なのですが、実際にはここで諦めてやめてしまう方が多いのも事実です。


 普通に考えればここでモチベーションが落ちて当たり前なわけです。その後、少しアクセスが戻ってきているのも分かると思いますが、それでもたいした事ないですね。なお、アクセスが減っているのは言うまでもなく上位に上がっていた対象キーワードでの順位が落ちたからです。一時期は300位にも入りませんでしたが、とにかく落ちました。


一度上がったサイトは脈あり


 私の複数の実験サイトにおいても同様なのですが、基本的に「スパム的な行為」なしで一度でも良い動きがでたものは「脈ありサイト」だと考えるようにしています。つまり、どんなに途中で躓いても結果が出る可能性が高いと考えています。


 そのため、上記のような切ない動きになっても私は記事の方向性はそのままに、微妙な修正を加える(これは沢山あるので書きませんけど)事で安定上位を目指すようにしています。


 さて、ここからがモチベーションが落ちた方に勇気を与える動きです。

苦行期間後の動き



 このグラフを見てください。一瞬見てこれが何かよく分からないかもしれません。このグラフは最初のGoogle Analyticsのアクセス推移の続きです。でも、これだと分かり難いですね。こちらはどうでしょうか?

苦行期間を含む全体像



 先ほどのグラフ期間も含めてみました。苦行期間がほぼ何もないように見えますね。


 実はこのブログ、圏外から一気に1〜2位にまであがりました。Googleは結構こういう事があるって事ですね。増えてからの1ヶ月間とその前の1ヶ月間のアクセスデータを比較しますとこんな感じです。

データ比較



 これを見ると大幅に増えているのが分かると思います。約2ヶ月半で不安定モードから上位安定までもってきました。広告などはもちろんだしてません。実際の初期流入はほぼ100%自然検索からです。つまり、記事だけでここまで出来るという事です。


 2012年から2013年にかけて実験サイトを複数入れ替えたため、これはその中の一事例です。他のブログもボチボチ面白い動きが出始めています。


 で、この記事で何が言いたかったかと言えば、別に増やしてどうこう言いたいわけではないのです。正直、このブログは記事を書いている現在、多くのキーワードでGoogle、Yahoo!で1位(または上位)を取っていますが、また何があるか分からないとも思っています(そうならないように努力を継続中です)。そもそも、上がった時こそ私はさらに気を使うべきと考えています。まさにリレーで1位を取っているけどすぐ後ろに2位が迫っているのが分かるような状態です。そこで手を抜けばすぐに抜かれますよね。


 私のSEOの基本はあくまで「マイナス要素を出来る限りなくす」というものです。そのスタンスの上でユーザーから求められる記事を書いていくというように考えています。さらに言えば、コンバージョンを意識してユーザー心理を考えたストーリーを明確に作るようにしています。


 そのため効果が出るためにはきちんとしたものを書かなければいけませんし、今回のブログでも、アクセスのある記事(少しでもアクセスがある)には何度もテコ入れをして記事をさらに深く掘り下げて書くようにしていました。一度書いたものをそのままの状態にしておくのは勿体ないと考えているからです(揺さBrain!はそもそも主旨が違うので誤字がなければ直しませんが^^;)。


 時間がかかっているのは確かですが、諦める前に、もっと出来る事はあるのでは?と考えて継続をして頂ければと思います。結果が出る前にやめると、ほぼそのままの状態で終わってしまいます。


 ライバルはもっと古くからそのキーワードで努力をしているわけです。それに少しでも近づくまでの努力は最低でも必要だと思います。


 というわけで、「やるぞ!」という勇気がでましたでしょうか?^^


 *この記事面白かった!という方は「SEON]を読んでリラックスしてくださいw・・・というようなマイナス要素は避けましょう!


揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!

posted by SEMアドバイザー at 09:00 | SEO

2013年02月04日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON14

SEON



 本物語は完全にネタですが、順番に読んでいくと不思議と勉強になる成分が含まれていますが、冗談の分からない方には非推奨です。第1話を読まれていない方は「ファンタジーSEO冒険物語 SEON」からお読み下さい。


 真面目な記事は火曜日更新、「SEON」シリーズは主に月曜日にアップしますが、月曜日が祝日の場合には少しでも読者を減らさないために平日に更新すると思います^^


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


 それでは、どうぞお楽しみ下さい!


*SEONを読むと私がゲーマーに見えますが、PS3やWiiなど所持すらしておらず、古い記憶を頼りに書いています。


**********************************



5人の追跡


 自分達の残像を見張っていた事に気付いていないリマケンを見張るという滑稽な状況になっていた。リマケンにとっては対象以外は興味がなく実物が近くにいても既に気付かないようで、報告に向っているだろう道を急ぐリマケンをセオン達は追跡していたのだった。


 それでも5人はリマケンの後ろを少しの距離を保ちつつ、慎重に追跡していった。どんな敵が待っているか分からないからだ。


 先頭を行く「リス戦士コニタン」はすぐにでも攻撃に入れるように武器を構えたまま進んでいる。コニタンの戦闘力は素晴らしいものであり、ここ最近の自分達の快進撃があるのは彼の協力による所が大きいのは確かだった。そういう事もあり、安心して先頭を任せる事が出来たのだった。

リス戦士 コニタン



 しかし、自分の予想が考えすぎであって欲しいと思いつつも心配を隠しきれぬ「周辺暴走士タムー」は1人、一行から少し遅れて進んでいたのだった。セオン達は何か考えがあるのだろうと、特にその理由をタムーには聞かなかった。既に信頼関係が出来ている分、理由など聞く必要はないのだろう。

周辺暴走士タムー(改)スペシャルエディション



 1昼夜ほど歩いただろうか?


 リマケンがある丘を超えた所で身体を回転させて到着の合図を送っていた。


 それと見るや、真っ先にコニタンは丘に向って走っていき、それにセオンが続いたのだった。その際セオンは後ろの3人に逆方向から近づくように目配せをした。敵を挟み撃ちにする作戦だ。


 この時メタルンのギターがあれば、弦の切れる数を見て彼らはもっと慎重になっていただろう。敵の強さを知らないが故の無謀な行動である事をこの時点では知る由もなかった。


丘の上の攻防


 丘の上にいるリマケンに近づいたコニタンは近くに巨大な敵がいるのを見つけると、いきなり必殺技の精神攻撃を繰り出したのだった。


 その時、後ろにいたセオンは敵の情報を知るために「スーニペット」の呪文を唱えていたのだが、敵の情報を知るやコニタンの攻撃が無謀なものである事に気付かされたのだった。


 セオンの目の前に映し出された敵の情報には「サーギテキ・マルゴト・コピサイトー」の名が表示されていたのだ。この敵は全ての魔法という魔法が効かない上に、吸収して敵にそのまま返すというコピコンテンツよりはるかに凶悪な敵だったのだ。


 セオン「コニタン、待つんだ!」


 しかし、セオンが止める声はコニタンには届かなかった。


 既にコニタンの指先からは必殺の精神攻撃の閃光が繰り出されていたのだった。勝利というものの連続が彼らの中に油断を生んだとしか言いようがない。


 コニタンはリス戦士の中でも扱えるものは数える程と言われる強力なスキルを敵に向ってはなったのだった。


 コニタン「途方にくれてしまえ! CVタグ全ページ・ニ・アル・ジャーン!」


 この技を受けた敵は一瞬の歓喜を感じた直後に、奈落の迷宮に落とされるという究極技の一つだった。


 サーギテキ・マルゴト・コピサイトーはコニタンの技を避けるでもなく、大きな身体で正面からまともに捉えた。その身体が一瞬縮まったと思われた瞬間、目もくらむほどの光を放ちながら、その技をコニタンにそのまま返してきたのだ。


 セオン「危ない!」


 セオンはコニタンの前に飛び込んで、返されたコニタンの必殺技をまともに受けてしまった。一瞬、呻き声を上げたかと思うと、セオンの身体はそのまま地面に力なく倒れ伏したのだった。


 コニタン「セオン!!」


 逆方向から挟み撃ちにする予定だった「獣戦士ボルト」は異変に気付くと猛スピードで敵に向って鋭い蹴りを繰り出した。

獣戦士ボルト



 ボルト「食らえ!!」


 しかし、ボルトの攻撃はむなしくも空を切るだけだった。


 それもそのはず、敵は不敵な微笑みを浮かべつつ、その場から一瞬で消えてしまったのだ。


 イマジン「や、奴は一体・・・」


 「魔道士イマジン」は敵のいた付近を呆然と見つめながら、ただ佇む事しかできなかった自分に苛立ちを感じていた。

魔道士イマジン



 遅かったかとばかりに少し遅れてきたタムーはピクリとも動かなくなったセオンを見て首を横に振った。


 タムー「やはりあいつだったか・・・。あいつには今の我らでは絶対に勝てないのだ・・・。」


 タムーは自分の杞憂がまさに現実となった事を後悔した。こんな事ならみんなに話しておくべきだったと思わざるを得なかった。


 4人は動かなくなったセオンに声をかけ続けたが、セオンの心は闇の中をさまよい起き上がる事はなかったのだった。




 >>第15話へ続く(2013年2月8日 9時更新)


 *仕事はいたって真面目にやっています。←これ重要!


**********************************


<第14話出演者が関係するWebサイトの一覧(順不動)>

・獣戦士ボルト・・・SEO対策 e-search

・周辺暴走士タムー・・・SEOとその周辺

・魔道士イマジン・・・SEO Imagination!ブログ

・リス戦士 コニタン・・・SEMカフェ



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
 
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | SEON






最近の記事