2013年01月11日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON11

SEON



 本物語は完全にネタですが、順番に読んでいくと不思議と勉強になる成分が含まれていますが、冗談の分からない方には非推奨です。第1話を読まれていない方は「ファンタジーSEO冒険物語 SEON」からお読み下さい。


 真面目な記事は火曜日更新、「SEON」シリーズは主に月曜日にアップしますが、月曜日が祝日の場合には少しでも読者を減らさないために平日に更新すると思います^^


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


 それでは、どうぞお楽しみ下さい!


**********************************



音戦士メタルンの決意


 満月の美しい夜だった。


 「音戦士メタルン」は仲間を集めていた。一人悩んでいた事をみんなに告げるためだった。ここ最近考え事をしている事が多いのを気にかけていたセオンは、メタルンが重要な事を自分達に伝えようとしているのだと悟った。そして、それは他の仲間も感じていた事だった。

音戦士メタルン



 メタルン「実はみんなを呼んだのは大切な事を伝えないといけないからなんだ・・・。」


 最近はデス声さえも出す余裕がないくらい悩んでいたようで、メタルンは静かに語り始めた。ふと見ると、流石に空気を感じたのか「周辺暴走士タムー」も静かにメタルンの事を見守っていた。歴戦の勇者だけにいつもはふざけているようで、こういう事には人一倍敏感なようだ。

周辺暴走士タムー(改)スペシャルエディション



 メタルン「実は、俺のギターに限界が来たようなんだ・・・。多くの敵と戦っている内にネックの反りがひどくなり、またチューニングのやりすぎでペグもおかしくなってきているんだ・・・。」


 そういうと、メタルンは愛用のギターをケースから取り出して仲間の前に差し出した。


 戦闘後すぐにケースに入れていた事もあり、セオン達にはこれほどまでにメタルンのギターに傷が深く刻まれ、調子が悪くなっている事に気付かなかった。そして、それを悔やんだ。


 イマジン「すみません・・・。メタルンのギターがこれほどの状態とは思いもよらず、戦闘で無理をさせていました。言葉もありません・・・。」


 根が真面目な「魔道士イマジン」はギターが自分のものであるかのごとく、悲しそうな顔をしていた。

魔道士イマジン



 メタルン「いや、仕方ないんだ。あれだけの戦いで、ここまでギターがもったのが不思議なくらいなんだ・・・。」


 そう言うとメタルンはギターのネックを優しくさするのだった。


 ボルト「で、メタルンはこれからどうしようと言うんだい?」


 静かに聞いていた「獣戦士ボルト」はメタルンが言いよどんでいるのを察して助け舟を出した。メタルンにきっかけを与えるためのボルトなりの優しさだった。いつもはフリフリしている尻尾が悲しげに下を向いていた。

獣戦士ボルト

 

 メタルン「皆には言い難いのだけど、一度、この旅からはずれたいと思うんだ。このギターを改造するためにチャミーズ村に行ってこようと思うんだ。」


 チャミーズ村とは音戦士が自分の音を見つけるために必ず訪れるという村である。メタルンの決意はその顔にみなぎっていたため、止めたくても止められない事を誰もが悟った。


 これ以上メタルンに無理をさせるわけにはいかないのだ。


 セオン「分かった。メタルンのギターが新たなものになるために待っているよ。僕らの事は気にせずにギターを手当てしてあげてくれ。皆も良いよね?」


 そう言うとセオンは仲間を見回した。メタルンを見つめ続ける仲間達は悲しみをこらえて頷いたのだった。


仲間を探せ


 次の日の朝、メタルンと一時の別れを告げるため、5人はサカノミ村の中央に集まっていた。その誰もが寂しそうであった。幾多の戦いを共に戦った同志と一時的とは言え別れるのは寂しいものだ。タムーが失踪したのとは訳が違う。


 沈黙がしばらく続いた後、メタルンは意を決したように口を開いた。


 メタルン「皆の元を一時的に去るにあたって、代わりに一人の戦士を紹介したいんだ。ただ、今彼がどこにいるか分からないんだけど・・・。」


 そう言うと、5人を静かにモニター越しに見守っていた「行動分析士モリーノ」の方を向いた。

行動分析士モリーノ



 モリーノ「私に誰かを探してほしいというわけだね。それは誰だい?」


 その問いかけにメタルンはある人物の名前をモリーノにだけ聞こえるように答えたのだった。セオン達は誰かは分からなかったが、メタルンの推薦であれば信用できると何も言わなかった。信頼できる友の情報は理由抜きで信頼できるものだ。


 モリーノ「分かった。私の方で彼を探してみよう。四角丸はいるか?」


 モリーノがモニターから大声で呼ぶと、大きな煙が5人の目の前に現れた。そしてその煙が消える頃には忍者姿の男がモリーノの前に控えていた。


 モリーノ「四角丸よ、ひとっ走り探し人を頼まれてくれるか?」


 「忍者 四角丸」はモリーノの言葉を聞くと即座に答えた。

忍者 四角丸



 四角丸「お任せを!」


 そう言うと、四角丸は人差し指を伸ばしたまま両手を合わせて術を唱えた。今では忍者の数は少なく、忍者が使う術を見る事も珍しくなっている。


 四角丸「カクサーーーン!!」


 術を唱えると同時に四角丸は無数の分身を作り出して、それぞれの分身に指示を出したと思うや自らも煙とともに消えていった。


 モリーノ「探し人が見つかったら、四角丸がお前達の元に連れていってくれるはずだ。それまでは4人で旅を続けるのだ。」


 メタルンはその言葉を聞き終えると安心したようで静かに背を向けて歩き出した。いつもはオドロオドロシイ背中のドクロが今日は泣いているように見えた。


 4人は共に戦った仲間の姿が見えなくなるまで無言で見守っていたのだった。




 >>第12話へ続く(2013年1月21日 9時更新)


 *仕事はいたって真面目にやっています。←これ重要!


**********************************


<第11話出演者が関係するWebサイトの一覧(順不動)>

・獣戦士ボルト・・・SEO対策 e-search

・音戦士メタルン・・・WebMETAL

・周辺暴走士タムー・・・SEOとその周辺

・魔道士イマジン・・・SEO Imagination!ブログ

・行動分析士モリーノ・・・運営堂

・忍者 四角丸・・・株式会社キャリアデザインセンター



揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
 
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | SEON






最近の記事