2012年12月03日

ファンタジーSEO冒険物語 SEON5

SEON



 本物語は完全にネタですが、順番に読んでいくと不思議と勉強になる成分が含まれていますが、冗談の分からない方には非推奨です。第1話を読まれていない方は「ファンタジーSEO冒険物語 SEON」からお読み下さい。


 真面目な記事は火曜日更新、「SEON」シリーズはそれ以外の曜日にアップします。


 *この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません(アイコンで出ている方は許可を取っております)。


 それでは、どうぞお楽しみ下さい!


**********************************



不思議なマーク


 サカノミ村の門をくぐった5人の目の前には、時代遅れの古ぼけたモニターがあった。「ジジジ」という音とともにそれがついたかと思うと、一人の優しそうな男が映し出された。

行動分析士モリーノ



 モリーノ「私の名はモリーノ。SEOの真理を求め冒険をするものの行動を分析する役目についている。」


 セオン「行動を分析?」


 セオンら5人は怪訝な顔を隠せなかった。行動を分析するとはどういう事なのか?そう考えていると、近くにいる村の係員らしい人間に次々と右腕をつかまれ印をつけられたのだった。


 「獣戦士ボルト」「周辺暴走士タムー」はジタバタと暴れたばかりに、かえって目立つ背中の中心に印をつけられる結果になってしまった。こんな事なら人間の姿でいるべきだったとタムーが深く後悔したのは言うまでもない。

周辺暴走士タムー(改)スペシャルエディション


 
 セオン「いきなり何ですか!こんな印をつけて!」


 意気込むセオンに対し、モリーノは静かに言った。


 モリーノ「喜ばれることはあっても、文句を言われるものではない。そのマークを良く見なさい!」

運・えいどーの印



 5人は「うんえい」と書かれたマークを見て理解できないでいた。特にハードコアな「音戦士メタルン」には、癒しの要素が強すぎて気に入らないようだった。

音戦士メタルン



 メタルン「こんなマークで敵の前にでるなんて出来ません。もっとこう、ドクロのついたような毒々しいマークはないんですか!?」


 今にも食ってかかりそうな勢いだったが、暴れても相手はモニターの中でありどうしようもできない。5人の様子を見ていたモリーノは静かにそして厳かに言った。


 モリーノ「そのマークはお前たちに幸運をもたらすマークなのだ。今後、待ち受ける幾多の試練を乗り越えるのに必要なのだ。」

獣戦士ボルト



 ボルト「でも、この”うんえい”というのはどうも・・・。」


 自分の背中が見えないため、セオンの腕を見ながらボルトは不満を訴えた。しかし、不満そうに全く見えないボルトのことを憎いアンチクショウだとセオンは思ったのだった。


 モリーノ「ばか者!それは”うんえい”とは読まんのだ!”運・えいどー”の略でお前たちの運気がアップするお守りだ!」


 そう言われると5人はまんざら悪い気がしなくなった。モリーノは説得するのがうまいようだ。多分、細かい事について説明することに慣れているに違いないと5人は思った。


行動分析士モリーノ


 それまで黙って聞いていた「魔道士イマジン」が急に声を発した。いつもは話の最後に出てくるので、その流れを変えたかったのかもしれない。

魔道士イマジン



 イマジン「モリーノさん、行動を分析とは具体的にはどういうことをされるのですか?」


 その言葉を待っていたかのようにモリーノは質問を投げかけた。


 モリーノ「お前たちはなぜこの村へ来たのかな?」


 セオン「それはホワイト法師にこっちの方へ進めと言われるがままに・・・。」


 モリーノ「それはサカノミ村へ行けと言われたのではなく、こっちの方へ行けと言われたという事か?」


 どうやらモリーノにとってはその細部が重要らしい。そういう細かい点を意識するかどうかが行動分析士に必要な資質なようだ。すると、セオンの頭上から「ホワイト法師」の声がした。

ホワイト法師



 ホワイト法師「そうじゃ、わしがこいつらをこの村に導いたのじゃ。」


 その声を聞いたモリーノはこれは難しいというような顔をしてブツブツ言っていた。


 モリーノ「えっと、ホワイト法師の言葉で来たから、彼が参照元になるのか、いや、しかし、村の名前を言ってないから、方角だけの指定の場合、ここを紹介したとは断言できるものでもなし・・・。待てよ、キーワードは”こっちの方”になるのか・・・。うーん。」


 悩んでいるモリーノを5人はじっと見ていたが、突然モリーノは「ハッ」とした顔をした。


 モリーノ「大事なことを忘れていた。お前らのマークに追跡ソースを塗らせてくれ。これを塗らないと行動を分析できないのだ。」


 そう言うと係のものに目配せをした。マークに追跡ソースとやらをたっぷり塗りこめられたが、ここまで来るともうどうにでもなれという気になっていた。


 そして、5人に追跡ソースがきちんと塗られたのを見たモリーノはボソっとつぶやいたのだった。


 モリーノ「今回は追跡ソースを塗る前だからデータなしでいいか・・・。」


 セオンにはその言葉の意味は分からなかったが、モリーノは結構大雑把な人なのかも・・・と、思ったのだった。


ホワイト法師との別れ


 追跡ソースが塗られるのを確認したホワイト法師が5人の前に静かに現れた。表情が心なしか寂しそうだった。


 ホワイト法師「何とか無事に最初の村にたどり着いたな。わしの役目はここまでじゃ。わしは旅の最初の手伝いをするに過ぎん。後はお前たちだけで協力して切り抜けなければいかんのだ。」


 そう言うと5人の頭を静かになでた。


 セオン「ホワイト法師!」


 セオンがその言葉を言い終わる前にホワイト法師は一筋の煙となって上空へ舞いあがり、セオ村へと続く道を空に描いていった。それはまるで竜が天に昇るかのような美しさだった。


 (お前たちならきっとSEOの真理を見つけられるはずじゃ。)


 ホワイト法師はそう心でつぶやいたのだった。




 >>第6話へ続く(2012年12月10日 9時更新)


 *仕事はいたって真面目にやっています。←これ重要!


**********************************


<第5話出演者のWebサイト一覧(順不動)>

・獣戦士ボルト・・・SEO対策 e-search

・音戦士メタルン・・・WebMETAL

・周辺暴走士タムー・・・SEOとその周辺

・魔道士イマジン・・・SEO Imagination!ブログ

・ホワイト法師・・・SEOのホワイトハットジャパン

・行動分析士モリーノ・・・運営堂




揺さBrain!マニアック



◆コンサルタントのご相談、その他のご依頼はSEMアドバイザーまでご相談下さい。売上げアップのアイデアだしまで幅広くサポートします。

「学生募集の宝箱」では、教育関係特化のブログ記事を執筆中!

◆公式facebookページのSEMアドバイザーの揺さBrain!マニアックでは、役立つ情報を発信中!
 
posted by SEMアドバイザー at 09:00 | SEON






最近の記事